2018年08月05日

FC東京vsヴィッセル神戸

2018明治安田生命J1リーグ第20節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 神戸のキックオフで前半開始。

前半終了
 スコアレスドローで前半終了。

後半開始
 神戸、増山、大槻に替えて、古橋、渡邉を投入。
 東京のキックオフで後半開始。

後半6分
 田邉草民選手に替えて、東慶悟選手を投入。

後半15分
 富樫敬真選手に替えて、リンス選手を投入。

後半30分
 神戸、藤田に替えて、松下を投入。

後半33分
 米本拓司選手に替えて、永井謙佑選手を投入。

後半45分
 神戸の左クロスを森重真人選手がクリア。
 すぐさま攻撃に切り替え、左のリンス選手→中央を上がる高萩洋次郎選手→ディエゴオリヴェイラ選手がドリブルで前進。
 ここから右から永井謙佑選手が中央の裏へ飛び出し、クロスする形でリンス選手が右エリアに。
 ディエゴ選手はエリアすぐで判断よく、右へパス。
 受けたリンス選手が豪快に蹴り込み、ゴール。

試合終了
 1−0で勝利。






トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

kenny_u_1966 at 21:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter