現在、家電量販店で販売されているハンディカムは
非常に機能が高く、もちろん画質に関しても
業務用カメラに引けを取りません。

むしろ、設定によっては業務用カメラよりも
高い画質で収録することが出来るものも多いです。

しかし、それには1つ条件があり
それは「十分な光」がある場合に限りということです。

ハンディカムは、暗い場所に非常に弱い性質があります。

業務用カメラが優れている点の1つとして
ハンディカムに比べて「暗い場所でも 画質が落ちない」
ということが挙げられ、最も重要な点だったりします。 

太陽の下であれば、業務用カメラを超える画質であっても
少し暗い程度で、あっと言う間に画質が落ちてしまいます。

そのため、外付けライトのプラグが付いている
ハンディカムであれば、暗い場所の撮影では
積極的にライトを利用していくことをお勧めします。