ハンディカムを購入する際、こだわる部分に

・人それぞれであり
・画質(色合い)
・機能性(使いやすさ)
・メーカー

といった、様々な要素があります。

そして、今最も悩ましい部分に「4k」という
特殊な・次世代のフォーマットが現れました。

「ハイビジョン画質の4倍の解像度」ということは
4倍鮮明・4倍キレイということであり
なにやら画期的なことに感じますが
この「4k」というフォーマットが、現在のハイビジョンテレビ放送のように
標準放送になることは、しばらく(半永久的に)ないと思われます。


理由としては
撮影・編集にかかる負担(金銭的・時間的)が劇的に増え
制作会社であっても、日常的な大量生産は難しく
何より、一般ユーザーが利用しているパソコン・ソフトでは
今までのように「気楽に制作」することが出来なくなります。

現在の「ハイビジョン素材」が限界なのではないでしょうか。

「4k」を「標準」にしてしまった場合
最も大切なユーザーが離れていく
「本末転倒」な事態がおきてしまうはずです。

そもそも、日常的に見るテレビの映像が
これ以上キレイになる意味があるのかな?
と思われている人も多いと思います。

昔の「ブラウン管テレビ」に映る
「SD(スタンダードでフュージョン)」に比べたら
十分にキレイですよね?

そのため4kでのプロダクトは、一部のビデオ愛好家や
高価格商品(DVD、ブルレーレイの上のランク)といった
狭い範囲で、あくまで「特別なもの」として利用されていくはずです。

そういった角度で考えると、ハンディカムを購入する際には
4kの機能に関しては「どうでもいい」ことであり
その分、他の機能や「低価格」 にものを検討するべきです。

特に「4k機能」を搭載していないハンディカムは
非常に割安になっており「お買い得」な状態です。

機能的には問題ない、むしろ使いやすいものですが
これから製造されなくなっていくため 
今のうちに手に入れておくべき「貴重な」ものでもあります。

↓「一生使いたい」名機 ↓



ぜひ、今のうちに!!!