いわゆる「コンデジ」と呼ばれている
小型の「デジカメ(デジタルカメラ)」にも
昨今では、動画を撮影する機能が
付いていることが当たり前になっています。

ビデオ機能が付き始めた頃というのは
感度(明るさ)に難があったり、機能性が著しく悪いといった
「使い物にならない感」がありましたが

現在では、「画質」「ピクセル数」だけでなく
あらゆる性能・機能が、ひと昔前のビデオのハンディカムを
はるかに超えるものになっています。

一眼レフムービーが、ブームとなって久しく
「スチールカメラ」独特の、フィルムにも似た質感

具体的には
・被写界深度の深さによる「ボケ」
・独特の色の表現

これらを再現できるとして
ビデオ業界でも、一眼レフ(ストールカメラ)での撮影は
珍しいものではなくなりました。

そういった「カメラでビデオを撮る」ことに関して
非常に始めやすい、結果的にビデオを楽しむことにもつながるとして
コンデジでのビデオ撮影は、非常におすすめになります。

しかしながら、これは喜ばしいことでもありますが
一眼レフ・デジカメを製造販売しているメーカーは
ビデオカメラ・ハンディカムを取り扱っているメーカーよりも
はるかに多く、当然その種類も非常に「多すぎる」状態です。

つまり、どれを選べばいいのか分からないことが最大の悩みです。

本格的な一眼ムービーを始めるのであれば
Canonをはじめとした、定番のメーカーのものを
最初のうちから、技術が上がってきた後も使い続けることができますが
コンデジの場合は、性能にも機能それほど違いがなく
1つ1つ試していては、時間が足りないという状況です。

そのため、「大手メーカーの好きなものから」 始めてみれば
とりあえずは、大きなはずれがないと言えます。

もし「少し本格的に」 と考えているのであれば
コンデジと一眼レフの中間である「ハイエンドデジカメ」といった
ものを使うことによって、よりムービー機能を楽しむことができ
またコンデジと違った操作性も楽むことができるはずです。


おすすめのハイエンドコンデジ