一眼レフで動画を撮影することが、一般的にも広まってきました。

この「スナップカメラで動画を撮る」ということに関しては
おそらく「プロ」と「素人」での、感覚の違いがあります。

と、偉そうに言うのは他でもなく

「業務」として利用している人よりも
趣味や「気楽」に利用している人の方が
より実用的、今後の利用の仕方としては正しいものと言えます。

手軽に・いつでも高い画質で撮影ができることは、大きなメリットです。

ただし、一眼レフ(スナップカメラ)で動画を撮影する際には
静止画を撮影するカメラならではの注意点があるので、解説しておきたいと思います。

そもそも、コンパクトデジタルカメラを含めて
小さな写真用のカメラで動画を撮影する人というのは
おそらく大半が、「なんとなく機能が付いているから」だと思います。

コンデジに動画機能が付属されているのは、最近に始まったことではなく
長いものでは、10年程度の遡るほどでもあります。

「ハンディーカムが必要ない」ということから
デジカメで写真を撮影することが、当たり前となっている人も多いと思います。

しかしながら、本来写真用のカメラで動画を撮ることが非常に難しいものです。

オートフォーカスが決まらない
途中で止まりやすい(エラー・熱トラブル)
暗い(明るくすると画質が落ちる)

これらは、「画質がいいカメラ(レンズ)」ならではの問題と言えます。

一眼レフに近いカメラは、「フィルム」と呼ばれ
映画やCMの撮影に利用されてきた、本来であれば「超高機能カメラ」です。

「ちゃんと撮る」ためには、本来はそれなりの「照明」等が必要であり
フォーカスをしっかり見るための、モニターが必要です。

コンデジに関しては、「光量」が少ない場所での撮影や
またフォーカスミスが起こりやすい(そもそもオートだと決まらない)ため
「本気」でやろうと思うと、実はハンディカムよりもお金がかかってしまうのです。

こういったこともあり、プロとして撮影している人は
なかなか「手が出ない」ことになりますが
やはりより一般的になったことは、嬉しいことでもあるので
より一層のこれからの進化(に伴う値下げ)に期待したいジャンルでもあります。