市原市に憲法と地方自治を活かす会 1533
9月9日の段階で
こんな凄いことが起こっていた!
私は停電難民だったので、全く知る由もありませんでした。
このようなことを考えると、10日の市議会開催は問題だったな!
と言わざるを得ません!!!!
周辺住民に被害がなかったようで、安心しました。
しかし、このようなことが起こることを想定できなかった!?しなかった!?
住民に対してキチンと説明すべきでしょう!
所管が千葉県ですが、市原市の消防車が出動していること、
万が一住民に被害が及んでしまう可能性も否定できないことを考えると、
更には大桶の土砂崩れが、未だに解決していないこと、
などを考えると、
住民参加の地域環境づくりが必要です。
NHK  市原市の太陽光パネル火災は鎮圧  市原市の太陽光パネル火災は鎮圧     

9日午後、千葉県市原市にあるダムの水面を活用した国内最大規模の「水上メガソーラー」の太陽光パネルが焼ける火事があり、およそ2時間後にほぼ消し止められました。
消防は台風の影響でパネルが発熱し、火が出た可能性もあるとみて調べています。
千葉県の市原市消防局によりますと、9日午後1時ごろ、市原市山倉にある「山倉ダム」の水面を活用した「水上メガソーラー」で「太陽光パネルが燃え、黒い煙が出ている」と近くにいた人から通報がありました。
消火活動の結果、火はおよそ2時間後にほぼ消し止められ、けがをした人はいませんでした。
この「水上メガソーラー」は、5万枚以上の太陽光パネルが使われ、面積はおよそ18ヘクタールと、水上ソーラーとしては国内で最大規模だということです。
現場では、太陽光パネルが重なったり、めくれあがったりしていたということで、消防は台風の影響で太陽光パネルが発熱し、燃えた可能性もあるとみて調べています。(引用ここまで)
NHK 太陽光パネルが火災 強風影響か  

9日午後、千葉県市原市にある、ダムの水面を活用した国内で最大規模の「水上メガソーラー」の太陽光パネルが燃え、消火活動が行われています。
千葉県の市原市消防局によりますと、9日午後1時ごろ、市原市山倉にある「山倉ダム」の水面を活用した「水上メガソーラー」で、「太陽光パネルが燃え、黒い煙が出ている」と近くにいた人から通報がありました。
現在、消火活動が行われていますが、消防によりますと、太陽光パネル50枚ほどが燃えているとみられるということです。
これまでにけが人の情報はないということです。
この「水上メガソーラー」には、5万枚以上の太陽光パネルが使用され、面積はおよそ18ヘクタールと、水上ソーラーとしては国内で最大規模だということです。
現場では太陽光パネルが重なったり、めくれあがったりしていたということです。
消防は、台風による強風の影響で太陽光パネルが発熱し、燃えた可能性もあるとみて調べています。(引用ここまで)