けんさく。

けんさく。が、いろいろ趣味のことをやるページです。

本当に復讐が何も生まないジャッキー映画『フォーリナー/復讐者』(ネタバレなし)

先日映画館で、『フォーリナー/復讐者』を見てきた。ジャッキー・チェンが終始死んだ目の復讐者を演じることで一部で有名になった映画である。
なるほど、ジャッキーの目は死んでた。最初の方で少し笑顔はあったものの、それも非常に静かな笑顔で、いわゆる「ジャッキー映画的な笑顔」ではなかった。
しかしそれ以上に、とても感銘を受けた点がある。
この作品において、「復讐が何も生まない」ことである。
ネット上で『「復讐は何も生まない」と言って、復讐譚に水を差す人物を揶揄する人がいる』という言説を私は何度か見た。
私は正直、物語をそれほどたくさん享受しているわけではないので、「復讐は何も生まない」を復讐譚に水が差される物語の例をすぐには出せない。
それと、ネットもそれほど享受していないので、『「復讐は何も生まない」と言って、復讐譚に水を差す人物』もあまり見た覚えがない。
『「復讐は何も生まない」と言って、復讐譚に水を差す人物を揶揄する人がいる』という言説は見た覚えがある。
しかし、1つ言えることは、多くの復讐譚において(たとえ作中で「復讐は何も生まない」という主張がなされていようと)、復讐は何かを生んでいることである。
正の方向か負の方向かはともかく、状況を何らかの意味で動かす。それが物語を動かすからこその「復讐譚」のはずだ、普通は。
私も実は小説を書いたりするが、もし復讐をテーマに話を書いたら、素朴に「復讐が状況を動かす話」を書いてしまうと思う。
なので、『フォーリナー/復讐者』には感動した。そして、これを読んでいる人はぜひこの映画を見て欲しい。
この映画でジャッキーは復讐をしようとする。しかし、ジャッキーはほとんど(ほんの、ほんの一部を除いて)、状況を動かすことができない。
ジャッキーは復讐の相手ではない相手をひたすらさいなみ(この人が本当にかわいそうなので見て欲しい)、殺さなくても死んでいたであろう相手を殺す。
大きな状況はジャッキーとは全く関係ないところで動く(フォーリナー、という題がここで生きてくる)。
そして、ジャッキーと関係ないところでも、復讐が復讐を呼ぶ「復讐の連鎖」が起きている(先ほどのかわいそうな人は、ジャッキーの復讐と復讐の連鎖の両方に巻き込まれていて、とてもかわいそうなのだ。自業自得とはいえ、本当にかわいそうなので、本当に見て欲しい)。
ジャッキーの状況を一切変えない復讐の何も生まなさが、状況を変えようとしている復讐が、状況を変えているように見えて、実は何も生んでない様子を際立てているようでもある。
「復讐は何も生まない」という主張をする登場人物が嫌いな人も、「復讐は何も生まない」と本当に考えている人も、「復讐」が好きな人も、みんな見て欲しい。
物語においてはやはり主張するな、示せ、ということだろうか。

小説執筆とソフトウェア技術

小説執筆の漢字変換にSKKを使い始めた。
SKKを聞いたことがない人のために一応説明を書くと、SKKとは、普通の漢字変換ソフトと違って、変換の区切りを変換ソフトが一切判断せず、全て書き手が区切るソフトである。こちらの方が、手書きで文章を書く感じに似ていると考えたのだ。手書きで文章を書くときに、文単位で漢字を考えたりはしない。1つ1つの漢字を選んでいくはずだ。
通常の漢字変換ソフトで書く漢字は、手書きではなく、口述筆記をしてもらう感じだ。
通常の文書を書くときはそれでもいいのだが、小説を書くからには、1つ1つの漢字変換に対して書き手がもっと責任と支配力を持つべきだ、と考えて、SKKが正しい、と考えるに至った。
これまで通常の漢字変換ソフトで書くと漢字が多すぎてしまう気がしていたが、これも是正されたし、私は書き損じや変換ミスが多いたちであったが、これも減った気がしている。まだタイピングが少し遅くなっているが、これも慣れであろう。
これ以外にも、コンピュータ関連技術と小説執筆について、色々と考えていたことが溜まってきたので、どこかで書きたいものだ。小説を書いていて、文字コードなどを気にする人もあまりいないだろうが、現在の英数字のいわゆる「半角・全角」の使い分け方などを見ると、これでいいんだろうかと思わざるを得ない。
小説を書く人間は「ワープロソフトで縦になるか横になるか」という理由で半角・全角英数字を使い分けているが、本来文字に半角・全角などがあるのは歴史的理由にすぎず、現在のフォント環境でこれらが半角・全角で表示されているわけでもなく、それどころか見分けられるフォントが用意されているとも限らない。これらは本来どちらも同じ文字を表している。なので文字コードの原則から行ったらそれらに別々の文字コードを与えるのは間違いである。Unicodeでこれらに別々の文字コードを与えられているのは、歴史的理由からの事前の解決にすぎない。そうである以上、それらを使い分けることがそもそも問題の先送りに過ぎないはずだ。印刷したときに縦になるか横になるかは、フォントなどのレベルで解決すべき問題であろう。
ただUniodeにも問題がある。三点リーダのUnicode正規化における取り扱い方などを小説を書く人間が知れば驚くのではなかろうか。
正規化とは、本来同じであるはずの文字に別々の文字コードを与えられてしまっている場合、それを1つの形に直すための処理だ。
しかしそうすることによって、正規化を施す前と後では違う文字列になってしまう場合もある。それだけではない、その正規化が正しいという保証もない。
例えば三点リーダは、Unicode正規化の一種NFKDやNFKCでは、ピリオド3つに分解される。これは正しいのであろうか。日本語で小説を書く人間は絶対に正しくないと思うのではなかろうか。中黒3つでも正しくない気がする。
パソコンは小説家にとって小説を書く道具である。パソコンに詳しくなくても、漢字変換や文字やフォント周りの知識くらいは持っていても損はないと思う。

Genesis Inc.

はじめに神は天と地とを創造された。
地は形なく、むなしく、やみが淵の表にあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。
神は「光あれ」と言われた。すると光があった。
神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。
神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。
神はまた言われた、「水の間に大空があって、水と水とを分けよ」。
そのようになった。神はおおぞらを作って、おおぞらの下の水とおおぞらの上の水とを分けられた。
神はおおぞらを天と名づけられた。夕となり、また朝となった。第二日である。
神はまた言われた、「天の下の水は一つの所に集まり、かわいた地が現れよ」。そのようになった。
神はそのおおぞらを天と名づけられた。夕となり、また朝となった。第三日である。
神はまた言われた、「天のおおぞらに光があって昼と夜とを分け、印のため、季節のため、日のため、年の為になり、天のおおぞらにあって地を照らす光となれ」。そのようになった。
神は二つの大きな光を作り、大きい光に昼をつかさどらせ、小さい光に夜をつかさどらせ、また星を造られた。
神はこれらを天のおおぞらに置いて地を照らさせ、昼と夜をつかさどらせ、光とやみを分けさせられた。神は見て、良しとされた。
夕となり、また朝となった。第四日である。
神はまた言われた、「水は生き物の群れで満ち、鳥は地の上、天のおおぞらを飛べ」。
神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを、種類にしたがって創造し、また翼のあるすべての鳥を、種類にしたがって創造された。神は見て、良しとされた。
神はこれを祝福して言われた。「生めよ、ふえよ、海たる水に満ちよ、また鳥は地にふえよ」。
夕となり、また朝となった。第五日である。
神はまた言われた、「地は生き物を種類にしたがっていだせ。家畜と、這うものと、地の獣とを種類にしたがっていだせ」。そのようになった。
神は地の獣を種類に従い、家畜を種類に従い、また地に這うすべての物を種類にしたがって造られた。神は見て、良しとされた。
神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって、会社を作り、これに海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めさせよう」。
神は自分のかたちに会社を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、株式会社と合同会社とに創造された。
神は彼らを祝福して言われた、「搾取せよ、増産せよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物と社員とを治めよ」。
神はまた言われた、「わたしは全地のおもてにある種をもつすべての草と、種のある実を結ぶすべての木とをあなた方に与える。これがあなたがたの原資となるであろう。また地のすべての獣と社員、空のすべての鳥、地を這うすべてのもの、すなわち命あるものには、食物としてすべての青草を与える」。そのようになった。
神は最後に会社に言われた、「将来にわたって存続し続けよ。それが継続企業の前提なれば」。
神は造ったすべての物を見られたところ、自分のかたちに創造された会社がすべてを治めているさまが見え、はなはだ良かった。夕となり、また朝となった。第六日である。
こうして天と地と、その万象とが完成した。
神は第七日にその作業を終えられた。すなわち、そのすべての作業を終わって第七日に有給休暇を取られた。法定休日には無給で働いていたので。
神はその第七日を祝福して、これを聖別された。神がこの日に、そのすべての創造のわざを終わって、有給休暇を取られたからである。
これが天地創造の由来である。
Leaves of Words
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

けんさく。

QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ