けんさく。

けんさく。が、いろいろ趣味のことをやるページです。

部屋に必要なもの

部屋に必要なものとはなんだろうか。
私は数学科出身なので、こういう時にどうしても「ある存在物が部屋であるために必要なもの」を想像してしまいがちだ。なので今回も「内部の空間」と答えてしまった。もし内部の空間がなければ、それは部屋ではなく、ただの物質の塊だ。
しかし、この答えのせいで随分苦労させられた。内部の空間のないところに内部の空間を作ろうとして、懸命に穴を掘った。しかし穴を掘ると、掘って出た物質をどこに置くかに困る。
無題2





常識的に考えればその物質を置くのにまた空間がなくてはならない。当然その空間を作るためにまた掘らなくてはいけない。そしてその時にまた出た物質を置くためにまた掘らなくてはいけないのだ。これでは堂々巡りで、いつまでたっても内部の空間ができない。
しかもさらに悪いことに、意味もなく穴を掘ったことのある皆さんにはよくお分かりのように、穴を掘ると出た物質は空気を含むことにより穴自体よりも大きくなってしまうのだ。
無題3






必要な空間は掘れば掘るほど大きくなっていくにも関わらず、内部の空間は全くできない。大きくなってしまった物質の分の負債が溜まっているので、内部の空間はむしろマイナスになっていると言ってもいいくらいだ。
ここで私は最初の問題を見直してみた。もしかしたらこれは「部屋を運用するために必要なもの」という意味ではないだろうか? そうだとしたら、そもそも部屋は最初から存在していることが前提になっているのではないか? 私は無駄にした時間を取り戻そうと、部屋を見回して何が必要か懸命に考えた。家具も必要だろう。殺風景なのもなんだから飾りも多少必要だろう。情報機器の類も必要かもしれない。
しかしそれらを買いに行こうとしたときに、どうやって買いに行けばいいのだろうかと私は立ち止まらざるを得なかった。なぜならその部屋にはまだ何もなかった。出口すらなかったのだ。
そうだ、部屋を運用するためにまず必要なのは出口だ。出口がなければ、部屋から出ることができないので、部屋に入れるための何かを買いに行くことすらできないのだ。
無題5






しかし出口をどうやって買いに行こう。出口を買いに行こうにも、買いに行くための出口がないのだ。
また私は四方を囲むのっぺりとした壁に同時にぶつかってしまったようだ。
しかし、現代というのも捨てた時代ではない。通販という手がある。私は通販で出口を注文した。窓もないから昼も夜もわからないが、しばらくして人の気配が部屋の外にした。
「すみませーん。荷物をお届けに参りました。ええっと、どこから入ったらいいんですかね、これ」
しまった! なんというだろうか! 迂闊にも私は、入り口の存在を忘れていた。出口を設置するためには部屋の中に入らなくては行けないが、そのためには部屋の外側に入り口を設置する必要がある。
無題4







「あれえ、どこだろ。あ、もしかして、これか?」
困惑している配達員の声が聞こえる。彼は何に気づいたのか。それを理解したとき、私は壁を叩いて懸命に彼を止めようとした。しかし、私の叫びも虚しく、
「ちわーっす……」
ドアの開く音とともに、彼の声はどこか遠くへ消えていってしまった。出口からどこかへ出て行ってしまったのだ。
私はしばらく彼を呼び続けたが、諦めて入り口を通販し直した。
「その入り口を設置して中に入ってきてください。あと、そこに出口が落ちてませんか?それも持って入ってきてくれると嬉しいです」
こうして部屋に入り口と出口ができて、私の部屋はようやく部屋らしさを手に入れた。
しかしその出口のドアを開けるとき、私はいつも考える。あの配達員はどこに消えたのか。今どこで生きているのか。このドアを開けたとき、彼が出ていったどこかに繋がっていたりしないものか、と。

2019年度はみんなでHazbin Hotelを見ましょう。

もう、2019年はこれっきゃないですよ。Youtubeで字幕付きで見られるので、全員見ましょう。可愛くてエロくてパンクで不道徳で、やっと『Panty & Stocking with Garterbelt』の再来が来たと言う感じ。世界観的にもこれがパンストの続編と言っても過言じゃないですよ。

右下の歯車アイコンで字幕が設定でき、日本語にすれば日本語字幕もつけられます。
これが公開されたのが去年。そこから資金集めのための宣伝を兼ねたクリップが順次公開されていく。


いやあ、チャーリーちゃん、むちゃくちゃ可愛いじゃないですか。なんか善人そうなことを言ってますけど、魔界のプリンセスだけあって、角を生やした凶悪な御面相も素敵ですね。しかもMLP FiMのファンに広く知られたThe Living Tombstoneが音楽に関わってるとなれば、期待せざるをえませんな。背景にいる色々なキャラクターもみんなポップでセクシーで最高。


エンジェルダストは魔界のポルノスターで街娼のドラッグ中毒でしかも男(ふわふわの巨乳)となったら興奮しない方が変です。可愛い。本当にパンストの世界観みたいだ。


歌のクリップで意味ありげに佇んでいたラジオデーモンのアラスターさん。人が落ちぶれるところが大好きなラジオDJのシリアルキラーで、いつも笑みを欠かさない。いいデザインだ。クレジットの背景にあるチャーリーちゃんと一緒のイラストとかグッと来ますね。


多眼のおっさんvs単眼娘。異形のデパートみたいなアニメだ。


 
vaggieと言う名前はやはりvaginaと関係あるのかな。『リック&モーティ』でもヴァジャイナ校長がいるし、今時珍しくない名前なのかな?(そんなわけねえだろ)。彼女はチャーリーと恋人らしい。




この女キャスターもやばそう。

さて、この作品を作ってVivziepopは過去作品もいい感じなので、ぜひyoutubeチャンネルで見てみよう。
これを見て琴線に触れるものがあった人は、是非今年はHazbin Hotelを見てね!


東方の三博士(9)

去年の続き

旅をしながら旅を探すバルタザールとホルミスダスとバダダハリダの三人組は、深い森の中へと入っていきました。
あまりに深くて暗いので、自分の顔も見えないことにホルミスダスは気づいて、パニックになってしまいました。
バルタザールとパダダハリダの顔をペタペタ触ったあとに 自分の顔を触って、「やっぱり見えない」と叫びます。
「もともと自分の顔なんて見えないだろう」
そう言うバルタザールの言葉も耳に入らないようです。
パダダハリダはホルミスダスを押さえつけて耳元で叫びました。
「ホルミスダス、考えてみろ。自分の目を見ることができるやつはいない。自分の右手で右手と握手できるやつはいない。これは普通のことだ」
「ではなぜ脳は自分のことを考えられる? もしお前の脳が何かを考えたことがあるというなら、答えてみろよ」
「そりゃ、右手で左手とは不器用ながら握手できるし、鼻がよほど引っ込んでれば右目で左目を見ることだってできるだろう。脳ってのは多分、そういう色々組み合わさったものだから、脳の一部がほかの部分を考えることはできるんだろうさ」 
「なるほど、では俺の顔というのは、どちらかというと、分けることのできない一体なものに近いということか?」
「いや、そういうことじゃないが……」
 バダダハリダの言葉が止まります。ホルミスダスの顔が中心の一点へと潰れ始めてしまったからです。顔自体が、分けることのできない一体なもの、つまり窓のないモナドへと潰れて行こうとしているのです。
「あわわ、どうしようどうしよう。このままではブラックホールになってしまう」
バダダハリダは慌てふためいて、何もすることができません。
「鼻だ!」
バルタザールが叫びます。
「「鼻?」」
二人には何のことかわからない様子。
「バダダハリダがさっき言っただろう。鼻だ。鼻があれば、誰だって寄り目にすれば自分の鼻が見える。唇を尖らせれば唇だって見えるさ」
そう言われて、ホルミスダスはもうほぼ一点に潰れてしまった顔で寄り目にしたり、唇を尖らせたりします。
「なるほど、確かに自分の顔が少し見られる」
ホルミスダスは納得して、元の顔に戻りました。綺麗でも格好良くもない顔だけど、この時ばかりは安心できる顔でした。
「どうやらこの森はどこか変だな」
バルタザールが呟きます。
「人の心に迷いをもたらす森かもしれないぞ」

(来年のクリスマスに続く)
 
Leaves of Words
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

けんさく。

QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ