歴史とは偉業の積み重ねではなく、際限ない愚行の連続である。そのそびえたつ糞の山のような愚行の積み重ねが、科学や文化の精髄を産んだのもまた、歴史の皮肉のひとつであろう。そんな愚行の中で、割とお気に入りなのが野蛮なキリスト教徒が突如イスラム諸国を攻撃するというそれ自体愚行である珍事件、第一回十字軍の主要な攻城戦の一つ、アンティオキア攻囲戦の後半に起きた聖槍発見事件である。
アンティオキアを陥落させたはいいが、寄り道をしていたために遅れてやってきた援軍に逆に包囲されて、十字軍は絶体絶命の窮地に立たされていた。部隊の多数が脱走して仲間を見捨ててコンスタンティノープルに帰ってしまい、市内に残った兵士たちは彼らによって勝手に死んだことにされてしまっていた。
そんな中、残った一行の中にいた貧しい修道士ペトロス・バルトロメオという男が、聖アンデレを幻視して、市内にキリストを刺した「ロンギヌスの槍」が埋まっている、と主張したのだ。ちなみに彼らは皆飢えていて、そのほかにも幻覚を見る者は多かった。
このとき別の本物と言われる聖槍がコンスタンティノープルにはあって、教皇使節はそれを見たことがあるので、当然この話を信じなかったが、他の人たちは藁にもすがる思いでこれを信じた。そしてみんなで市内の聖ペテロ寺院を掘るんだが、見つからない。そこでバルトロメオが自ら穴の中に入るとあら不思議、槍の先を持って出てくるではないか。まさにゴッドハンド。これは本物に違いない。こうして勢いに乗った十字軍兵士たちは、敵援軍を蹴散らし、見事に脱出して生還しましたとさ。めでたしめでたし。

となればいいんだが、世の中には何時だって空気を読まない疑い深い人間がいるものだ。そいつがペトロス・バルトロメオはうそつきだと主張した。あまりに都合がよすぎるんじゃないかと考えたのだ。まあ、勝ったからいいじゃないか、とも思うのだが、ここでペトロス・バルトロメオもなぜか黙っちゃいない。相手にしなけりゃいい物を、真っ向勝負、ここは聖書の舞台となった土地なのだから、聖書にあるように神明裁判で決着を付けようじゃないか。こうしてバルトロメオは自ら火のついた板壁に挟まれた隙間に飛び込んで、ひどいやけどを負って12日間苦悶した後に死んでしまいましたとさ、めでたしめでたし。

ここで気になるのが、バルトロメオはうそつきだったのかどうか、という部分だな。発見した槍が仕込みだったのなら、そんな無茶な神明裁判なんかするのだろうか、それなりに神を信じていたであろうに。それとも調子にのって仕込みであることを忘れてしまったとか。もしくは本当に偶然都合よく槍を発見したのだろうか。そしたらどんな気持ちでやけどに苦しんでいたのであろうか。それが聖槍かどうかはともかく、この人は嘘はついていなかったのに。イエスが十字架上で言ったと言われる有名な言葉でもつぶやきたくなったりしなかったんだろうか。

どう解釈してもこの話には甘美な間抜けさが残る。それがこの話のいいところである。