めったにコメントつき拍手なんてこないんで、返事を書いたりは出来てませんが、読んでます。溜まったら返信と思ってたら、いつまでも返信できないことに気付いたので変身します。拍手した人はこれを読まない可能性が高そうですが。
どれくらいこないかというと、ログインすると見られる5つの「最近のコメント」の一番過去の奴は、なんと二年前です。
でも最近のコメントは結構いろいろ書いてあって、少し感動します。
去年の八月の
リグビーとモーデカイはエドガー・ライト監督作品のサイモン・ピグとニック・フロストに似てると思いました
という『Regular Show』の記事への名無しさんのコメントは、私もなるほどなあ、と思いました。
私も好きです、サイモン・ピグとニック・フロスト。
『ショーン・オブ・ザ・デッド』とか『宇宙人ポール』 とか最高ですよね。
ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]
サイモン・ペグ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2005-12-23

宇宙人ポール [Blu-ray]
サイモン・ペッグ
ジェネオン・ユニバーサル
2012-12-21

 リグビーのマジな駄目っぽさと、モーディカイの「やれば出来る子なのにやる気がない」駄目っぽさの対比が似ています。

今年の1月22日に『恐竜惑星』と『ジーンダイバー』についての記事への、
情報量が増えると現実世界に影響が…」の理屈がわからず調べていたところ、たまたまこのエントリに出会いました。とてもわかりやすく、参考になりました!
という名無しさんのコメントもとても嬉しいです。
あの記事は別に理屈を説明したものではありませんでしたが(というかまともな理屈はつけようがない)、一所懸命、背景知識を説明した甲斐がありました。励みになります。 
何の意味があるか分からないブログですが、今年も無意味にひた走ろうと思いますので、思い出したころに見てくださいね。