『マイリトルポニー』は大きなお友達の多さから、アメリカの『プリキュア』だと言われたりするけど、内容的には女の子向けに容赦なくえげつないネタを入れたり、パロディネタを入れたりと、どちらかと言うと『ジュエルペット』に近い。特に『ジュエルペットサンシャイン』に。
しかし、その『ジュエルペットサンシャイン』すらそんなのやらねえよ、というネタがだんだんと入るようになって、びっくりする。
なんというか妙にリアルでドキッとするのだ。
もともと『マイリトルポニー』は、「友達の友達がガラが悪くて付き合いづらく、万引きをしているところを目撃してしまったりして、どうしたら良いかわからない」とか、「目立つことが好きな子を差し置いて、目立つことが嫌いな子が芸能界デビューしてしまい、片方は嫉妬の心を隠して応援し、もう片方は本当はそんな仕事したくないのに応援されているからには頑張らなくちゃと思って、両方不幸になる」とか、リアリティにあふれるエグい話が目白押しだった。
シーズンが進むに連れ、ストーリーのエグさは減る傾向にあるものの、普通のアニメではやらないような「女のアルアルネタ」をギャグに昇華する手並みにはほとほと感心する。
例えば、シーズン3のディスコード改心回『Keep Calm and Flutter On』では、皆がフラタシャイのことを内心でどう思っているかが現れてしまうシーンが秀逸。

フラタシャイ自身も、自分がどう思われているかわかっているのもいい。おとなしいキャラだって、心のなかにはいろいろと抱えているのが自然なのだ。フラタシャイはそれをうまく表に出すのが一番下手だからこそ、つまりいつも一番我慢しているからこそ、この話では怒りを内面に抑え続け、最後までディスコードを信じようとすることが出来たのだ。つまり、弱さを持つキャラクターの強さがうまく演出できていて、感心する。だからこそ、彼女にも見捨てられた時のディスコードの驚きが表現されるんだよな。
しかし、その弱さに秘められた強さが、一見ただの「間抜けさ」に見えることをギャグとして提示してしまうのがいいんだ。
次に、シーズン4の傑作『Simple Ways』では、お化粧が大好きなラリティが泣くと、涙でマスカラが溶けて、涙が真っ黒になるという、今まで見たことがなかった描写が入る。

アメリカではこれが萌え要素の一つだというから恐ろしいが、もう腹を抱えて笑いましたよ、ほんと。
この描写はスタッフもよほど気に入ったのか、その後ラリティ号泣シーンの定番となり、さっそくシーズン4の『Inspiration Manifestation』でも黒い涙を流し、しかもアイスクリームを馬鹿食いするという、これまた女特有の行動を取るというおまけ付き。もう可愛いなあ。

シーズン5の最新話『Tanks For The Memories』では、女の子特有の「誰かが泣いていると、関係ない奴まで一緒くたに泣き始める」という謎行動を見事に活写。

泣いてない奴が謎の疎外感を感じるという理不尽なおまけ付き。あとラリティさんまた黒い涙流してるよ。それぞれのキャラクターの違いを行動として表現できているのがグッド。
ここらへんの描写を見事にギャグにしてしまうところが嫌味がなくていいなあ。別に女を批判しようと言うんじゃないんだ。面白いなあ、変だなあ、と男も女自身も思ってるだけで。
愛だよ、愛。