嘘ばかり書くはずで始めたTwitterだが、書く嘘が足りなくてほとんど呟かなかったり、本当のことばかり呟いたり、知り合いに話しかけたりばかりしている(リプライで嘘は流石につけない)。
もしこれがフィクションだったら、いくらでも呟ける。一体嘘とフィクションに何の違いがあるのであろうか。おそらく重要なのは、書くときの私のモードというより、私が読者に期待するモードの違いなのだろう。よりコントロールしにくいものであるがゆえに、いろいろ考えてしまい筆が進まないのではなかろうか。
このままでは埒があかないので、練習のために日常でもっと嘘をついてまわることにしよう。