けんさく。

けんさく。が、いろいろ趣味のことをやるページです。

2012年05月

ケイト・ブッシュの『Clousbusting』におけるヴィルヘルム・ライヒの描き方について

前回の続き

ケイト・ブッシュの曲の中で私が一番好きなのがこれである。
『Cloudbusting』

歌われているのは「ヴィルヘルム・ライヒ」について。
ライヒはフロイトの弟子の精神分析学者なのだが、フロイトからは嫌われていたらしい。マルクス主義と精神分析(20世紀の2大カルトだね)を結び付けようとして、共産党と精神分析協会の両方から除名をくらったらしい。
1933年には彼の著作で唯一そこそこ読む価値があると噂の次の本を出し、ナチスと共産党の両方から発禁にされる。
ファシズムの大衆心理 (上)ファシズムの大衆心理 (上)
著者:ヴィルヘルム・ライヒ
販売元:せりか書房
(1986-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ファシズムの大衆心理 下
著者:ヴィルヘルム・ライヒ
販売元:せりか書房
(1986-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
彼の思想の根本は、諸悪の根源を「性的抑圧」「性的欲求不満」に見ようとすること。ここまでなら、曲解されたフロイト思想と言う感じだが、彼はそれを政治 にまで結びつけ、プロレタリアート(労働者階級)の性的欲求不満が政治的委縮をもたらすと主張したり、ファシズムの問題を性的抑圧からのサディズムの発露 に見ようとしたりした。その上で彼は、すべての性的抑圧からの解放を主張したのだ。
そんな彼が後世に名を残したのは、なにより「オルゴン」の「発見」による。
彼はナチスに追われて亡命したノルウェーのオスロにて、滅菌した肉汁の中に、青い光を発するものを発見する。彼はそれを目や皮膚を傷つけるものと考え、中は金属で外は木でできた箱の中に入れる。
そして彼はこの新発見のエネルギーを「orgasmus(性的絶頂、いわゆるイクというやつ)」「オルゴン(Orgon)」と名づけた。
彼はこの性的エネルギーが光を放ち、また溜めたり放出したりできると考えたのだ。
そしてそれこそが、すべての生命の根源を成しているとみなしたのだ。
ちなみに、このオルゴンを溜めることが出来る装置「オルゴンボックス」、いまだに売っている。
生活活性研究所
驚きの、189万円。基本は内側に金属、外側に木の単なる箱と考えてよいはず(ライヒのオルゴンボックスがそうなんだから)。
アマゾンでもオルゴン関連の本は普通に売っているので、暇で酔狂な人は読んでみたらいかが?
オルゴン療法に目覚めた医師たち―医者の命を救った!西洋医学の限界を破った!オルゴン療法に目覚めた医師たち―医者の命を救った!西洋医学の限界を破った!
著者:小松 健治
販売元:JPS出版局
(2010-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ライヒはアメリカに行ってからは、メイン州レーンジュエリーに「オルゴノン」と言う名の研究所を作ってオルゴンの研究をつづけた。
ライヒはこのオルゴンでラジウムの放射線を中和できると考えたらしいが、その結果実験動物は死に、研究員は吐き気や頭痛で研究所から退避しなければいけなかった(どこまで本当の話かよく分からないが、本当なら単なる放射線の効果なんじゃなかろうか?)。
ライヒはこのとき発生したものを、」Orgone Anti-Nuclear Radiation(反放射性オルゴン)」略称「Oranur(オラナー)」と名づけた。
そしてその後1カ月、研究所の上に黒い雲が掛かり続けたのを(ここはすでに単なる妄想とみてよさそうである)、オラナーが「死のオルゴン(Deadly Orgone)」になったと考え、オルゴンを集中的に放射する装置(下部を曲げて流水にアースさせた中空のチューブを単に並べたもの)を使ってその雲を追 い払った。
そして彼はそれを「クラウドバスター」と呼んだ。
tnfig2
この雲を消すという実験、いまだに超能力とか気とかでで実演する人がいたりするのだが、晴れた日の低い雲はずっと見ていないから気付かないだけで5分くらいで現れたり消えたりしているものなので、別に気を送らなくてもずっと見ていたら消える。なので騙されないでね。

ライヒはその後UFOを目撃し、それを「死のオルゴン」を利用した侵略宇宙人と断定、クラウドバスターを使った撃墜の必要性を訴えた。

こうやって時系列でみるとライヒの頭のピントがどんどんボケていく様子が見えて面白いのだが、しかしそんな彼をだんだん国は遊ばせておくわけにはいかなくなってくる。
彼は旧来の精神分析(生物学的オルゴン療法)とオルゴンボックスを使った新しい療法(物理学的オルゴン療法)を組み合わせた治療行為を行っていたが、その 後者によるがんの治療行為が、FDA(米国食品医薬品局)によりがん治療機の不法製造販売にあたると訴訟をされたのだ(妥当な判断である。ただオルゴンと 関係のないライヒの著作まで出版差し止めが行われたため、言論弾圧だという批判が持ちあがった)。
その時ライヒは、裁判所の命令に従わなかったため、法廷侮辱罪により投獄、1956年コネチカット刑務所で心臓発作で死亡した。
ライヒは獄中で、空を飛ぶ飛行機を見るたびに、係官に「彼らが私を見守ってくれている」とこぼしたと言う。彼らって一体誰だったんだろうか。

ライヒのオルゴン理論は完全な疑似科学である。実験には一切再現性がないし、結果の統計的有意性もない。根幹において、現代科学と相いれない部分が多すぎる。
科学と疑似科学の間には広いグレイゾーンが広がっているのも事実だが、これが今現在科学ではないのもまた事実だ。
しかしライヒはいまだに多くの支持者を得ているのも、怖ろしいことに事実なのだ。
ケイト・ブッシュはこのライヒの息子の書いた本を読んで、曲を書いたと言う。彼女はこの曲とpvの中で完全にライヒの側から世界を見ている。
仕事をしているだけのFDAは政府の犬だし、ライヒはときの権力に迫害された殉教者だ。
馬鹿言っちゃいけない、と思うし、これはひどい、と思った。
息子が、「パパの意思を僕が引き継ぐ」だなんていいはじめたときには、「頼むからやめてくれ」と悲鳴を上げたくなる。
だが、である。
それにもかかわらず、である。
私はこの映像を見て泣きそうになっている。
呉智英が中国のプロパガンダ映画『農奴』について語っていたことと似ている(この映画、私は呉智英の上映会に見に行った。字幕なしでよければyoutubeで見ることが出来る)。
『農奴』は封建体制下で苦しめられているチベットの農民を中国共産党の人民解放軍が助ける、という今見たら噴飯物のプロパガンダ映画なのだが、見ればその美しさに文句なしに感動できる。
それと同じように、ケイト・ブッシュのこのpvも何もかも間違っているにもかかわらず、その美しさに感動せざるを得なかった。
そう考えると美と言うものは、かなり危険で怖ろしいものだ。事実と異なっていても、視点がかたよっていても、露骨な利益誘導がなされていても、美しければ人を感動させることが出来るのだ。
プラトンがどんなに寝ぼけたことを言っても、美しいものは別に正しくもなければ、良いものでもない。
だいたいこんなところにドナルド・サザーランドを使うのは卑怯だ。だって、ブラックユーモア戦争映画の傑作『M☆A☆S☆H』からの反権力のイコンじゃな いですか。大好きな『アニマル・ハウス』で、学生のガールフレンドを寝取っちゃう、半ヒッピーっぽい大学教授をやってた時には、「学生があの魅力に勝てる わけねえわな」と思ったものだ。
このキャスティングからいっても、このpvではライヒを権力に潰された悲劇のヒーローに仕立て上げようとしている。そしてそれは大成功しているのだ。
ああ怖い怖い。

『Cloudbusting "The Organon Re-mix"』

やっぱいい曲だ。

マッシュ [DVD]マッシュ [DVD]
出演:ドナルド・サザーランド
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
(2010-06-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
アニマル・ハウス スペシャル・エディション [DVD]アニマル・ハウス スペシャル・エディション [DVD]
出演:ジョン・ベルーシ
販売元:ジェネオン・ユニバーサル
(2012-05-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ケイト・ブッシュの官能の世界にようこそ!

ケイト・ブッシュは19歳でデビューしたイギリスの女性歌手であるが、普通と逆の言い方だが、その若さを全く感じさせない高い歌唱力(というか容姿から言っても一体何歳なのかよく分からない。この辺はビョークと似てるかも)と、多様な音楽性、ダンスやパントマイムをとりいれた圧倒的なパフォーマンスで世界的に影響を与えた女性アーティストと言える。わたしの好きな日本の女性歌手で言えば、戸川純とか谷山浩子なんかは多分影響を受けていると思う。

私が最初にみたのはこれ。
『嵐が丘』

Hiethcliff, its me, Cathy come home
内容は皆さんご存じの『嵐が丘』ですね。
嵐が丘〈上〉 (光文社古典新訳文庫)嵐が丘〈上〉 (光文社古典新訳文庫)
著者:E・ブロンテ
販売元:光文社
(2010-01-13)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
キャサリンとヒースクリフの壮絶な恋愛も軽く超自然ですが、この歌は曲も歌詞も映像もすべて幽玄で素晴らしい。これが19歳のデビュー作とはとても思えない(作詞作曲共にケイト本人)。ただのアイドルではないことが一目了然である。
独特の動きは、舞台上でのシャイさを克服するために開発したと言われているが、「舞台の魔術師」リンゼイ・ケンプに弟子入りして学んだパントマイムの技術は本物である。幽霊となったキャシー(キャサリンのニックネーム。そう言えばケイトも本名はキャサリンだ)が窓から屋敷に入ろうとしたり、ヒースクリフの魂を奪い取ろうとするところが特に素晴らしい。
そのパントマイムを堪能したいなら、こちらのpvもよい。

踊ってるだけでpvが出来るってのもすげえな。

もう1ヴァージョン。こっちはよりゴシックに幽霊屋敷である。


ここからケイトの快進撃が始まる。
最初は歌もラブソングが多く、扱いもアイドルっぽかったが、しかし歌唱力は飛びぬけていた。
『The Kick Inside』

いわゆる「禁断の愛」について歌った作品。なんか「ラファエル前派」と言う言葉を思い出すpv。

『Man with the child in his eyes』


唯一の来日時の映像(東京音楽祭)。噂によると飛行機の長旅が怖くてこれないらしい。
『嘆きの天使』。原題は『Moving』。邦題は今では『天使と小悪魔』になぜか変わっている。

このときまだ19歳である。異様な色気。

デビューアルバム
天使と小悪魔天使と小悪魔
アーティスト:ケイト・ブッシュ
販売元:EMIミュージック・ジャパン
(1995-05-31)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

続いて1979年のクリスマス特番からいくつか。。
主な演目は前年のデビュー年にすぐに出したセカンドアルバムと、次の年に出るサードアルバムから。
ここら辺から、衣装も動きも世界観も急速に奇抜になっていくが、確かな技術がそれを支えているのである。
1stアルバムより『ローリング・ザ・ボール』


3rd アルバムより『バイオリン』

繰り返し言うが、まだ21歳ですよこの姉さん。すでに妖精だと言われても疑問に思わない妖艶さを持っておられる。ゴキブリか何かか。

2ndアルバムから、『ブルーのシンフォニー』

結構歌詞が面白い。最初にバイオリン男が少し見えるのが笑える。

3rdアルバムより『ウェディング・リスト』

ころころ変わる声。豊かな表現力
3rdアルバムあたりからケイト・ブッシュの歌は、単に歌と言うだけでなく、物語となっていることが多くなる(谷山浩子の物語歌なんかと近いかもしれない。サウンド・ホライズンとかの先祖と考えると面白いかも)。

一曲がまるで短編小説のようになっている歌といえばこれ。(クリスマスライブシリーズは上でとりあえず終わりです)
『バブーシュカ(Babooshka)』

変奏して夫を試そうとする妻、その女にかつての妻の面影を見る夫。
奇妙なことに2人とも、相手の愛がすでに冷めていると考えており、その愛が冷める前の2人を取り戻したいと考えていた。
江戸川乱歩に似たようなのが有ったような気がする。ちなみに「babooshka」と言うのは、ロシア語の「老婆」を意味する言葉で、ケネディ大統領暗殺時に、近くでフィルム撮影していたとされる謎の女性「Babushka Lady(バブーシュカという名前のスカーフのかぶり方をしていたから)」と何か関係があるのかもしれない。
しかし22歳でよくこんな歌を歌うと感心する。それにしてもすごい衣装だね。

『夢見る兵士(Army Dreamer)』

愛する息子が戦地から、死んで帰ってくる話。これも一つの物語になっている。
これの舞台版も良い。

ケイトこのときまだ24歳(live時)ですよ。本当に年が分からない人だ。

2ndアルバム『ライオンハート』
LionheartLionheart
アーティスト:Kate Bush
販売元:Capitol
(1991-08-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ちなみにタイトル曲はこれ
『Oh England My Lionheart』

ここから題名をとってきた小説がこれね。
ライオンハート (新潮文庫)ライオンハート (新潮文庫)
著者:恩田 陸
販売元:新潮社
(2004-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

3rdアルバム『魔物語』
Never ForeverNever Forever
アーティスト:Kate Bush
販売元:Capitol
(1991-08-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

この3rdアルバムからは物語傾向だけでなく、異国趣味が咥えられている(上のバブーシュカだってそうだ)。次の曲もまともにそうだ。

『エジプト』


そのエクゾチズムが4thアルバムの『ドリーミング』になると爆発している。
ドリーミングドリーミング
アーティスト:ケイト・ブッシュ
販売元:EMIミュージックジャパン
(2011-07-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

『ドリーミング』

題名は、多分アボリジニの「ドリーミング」のことだと思う。

『サット・イン・ユア・ラップ』

天才としか言いようがない。
ZABADAKに影響を与えたと言うのも実に納得のできる話である。

『ガッファにて』

可愛らしい曲に見えて、歌詞を見ると、妙な焦燥感と奇妙な感動に襲われる。やはりこの感じは谷山浩子に似ていると思う。

これも4thアルバムからの一曲
『10ポンド紙幣が一枚』

見事なパフォーマンス。その一語に尽きる。

まあ、こんな感じにこの時期のケイト・ブッシュは「このままどこに行くのだろう」という危惧を感じるくらいとんがってたわけだけど。彼女はそんな心配もなんのその。別にどこへも行かずちゃんとこの世に踏みとどまって、新しい境地を見せ続けてくれるところはすごい。やはり心がタフじゃなきゃ、やっていけませんからね。

『Running up that hill』

ダンスに見とれるしかない。

『Hounds of Love』

これくらいにやっと年相応に見えるようになったような気がする。

『Experiment Ⅳ』

音楽を軍事兵器として使う実験について歌った異色SFホラーソング。B級映画な感じがとても良い。

『The Woman's Work』

妻が出産するのを待つ男の不安な気持ちを歌いあげた傑作。

『センシュアル・ワールド』

ジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』(20世紀最重要小説!)に触発されたという作品。Yes。30超えたケイトも実に色気たっぷりで良い。Yes。

『Deeper understand』

コンピュータのソフトしか心を許せる相手のいない寂しい男の物語。

ピーター・ガブリエルとのデュエット
『Don't give up』


さて、実はケイト・ブッシュの曲の中で一番好きな物を残してあるのだが、それは話すと長くなるので、また次回にします。

追記(5月29日)
大好きな映画のこの歌が、ケイト・ブッシュが歌っていたと最近知ったので追加しておきます。


未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]未来世紀ブラジル スペシャルエディション [DVD]
出演:ジョナサン・プライス
販売元:ジェネオン エンタテインメント
(2003-11-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

神話(6)

岡島正志は人の身の父親と女神の母親の間に生まれた子供だった。血筋のよさを思わせる整った顔立ちと優秀な頭脳を持ち合わせていたが、内気で人に心を開かず、学校においてほとんど口をきくということが無かった。それに目を付けたのが、校内に悪名を轟かせた三人組、雷矢、大丸、津名である。三人は「計算上儲けが無限大になるように見えるが、実は理論値に観測値を繰り込むことにより結局有限の儲けに留まる」という「繰り込み詐欺」を正志に見破られ根に持っていたのだ。指摘が無ければ、神の血筋を持たない愚かな人間どもは脳が足りなくて、もし儲けが無限大ならハイパーインフレが起こって結局、すべて紙くずになると言うことも理解できずに、喜んで騙され身代を差し出していたのだ。
 彼らは仕返しのために、正志に
 「俺だよ、おれおれ。いや俺さ、車で走ってたらぶつけちゃってさ。今警察にいるんだよ。え? いや、ほんとなんだって! それでさ、なんだか示談金ってのを払わなくちゃいけないらしくて、それを払わないとなんか、牢屋に入れられるらしくて、ほんと、マジなんだって、今マジでヤベえんだって! ちょっと待って、今警察の人に代わるから………はい、そのですね、言いにくいことなんですが、示談金を払えないと我々としたら彼を収監せざるを得ないわけでして、それを避けるためには云々……」
 という手紙を渡して校舎裏まで呼び出し、紐でぐるぐる巻きにして、何かの役に立つかもしれないとずっと以前に掘っておいた穴の中に放り込んで、上から土をかぶせていった。
 「けっ、おかんが神様だからって調子こきやがって」
 そのとき、これまでずっと口を閉ざしていた正志が初めて言葉を発した。
 「これで住むと思うなよ、恐れを知らぬ傲慢な人間どもよ。貴様ら、矮小な者どもらが、高貴なる神の血筋を受け継ぐものを殺したとなれば、必ずや恐ろしい天罰が下るであろう。確かに我は半身は神なれど、もう半身は人なれば、死すべき定めである。だが、我死すとも、必ずや我が肉を苗床として不思議な草花が生え出でて、口々にお前らの悪逆非道の業を暴き立てるであろう」
 興奮すると多弁になる性質なのであろうか、だがそんな長口上も
 「馬鹿、そんな非科学的なことがあってたまるか」
 と一蹴され、正志は埋められてしまった。
 彼を心配したのが、彼の母である大地の女神、輝く瞳の岡島美代子である。永遠の命持つ彼女には、限りある命しか持てぬ存在であるからこそ、人との間にできた子は格別愛しかったのである。次の日から、最愛の息子の姿を探して学校の廊下をさまよう彼女の姿が見られた。学校の教師たちは、必ず探してみせると約束し、帰ってもらおうとしたが、追い返そうとするたびに輝く瞳の美奈子は、千の足を持ち、万の首を生やし、億の腕をのたくらす怪物「モンスター・ペアレント」に体を変化させ暴れまわった。百戦錬磨の盾と矛持つ教師たちもこれには恐れをなし、肉つきの良い生徒を選び出し、脂身の付いた肉を焼き、薫り高きぶどう酒とともに供え、怒りを鎮めようとしたが、それも無駄であった。
 そのとき、校舎裏から声が上がった。皆がそちらを向くと、地面から名も知らぬ不思議な草花が生え出でて、三人の名前を叫びたてたのだ。皆でその三人の顔を探し出し、女神の前に差し出した。彼らは抗弁しようとしたが、怒れる神の一睨みの前では、無力であった。そのとき三人は体の自由が奪われるのを感じた。声を出そうとするが、喉からは息が漏れるばかり。そして体が縮んでいくのを、呆然と感じるだけであった。だが、じきに理解力も奪われて、自らの情けない姿に恥じると言う、無駄な行為をする必要も無くなった。そしてすぐさま本能が理性の椅子を奪い取る。彼らは蛙と蛇と蛞蝓へと姿を帰られてしまったのだ。その廊下の一角では、今でもその三匹が睨み合って、永遠の業罰を受け続けている姿が見られる。不思議な草はうるさいので、すぐに刈り取られてしまった。

神話(1)
神話(2)
神話(3)
神話(4)
神話(5)

神話(5)

2のBの山本裕子は学年一の美人であった。多くの男子からは言い寄られ、また面食いである担任の教師新海毅からも目をかけられていた。多くの女子は顔には出さずともよく思っていなかったのだが、彼女と仲の良いいくらかは、からかい半分とも取れる口調で誉めそやし、ついには天にまします担任の妻みどりにも勝ると言う輩も出る始末。それを彼女は何にも言わずただ笑って受け止めていた。否定も肯定もしなかったにもかかわらず、担任の妻は天の上に住まう者の例に違わず嫉妬深かった。また彼女は、夫が女生徒に色目を使い続けることに業を煮やしていたのだった。夫と女生徒達への見せしめとするために、彼女に手痛い罰を加えることにした。
 同じクラスの大蟇かおるは、人の父親と、巨大な蛙の母との間に生まれた子供で、学校一の醜男であり友達もいない。みどりは担任の妻のみが持つ不思議な見えない指により彼の心に触れ、裕子への一途で力強い、燃え滾る愛と恋の炎を植えつけた。裕子はその日、一日中粘りつくような視線に悩まされた。
 そしてその日の夕方、丘の上の学校から駅まで歩く下り坂、新聞部の編集作業で下校時間からずいぶん遅れてしまった裕子は、またあの舐めるような視線を背中に感じた。振り返ると彼女は自分が実際に舐められていることを発見した、かおるの長い舌によって。裕子は走り出した。しかし、かおるも飛び跳ねながら追いかける。いくら取材で鍛えられた足だとしても、バスケット部のかおるにはかなわない。このままではじきに追いつかれてしまう。
 裕子は丘の上の学校に向かって祈った。
 「王理ヶ丘の上にまします、我らが担任の先生よ! どうか、お助けください。ここであのような半怪物に汚されるくらいなら清らかなまま死んだほうがいかほどましなことか! もし、あのご寵愛頂いた日々の口約束のなかに僅かでもまことが含まれているのなら、どうかお願いですから私を助けてください」
 担任の新海毅は丘の上の学校の職員室の窓から、千里眼によりこのことを見て取った。そして、これが自らの妻の差し金であることも理解した。しかし今彼女を助けてしまえば、妻との仲が一層冷え切ってしまうことを危惧し、なかなか彼女を助けることができなかった。そこで彼は、チョークのこべりついた黒板消しを手に取ると、黒板消しクリーナーがあるにもかかわらず、窓の外に手を差し伸べてぽふぽふした。その赤白黄色混じった粉は夕暮れ時の風に乗ると裕子の元へと届いた。彼女は今しも、長く伸びたかおるの舌に足首をつかまれ引き倒された所で、ちょうどその舌が輝く肉置きのいい腿をはいずりながら這い登り、学校指定の校則より少々短めに切りそろえられたチェックのスカートのなかにしのび寄ろうとしたときのことだった。
 その粉を全身に浴びた途端に、不思議な力が彼女の体全体に染み渡り、彼女の体は次第に変化し、指先は痺れ、叫べども声はでず、体は堅くなり、そして金属の光沢を帯び始めた。彼女は銅像になってしまったのだ。頭の禿げ上がった何代目かの校長先生の。
 目の前で最愛のオンナを失ったかおるはその銅像に抱きつき、涙と涎でどろどろにしてしまった。それでできたばかりのはずの校長像は一瞬のうちに緑青だらけになり、かおるは中毒で二週間寝込んだ。
 その銅像は、今も住宅街の道の真ん中に立っていて、とても交通の邪魔で、担任はそろそろ裕子の出席日数について本気で悩み始めている。

神話(1)
神話(2)
神話(3)
神話(4)
神話(6)

ミネラル

夜のバー。俺が絶望に打ちひしがれて、ちびちび飲んでいると、
 「やっぱあんた、ミネラル足りてないんじゃない?」
 と女が言ってくる。意味が分からないので、
 「そうかなあ」
 と適当に受け答えていると、
 「あたしがあんたのミネラルになってあげよか?」
 とくる。ますます意味が分からないので、
 「そうなのかなあ」
 と答えた。次の朝目覚めると、もう五月だと言うのにやけに寒い。しかも、万年床のせんべい布団が浮き上がって、体との間に大きな隙間が出来ている。
 一体何だと思って起きあがると、俺の横で布団が大きく膨らんでいる。人が入っているというより、なんだかちょっとした仏像でも布団で隠しているような塩梅だ。
 その布団をめくって中身を検めると、それは人一人サイズの岩だった。
 俺は昨日のことを思い出しはじめた。女は俺に負けず劣らず酒に酔っていた。酒の勢いで女を抱くのも問題だが、酒の勢いでミネラルになるのも相当問題だ。確かにミネラルってのは、鉱物って意味だが、そういうことではなかろう。
 腕を伸ばして手を触れると、ただでさえ冷えた室温よりもさらにひんやりとしていた。その手触りを確かめていると俺はなんだか意味不明な罪悪感に襲われて、顔が熱くなるのを感じ、恐々と舌を差し出してぺろりと一舐めしてみた。
 塩辛かった。
 その日の帰り、俺はホームセンターでやすりを買って来て、その晩から天ぷらを塩で食い、塩を肴に酒を飲むようになったのだ。
Leaves of Words
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

けんさく。

QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ