以前リョサの『緑の家』とダニロ・キシュの『砂時計』を同時に読んだらなんか頭が混乱してトリップしそうになったので、技術書でもやってみた。
緑の家(上) (岩波文庫)
M.バルガス=リョサ
岩波書店
2010-08-20


砂時計 (東欧の想像力 1)
ダニロ・キシュ
松籟社
2007-01-31

 
結果としてはPerlの印象が強すぎる。コンテキストによって聞いたことのない挙動をする話がたくさんあって目眩がした。
そうかPerl自体が色々混ざった変な言語だったんだな。
 
Effective Perl 第2版
Joseph N. Hall
翔泳社
2015-02-17

 
Effective Ruby
Peter J. Jones
翔泳社
2015-01-09





Effective JavaScript
David Herman
翔泳社
2013-02-19

これと比べるとRubyやJavaScript は「あっ、そんな便利な機能あるんだ」くらいの話なんだけど、Perlは「そんな変な文法があるのか」って感じの驚きに出会う。入門書との落差か一番激しいんじゃなかろうか。だって、他の言語は入門書に書いてない文法レベルの話ってそんなにないと思うんだけどなあ。