けんさく。

けんさく。が、いろいろ趣味のことをやるページです。

話芸

時間がないので、落語動画を紹介してお茶を濁す

以前にも紹介したキョンキョンこと柳家喬太郎の『夜の慣用句』をどうぞ。

馬鹿馬鹿しくて、面白いぞ。
枕の「コンパをする学生」のモノマネはいろんなところでやってるね。
馬鹿っぽい若者、セクハラおやじ、女の子、どれもうまい。

『すみれ荘二0一号』

「落ち研」出身者の自虐を力技で、悲恋話に持ってくる傑作。
無駄話っぽい枕がいつの間にか本題に関わってくる様は、さすが。メタっぽい客いじりも名人芸。
なお、素晴らしい『東京ホテトル音頭』のフルバージョンはこちら。

これはひどい。

落語家 柳家喬太郎特集

どうも諸外国で、日本人にはジョークが通じないことがジョークの種にされているらしいですが、日本人には日本人の歴史あるユーモアのセンスがあるのです。というわけで、落語も見ずに日本文化を語るなかれ、今回はネットで見られる落語を紹介したいのですが、落語もピンキリで、怪談から人情噺、果ては下ネタ満載のバレ噺までいろいろあるので、そこが素人には敷居が高かったりしますわな。なので今回は普通のお笑いを見るのと同じ気分で見られる新作落語を紹介します。

演者は柳家喬太郎、新作落語で有名だけど古典もかなり上手い。「枕の魔術師」とも呼ばれ、なかなか本題に入らず、のらりくらりとアドリブめいた枕が続くのも名物である。もし街中で見かけたら「キョンキョン!」と大きな声で呼びかけてあげましょう。「殺してやりたくなる」ほど喜んでくれます。売れない時代にはエロアニメの声優をしたこともあるらしいんですけど、誰かタイトル知ってる人はいませんか?

代表作『午後の保健室』

この枕の長さがキョンキョンの真骨頂。

『ほんとのこというと』


ネットで見られるのはこれ以外にも数個あるけど、ほとんどはCDを買うなり寄席に行くなりしないと聞けません。『諜報員メアリー』とか『彫師マリリン』とか、どんな話か分からないけど面白そうじゃないですか? 気になった方はぜひ!
Leaves of Words
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

けんさく。

QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ