けんさく。

けんさく。が、いろいろ趣味のことをやるページです。

健康

先日歯医者で、

上の奥歯が欠けてしまったので、治療してもらおうとしたのだが、歯医者がいまいち患部が分からないようで(その時点で藪な気がする)、「舌で場所を示してください」といい始めた。賢明に舌を伸ばそうとするのだが、うまく届かない。おかしい、普段は簡単に触れるのに、と思ったが、結局うまく行かなかった。
家に帰ってから理由が分かった。
口を大きく開けていたからである。そうすると、上の歯は、舌から遠ざかってしまう。
やはり、あの歯医者、少しおかしい気がする。 

頭が痛い時に聞く音楽

『Totally Headache』(うどんゲルゲ feat 初音ミク)

     *      *
  *     +  うそです
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
<      Y     Y    *

うどんゲルゲ氏は、私好みのテクノやニューウェイブの名曲をボーカロイドでカヴァーしてくれるので、前から時々チェックしていたが、オリジナル曲も面白いのである。

ラジオ体操第2はきつかった

先日、某国際的大財閥(黒マントが似合うオカルト研究家の姉と格闘家の妹の美人御令嬢姉妹も有名)の傘下のソフトウェア企業で、データ取りの手伝いに、ラジオ体操第2を一時間以上踊った。家庭用人型お手伝いロボットでも作るのであろうか。
久しぶりに踊ったラジオ体操第2は、予想以上にハードで、しかも妙に上半身重視で肩が痛くなりそうだった。続けてやり続ければ、「これマジ?上半身に比べて下半身が貧弱すぎだろ」てな感じの逆三角形ボディが手にいれられたかもしんない。

歯医者で

「やり直しますね」
って言われた。

脳裏に吉田戦車の名作「伝染るんです。」の、「機長からの一言」シリーズを思い出した。
機長が機内放送で「あっ」とか「ごめん」とか言って、機内が「あってなんだよ!?」「ごめんてなんだよ!」と大混乱に陥るシリーズです。
やり直せるのかよ! と思いながらも、出てきた言葉は
「あっ、そうですか」
だけだったが。 

もうすぐマイリトルポニーの日本版の放送だなあ。
緊張してきた。 

うがい薬でビタミンCが検出できるぞ!

イソジンうがい薬 250ml[第3類]イソジンうがい薬 250ml[第3類]
販売元:明治製薬

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
うがい薬のあの赤茶色は、ヨウ素の色。
ヨウ素はでんぷんと反応して紫色になるのが有名だけど、それ以外にも手軽にできる色の変わる実験ができる(ちなみにこのヨウ素でんぷん反応は、化学反応というより、分子間力で分子同士が緩く結合する「超分子反応」であり、でんぷんの種類によって色が変わったりと、これもなかなか奥が深い)。
それはビタミンCの検出。ヨウ素はビタミンCと混ぜると色が消えるのだ。
お茶程度の色まで薄めたヨウ素液に削ったビタミンC錠やCCレモンなどを入れて混ぜると途端に色が消えるのが観察できる。



ヨウ素は、周期表だと塩素の下のハロゲン族に含まれる。これらの原子は水素と結びつきやすいので(自分が還元しやすいので)、他のものを酸化させる力を持つ。
酸化ってのは、物が燃えたり、金属がさびたり、老化の原因になったり、切った林檎などの色を変えてしまったり、物質を壊すことが多い。もちろん微生物は死んでしまう。(だから大昔の原核生物にとって、酸素は猛毒だった。今の生物にとっても活性酸素はかなり危険だ)
だからオキシドールも塩素も酸化させる力があるものは消毒剤に使え、当然ヨウ素もそう使われている。うがい薬に入っているヨードチンキだ。

逆にビタミンCは、酸素と物凄く結び付きやすいので(自分が酸化しやすいので)、他のものを還元させる力を持つ。
だから、体の中で発生した活性酸素など、強い酸化力を持っている「フリーラジカル」と反応し(いわば身代わりになって)、体が酸化するのから守ってくれる。(なおビタミンCは水溶性なので、脂の中には入っていけないが、ビタミンCは脂の中でフリーラジカルを消してくれるビタミンEを再生する作用がある)
緑茶や紅茶などに、酸化防止剤としてビタミンCが入っているのもこういう理由だ。酸化で色が変わったり、味が悪くなったりするのを防いでくれるのである。

ここまでくれば、ビタミンCとヨウ素液が反応することが理解してくれるだろう。
この二つを混ぜると、ヨウ素が還元されて、ヨウ化水素になって、無色透明になる。
「お茶を水に変える」などと、マジックのネタにしてもいいが、様々なジュースや野菜果物の汁を使って、ビタミンCが多いのはどれかを、一滴ずつ垂らして、何滴目で色が消えるかで、判定するのも、「試薬による定量分析」を子どもに教えるのに実にいい。
すると、緑茶の方が紅茶よりずっとビタミンCが多いことを確認できたり、レモンがそれほどビタミンCが多い訳ではないことがわかって「レモン~個分のビタミンC」という宣伝の欺瞞を明らかにしたりできるぞ。
Leaves of Words
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

けんさく。

QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ