けんさく。

けんさく。が、いろいろ趣味のことをやるページです。

みんなのうた

山田康雄の飄々とした歌声 『まるで世界』

『みんなのうた』の話題が続いたので、一番好きなのを紹介しておこう。

文句なしに良い。良いものは理屈なしに良い。

ただそれでは、何のための記事なのかわからないので、まあ関わっている人たちを軽く紹介して、終わりとしようか。
歌っているのは、ルパン三世の声やクリント・イーストウッドの吹き替えで有名な山田康雄。

ダーティハリー [DVD]
クリント・イーストウッド
ワーナー・ホーム・ビデオ
2000-04-21

作詞は不条理演劇で有名な、別役実(この苗字の来歴をたどると、「べっちゃく」と読むのがより古いらしい)。「づくしシリーズ」などのエッセイが大好きだ。あと彼が脚本を書いた、アニメーション映画『銀河鉄道の夜』も大傑作。


銀河鉄道の夜 [Blu-ray]
田中真弓
KADOKAWA / 角川書店
2014-05-30

作曲は池辺晋一郎。オーケストラや合唱曲やオペラなどを多数作曲し、『N響アワー』への出演とか、黒澤明作品への曲の提供とか、いろいろ華々しい経歴はあるが、個人的には『未来少年コナン』の音楽というイメージである。最初に意識したのがそこだからな。
未来少年コナン 1 [DVD]
小原乃梨子
バンダイビジュアル
2010-01-27

どこかマグリット的なシュルレアリスムの雰囲気ただようアニメーションを手がけている大井文雄は、今はCGアニメーションを制作し、ノルシュテインやラウル・エルヴェやアレクサンドル・ペトロフなどアート・アニメーション界の錚々たるメンバーが参加した、アニメーションによる連句作品『冬の日』でも独特の世界観を繰り広げている。 
連句アニメーション 冬の日 [DVD]
池辺晋一郎
紀伊國屋書店
2003-11-22

 
子供向けの作品に無駄な力を注いでくれるのは、NHKのいいところなのかもしれないなあ。 

子沢山の生き物は、子どものうちにたくさん死ぬという自然の摂理を子どもに教える『ヒナのうた』

『みんなのうた』は定期的に良い意味でも悪い意味でも聞き捨てならない曲を流していて、テレビの前で私を悶絶させる。前回は悪い意味だったので、今回はいい意味の方を紹介する。

子どもに自然の厳しさを教えるいい歌である。
南家こうじのアニメーションも最高だ。『うる星やつら』とか『らんま1/2』とか好きな人は、この人のアニメを一度は見たことあるはず。『御先祖様万々歳』のOPアニメは伝説。
しかし子どもは「減っちゃった」のところの意味を分かって歌っているのだろうか。いや、別に分からなくてもいいのだろう。後で分かるための布石をたくさんばらまいておくことのほうが大事なのだ。
そういう意味では、世代をつなぐことがテーマのこの歌を子どもに教えることも、世代をつなぐことに繋がるのだろう。 

これが涙腺崩壊ソングなの!? 『セルの恋』

初めて聞いた時に、あまりの可怪しさにテレビの前で腹を抱えて悶絶した曲なのだが、なんか世間では切ない涙腺崩壊ソングということになっているらしくて、違和感バリバリである。
カラオケで歌うと私以外の人間も悶絶してくれるので、私だけが可怪しいのではないと信じたいのだが。

いやあ、
ぼくだってたった一つだけど
ぼくだって出来る事があるよ
と期待させておいてからの、
I will wait for you あなたに愛されるまで
I will wait for you 天に召される日まで
I will wait for you あなたがくちづけるまで
I will wait for you 空の星になれるまで
の「なんでやねん!」への流れが最高に笑えますな。
待つなよ! 指輪返せよ! 謝れよ! 愛される日なんて来ないし、くちづけてなんてもらえねえよ。責任感じてるなら、もう二度と姫の前に現れんなよ!
と普通の人は思わないんですかね?
もしかして私、何か読み違えてるんですかね? 何か見落としてるから、この歌詞が切なく感じないんですかね? 私が人の気持ちが分からないアスペだから、これが一方通行な恋愛を正当化しようとしているストーカー予備軍の歌にしか聞こえないんですかね?
誰か親切な人がいれば、教えて欲しいくらいです。

みんなのうた「メロンの切り目」と川守田英二の日ユ同祖論

思わぬところで思わぬものと出会ってしまう。他の人が気づいていない事を一人気づいているという、単なる物知りの分不相応な選民思想的な喜びである。

前から気になっていたのが、NHK「みんなのうた」の『メロンの切り目』である。歌は細川ふみえ。放送は1993年8月だ。
 
一般的にはフーミンなのかもしれないが、一昔前のアニメオタクならまず「おっ、もりやまゆうじか!」とアニメーターの名前が気になるだろう。
『うる星やつら』でむっちりした女性の体を書くことで有名になり、今でも演出として第一線で活躍している(最近の私のおすすめは、傲慢かもしれないがなんといっても『モンスーノ』である。みんな見てね)。押井守に気に入られて、漫画『とどのつまり…』の作画も担当していた。まあ、漫画版の『ビューティフル・ドリーマー』という感じで、失敗作だとは思うが嫌いではない。そういう私も『うる星やつら』ファンの枢要徳として、彼が作画監督の回は、本編が始まってから数分以内に見破るスキルを身につけたものだ。
この動画でも、その頃とは絵柄が変わって、いかにも90年代っぽくなっているが(江口寿士っぽいというか)、しかし女性の体へのこだわりはひしひしと感じられる。

しかしもちろん、私が言いたいのはそんなことではない。 
冒頭16秒のところで、女性が何か仕事のの文章か何かを打っているのが移っているパソコンのディスプレイを見て欲しい。
初めてこれを見たときは、驚いて椅子から転げ落ちそうになった。
川守田英二じゃねえか!

川守田英二(1891~1960)とはサンフランシスコに住んでいた神学博士で、大正時代から日本の様々な地域に昔から伝わる「囃し言葉」はヘブライ語が起源だという説を発表していた。1956年、それを日本YMCA同盟から『日本ヘブル詩歌の研究』としてまとめて出版し、1959年には彼の甥がやっていたという友愛書房という出版社から、それをより一般向けにした冊子『日本エホバ古典』が出版されている。これには、ヘブライ語として解釈できる囃し言葉の実例が百数十例も収録されている。
ちなみに『日本ヘブル詩歌の研究』にはアマゾンで2万~5万円のプレミアが付いているぞ。
日本ヘブル詩歌の研究 (1956年) [-]
著者:川守田 英二
出版:日本ヘブル詩歌出版委員会
(1956)
もしいまから入門するんだったら、彼の諸説をまとめた、1990年に出版された次が安くないけど、どうにか手に入る部類かな。 
日本の中のユダヤ―イスラエル南朝二族の日本移住 [ハードカバー]
著者:川守田 英二
出版:たま出版
(1990-08)

これらの本によると、神武天皇はダビデ王直系の子孫であるという。なぜならダビデの家計は「永遠の王座」と聖書に書かれているのに、その王統は行方知れず。ところが日本においては昭和の天皇において第百二十四代の天佑を保有している。これは聖書の予言の成就だ、というのだ。これが何を説明しているのか、神ならぬ我が頭脳には皆目検討が付かないが、これが理解できる脳髄においては、日本の囃し言葉がヘブライ語なのも、理の当然だというわけなのだろう。
川守田英二曰く
「エンヤラヤー」=「エハニ・アレルヤ」=「我こそはエホバの神を信仰したてまつる」(木遣り節)
この最後の「ヤー」が「YHVH」、すなわち神の名前の訛ったものなわけですなあ。勉強になるなあ。
「ヤートーセー」=「エホバ放棄せり、敵を」(秋田音頭)
「ヨーイヤナー」= 「エホバ祈りに応えませり」(秋田音頭)
「ヨーイトナー・ヨイヨイ」=「ヨー・イトンナー・ヤゥエヤゥエ」=「エホバそれを与えたまえり、エホバはエホバにて在すが故に」(かっぽれ)
これはアブラハムの神託を反映したものなんだとか。
「ナンジャラ・ホエ」=「天資をばエホバ守りてよ、彼を」(木曽節)
「ヤーレン・ソーラン」=「エホバわれに応えたまえり注目せよ」(ソーラン節)
「ハイ・ハイ」=「生き物、生き物」 (ソーラン節)
「サノヨイヨイ」=「サーノ・ヨフォイ・ヤーウェ」=「挟野之尊(神武天皇の太子時代の名前の一つ)はエホバのみ栄えを表せり」(炭坑節)
ここで、「ソーラン節や炭坑節は近代になって出来た歌だろ常考」という当然の突っ込みをしてしまったあなた。甘い! その意見には一理ある、一理はあっても二里はない、栗よりうまい十三里!
人間というものは、たとえ歌詞は近代でも、囃し言葉だけは古代の深層意識の記憶が出てきてしまうものなのだ。
たとえば『金太郎』の「はっけよいよい」は「汝撃つべし、やっつけろ、やっつけろ」という意味だし、「のこった」というのは「汝撃ちたり、相手を」という意味なのだ。唱歌でもお構いなしだ。
それどころか、『保線工夫の歌』や『ボートレースの歌』までヘブライ語として収録されているのだから、恐れ入るしかないではないか。
簡単な対応表がwikipediaにあるので、今後自分で囃し言葉をヘブライ語に訳そうという方には便利だろうと思われる。

さて、そこで再び『メロンの切り目』だが、このディスプレイに映っている文章は、青森県南部から、岩手県北部にかけて分布している『ナニャドラヤ』をヘブライ語で解釈しようとしたものに一致している。
いったいこの女性は何を書いてるんだろう? 仕事の文章だとしたら、いったい何の仕事をしてるのか? オカルトライター? 朝松健の『魔都物語―オカルト界で今何が起きているか―』を読むまでもなく、あまり近寄らないほうがいいジャンルだけどなあ。
しかもこの時代は、あのオーム事件へと、世の中が坂道を転がり登っていた時期なので、彼女がいろいろと面倒なことに巻き込まれなかったことを願うばかりである。

あと、もう一つ気になるのが、もりやまゆうじは、どこでこのネタを仕込んできたのか、ってことだ。
1993年というのは、ちょうど「と学会」が始まった時期と重なるから、1991年の唐沢商会の『脳天気教養図鑑』か、それともそれを元にした唐沢俊一のと学会でのプレゼンターションかなにかに影響を受けたのかとも思ったのだが、唐沢俊一の文章は『ナニャドラヤ』について触れてはいるものの、詳しい解釈までは載せていないので、もしかしたら上述の1990年に出た『日本の中のユダヤ』を直接読んでいるのかも知れない。
どちらにしろ、こんなところにこんなものが紛れているなんて、誰も思うまい。
そして、こんな細かい事に気づく俺sugeeeな感じの嫌みなブログでしたとさ。めでたしめでたし。

「めでたし」もヘブライ語で解釈できるのかなあ…… 
Leaves of Words
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

けんさく。

QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ