けんさく。

けんさく。が、いろいろ趣味のことをやるページです。

ハンガリー

そのうち形にしたい幾つかの読書感想

科学史科学哲学を補助線として本を読むのってありかもしれないなあ、と。

例えば、すべてのことを大前提からの演繹で示そうとした、スコラ哲学が科学革命までの過程で、どういう風に帰納的な実験手法に駆逐されていったかを、山本義隆の『16世紀文化革命』で読んでたんだけど、
一六世紀文化革命 1一六世紀文化革命 1
著者:山本 義隆
販売元:みすず書房
(2007-04-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
一六世紀文化革命 2一六世紀文化革命 2
著者:山本 義隆
販売元:みすず書房
(2007-04-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
すると、イギリスのカトリック文人であるチェスタートンの「ブラウン神父」シリーズのカトリック神父探偵の推理方が、見事にスコラ哲学なのが面白くなってくる。
ブラウン神父の童心 (創元推理文庫)ブラウン神父の童心 (創元推理文庫)
著者:G・K・チェスタトン
販売元:東京創元社
(1982-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

クワインは科学をするときの障害(というか、幾つかの科学理論を比較して取捨選択するときの障害)として、二つの言語間の、もしくは同じ言語間でも違うバックグラウンドを持つ2人の間の翻訳を大きく取り上げた。もしこれが十全にできなければ、二つの理論が比較できない。
クワイン―ホーリズムの哲学 (平凡社ライブラリー)クワイン―ホーリズムの哲学 (平凡社ライブラリー)
著者:丹治 信春
販売元:平凡社
(2009-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
言語と認識のダイナミズム―ウィトゲンシュタインからクワインへ言語と認識のダイナミズム―ウィトゲンシュタインからクワインへ
著者:丹治 信春
販売元:勁草書房
(1996-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

クワインは完全な翻訳など不可能だとし、どこまでなら翻訳が出来るか、という問題を考えたのだが、その時、翻訳されようとしている言語話者はわりあい協力的だと、何気なく考えてしまっている。
でも、もし相手がそもそも翻訳してもらおうという意思を持たず、まったく協力してくれなかったら。翻訳なんて無理じゃないの。
聞いたこともない謎の言語を喋る街に言語学者が放り込まれ、そして誰も主人公に協力してくれない。これが『エペペ』の悪夢だ。
エペペエペペ
著者:カリンティ・フェレンツ
販売元:恒文社
(1978-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ここで翻訳を、何らかの答えを求める、ある種の「科学の営み」の一種ととらえれば、「我々は世界について知ることが出来るのか」という科学哲学の大きな問題を、この本は扱っていると見ることもできる。
科学の営みに世界が協力してくれないときに、どうやって人は「世界について知ることが出来る」と信じることが出来るのか。そもそもそんなこと信じるべきなのか。
例えば、「水を掻き混ぜるとどれだけ温度が上がるか」という実験について考えてみると、これは単純な実験であるにもかかわらず、どんなに条件を一緒にしようと頑張っても、毎回違う結果が出てしまい、とても手に負えない。これはこの小説で、ジェスチャーで同じ質問をしようとしても、毎回違った答えが返ってくるし、同じ言葉を喋っているように思える場合でも、「エペペ」「ベエベエ」「デデ」と毎回違う発音に聞こえる、という部分に対応する。
その時に、なぜ「真実などない」と思わずに、「細部をコントロールできないから、違う結果がでる」と考え、将来的には分かる、と考えるのか。もちろん、それには我々人類の長い文化の積み重ねがある。分かりやすい部分から攻めてきているとはいえ、なんだかんだいって、いろいろなことが分かってきた、という歴史がある。
しかしどうもこの小説を読んでいて、あくまで謎の言語の解明が自分を悪夢の迷宮から救う鍵だと思っている、主人公の学者的態度が合理的だとは思えなかったりする。
そんなことよりも、もっと体当たり的にやった方がいいかもしれないよな、と。
科学哲学が長年勘違いしてきたことの一つは、科学と言うものを合理的な行動と考えてきたことだと思う。
反対に科学と言うのは、人間が一人でこの世界を生き抜いて行くには相当不合理的な物だと思う。
科学の合理性は、最近はやりの「集合知」とかあそこら辺に求めるしかないだろう。個人としては不合理な行為者が、集団の合理性を高めることが現実には多々ある。
科学者の存在理由はそのあたりに有るのだろう。
そんなひ弱な科学者が一人、理解不可能な迷宮にの真っただ中に放り出されてしまう。それが『エペペ』の悪夢なのかもしれない。それは「科学者」を一つの人間の理想像に掲げたニ十世紀人の悪夢でもあるだろう。

ハンガリー・アニメーション イシュトヴァーン・オロスの眩暈宇宙

芸術作品の本質は「驚き」であり、それはまた何らかの意味で見るものを「騙す」ことだ。うまく騙されたとき、観る者は地面が揺らぐような心地よい「眩暈」を感じることができ、それによって硬直化しかけていた世界への視線を更新することができる。そして、一部のさらに先へ行こうとする者にとっては、人間が世界をどう認識するのかの、根本的な問題への道しるべにすらなれる。
そういう作品を作り続けた芸術家の代表例は、トリックアートの巨匠エッシャーであろう。
そのエッシャーの影響を強く受けたハンガリーのグラフィックアーティストでもあるアニメーターがイシュトヴァーン・オロスである。
まずは彼の代表作『Mind the Steps』から。



民主化以降のインタビューによると、これは社会主義の圧政から逃れようとしながら逃れられないことを、不条理な引っ越しの情景に仮託したらしいが、この作品を楽しむのにはあまり必要のない知識だろう。ただ、エッシャー的無重力無方向感や変転するイメージに幻惑されるのが、なにより正しい楽しみ方なのであろう。その上で、その眩暈の向こう側にある不安の正体について議論をするならば、有益なものになるであろう。
なお最後に出る監督の名前が「OROSZ ISTVAN」なのは、本来ハンガリーの名前は日本と同じように「性+名」の順番だから正しくは「オロス・イシュトヴァーン」で、外国では分かりやすく「名+性」の順番に直してあるのだろうと思われる。じゃあ、なんで日本でも「名+性」の順番なんだと言われると答えに窮すが、ハンガリー系の名前ではよくあることである(アゴタ・クリストフってどっちがどっちだっけ?)。

イシュトヴァーン・オロスの作品のもう一つの特徴はルネッサンス以降のヨーロッパでデューラーらにより発達させられた銅版画のテイストをアニメーションに持ち込んだことであろう。これもエッシャーとの共通点であるが、この緻密な絵を動かす事の苦労がしのばれる。
『The Garden』


少年が車椅子の女性を追っていくと、その女性が水に入った途端、人魚になるのを目撃する。監督のインタビューによると、思春期に大人になろうとする少年の性的ファンタジーについて描いた作品らしい。そう言われてみると、蛇口のシーンが多いのが何だか意味深げに見えてくるな。

この銅版画アニメーションとエッシャー的トリックアートアニメーションが融合した傑作が『Time Sights』である。


この動画ではナレーションがハンガリー語で何言ってるか分かんないけど、ナレーションが英語のバージョンもあって、そちらで聞く限りは、過ぎ去っていく時間のことや男女の出会いと別れを、男の側と女の側から、過去形と現在形で、単数形と複数形を混ぜながら、左右入れ替わりながら、語っているようだ。絵の二重性にかぶせて、語りも二重性を持たせようという試みなのだろう。

最後に2008年に完成した最新作『Mazes』。


これは監督が雑誌にイラストとして掲載した九つの迷路をもとにつくったアニメーションである。アニメーションとしては生まれてから死ぬまでの人生の流れを表現しようとしたものらしい。

ハンガリーのアニメーションに入門したければこれを買え。高いけど損はしないぞ。
ハンガリー・アニメーションDVD-BOX ~ドーラ・ケレステシュ、イシュトヴァーン・オロス、マリア・ホルヴァット~ハンガリー・アニメーションDVD-BOX ~ドーラ・ケレステシュ、イシュトヴァーン・オロス、マリア・ホルヴァット~
コロムビアミュージックエンタテインメント(2008-05-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

これも面白い。ハンガリー版むかし話アニメーション。人気テレビシリーズの一部をDVD化。
ハンガリアン・フォークテイルズ [DVD]ハンガリアン・フォークテイルズ [DVD]
コロムビアミュージックエンタテインメント(2008-05-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

(追記:2013年2月26日:ルネ・ラルーとメビウスによるフランスのアニメーション『時の支配者』の作画スタッフにこの人の名前を発見!
Leaves of Words
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

けんさく。

QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ