けんさく。

けんさく。が、いろいろ趣味のことをやるページです。

北欧

『カレワラ』を読み始めた

フィンランド叙事詩の『カレワラ』を詠み始めた


フィンランドは住んでいる人は白人だが、その言語はゲルマン系でもスラブ系でもなく、ハンガリーなどと同じくアジア系のウラル語族だ。
その文化もアジアっぽい。フィンランド音楽なんかを聴くとよく分かる。
だから『カレワラ』がいきなりアジアっぽいかといわれるとそんなことないが、まあ名詞がヨーロッパぽくないのは面白い。
フィンランド神話の天空神の名前は「ウッコ」。で「ウッコの」を意味する言葉は「ウコン」。というわけで、ときどきフィンランド人名前には「ウコン」がつく。携帯電話会社ノキアの前日本代表取締役社長の「ウコンマーンアホ」みたいにね。ちなみに「マーン」は「大地の」で、「アホ」は「草地」。「アホ」っていうだけの名前の人もいる。あと、「ネン」が後ろにつくと「人 」って意味になるので、名前に「ネン」がよくつく。「アホネン」とか。『カレワラ』の登場人物にも大概ついてる。主人公の名前はワイナミョイネンだ。しかし、主人公が独身の老人てのもなかなかすげえよな。
北欧神話に出てくる稲妻を起こすトールのハンマー「ミョルニル」のフィンランド神話における対応物は、「ウコンバサラ」。 
漢字で書くと多分「玉金婆娑羅」であろう。嘘だが 

なぜかニコニコ動画で上がっていたので、Leningrad Cowboysの『ジンギスカン』を貼る。

ほんと「なぜ上がったし」という感じ。
そういや、なんかてっきり以前に紹介したつもりでいたんだが、探してもないので。
 
Leningrad Cowboysなどと名乗っていはいるが、もちろんアメリカ人でもソ連人でもなく、フィンランド人。さすがどこかにある国。さらに言えば、歌っているのは、モンゴルの英雄について歌ったドイツの歌。日本語で歌っているのは缶チューハイのCMソングだったからのはず。
ヨーロッパとアジアの狭間で、文化がカオスにハイブリッドしているフィンランドらしい、実にイロモノじみたバンドである。見た目も強烈。
leningrad_cowboys





とさかのような尖ったリーゼントと同じくらい尖った靴。サングラスに赤軍風の軍服。ふざけるのも大概にしろという感じだが、こう見えて大真面目なバンドだったりするのだ。

このバンド、元はといえば、1989年のアキ・カウリスマキ監督の映画『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』に登場した架空のバンド。
しかし、この映画のヒットとともに、バンドに扮していた「Sleepy Sleepers」のメンバーたちは、本当に「Leningrad Cowboys」として活動を始めてしまったのだ。
1994年には続編の『レニングラード・カウボーイズ モーセに会う』も作られている。

 アキ・カウリスマキは兄でやはり映画監督のミカ・カウリスマキの勧めで見た小津安二郎から強い影響を受けたという。
実際、非常に静かな、不思議な雰囲気のコメディ映画になっている(あんな過激な格好をしているにもかかわらず)。
主人公たちがあまりしゃべらず終始無表情なのは、『ブルース・ブラザーズ』と一緒だが、あちらがウルトラアッパー系の作風に対して、こちらはウダウダダウナー系である。
フィンランドの寒村であの格好でポルカの演奏をしているのも相当変だが、彼らが強欲マネージャーにそそのかされて一山当てるためにアメリカを珍道中をするうちに、だんだんいろいろな音楽に影響を受けてだんだんロックになっていくのも面白い。凍ってしまったメンバーもメンバーの一人だと旅に参加させるために、ボロボロのキャデラックのルーフにくくりつけてしまうのも暢気でよろしい。メンバーが乗り切れないので(なにしろこのバンド、ブラスもいるから大所帯なのだ)、トランクを開いてそこに座ったまま走るのも楽しそうだし、演奏で得たお金をマネージャーがあまりといえばあんまりにピンはねして全部ビールに変えてしまっていることにメンバーがなかなか気付かないのも長閑としか言いようがない。
そして、なにより風景がいいのだこの映画。北欧の風景を撮っても、アメリカの風景を撮っても、どれもいい。旅の醍醐味は風景なんだから、ロードムービーの醍醐味も当然風景なのだ。

「We are Rock 'n' Roll band. Can we play here?」
「Fifty-fifty?」
と日本人にも非常に聞き取りやすい下手な英語で交渉するだけで笑える。
演奏後の、サックスでのおひねり徴収シーンも最高。
これで大体この映画のギャグセンスが分かってもらえたかと。

アメリカの車旅って感じの風景がすばらしい。
ついでに続編のトレーラーも張っとく。

 
前回、彼らを受け入れてくれて凍ったメンバーも溶かしてくれた土地メキシコにたどり着いて、大ヒットしたのだが、結局元の木阿弥に零落してしまっていた彼らの元に、失踪していた強欲マネージャーが返ってきて、モーセに生まれ変わったからお前らを故郷に返すといい始める、これまた奇妙奇天烈な物語。
一作目も二作目もたいした長さではなく、一緒にDVDにも入ってる。ぜひ見よう。

さて、この映画が元で結成された「Liningrad Cowboys」だが、映画のヒットとともに、一躍フィンランドの国民的バンドに躍り出た。 
格好はふざけているが、演奏技術もマジマジのマジなのだ。
1993年には、なんと本物の赤軍合唱団とジョイントコンサートまでしている。
『天国への階段(Led Zepperinカヴァー)』


『Bad (Michael Jacksonカヴァー)』

007にQueenの『Another One Bites the Dust』と当を得た混ぜ方。
そしてこれを赤軍合唱団が歌うというポスト冷戦的おかしさ。
しかし、この奇妙なサングラスを見ると、どうしてもX星人を思い出す。『勝手な奴ら』に出てきた宇宙人でもいいけど(もっと分かりにくい)。

『Always look on the bright side of the life(Monty Pythonカヴァー)』

この曲はやっぱりみんなで大合唱だよね。沈んでいく空母に乗ったときには、ぜひとも歌いたい一曲。

いろんな映像とともに
『There must be an Angel(Eurythmicsカヴァー)』

『Space Tracter』


レニングラード・カウボーイズの一生

トラクター大好きだなこいつら

Sleepy Sleepers時代の映像
『Nein Nein Nein』

反り返ったタイにその後の活動の片鱗がうかがえる。

ニコニコで、『ジンギスカン』一曲のみはそこそこ有名な主な理由


『Gimme your Sushi』
 
よく分からない何か 

白と黒

またonline etymology dictionaryで面白いものを見つけた。
同じ語源のものが「黒」と「白」に分かれてしまっているのだ。
「black」という言葉の語源はゲルマン祖語の「*blakaz」=「燃えた、焦げた」であり、これはさらにさかのぼるとインドヨーロッパ祖語の「*bhleg-」=「燃やす、輝く、光る」から来ている。
そして同様にここから来ている言葉が、「bleach」 =「漂白する」なのだ。
同じ語源の言葉がほぼ真逆のものを示すようになるのは、いくつ見つけても面白い。
その他の同じ語源の言葉としては、黒系の意味では「blind」=「盲」、濁らせるという意味から「blend」=「混ぜられた」、その同じ言葉から「blond」=「金髪」。白系では「blank」=「空白」、「bald」=「はげ頭の」、さらに「blue」=「青」もここから来ている。たぶん「bright」=「輝く」も同語源だと思われる。炎系ならラテン語の「flamma」を通して英語の「flame」=「炎」、ドイツ語の「
blitzkrieg」=「電撃戦」などである。
online etymology dictionaryにはほかにもいくつかの例が載っているので、興味があればみるとよい。 

というわけで、最後にやはり同じ語源の「燃やす」を意味するギリシャ語「phlegein」を名前に持つ夜の国フィンランドのブラックメタルの曲を貼って終わりにしよう。
Phlegein『Invisible in the Shadows』
 

Mats/Morgan Bandでドラムを学ぼうと思っても無駄だと思うのだが……

Mats/Morgan Bandとは、10代のときにあのFrank Zappaに完璧と評された変態ドラマーMorgan Ågrenとその幼馴染の全盲のキーボーディストMats Öbergのコンビを中心に組まれたスウェーデンのバンドである。
その人力シークエンサーと呼ばれることもあるような正確で突拍子もない超絶テクニックはフリージャズとプログレッシブロックに起源が求められながらもすでに分類不可能で、最初聞いた時は人間が演奏しているというのが信じられなかったほど。テクノみたいな無機質で非人間的な音を平気で入れてくるのも凄い。世界で一番アヴァンギャルドな音楽家グループの一つと思って間違いない。
もう20年以上も全世界で活躍しているので知っている人も多いと思うけど、今回取り上げたのは、ニコニコでなんとなく見ていた彼らの映像の出所がようやく分かって少し面白かったから。
というわけで見てみよう。
『Etage A-41』(邦題は『2階A列41番』)

まさに人力シークエンサー。音だけ聞くと人間がやってるとは思えない高速演奏。クリムゾンTシャツもとても似合っております。ちなみにこの演奏ではキーボード二人いますけど、サングラスを掛けているほうがMatsである。
そして、その他のサポートメンバーも凄すぎ。ギターを弾いているJimmy ÅgrenはMorgan Ågrenの兄弟のようだ。

『Chicken』(歴史的べーシストJaco Pastoriusの有名曲のカヴァー)

調子に乗ると手が見えなくなるドラム。そして調子に乗ると回りはじめるキーボード。『Chicken』はどういうアレンジでやるにしろ、みんなが好き勝手にやってるように見えて、キメる時はみんなでキメる! と言うのが快感なのである。

『Advokaten』(邦題は『法律家』)

なんだこりゃ! である。まさかスプーンで音を出していたとは思っていなかった。しかもテルミンまで持ち出してきちゃって。しかし、ここまで奇妙な音楽を作っておいて、ちゃんと聴く者に快感を与える「音楽」になっているのは凄い。音楽家になろうとでも思っているわけでなければ、何拍子かなんて数えようとせず、驚き呆れて耳を澄ませばいいのである。

さて、これを見てなんだと思うだろうか。『Trum』というテレビ番組だというのはなんとなくわかるし、この音がライブアルバム『On Air with the Guest』になるのも分かるが、それ以上のことはここからはよく分からなかった。最近ようやく正体が分かった。どうやらこれは、スウェーデンの国営教育チャンネル「UR」でのドラム教則番組のようだ。通販でDVDも買えるとのこと。
しかし、ドラムをやりたいという人間にいきなりこれを見せるのはどうかと思うのだが。4拍子や3拍子の音楽を聞かせた方がいいんじゃ……というのはいらないお世話なのだろうか?

ちゃんと教則番組している映像。

これ、本当に参考になるのか?

同じ番組からその他の映像。

『Hollmervalsen』(意味は「ホルメルのワルツ」。スウェーデンのアヴァンギャルドロックでロックでフリージャズでZappa的で悪ふざけな、こいつらと同じくらい分類不能なグループ「Smala Mammas Manna」のLars Hollmerに捧げられている)

最後付近の「いぇああああああ」がいかにもサムラでいい! 腹を出す理由はよく分からなかったが。

『En schizofrens dagbok』


『Baader Puff』


『Min Hast』

ベースのスラップ奏法がかっこいい。そしてMatsの杖が気になると思ってたら案の定……

『Ta Ned Trasan』


その他の映像。
『Daisy』


最後に二人だけでの演奏を。とても2人でやっているとは思えない音だけど。
『Proppeller Hast』

『THANKS FLYING WITH US』で一番好きな曲。しかし、うしろのおっさんが面白い。

Thanks for Flying With UsThanks for Flying With Us
アーティスト:Mats
販売元:Cuneiform
(2005-09-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
おススメ! 入門に最適。聞いてると飛べるよ!

On Air With GuestsOn Air With Guests
アーティスト:Mats
販売元:Uae
(2007-05-29)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
今回、載せた演奏は多くこのCDに収録されてる。

スリップストリーム音楽 Waltari

基本的に僕は混ざったもの、不純なものが好きなんだ。
バフチンにしてみたらそれこそ小説の本質だと言うところだろうけど、
小説の言葉 (平凡社ライブラリー (153))小説の言葉 (平凡社ライブラリー (153))
著者:ミハイル・バフチン
販売元:平凡社
(1996-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
 小説に限らず、ジャンルの混交がもたらす面白さは普遍的に存在する。
例えばAphex Twinみたいな天才は「ジャンルに捕われてたら面白い音楽は作れない」みたいなことを平気で言うけれど、それは彼が天才、つまりそいつが歩いた後にジャンルが出来ていくような人間だから。天才でない人間はむしろジャンルに敏感にならなければいけない。
天才でない人間が面白いものを作るためには積極的にジャンルを使い、ただしジャンルをそのまま使うのではなく、ジャンルを測量のための三角点として使い自らの位置を確かめる必要がある。そうでもしないと迷子になっちゃう。そのためには一つのジャンルだけではダメで、いくつものジャンルを見比べて、どのジャンルからも距離を保ちながら、いろんなジャンルが混じった、一つ一つはどこかで見たことがあるかもしれないけど、全体としては新しい面白さを持ったようなものを作る必要がある。
それこそジャンル混交の面白さだ。メインストリーム(主流)ではないスリップストリーム(傍流)の面白さ。
そのためには逆にジャンルにこだわる思考が必要とされるのだ。

と言うわけでフィンランドの変態メタルバンドWaltariを紹介しよう。
 
軽いキーボードの音に乗ったラップで始まったかと思うと、ツインバスの唸りやギターソロはゴリゴリのメタル、そして最後にポップソングの極みのようなキャッチーなサビ。暴力的な重い音と享楽的な軽い音とを纏め上げる構成力と演奏力に脱帽。見た目の妖しさもよい。


テクノダンスミュージックを基調に民族音楽をサンプリングして、時々メタルが混ざる。どういう風にノればいいのかよくわからなくなるがとにかくかっこいい!

あのBeatlesの名曲『HELP』を彼らがカヴァーするとこうなる。

メタルだなあ。デス声と普通の歌声の切り替えもすごい。

正体不明な彼らの正体はこれだ。場所はフィンランド国立オペラ劇場。さすがメタルミュージックに国民的人気がある変なお国柄、

ちなみに女性ボーカルは元Nightwishのターヤ・トゥルネン 。ガチガチのデスメタルももちろんこなします。あの「デス声」と言うのには民族音楽的な起源があるとか無いとか言う話を聞いたことがあるな。

一方


もはやメタルでもなんでもない、ただのダンスミュージック。
引き出し多いなあ。

ちなみにこの人たちのpvにはお金掛かってない感が滲み出てていいですよ。
一番お金があったころ


お金がなくなってから


同じ頃の別の曲のpv

使い回しじゃねえか!

最後に普通の曲を。ま、実際には普通の曲の方が多いんですけどね。

誰がドナルドだ。

Blood SampleBlood Sample
アーティスト:Waltari
販売元:Locomotive Spain
(2007-06-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
Space AvenueSpace Avenue
アーティスト:Waltari
販売元:EMI
(2009-03-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
Leaves of Words
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

けんさく。

QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ