けんさく。

けんさく。が、いろいろ趣味のことをやるページです。

語源

「鰯の頭も信心から」の「から」とは何なのか?

検索エンジンで「鰯の頭も信心から」と入力して言葉の由来を説明しているページに行っても、この部分をしっかり書いてあることが皆無なので、筆をとった。
語源由来辞典
ウィクショナリー
教えてgoo (間違った答えしかなく、質問者もそれに納得してしまっている)

答えを知っていれば、web上に簡単に答えを見つけられる。
「鰯の頭も信心柄」で検索してみれば良い。
石川啄木の『葬列』や狩野亨吉の『安藤昌益」など錚々たる書籍での使用例が青空文庫などに転がっていることが分かるだろう。
あの「から」は「原因」や「発端」を意味する助詞ではなく、「人としてのあり方」を意味する「人柄」や、「家柄」「場所柄」などの使い方と同じように、「~としてのあり方」という意味を付加する接尾辞であったのだ。
つまりことことわざは、「鰯の頭も信心のあり方である」つまり「鰯の頭のような一見つまらないものも、それはそれで信心のあり方である。だからご利益だってあるし、きちんとしなくてはいけない」という言葉なのだ。
私はこのことを塩村耕教授の授業で知った。なので、ネット上で答えに達することができるが、先に答えを知っていないと答えに達することが出来ないのでは役に立たない。
ウェブというものは大概の問題の解答があるが、実際には多くの人の手には届かないままになっていることの例だと思う。
「鰯の頭も信心から」で検索して答えが出てくるように誰かが書かなくてはいけないので、私が書くことにしたわけだ。

もう一つこの記事を書くことにした理由は、この問題を急に思い出すきっかけがあったことだ。
というのも、とある千葉県松戸市の空撮動画を見ていたら、BGMとして流れている曲を聞いていたら、その歌ではまさに「鰯の頭も信心がら」と「から」を濁らせて歌っていたのだ。これは「から」を「柄」と捉えているからにほかならない。
その動画を載せたいところだが、こういう動画を見ているということはあまり良い趣味ではないし、正直いつ消されるか分からない動画なので、その歌の動画を代わりに載せよう。


なんでも「カラコロ」一回300万円なので、この曲一回で1億200万円損害賠償を請求されるらしい。
こわいなーとづまりすとこ 

星座と欲望

前回書いたfanficの翻訳のときに知った話。
「desire」という言葉は「欲望」を意味しているが、この「sire」の部分はもともとは「sides」で、「星」もしくは「星座」という意味だ。
「星からもたらされるものを待っている」状態からい今の意味になったらしい。
同様の語源からきている単語が「consider」で「よく考える」という意味だが、もともとは「星をよく観察する」という意味だったらしい。
事ほど左様に昔の人にとって、星「星の影響」は今よりずっと身近なものだったのだ。
「disaster」つまり「災害」を意味する単語は「悪い星」を意味していたし、「influenza」は星からの「influence 」によって起こると思われていた。
機械時計の発明は、昔は修道院の規則正しい生活のためと言われていたが、今では天体観測のために正確な時間が必要だったからの方が主流だ。というのも暦は人の運命を左右する超重要技術だったのであり、そのために数学も発展した。『ルパイヤード』で有名なオマル・ハイヤームは、本職は天文学者であり、非ユークリッド幾何学の先駆けとなる思考を残している。その影響か、今でもイランの閏年の入れ方は、公転周期の誤差を考えると無意味なほど正確を期しているとか。
ケプラーもルドルフ2世の占星術師であった。彼は魔術的なほど世界の構造的微を信じてやまなかった。惑星の軌道とプラトン多面体との関係の仮説や、公転周期と音を対応させれば惑星たちが和音を奏でている確信などについて書かれた本が残っている。そしてこれらの研究が、ニュートンの微積分の研究へと繋がっていくのだ。
天文学とは当時の実用的な科学であり、当時は今より科学と人々日常的な精神が近いところにあった。ガリレオ、ケプラー、ニュートンらによる科学の発展が占星術的な当時の人々の心に与えた影響は大きい。それが占星術を次第に実用的な学問の座から落としたのだ。
「使えることがえらい」とプラグマティストを気取った人間が気楽に言ってくれることがあるが、何が「使える」かどうかは、その人が所属する文化圏の世界観によって決まるのだ。ウィリアム・ジェイムズも『プラグマティズム』の冒頭でチェスタートンの言葉を「ある人を知りたいときに一番重要な情報は彼の世界観だ」を引いている理由だ。
昔の人の世界観が分からないと、昔の人にとって何が役に立つものだったのか見誤ってしまい、我々の世界がどこから来たのか見誤ってしまう。
今の人たちは、昔ほど「星の影響を信じてはおるまい。それでも私たちの生活を支える幾つかのものは、「星の影響」を信じる心性によって作られたのだ、歯車を組み合わせた機械や微分積分を使ったニュートン力学などだ。
たまには我々とは随分異なる昔の人の精神構造に想いを走らせ、そんな心から出てきた科学や技術が自分の故郷である精神にどれだけの影響を与えたかを想像してみるのも面白いだろう。

zoo,bio,vitalは全て語源が同じ

「動物園」を意味する「zoo」は「動物学的庭園」を意味する「zoological garden」の略だが、この「zoo」の部分はギリシャ語で「動物」を意味する「zoion」から来ている。これの元々の意味は「生きている」である。
そしてこの言葉はインド・ヨーロッパ祖語の「*gwei-」=「生命」から来ている。
これと同じ語源をもつ言葉として、同じくギリシャ語の「bio-」がある。これも19世紀以降は「生命」を意味する言葉になってしまったが、元々は「biography」=「伝記」に現れるように、「人間の人生」を意味する言葉だった。「zoion」が「動物の生命」を表すのと対照的(当時の動物と人間をはっきり分ける世界観で言えば、だが)だったわけだ。
同じ語源を持つ単語がいつの間にか、対照的な意味を持ち、それでも結局同じ所に収束したと考えると面白い。
「vital signs」=「(医療における)生命兆候」などの言葉に出てくる、「vital」はラテン語の「vita」=「命」だが、これも同じ語源から来ている。この単語も「命」と「人生」の両方を意味する。「life」なんかと同じだと考えれば良い。
なお、同じく動物を意味する「animal」は、「魂」を意味する「anima」が含まれており、「animism」「animation」などと語源を同じくしている。 遡れば、ラテン語の「spirit」やギリシャ語の「pneuma」「psyche」、ヘブライ語の רוח (ルーアハ)、さらに日本語の「生きる」「いのち」などと動揺に、「息」を意味する言葉を語源としている。

白と黒

またonline etymology dictionaryで面白いものを見つけた。
同じ語源のものが「黒」と「白」に分かれてしまっているのだ。
「black」という言葉の語源はゲルマン祖語の「*blakaz」=「燃えた、焦げた」であり、これはさらにさかのぼるとインドヨーロッパ祖語の「*bhleg-」=「燃やす、輝く、光る」から来ている。
そして同様にここから来ている言葉が、「bleach」 =「漂白する」なのだ。
同じ語源の言葉がほぼ真逆のものを示すようになるのは、いくつ見つけても面白い。
その他の同じ語源の言葉としては、黒系の意味では「blind」=「盲」、濁らせるという意味から「blend」=「混ぜられた」、その同じ言葉から「blond」=「金髪」。白系では「blank」=「空白」、「bald」=「はげ頭の」、さらに「blue」=「青」もここから来ている。たぶん「bright」=「輝く」も同語源だと思われる。炎系ならラテン語の「flamma」を通して英語の「flame」=「炎」、ドイツ語の「
blitzkrieg」=「電撃戦」などである。
online etymology dictionaryにはほかにもいくつかの例が載っているので、興味があればみるとよい。 

というわけで、最後にやはり同じ語源の「燃やす」を意味するギリシャ語「phlegein」を名前に持つ夜の国フィンランドのブラックメタルの曲を貼って終わりにしよう。
Phlegein『Invisible in the Shadows』
 

アポジー&ペリジーについていろいろと

日本の正規の歴史認識と異なる歴史観を語る、並行的で地方的、「古史古伝的」でエクセントリックな神話的「声」と、戦後の学生運動に関する、(日本における)近代個人主義的な自己認識を纏った、私小説的「声」を合体させるという野心的な試みをした結果、最後で個人的な語りがフェイドアウトして、少し残念な形に仕上った失敗作、『同時代ゲーム』であるが、この作品で印象に残るキャラクターは何と言っても「アポ爺」と「ペリ爺」という都会から疎開してきた二人の天文学者であろう。
同時代ゲーム (新潮文庫)同時代ゲーム (新潮文庫)
著者:大江 健三郎
販売元:新潮社
(1984-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
名前だけでキャラ立ちしすぎである。

さて、この名前はもちろん「apogee」と「perigee」という天文学用語から来ている。
「apo-」は、「apocalypse」=「黙示録」や「apocrypha」=「聖書外典」、「apology」=「謝罪」、「apoptosis」=「アポトーシス、細胞の自死」などに使われる接頭辞で、もともとは「from、away from、~から」などの意味を持っていたが、後には「away、離れて」の意味が強くなった。
「apocalypse」の原義は「覆いを外すこと」で、「apo」+「calypso」の後半、「calypso」に「覆う」という意味がある。オデュッセイアに出てくる「カリュプソー」も、「覆い隠すもの」の意味だ。英語の「cell」=「小部屋、細胞」や「hell」=「地獄」とも語源を同じくする。
「apocrypha」は「隠された」という意味で、「crypha」は「cryptography」=「暗号」などで分かるように、やはり「隠す」という意味がある。こちらは、「away」の意味が強くなったので、後半の意味が反対にならないのである。不思議。
「apologize」の後半はもちろん「logos」=「言葉、発言」である。もともとは、弁明や擁護を意味する言葉だった。議論を重んじたギリシャ人らしい言葉である。
「apoptosis」は「apo」=「離れて」、「ptosis」=「下降する」で、「枯れ葉が木から落ちること」を意味している。
また、ラテン語ではこれは「ab-」という接頭辞になっており、「abstract」=「抽象的」、「absence」=「不在」などの言葉になっている。

翻って、「peri-」は「通って、越えて、周りに」という意味で、「percent」=「パーセント、100あたり」や、「percassion」=「打楽器」、(語の後半は「quash」=「壊す」と関係があり、もともとは「揺する」というような意味)、「percolation」=「濾過」、「perspective」=「遠近法」(「spectare」=「見る」から、「通して見る」=「遠近法」となる)などの言葉や、「ペリクレス」=「pericles」などの名前に残っている(ペリクレスの名前の後半は、「名声」という意味で、「ダモクレス」や「ソフォクレス」などの名前によく使われる。英語の「listen」と語源が同じ)。
ペリクレスもそうだが、「peri-」には「周りに」から「近くに」という意味が出てくる。しかし別系統の言葉の変化では、「通って」のほうの意味から「far」=「遠く」という意味が生じて、まったく逆の意味になっている。この手の例は何度も出会ったがやはり面白い。
また、後には「per-」=「完全に」という意味に変わって「perfect」=「完全(もともとは、完全に作られた、という意味」や、「perform」=「実行する(もともとは、完全に成し遂げる、という意味)」、「performance」=「パフォーマンス」などの言葉になる。
(なお、仏教用語で「円寂」と訳されている「パリニルヴァナ」の「pari-」や、「回向」と訳されている「パリナーマ」の「pari-」はサンスクリット語の「廻って」という意味で、もちろん同じ語源を持つ)。

さらに重要な言葉は「percept」=「認識」、「perceive」=「気付く」などの言葉だ。
この言葉の後半は、他にもいろいろな英語の単語で現れる。
例えば、
「accept」=「受け取る」「信じる、(考えなどを)受け入れる」
「concept」=「概念」
「conceive」=「想像する」
「except」=「…を除いて、…の他は」
「exception」=「例外」
「inception」=「始まり」
「intercept」=「横取りする、傍受する」
「receipt」=「レシート、受領書」
「reception」=「レセプション、歓迎会、(世間の)反応」
「receive」=「受理する、レシーブ」

この「cept」はインド・ヨーロッパ祖語の「*kap-」=「掴む、握る」から来ていて、例えば「catch」=「捕まえる」、「capture」=「(抵抗、困難を排して)捕まえる」、「chase」=「追いかける」、「have」=「持つ」などの言葉の語源になっている。
なお、「conceive」「concept」はもともとは「受胎する」「受胎されたもの」という意味で、例えば「contraception」と言えば、「受胎を調整する」つまり「避妊」という意味になる。
マリアに受胎したイエスが、肉化した「logos」=「言葉、概念」であることとも関連して語られる語源である。

ずいぶん話題がずれてしまった。何の話だったっけ?
そうだ、apogeeとperigeeの話だった。
つまり、「gee」は「gaia」=「ge」=「大地」から来ていて、それに「apo」=「遠くに」が付くと、「遠地点」=「天体が地球から最も離れる点」という意味になり、逆に「peri」=「近くに」が付いて、「近地点」=「天体が地球に最も近づく点」という意味になる。
そして、Apogee&Perigeeと言ったら何と言ってもこれでしょう、というのが本当に言いたかった結論だったのだ(長かった)。
アポジー&ペリジー『月世界旅行』

馬鹿みたいな嘘字幕が雰囲気を出しているし、全体に染みわたるノスタルジックな空気に涙が出そうだ。
一見へたくそなブレスの入れ方が無茶苦茶可愛くて、脳がショートしそうなこの声はもちろん、われらのアングラアイドル戸川純。一緒に歌っているのは三宅裕司で、この2人が組んだ覆面ユニットがアポジー&ペリジー。また、この名は映像に出てくるロボットの名前でもある。
当時、ニッカウヰスキーのCMにもなっていた。

ユーミンの歌が入ったバージョンもある



なおこの『月世界旅行』の入った名盤CDは再販されるたびにプレミアが付く。
超時空コロダスタン旅行記(紙ジャケット仕様)超時空コロダスタン旅行記(紙ジャケット仕様)
アーティスト:アポジー&ペリジー
販売元:ソニー・ミュージックダイレクト
(2011-05-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

カップリング曲
『真空キッス』

「真空キッス」ならともかく、英語で「A Vacuum Kiss」と書くと、なんだかすごいものに聞こえるなあ。
Leaves of Words
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

けんさく。

QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ