けんさく。

けんさく。が、いろいろ趣味のことをやるページです。

AviUtl

8月8日はBBの日らしいから、切り抜いてみた。

AviUtlとGIMPの練習も兼ねて。初BB素材なだけでなく、そもそも初MADである。
素材は最近ずっとハマっている『スティーブン・ユニバース』。

コミケの原稿で忙しいのに何やってんだか

最近aviutlが手に馴染んできた

動画編集しなくちゃいけない仕事があって、「Windows Movie Makerが許されるのは小学生までだよねー」と無理やりaviutlを使ってきたが、ようよう手に馴染んできた。ていうか、aviutlを起動するたびに、憂鬱な気分にならなくなってきた。自然な気持ちでaviutlに向かい合うことが出来るようになってきた。
とは言っても出来るようになったのは、動画のいらないところをカットすること、いくつかの動画を連結すること、アニメーションするタイトルを入れること、白枠のついた字幕をつけること、wavファイルを分離してSoundEngineでノイズ除去をすること、aviとして出力する時圧縮してファイルサイズを小さくすること、くらいだ。
そろそろ初級者から中級者への階段を上がるために、MAD動画を作らねば……
めざせ、はじおう!

90年代伝説のMAD職人、はじおうの教科書的作品群をどうぞ(でもある世代以外には通じにくいかも)。
『味っ子ウィング』
やはり基本。

『味っ子ウィング2』
こちらのほうが更に出来が良い。

『魔界大戦』
本編より面白いことで有名
 
 『Gロボ体操98』
今川監督作品好きだなこの人。ちなみに『ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日』は日本のセルアニメーションの到達点であり、脚本が弱いという日本アニメの病理の結晶。

『お祭りGロボ』
動きを見てるだけで幸せになれる作品。

『めざせ!ガンダム・ザ・ガンダム』
今川監督作品といってらこれっきゃないでしょ。最終回は脳が焼き切れるかと思った。
 
『聖闘士Gガンダム』
とにかく熱く燃える。

『エヴァディエヴァディ』 
90年代と言ったらエヴァだよねえ。
 
『空手エヴァ一代』
 
『高速電神エヴァンゲリオン』
知らない人に見せたらこういうものだと信じてしまいそう、というMADの常套句を体現する動画である。

そして90年代と言ったら『アドベンチャー・タイム』や『スティーブン・ユニバース』など現代のアメリカン・カートゥーンに強い影響を与えた『美少女戦士セーラームーン』と『少女革命ウテナ』の時代なのですよ!
『特救指令セーラームーンR』

『七実様Z』
 
『鳳バット』
 
『セーラームーン』はともかく、『ウテナ』は割とマジで見とかないといけない作品でっせ! 

何だこの記事、後半が別物じゃねえか!
たまげたなあ 

aviutlが使えるようになってきた

アマチュアなのにソフトに金を払うのは馬鹿らしいというわけで、フリーソフトを使っていく方針で生きているのだが、gimpは旅行中に撮った写真でちょっとしたお遊びをしたりするのに気楽に使えるくらいには手に馴染んできて、inkscapeも時々使っている。
それに比べるとaviutlはとっつきにくいなあと思っていたが、pluginを入れては、結局よく分からないなあとなるのを繰り返しているうちに、環境が整ったのか、普通に動画の前後を切り取って字幕をつけたり、タイトルを入れたりするくらいは出来るようになってきた。
しかしこれではwindowsムービーメーカーと別に変わらない、というかあっちのほうが親切で使いやすい。
なんとかaviutlならではのことができるようにならないと面白くないなあ。
最終的には大好きな『Panty&Stocking with Garterbelt』のmad動画(youtube風に言えばamv)が作れるくらいには鍛え上げたいものだね。あわせたい曲はあるんだよ。 

GIMPを触ってみている。

写真の補正をしなくてはいけないことが多いので、GIMPの使い方を練習している。
教材はこの本だ。
GIMPのドリル!
長谷川 アンナ
ソシム
2009-12

今のところ、割とできるが、調べていたら、Schemeでスクリプトが書けるとか。
Schemeは勉強しているので、やってみたいな。
対して、AviUtlLuaでスクリプトを書く。
ソフトに拡張用のスクリプト言語をつけるのは、とても良い習慣だが、もうちょっと統一できないのか。
でも、これを機会にLuaを勉強するモチベーションがあがると思えば、いいのか。
 

AviUtl難しい

動画編集は今までWindows Live ムービーメーカーでやっていたが、やれることに限界を感じて、AviUtlに手を出したものの、今のところ、何にも出来ない。
とりあえず、動画のいらないところを削ることは出来た。次は画面の拡大と、テキスト。しかし、そこまで行かない。これじゃ、WIndows Live ムービーメーカーのほうがよっぽどいろいろやれる。 
解説動画を見ても、そもそもどこをどう操作すれば、その解説動画の冒頭の状態になるのかが分からない。
そもそも、編集したい動画を開くことすら難しい。普通にはどうにか開けた。でも開き方にもいくつかあるらしく、拡張編集で開きたいのだが、それが出来ない。最初は、動画を再生することすら出来なかったが、どうにかそれは出来た。人類にとっては小さな一歩だが云々。
この手の上級者ソフトにありがちな話だが、まずはいろいろな設定をこなさないと、そもそも使える状態には無いらしいことが、おぼろげながら分かってくる←今ここ。
これはなかなか骨かもしれない。
しかし、苦労の果てにあるものを目指して、一人荒野をひた走るのである(なんのこっちゃ)。

Leaves of Words
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

けんさく。

QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ