以前紹介したthe prodigyの『Voodoo People』と『Smack My Bitch Up』を、サンプリングと音の加工と編集で作るさまを、ウクライナ出身のDJ/プロデューサーJim Pavloffが再現した動画があるので、それを紹介しよう。
編集により新たな作品を作るというのが、どんな感じの行為なのかを考えてもらえると嬉しい。
ちなみに、全く同列には語れないが、私は小説書いてるとき、やっぱりこういう編集をしている気分になるときがある。
『Smack My Bitch Up』

「Smack My Bitch Upの作り方」


『Voodoo People』

『Voodoo Peopleの作り方』


ちなみに使っているソフトは「Ableton Live」。ループを扱うのがすごくうまいので、テクノとかダンス・ミュージック向けのシーケンサ。
当然、変拍子とか複雑な楽曲には向かないけど、そんなの必要ない。
名前の通りliveで威力を発揮する。
liveで使うリアルタイムパフォーマンス用のコントローラもたくさん出てて、その中でもカッコイイのが「LaunchPad」である。
M4SONIC『Weapon(Live Launchpad Mushup)』

M4SONIC『Virus(Live Launchpad Original)』

Madeonによる39曲のマッシュアップ

『ニャル子 ON THE BEACH』


映画なんかに出てくるボタンについて熱く語ってしまうボタンマニアとしては、なかなか眼福な機械である。
しかし使いこなせる自信はないのに欲しくなってしまう電子楽器は、「Reactable」以来である。

Mark Bellが使ってる変な機械。
しばらく経ったら、iPhone/iPadのアプリになって驚いたけど。そのうち何もかも、アプリになっていくのだろうな。