けんさく。

けんさく。が、いろいろ趣味のことをやるページです。

PureData

PureDataとCOMODO Internet Secutiryの相性問題

今日、近所の高校生と会話していて、彼がコンピュータが嫌いだと言ったので(彼は商業科の学生なので、学校でexcelの使い方などを学んでいて、たいそうつまらないのだそうだ)、部屋に呼んで、コンピュータの面白さを布教していたときのことだった。
GIMPで画像を修正したり編集したりお絵描きして写真からいらない子を消すことや、Algodooで平面を面白い玩具で埋めることや、processingでちょっとしたゲームを作ることを教えていたのだが、話が音楽に至っていざPureDataを開こうとしたとき、うまく行かなかった。そういえば、去年結構遊んでいたが、しばらく離れてしまっていた。
管理者実行してみると、セキュリティソフトの質問が出て、それに応えるとウィンドウが開いて、事なきを得たのだが、その後もう一度動かそうとすると、管理者実行しても動かない。タスクマネージャを見ると、ウィンドウが表示されないだけで、動いてはいる。再インストールしても事態は同じ。
いろいろ動かしてみた結果分かったのは、入れているフリーのセキュリティソフト「COMODO Internet Security」との相性が悪いらしく、オートサンドボックス(サンドボックスとは、問題が発生してもパソコンの他の部分に影響を与えないように、孤立させて実行するシステム。オートサンドボックスとは怪しいソフトは全てサンドボックスで実行する機能)しようとする途中で問題が発生しているらしい。 普通なら、「Run Isoleted?」と質問が出て、そこで「trust this program」にチェックを入れればいいのだが、この質問が出ないのでどうしようもない。さっきは、管理者実行すればこの質問が出たのだが、今度は管理者実行してもこの質問が出ないのだ。
結局が、COMODO Internet Securityのオートサンドボックスを無効にすれば(仕方はググッたら出た)、何の問題もなくPureDataは動いた。
しかし、PureDataには何の問題もないのだから、そのためにオートサンドボックスを切るのは腑に落ちない。普通なら、COMODO Internet SecurityのオートサンドボックスにPureDataは信頼できると指定して終わりのはずなのに、 その機構の途中で問題が起きているんじゃ、そもそも私に解決できる問題じゃないような気がする。
まあ、フリーソフトにあまりとやかく言っても始まらないが。 

追記(2014/05/05):オートサンドボックスはeclipseのインターネット接続まで阻害していた。悪さしまくりじゃないか! 

安倍清明のPentagramma

手軽に予想外なものが出来てしまう、っていうのをpura dataに私は求めている。今のところ、そこそこ期待に応えてくれているようだ。

ニコニコ動画
 
youtube



 pure dataで五行相生 五行相剋

pentagrammaは伊語では「五芒星」と「五線譜」とを意味する。
nodeは、左入力をx、右入力をy、前の出力をzとすると、xzをy^2+1で割った余り+1を、左入力の0.6秒後に出力。
本当はテントmapとかロジスティックmapとか、複雑系的なものが良かったが、収束も発散もせず不規則に動かせ続けるのが難しかった。丸め誤差嫌い。てわけで、適当にごまかす。作品にならなかったけど、ファイゲンバウム点が観察できたのは収穫。
木火土金水もまた今度。
上部のボタンを何回も押すと、プロセスが並列して、面白い。出力準備中に次の入力が入ると、前の出力がキャンセルするため、一定以上混雑はしない。連打すると止まるのもそのため。

Music of Hailstone

Pure Dataでちょっと自動作曲してみた。
youtube
 
ニコニコ動画
 

コラッツ予想english)の数列に40を足して、MIDIのノートナンバーとみなして、正弦波を生成するだけの簡単なプログラム。1が出るたびに、前の初期値に1を足した数を新しい初期値として、リスタートする。Pure Dataの条件分岐の制御構造がよくわからなくて、変なことやってるのが気持ち悪い。
初めて作ったPure Dataプログラムで、初めての動画投稿なので許してね
 
Leaves of Words
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

けんさく。

QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ