けんさく。

けんさく。が、いろいろ趣味のことをやるページです。

The_Prodigy

サンプリングによる曲作り

以前紹介したthe prodigyの『Voodoo People』と『Smack My Bitch Up』を、サンプリングと音の加工と編集で作るさまを、ウクライナ出身のDJ/プロデューサーJim Pavloffが再現した動画があるので、それを紹介しよう。
編集により新たな作品を作るというのが、どんな感じの行為なのかを考えてもらえると嬉しい。
ちなみに、全く同列には語れないが、私は小説書いてるとき、やっぱりこういう編集をしている気分になるときがある。
『Smack My Bitch Up』

「Smack My Bitch Upの作り方」


『Voodoo People』

『Voodoo Peopleの作り方』


ちなみに使っているソフトは「Ableton Live」。ループを扱うのがすごくうまいので、テクノとかダンス・ミュージック向けのシーケンサ。
当然、変拍子とか複雑な楽曲には向かないけど、そんなの必要ない。
名前の通りliveで威力を発揮する。
liveで使うリアルタイムパフォーマンス用のコントローラもたくさん出てて、その中でもカッコイイのが「LaunchPad」である。
M4SONIC『Weapon(Live Launchpad Mushup)』

M4SONIC『Virus(Live Launchpad Original)』

Madeonによる39曲のマッシュアップ

『ニャル子 ON THE BEACH』


映画なんかに出てくるボタンについて熱く語ってしまうボタンマニアとしては、なかなか眼福な機械である。
しかし使いこなせる自信はないのに欲しくなってしまう電子楽器は、「Reactable」以来である。

Mark Bellが使ってる変な機械。
しばらく経ったら、iPhone/iPadのアプリになって驚いたけど。そのうち何もかも、アプリになっていくのだろうな。

The Prodigy 変わり続けること。

個人的な趣味の問題にすぎないのだが、『勝手に改造』は好きだが、『絶望先生』は好きではない。
どうも、作風が固定されてしまっているような気がする。いつも同じことをしているように見えるのだ。
『勝手に改造』のときは、作風が変化し続けていた。作者が、「どんなことが面白いのか」について悩み、悩んで悩みぬき、いろいろな実験をして、失敗をしては次の実験にうつり、その中から、確かに面白いと思えるものを掴んでいく様がまじまじと見えるのだ。『南国アイスホッケー部』からだと、完全に別人だが、『勝手に改造』の最初と最後でも、相当違うマンガになっている。
しかし、『絶望先生』では、あまり変化を感じない。一度、手に入れた面白さを手放したくないのだろう。それはもちろんわかる。いしかわじゅんが言うように、ギャグマンガは自分を狭いところへ狭いところへ押し込めて、最後には精神か体を壊すか失踪するしかなくなってしまうものだ。だからそれを非難するのはやめておこう。
ただ、それでも私は変わり続けていくものが、新しい面白さを求め続けている人が好きだ。
最初と最後では別のアーティストになってしまっている表現者の、作品歴を追いかけて、なぜそういう変化がひつようだったかを考えるのが好きなのだ。
ジェイムズ・ジョイス、藤枝静男、パブロ・ピカソ、フランシス・ピカビア、etc。
(もちろんジャクソン・ポロックのように一度完成させた手法を捨て、次を目指したことを非難されてしまった人物もいた。彼はその次が何なのか示す前に死んでしまった)
そして音楽で、変わり続けることを選んだ者達の中に、今回紹介しようと思う「The Prodigy」がいる。

もともと彼らは、80年代後期のレイヴカルチャーから現れた。
レイヴとはその頃イギリスで流行りはじめた、倉庫や廃屋などで行われる無料のパーティである。それまでディスコやクラブで行われていたダンス・パーティを、自分たちで非商業的に行おうという発想だ。
それらは既存のメディアや企業の力を借りずに、口コミで広がっていき、次第に世界的ムーブメントになった。
権力や商業から離れた場所での、刹那的享楽性や連帯感が、若者に受けたのだ。もちろんそれはドラッグ文化とも強い繋がりを持った。(私は種村季弘が『悪魔礼拝』で書くような中世のサバトを強く思い出す。あれも権力の及ばない場所で、ドラッグを交えて行われる、非日常的で非生産的な享楽的乱痴気騒ぎだ)
これを1960年代のヒッピー文化の隆盛「サマー・オブ・ラブ」になぞらえて「セカンド・サマー・オブ・ラブ」と呼ぶ。
そしてその多くのレイヴパーティでアンセムとして流されたのが、The Prodigyの曲だった。

『Charly』


『Everybody in the place』


ジャンル名で言うなら、「ハードコア・テクノ」、日本でもバブル経済の象徴、ジュリアナ東京でよく掛けられていたと聞く。当時のコンピアルバムにも入っている。
安っぽさ、跳ねるようなリズム、甲高いけたたましさ、女性ヴォーカルのサンプリングなどが特徴で、まさに享楽的に踊るための音楽だといえよう。

『Out Of Space』

ヴォーカルのサンプリングはレゲエ・アーティスト「Max Romeo」の『Chase the Devil』から。


『WInd It Up』


この時期に出た1stアルバムにリミックスヴァージョンを付け加えたもの。
Experience ExpandedExperience Expanded
アーティスト:Prodigy
販売元:Xl Recordings
(2009-11-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


このころは、やはりレイヴの享楽性を強く感じさせ、皆明るい感じがする。唯一の黒人メンバー「マキシム」は明るい好青年という感じだし、長髪の「キース」の垢抜けなさ(というかダサさ)も好ましい(これがのちに、あんなことになるとは)。手足の長いリロイの独特のゆらゆらダンスも、まさにレイヴ、という感じだ。演奏係なせいで、ライブでは踊らないリアムのダンスが見られるのも、この時期のpvの特徴であろう。

しかし、愛の夏は長くは続かない。ドラッグの蔓延や、深夜のパーティによる治安悪化を危険視した警察らによる圧力が強まるとともに、レイヴの巨大化、商業化の動きが重なる。
結果として、レイヴは手作りの物ではなく、資本が動いて大きな利益を生み出すものとなっていき、アンダーグラウンド文化ではなくなっていき、初期の一体感をなくしていった(この辺りの流れは、これを直接扱った本ではないが、ジャック・アタリの『ノイズ──音楽・貨幣・雑音』を読むとよく分かるようになると思う)。
レイヴは、人気DJやダンス系バンドを集めて行われる商業イベントとなり、非商業的なDJは再びクラブに潜っていった。

The Prodigyはどうしたか。すでに表の世界で名声を手に入れていた彼らは再び地下に潜ることはしなかった。代わりに、その頃から彼らの音楽やファッションは、攻撃性をしたがうようになる。
まず彼らは2ndアルバム『Music For Jilted Generation』で、やはり反商業の音楽としてスタートして結局は商業に見事に取り込まれてしまったオルタナティブ・ロックの音を取り込んでいく。
Music for the Jilted GenerationMusic for the Jilted Generation
アーティスト:Prodigy
販売元:Xl Recordi
(2000-01-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


『Voodoo People』

暴力的なベース音とドラムビーツに彩られたドラムンベースを時代に先駆けて実践している。

『Poison』

この時期はキースがまだまともな格好してますね。

そしてこの勢いもそのままに、クラブ界三大アンセム『Firestarter』『Breathe』『Smack My Biych Up』をシングルで繰り出していく。
そしてこの時期キースはいきなりカルトファッションスターになってしまう(何回も雑誌の表紙を飾った)。

『Firestarter』

『Breathe』

『Smack My Bitch Up』

なんかキース、ゴブリンみたいである。

こ れらを収録した3rdアルバム『The Fat of the Land』は、ロックとテクノの垣根を吹き飛ばし、世界中で1000万枚以上売れて、世界で一番売れたダンス・ミュージックの記念碑的アルバムとなった。内容も高速ドラム ンベースとブレイクビーツを土台に、ロックっぽいものから、初期のレイブっぽいもの、さらにはヒップホップぽいものまで勢ぞろい。
The Fat of the LandThe Fat of the Land
アーティスト:Prodigy
販売元:Xl
(2000-01-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

この時期、彼らは世界中を回っている。次はおそらくその一つ。
『Voodoo People』
nnは

このワールドツアーが2年も続いて、疲れきったメンバーは休止期に入り、存在意義を失っていたリロイが脱退、他のメンバーもソロ活動に入りながら、次のステップを探していた。
その後、シングルを出しヒットはするものの、3rdアルバムの焼き直しと酷評を受けて、4thアルバムのための曲をすべて破棄したり、いつも新しい方向性を模索しながら、2004年に7年ぶりのアルバム『Always Outnumbered, Never Outgunned』を出し、2009年に5thアルバム『Invader Must Die』を発表する。
一見凶暴そうな彼らは、初期の映像を見ても分かるように、普段は非常に真摯で物静かな人物だという。そしてなにより、音楽を作ることが好きで好きでたまらないのだそうだ。
そんな彼らだからこそ、同じスタイルにとどまることはできないのであろう。

日本での2008年のライブ。
『Breathe』『Spitfire』

キースが一周回って、無茶苦茶カッコよくなってる。マキシムは相変わらずだが。そしてリアムは目立たない。リーダーTシャツが笑える。

『Voodoo People』


『World's on Fire』(当時未発表曲)

歌詞はThe Breedersの『I Just Get Wanna Along』の引用。
If you're so special why aren't you dead.
他にもThe Prodigyはこのバンドのギターなどをサンプリングしている。

『Firestarter』『Smack My Bitch Up』

盛り上がってるねえ。

イギリスでの2009年のライブ
『Invader Must Die』


『Warriors Dance』

この曲では、今まで封印してきたレイブの頃のスタイル(チープな女声サンプリング)を復活させ、今の音(暴力的なベース音)に見事に調和させた作品。
The Prodigyは止まらない。失踪せずに疾走し続けることは決して簡単ではないが、彼らならどこまでも遠くへと連れて行ってくれそうである。
インヴェイダーズ・マスト・ダイ(DVD付)インヴェイダーズ・マスト・ダイ(DVD付)
アーティスト:ザ・プロディジー
販売元:ビクターエンタテインメント
(2009-02-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

Leaves of Words
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

けんさく。

QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ