けんさく。

けんさく。が、いろいろ趣味のことをやるページです。

TopGear

コラムの楽しみ

このブログで書評なんかをするときは、その本から読みとれる情報を徹底的に詰め込むのが基本方針になっている。
ちょっと詰め込み過ぎか、といつも思うぐらい。
でも、とにかく中身がつまっていれば面白いはずだ、という思いもある。
しかし、それとは全然違う文章作法ももちろんある。
例えば、吉田健一とか内田百閒の随筆は情報量が多いわけではない。読み終わったとき、何が書いてあったかなんて、いまいち思い出せない。
金沢・酒宴 (講談社文芸文庫)金沢・酒宴 (講談社文芸文庫)
著者:吉田 健一
販売元:講談社
(1990-11-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


百鬼園先生言行録―内田百けん集成〈7〉   ちくま文庫百鬼園先生言行録―内田百けん集成〈7〉 ちくま文庫
著者:内田 百けん
販売元:筑摩書房
(2003-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

しかし、面白かったことだけは確かに覚えている。
書評や随筆やエッセイなんかを書くにあたって、大した内容はないのに、文体の力でそれを引き延ばして、しかも面白くすることができる人がいるのである。
そう言うスタイルの本場として、イギリスがあるのではなかろうか、と思う(吉田健一も英文学者だ)。
あの国は、上流であることにインテリであることが必要ではない、むしろインテリはアッパーミドルっぽくてダメだ、と思いかねない不思議な国で、だから内容がつまった「頭の良い文章」よりも、内容がなくてもしゃれっ気がある文章の方がたっとばれるような気がする(個人的見解)。
だからこそ、ジェローム・K・ジェロームやイーヴリン・ウォーのようなユーモア作家が生まれるのではなかろうか。
ボートの三人男 (中公文庫)ボートの三人男 (中公文庫)
著者:ジェローム・K. ジェローム
販売元:中央公論新社
(2010-03-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
大転落 (岩波文庫)大転落 (岩波文庫)
著者:イーヴリン・ウォー
販売元:岩波書店
(1991-06-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

そういう伝統が、新聞や雑誌にコラムを産みだしたのではなかろうか。
たいした問題じゃないが―イギリス・コラム傑作選 (岩波文庫)たいした問題じゃないが―イギリス・コラム傑作選 (岩波文庫)
販売元:岩波書店
(2009-04-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
この本に書いてあるのは、本当に大した問題ではなく、日常のこまごまとした、ちょっとした問題である。しかし、こういうものにこだわることにこそ、なんだか「英国性」という奴が潜んでいるような気がする。
国際問題とかに偉そうに発現するのはイケ好かないアッパーミドルで、本物の上流は、今年の天候が悪いから庭木の成長が悪いこととかを気にする、みたいな感じ。

そう言う、内容は対してないが、面白い英国的文章の使い手が、topgearの司会などで有名な自動車評論家のジェレミー・クラークソンだ。
私は車にそれほど興味はないが、この人の文章は好きなのでときどき読んでいるのだ。
ニコニコに日本語訳を載せてくれる殊勝な人がいるので、それを紹介して、今回は終わりにしよう。

まずは車と関係ないコラム。
辛いもの好きの方々はご存じであろう、Dave'sGourmet社製激辛ソース「insanity」の限定版についてのどうでもいい話だ。

いつの間にか、盛大な話になっているのが笑える。一体どんな辛さなことやら。

ひねくれ加減が良く分かる「スズキ スウィフトスポーツ」のレビュー

イギリス人らしい、自虐と矜持である。

こちらは新型の「スズキ スウィフト」

イギリスと言ったら、クラブ文化である。『バジルの優雅な生活』や『ジーヴスシリーズ』を思い出す。
車のオーナーズクラブもそんなクラブの一つと言える。

ジェレミーの車愛が良く分かるレビュー

涙なしには語れない

「日産 GT-R」のレビュー


進化したその新型のレビュー。

幾つかの保留付きとはいえ、べた褒めに近い
こういうのを読むと、自分のレビューの対象、つまり車とは何か、ということを、彼は真剣に、深く考えていることが分かる。

「ブリストル ブレニム」。ブリストルとは、同名の飛行機メーカーが第二次世界大戦が終わって、余った人員を使うために作った自動車メーカーで、ブレニムはもともとはブリストルの戦闘機の名前。ニコニコ大百科を引用すると、「25年前のようなデザインで、60年代のような内装のを、2000万円以上の高額で販売するという、日本人には理解できない商売をしている」とのこと。少量生産の高級車であるにもかかわらず別に質は高くないという、いかにもイギリスらしい、気の狂った会社である。数少ない純イギリス資本の車メーカー。



最後にジェレミーの環境問題に関する文章を。
賛同するかどうかはともかく、彼らしい意見で、とてもいい。


いつか、こういうのらりくらりと脱線ばかりで何の話してんのか分からないけど、さりげなくチクリと本質を突くようなスタイルで、書評なんかを書いてみたいものだ。

おまけ
イギリスの、クイズ番組と見せかけてただ単に時事ネタでおしゃべりするだけの馬鹿番組のジェレミーが司会の回。


なにやら日本の恥が映されてますね。お隣の恥と一緒になので我慢しましょう。

世界最高の車番組 『Top Gear』

車はそんなに好きじゃないはずなんだけど『Top Gear』は欠かさずに見てしまう。
『Top Gear』はイギリスのBBCで放送されている破天荒かつ面白くってためになる車番組で、主な内容はスピードと破壊と爆発。あと卑猥な言葉。あと他国(ドイツ、フランス、イタリア、アメリカ、日本、メキシコ、韓国)などを自国と一緒に馬鹿にすること。あと……いろいろだ!

とにかく見てみよう。





良くここまでやるよな! 階級差別ネタもよっぽどだが、本物の線路使って、本物の鉄道関係者を読んで。あほらしいことは、「台本があるんだろうな」とは思えるんだが、ときどきどこまで作ってんのか分からなくなってあせるわ。

と言うところでキャラ紹介。
詳しいところはニコニコ大百科に任せてしまいます。最近なまけ癖が付いてきたな。
ジェレミー・クラークソン
あだ名は「ジェザ」。パワーが全ての人。全ての物はハンマーで作れ、そして直せると思っている。背がデカイ。奥さん恐い。嫌いな車は燃やす、爆破する、叩きつぶす。髪を「陰毛みたい」と良く馬鹿にされる。永遠の5歳児。
リチャード・ハモンド
あだ名は「ハムスター」。背が小さいと馬鹿にされるが、実は170ある。一度番組中の事故で死に掛けてそれ以来脳障害で怒りっぽくなる。バーミンガム生まれなので田舎者ネタでもよく馬鹿にされる。顔は司会者陣で一番良い部類なので「歯を漂白した」などとよく馬鹿にされていた。あと雑誌の「セクシーな男」に選ばれた時も「冷蔵庫に付ける磁石みたいな男」と言われていた。永遠の12歳。ヒーロー的なものに憧れているふしがある。
ジェイムズ・メイ
あだ名は「キャプテン・スロー」「キャプテン・方向音痴」。丁寧な運転と持ち前の方向感覚で目的地に着く前に日を暮れさせる。技術マニア。工具はまず並べて整理する。ミグ戦闘機について熱く語っているのを見た時は感動してしまった。彼の講釈は大概カットされ、「翌日」とか「三週間後」とかのテロップが表示される。三人の中で一人だけの非婚者。ホモ疑惑あり。服装のセンスを良く馬鹿にされる。
Stig
備品。車を運転する。様々な謎に包まれている。

『Top Gear』の特徴はその視聴者に要求する知的水準の高さである。例えばトヨタのプリウス(この番組ではゴミとほぼ同義)を馬鹿にするために、燃費の悪いアメ者とレース場で走らせて燃費対決をさせたりする。プリウスが燃費がいいのは走ったり止まったりを繰り返す、街の中での状況なので、もちろんプリウスが負ける。そしてこの番組は燃費が気になるなら、アメリカのマッスルカーを買おう、という話になるのだ。もちろんこれは冗談だ。しかしこれを笑うためにはプリウスの特性を理解していないといけないし、それにこれには「環境に良いからと言って、猫も杓子も同じ車を買うのではなく、目的に応じた車を買うべきなのだ」という教訓もついてくる。
また三菱のGT-Rについて「コンピュータ制御をフルに使った凄い車だが、興奮はない」、という話をするためにした喩え話。「こっちはイギリス製のアンプ、このつまみを回すだけで最高の音が出る。こっちが日本製のアンプ、この10以上ものつまみをいろいろと弄りまわす事によって、こっちのイギリス製と同じ音が出せる。どっちが優秀だろうか?」と来ておいて、「もちろん日本製だ! つまみが多い方がいいに決まってるじゃないか!」と落とすのだ。もちろんこれは「ほんとは私がどう言いたいのか、分かるよな」と言う意味だ。日本のテレビがこういうことが出来ないのは、視聴者のレベルを読むことが出来ないからだ。BBCにはそれが出来る。視聴者の知能レベルへの信頼があるから、どんな無茶なことだってできるのだ。
羨ましい。

その他の神回
除雪車を作ろう





キャンピングカーを作ろう





電気自動車を作ろう





パトカーを作ろう





そのほかも無茶苦茶面白いから見ようよ。BSフジでもやってるよ!
Leaves of Words
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

けんさく。

QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ