2018年11月18日

ラグビー

ワールドカップ日本大会まで10か月。
201811180000009-w500_1

残念ながらイングランドには勝てませんでしたが、日本の実力は可也上がっているとは思います。
振り返れば日本のプレーは強豪国のプレーとは大きく異なっていた時代があったのです。
具体的にはタックルを受けながらのパス(オフロードパスと言います)などは強豪のみが出来るプレーでしたし、スクラムは必ず日本は弱く、したがってボールキープの時間は短く、トライチャンスはほんのわずかでした。両チームが同じスポーツをしているとは思えないほど差がありましたね。

しかしエディージョーンズがヘッドコーチになって数年で世界とゲームが出来るレベルに変わりました。
DSC_0285

来年のワールドカップはそれなりに期待して応援が出来ると思います。

ところで大学ラグビー。
今日は常勝帝京大学に土がつきました。明治復活は春のみではなかったことが証明されました。
帝京も強かった。素晴らしいディフェンスとオフェンス。さすが王者でしたね。
ナイスゲームでした。
DSC_0286

こちらもレベルがかなり上がっている事は間違いないのですが、残念ながらこういう白熱したゲームはまだまだほんの数試合にしかすぎません。
何故なら
2018-11-18 (1)

この関東大学対抗戦Aの星取表を見ると、上位と下位の差はあまりにも歴然としており、一言でいえばシーズン前半はミスマッチの連続、ようやく後半からレベルの高いゲームが登場しているのです。

ミスマッチは勝者にも敗者にも何ら得るものはありません。
何故こうなっているのか。
それは関東大学ラグビーが分裂して二つのグループが存在しているからなのです。
対抗戦グループとリーグ戦グループ。
一日も早く統一して均衡したゲームを増やすことが必要だと思っているのは・・・・ワタシだけ??
201811180000022-w500_0

リーチ・マイケル!♫ようやったようやった ようやったね♪



kensan_ohta at 17:28|PermalinkComments(3)mixiチェック

2018年11月13日

大根と渋柿

高川山の下山は、大月方面でした。
大月と言えば笑点での人気者小遊三さん。
なるほど、たい平さんの言ってることもあながちウソではないような雰囲気の駅前。
yjimage[4]

ところが意外なところに人だかりが。
DSC_0275

なんと、瑞々しくしかもぶっとい大根が100円。
さらにデッカい、つやつやの干し柿用が。
DSC_0278

思わず買ってしまいました。一緒に行った友達は戸塚在住なのにやはり買ってしまいました。
1人が買うと、私もワタシも・・・
そして・・・・
DSC_0281

皮むきをして焼酎で拭いて。
大根は少し塩水に漬けて・・・じゃ〜〜ん
DSC_0282

前の仕事を辞めて・・というか事業閉鎖になってまた週3くらいのバイトを始めましたが。時間がたっぷりあります。
キョウイクはなくともキョウヨウはいくらでもあり、調理師kensanは半分主夫の毎日です。



kensan_ohta at 18:39|PermalinkComments(0)mixiチェック

2018年11月12日

高川山

中央線初狩駅下車。天気予報がしっかり「晴れ」でしたので急遽友人たちと連絡を取り、登って来ましたが・・。
DSC_0001

朝は曇りDSC_0003

次第に晴れるかと思いきや、世の中そうは甘くありません。
595ee4af3da097fd29131a6c5549f5c2[1]

ただひたすら登る事2時間。
DSC_0005

頂上からは・・・・・
DSC_0014

本来ならHPにあるように「日本一!」がくっきりと見えるはずでしたが。↓コレ、HPの写真
d6662b9acec9001466959d9fa5a3f467[1]

弁当を取っている時に、何か雪虫のような小さなふわふわが・・・・
DSC_0017

え?こんなとこに雪虫がいるの???
・・・・で、正体は分かりません。
DSC_0019

雲に隠れた「日本一」でしたが、ま、関西で3日間「日本一」をしっかりと堪能したから、いいでしょう。
P1120003

下山途中にはリニア実験線
そして紅葉
DSC_0025

暑くもない一日、しっかりと約4時間歩いたので、爽快でした。
反省会のビールの上手かったコト。



kensan_ohta at 11:23|PermalinkComments(0)mixiチェック

2018年11月09日

おっと!追っかけお控ゖえなすって

6日の明石、7日の橿原、そして8日の野洲。
3日間の股旅は関東一家の3バカラスでした。
IMG_20181107_102821

元気な美っちゃん、時に飛ばし過ぎたり、反省は口だけで下の根も乾かぬうちにまた飛ばす。
そんな美っちゃんがますます好きになりました。
DSC_0261

この夏の新曲、「弥太郎鴉」とカップリングとされている「忠治旅鴉」とは最早一対となり、明と暗の見事な対比を演じてくれています。
♫さすが忠治と〜♪という歌詞がありますが、♫さすが美律子〜と〜♫と歌いたいくらいに味を出しています。
これぞ、美津子の味!!お見事!!
DSC_0263

忠治は上州で押しも押されぬ大親分になりますが、やがて赤城の山に逃亡し子分とも別れ酒を交わさざるを得なくなり・・・・
♫逃げた赤城のてっぺんあたり  行くも帰るも下り坂♫というさだめが待っています。滅びゆく者に対する美学。日本人の大好きな所ですね。
IMG_20181108_073137

美っちゃんは下り坂ではありません。決定的な証拠があります。
それは・・・
   長編歌謡浪曲「無法松の恋〜松五郎と吉岡夫人」の演技を観れば一目瞭然でしょう。
DSC_0266

科白の間合い、感情移入、表情と所作。
どれをとっても中村美律子しか演じられない「演劇」になっています。
DSC_0265

2年前、新宿で初披露したときも実は素晴らしく感動したのですが、時を経て演じる回数を重ね、それは見事な芸能になりました。
DSC_0267

今回3日間で6公演を演じた美っちゃん。お疲れ様でした。素晴らしかった。
ファンとして入り待ち出待ちも楽しいけれど、それよりも少し離れたところで、舞台の上と一体となって声援、掛け声、応援をすることの方が、よほど楽しい事なのだと感じました。
・・・・美っちゃんはワシの女神様じゃ〜♪
IMG_20181109_054221




kensan_ohta at 10:30|PermalinkComments(6)mixiチェック

2018年11月07日

明石市民会館アワーズ

DrSbZKwU8AUbZMR



















スカイマークで羽田ー神戸7090円。格安の関東3バカ鴉🎵

DSC_0254



















一回目のステージは、飛ばしすぎと、美っちゃん反省。

DSC_0260




















漸くコンサートの内容が固まって来たようですね。
DSC_0258




















だんじりでオープニングを一気に盛り上げて、女の旅路、おんなの純情、島田のブンブンまでを終えて 客席回りです。
DSC_0255




















明石市民会館アワーズは海辺に面していますから、すぐ裏では、明石大橋と淡路島が眺められます。

DrSbZKwU4AAzYpg



















美っちゃん、元気でした。眩しくて正面から見られないkensanは、今日も後方に下がって掛け声に専念するのでした。


法被着てやってたら、周りのお客さんからは、関係者と間違われ、席の場所とか良く聞かれます。
即ご案内(笑)


kensan_ohta at 08:08|PermalinkComments(0)mixiチェック