2008年09月05日

竜胆

先日集まった仲間の一人がリンドウを持ってきてくれたので絵に描いてみた。
青紫で鐘形の花先は五つに切れ込んでいて、なかなか素人には難しい。

リンドウは日本の秋を代表する花の一つで、根茎と根を乾燥させたものを漢方では「竜胆(りゅうたん)」と呼ぶ薬にしているそうである。

山に行くとよくみられるこの花は歌にも歌われている。

  ♪ああ りんどうの うす紫の花咲けど  ♪

  ♪りんりん りんどうは 濃紫 姉サの小袖も濃紫 ♪

さて、先に述べたようにリンドウは濃い青紫である。絵に描いた花も、山でよく見かけるのも色ははっきりとしている。
それでは「うす紫の花」とは何だろうか?

リンドウにはエゾリンドウ、オヤマリンドウ、タテヤマリンドウ、ホソバリンドウなど色々な種類があるので、そういった中に「うすむらさき」もあるのだろうと思う。

ちなみに、この絵のリンドウはエゾリンドウの栽培品だろう。

リンドウ

kensan_ohta at 18:04│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック 日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔