映像の収穫祭web当日のパンフレットが出来ました。「記憶と記録の間で」は31分なので、同じく鈴木敏明監督の「食卓と海」の上映も行ないます。水産資源の枯渇問題を見つめたアカデミックかつ、骨太な映像です。アジア太平洋資料センター(PARC)の作品群は、テレビや映画館では見られないような、政策提言を含んだ、貴重な資料映像を提供しています。必見です。

※しかし男子フィギアシングルの銀メダルに輝いた、ロシアのプルシェンコの「品格なき」腰の動きをIOCは反則にしないのか?(笑)高橋君の銅メダルは立派、ニッポンのジャニーズ系が世界に通用するのを証明した。