信州職人学校の公開講座は、コースの受講生だけではなく、組合員や一般市民の方も受講できるオープンセミナー形式で、各界で活躍中の様々な方をお招きし、行ってきました。

しかし、この信州職人学校は今年度で閉校することとなりました。

今回は公開講座の最後の締めとして、現代日本を代表する宮大工棟梁・小川三夫氏をお招きして公開講座を行います。

棟梁は独自の「鵤工舎」立ち上げ以来、様々な仕事を手掛けながら、多数の優秀な弟子を育てられ、全国の棟梁や様々な市民とも交流を広げながら、伝統文化の継承発展に努められています。

 

未来に向けた貴重な話が伺える稀な機会ですので、伝統建築や日本文化の継承にご関心をお持ちの若手、中堅職人、設計者、事業主、市民、学生など参加を希望される方は、別紙申込書によりFAXにて、建設労連・信州伝統建築技能継承事業運営委員会(FAX 0263-39-7202)まで申し込んでください。

 

 

 

「困難な時代に、伝統の技をどう継承し次世代を育てるか?」

 

 

■日 時:2015年11月7日(土)13:30~17:00

 

■会 場:建労会館(長野県建設労働組合連合会、松本市宮渕本村1-2)

 

受講料:組合員の方 無料 組合員以外の方 1,000

 

員:70名(定員になり次第締切)

 

師:小川 三夫 氏(宮大工、寺社専門の『鵤工舎』創設者。故・西岡常一棟梁の唯一の内弟子)

 

◆申し込み方法:下記申込書にご記入の上、11月4日(水)までに、長野県建設労連 FAX(0263-39-7202)にて、お申し込みください。

 

 

27回公開講座 案内・申込書(PDF)