今まで確定申告で青色申告特別控除は、
①正規の簿記による記帳
②貸借照表の添付
③期限内申告


この3点を満たすことにより、65 万円控除ができました。

しかし、2020 年分の確定申告 (2021 年・令和3 年申告) から、
青色申告特別控除の適用要件が変わります。

現行65 万円⇒改正後55 万円

改正後、65 万円の青色申告特別控除を受けるには

① e-Tax による申告(電子申告)
② 電子帳簿保存の申請をする

のどちらかを選択することが必要です。

なお②で改正後の65 万円の青色申告特別控除を受けるためには、
その年中の事業に係る仕訳帳及び総勘定元帳について、
税務署長の承認を受けて電磁的記録による備付け及び保存が求められます。
その申請は帳簿の備付けを開始する日の3か月前の日までに申請書を税務署に提出しなければなりません。

また原則として課税期間の途中から適用することはできませんが、
2020年(令和2年)分に限って、特例があります。
2020年9月30日までに承認申請書を提出し、同年中に承認を受けて、
同年12月31日ま
での間に、
仕訳帳及び総勘定元帳の電磁的記録による備付け及び保存を行うことで、
65
万円控除を受けることができます。

国税庁のパンフレットはこちら
承認申請書の書き方はこちら
JIIMA認証情報リスト(電子帳簿ソフト)は
こちら