長野県建設労連のblog

長野県建設労連は長野県で働く建設労働者のための組合です。 ブログでは機関紙等では紹介しきれないタイムリーな情報をお知らせします。

信州職人学校

信州職人学校 公開講座のお知らせ

信州職人学校の公開講座は受講生だけでなく組合員や一般市民の方も受講できるオープンセミナーとして、公開講座を開講しています。今年度の公開講座は、全4回の開催となっており、今回は今年度第2回目の開催になります。

今回は、「世界の木造架構と建築の文化」と題し、太田邦夫建築設計室を主宰しておられる太田邦夫氏をお招きして公開講座を行います。

太田氏は、建築設計論、比較建築論、建築技術の東西交流史などを主な研究領域とされ、伝統木造技能の伝承については、「木匠塾」(岐阜県中津川市加子母)ならびに「ものつくり大学」(埼玉県行田市)などの設立・運営に尽力されました。

今回の公開講座では、視点を海外の木造建築に向けます。実際に世界各地に赴き、その地域の木造建築物を中心に調査した同氏が、世界の驚きの「技」を紹介します。海外の木造建築にふれることで、改めて日本の木造建築を見直す良い機会になるはずです。

関心をお持ちの若手・中堅職人や事業主、設計者はもとより、建設業界への入職希望者や学生、一般の方など、多くの参加者のふるっての参加をお待ちしています。

「世界の木造架構と建築の文化」

◆日 時:2013年7月6日(土)13:00~17:00

◆会 場:建労会館 3階大会議室(松本市宮渕本村1-2)

◆受講料:組合員2000円、非組合員3000円(テキスト代込)

※参加者には太田先生ご執筆の信州職人学校テキスト「世界の木造架構と建築の文化」を進呈します。

◆定 員:50名(定員になり次第締切)

◆講 師:太田 邦夫 氏(太田邦夫建築設計室 東洋大学・ものつくり大学名誉教授)

◆申し込み方法:別紙申込み用紙により7月4日(木)までに、長野県建設労連・FAX(0263-39-7202)にて、お申し込みください。

clip_image002

↑五千尺ロッヂ(設計:太田邦夫、生田勉、山本明夫 1965年竣工)

信州職人学校 第21回公開講座のお知らせ

信州職人学校の公開講座は受講生だけでなく、組合員や一般市民の方も受講できるオープンセミナーとして、公開講座を開講しています。

今年度、第3回目の公開講座は、「住宅の温熱環境と伝統的民家の知恵」と題し、住環境のエネルギー問題を研究・実践されている山田貴宏氏をお招きして公開講座を行います。


山田氏は、早稲田大学で都市における自然環境と住環境の関係性をテーマに自然の未利用エネルギーの活用やヒートアイランド対策の研究をされました。その後の(株)清水建設では都市のエネルギー施設や自然エネルギー施設の設計エンジニアリング業務などに携わりました。そして地産地消で伝統的な木の家造りを目指す長谷川敬アトリエで修行されたあと、ビオフォルム環境デザイン室を設立されました。


今回は、大工が最も苦手とする「温熱環境」と「断熱」の理論、「民家の知恵」等の話しがやさしく聞けるとともに、「改正省エネ法」により、2020年からすべての新築住宅に「省エネ基準適合義務化」がされることについて、どう考えたらよいのか、専門家から話しが聞けるまたとない機会となります。


ご関心をお持ちの若手・中堅職人や事業主はもとより、設計者、建築をめざしている若者や学生、一般市民の方など、多くのみなさんのご参加をお待ちしております。



「住宅の温熱環境と伝統的民家の知恵」


日 時:2013年10月5日(土)13:00~17:00

◆会 場:建労会館 3F大会議室(長野県松本市宮渕本村1-2)

◆受講料:組合員の方2,000円、組合員以外の方3,000

◆定 員:50名(定員になり次第、締切になります)

◆講 師:山田 貴宏氏(ビオフォルム環境デザイン室 代表、環境建築家)HPはこちら

◆申し込み方法:信州職人学校ホームページ内の申込書にご記入の上、10月3日(木)までに、長野県建設労連 FAX(0263-39-7202)にて、お申し込みください。

「日本の文化 竹に心惹かれて」信州職人学校公開講座のご案内

信州職人学校の公開講座は受講生だけでなく、組合員や一般市民の方も受講できるオープンセミナーとして、公開講座を開講しています。

今年度、最終回となる公開講座は「日本の文化 竹に心惹かれて」と題し、長野市にある小出竹材店の小出九六生氏を講師としてお迎えして開催します。

竹のもつ無限の可能性に魅せられ、竹一筋に半世紀を生きられた「竹の手仕事人」の、溢れんばかりの竹への思いと信念を熱く語っていただきます。竹垣づくりや手入れをすることができる「竹の手仕事人」も少なくなり、技術の衰退も懸念されている中、日本の文化である竹の良さを、後世に残していくための取組みを熱心にされている小出氏を迎え、竹の基礎知識、実際の竹垣づくりなどの様子、技能継承の取組みについて、語っていただきます。

今では、貴重な存在となった「竹の手仕事人」から話が聞けるまたとない機会です。関心をお持ちの若手・中堅職人、事業主、市民、学生など、多くの方々の参加をお待ちしています。

「日本の文化 竹に心惹かれて」


◆日 時:2013年11月9日(土)10:40~12:10

◆会 場:建労会館 3F大会議室(長野県松本市宮渕本村1-2)

◆受講料:無料

◆定 員:50名(定員になり次第、締切になります)

◆講 師:小出 九六生氏(小出竹材店)

◆申し込み方法:下記申込書にご記入の上、11月6日(水)までに、長野県建設労連 FAX(0263-39-7202)にて、お申し込みください。

第26回公開講座 「職人の経験を一瞬の技に注ぐ」のご案内

 信州職人学校の公開講座は、コースの受講生だけではなく、組合員や一般市民の方も受講できるオープンセミナー形式で、年4回開催しています。

 今年度最終回となる今回は、「職人の経験を一瞬の技に注ぐ」と題し、木曽郡上松町において数少ない枌板職人として活躍されている、小林ヘギ板店の小林 鶴三氏をお招きして公開講座を行います。

枌板とは、木を手で割って作る薄い板のこと。使われる材料は木曽五木のひとつネズコで、数寄屋建築の装飾的な天井板にも使われます。木や竹を編んで作る「網代細工」は各地に伝承されていますが、一本の丸太から枌板を作り、完成品まで作る技術は小林さんただ一人。近年では良質な材料の確保も難しくなっていることから、後継者の育成も困難になっているとのことです。枌板文化を紹介するため展示場を兼ねた茶室を造りPRに努めています。

 木を自在に扱う技を持つ手仕事の匠・小林さんから話が聞けるまたとない機会です。関心をお持ちの若手・中堅 職人、事業主、市民、学生など、多くの方々の参加をお待ちしています。





「職人の経験を一瞬の技に注ぐ」

■日 時:2014年11月8日(土)10:40~12:10

■会 場:建労会館 3階大会議室(長野県建設労働組合連合会、松本市宮渕本村1-2)

■ 受講料:無料

■ 定 員:50名(定員になり次第締切)

■ 講 師:小林 鶴三 氏(小林ヘギ板店)

◆申し込み方法:下記申込書にご記入の上、11月5日(水)までに、長野県建設労連 へFAX(0263-39-7202)にて、お申し込みください。

平成27年度信州伝統大工技能評価試験の実施について

平成27年度 信州伝統大工技能評価試験を下記のとおり実施いたします。

 

●期日

学科試験:平成27年10月10日(土)

実技試験:
【1級】平成27年10月11日(日)
【2級】平成27年10月12日(月)

●場所

学科試験:建労会館(松本市宮渕本村1-2)

実技試験:長野県松本技術専門校隣りふれあい技能センター


●受験料 18,000円

(学科試験または実技試験の片方合格者は上記受験料とは異なります)


●合格発表 平成27年10月19日(月)

 

受験申し込みの手続き等、詳細は下記受験案内をご覧ください。
受験案内

ギャラリー
  • 第34回青年協球技大会が行われました!
  • 第34回青年協球技大会が行われました!
  • 第34回青年協球技大会が行われました!
  • 第34回青年協球技大会が行われました!
  • TVCMが放映されています!(10/29-11/10分)
  • TVCMが放映されています!(10/29-11/10分)
  • TVCMが放映されています!(10/14-10/28分)
  • TVCMが放映されています!(10/14-10/28分)
  • 建設労連のTVCMの放映が開始されています!