e1f7ffe4.jpg

こんにちは、競馬学者の冴羽拳史郎です。

ブログランキングに参加していますので、応援のクリックをお願いいたします。

FC2 ブログランキング
(京成杯の注目馬は?)

最強競馬ブログランキング(京成杯の注目馬は?)

こういうレースをビシッと的中させないと、まだまだですね。

クリノガウディーの回避が全て。

阪神JF、朝日杯FSは、アイドリング競馬が終わり新時代へ。

当初は、それを受けるシンザン記念でも正規の覇者と出すと思っていました。

それが、クリノガウディー。

そして、クリノガウディーを回避させることで、シンザン記念は、今年もアイドリング競馬をやると推理したのですが、隠れゾロ目の万馬券とは恐れ入ります。

クリノガウディーが回避したことにより、アントリューズを1番人気に仕立てあげる。
これにより、アントリューズの【ルドルフ超え】。

ドナウブルー=アントリューズ

だから、ドナウブルーの子、ドナウデルタが同枠配置なんだと。

アントリューズが【ルドルフ超え】かどうかの判断ができるかどうかが解読の最大のポイントだったと思います。

そして、初めて京都1600mの1戦1勝馬(牡牝混合)を用意。

今までシンザン記念にヴァルディゼールのような戦歴馬が出走したことはない。

1戦1勝馬が初めて勝利する瞬間をここで用意していたってこと。(お見事です!)

2着には、万馬券の2着型のマイネルフラップ。

当初、アイドリング競馬なので5-5のゾロ目だと述べましたが、ゾロ目は5-5じゃないわけで。

アントリューズ→片側対角 ヴァルディゼール 1着
ドナウデルタ→片側対角 マイネルフラップ 2着


今年のテーマの一つでもあります、【ルドルフ超え】。
これが見抜けないようではまだまだですね。

的中された皆さん、おめでとうございます!


1月度・2月度の会員募集です。
【競馬学】に興味のある方は、これを機会にぜひご入会ください。
ただし、【競馬学】を学ぶ気のない方はお断りしております。
買い目だけが目的の方は他をあたってください


■【競馬学】を学びたい方はこちら♪
1月度・2月度の会員募集のご案内
■有馬記念完全マニュアルについてはこちら♪
有馬記念完全マニュアルの販売のご案内
■日本ダービー完全マニュアルについてはこちら♪
日本ダービー完全マニュアルの販売のご案内
■お問い合わせはこちら♪
冴羽拳史郎へのお問い合わせ