広く見渡せば、外国人ばかりを狙って大量入信させている組織があるかと思います。

私もたまたま知りあった東南アジアのとある国の人を入信させたことがあるのですが、
日本人と比べると入信にまでたどり着ける率が高い気がします。

まあ、相手はこれから何をするのか理解できずとも、たった30分程度の儀式に参加させれば良いのですから・・・

私の所属していた隊でもそのような傾向がありました。
といっても、後に隊長となる某氏が主にやっていたという感じでしょうか。

この人は長い間班長をしていたようですが、外国人の大量入信によって
後に幹部まで上り詰めることとなります。

昔使っていたウィルコムの端末に残っているメールを見る限り、2011年中盤頃には外国人勧誘で成果を挙げてきており、2012年の春になるまでには副長に昇進しています。

古い端末にあったメールを掲載します。
入信が叶った後は「出来たメール」というのを送るのが通例となっていたのですが、これは2012年の3月30日に当時37隊長をしていたI氏から転送されてきたメールです。
ちなみにこの端末はデータの通信が不可能だったので手入力しました(笑)


~~ここから~~

総幹部会ビデオ初日たる27()の密かなる深夜の戦い!

本当に頭の下がる戦いです!

------------

○○・T支隊・副長、

○○の拠点にてインド人2名同時入信が叶いました。

(応援:N組長)


大阪でインド人の折伏を重ねていますが、岡山でも幅広く進出し

「西日本に大潮流を起こさん!」

との決意からインターネットで岡山市にある全てのインド料理店を調べ、片っ端から電話を掛けまくりました。(←凄い!!(I)

今回の折伏は、その中の一件で、一ヶ月前、岡山のインド料理店で店員を折伏すると、とても反応が良く決定しました。

そして閉店も近づきこれから入信勤行に出発という時に、何と店長が店に戻って来て

「今日は、みんな疲れているからダメね」と決定をひっくり返す魔障が出来して来ました。


店長は、「二週間後にまた来て」と言って来たので、信用して再び料理店を訪れると、何と前回と同じフレーズで

「今日は、みんな疲れているからダメね」と言い出し、まだもや決定を妨げられました。

私はさすがに

「いつ大丈夫ですか?」

と逆に対象者に決めさせたところ、327日を指定して来ました。

「じゃ~この日は、絶対に約束ね!」

と言い、固い握手を交わし入信勤行予定日を決めました。


その日はビデオ初日でしたが、

「必ずや支隊誓願にお答えせん」との難き近いをさせて頂き、背水との決意で三度目となる折伏に臨むとO副長宅で夜1時頃に入信が叶いました。


その対象者をN組長の車で送り届けた後、

私は岡山駅のホテルに一泊し、翌朝新幹線に乗って出社しました。

出勤途中感激は増幅し

「こういう平日の戦いは有難い!」との清々しい気持ちで一杯となったものであります。

現状、系列で15の弘通が叶っておりますが、一切の油断を排し、先ずは支隊誓願にまで後4名を早急に成し隊集会に馳せ参ずる決意であります。

)


副長の何としてもとの思い、そしてどうすれば入信が叶うかとの熱意、本当に有難い思いでいっぱいであります!!!

外国人でも、こちらの熱意で必ず人材に成長させます!!(T



~~ここまで~~

何とも熱意のこもったメールですねー(棒読み)

いや、当時は誰もが真剣だったと思います。
そしてこの入信劇のメールを見て「某副長はすげー戦いしてる!」と思った人もいるでしょう。

ただ、今思えば文中の「系列で15名」というのがめちゃくちゃ引っかかりますな。
15人中、一体何人が日本人なんだよと言いたくなります。

これより二週間ほど前にはもっと凄い内容のメールが来てたのでまた手入力して掲載します。