nanapiもSEOやっていますが


セミナーとかでnanapiのSEOについて説明させていただくことが増えてきているのですが、どのようにすればいいか、のところでは、辻さんというハイパーウルトラ優秀な方に手伝ってもらっているので、僕らの力ではなかったりします。

CSS Nite LP, Disk 24「インハウスSEO」についてレポートしてみる(後編) | SEOとその周辺

このあたりにも辻さんの講演がまとまっています。

スタートアップSEO研究 nanapiのSEO対策 アルコブログ

ちなみにこんなところでも研究していただいております。

というわけですが、いくらコンサルタントを入れて、その人が優秀だったとしても、実際にサイトを運営する人の考え方がずれていると全く意味ないものになるのですね。

そこで、Webサイトに関わるすべての人が知っておくとSEOにたいしての考え方を紹介します。

よくあるダメな例


スナップショット 2012:10:11 15:50

よくあるダメな例がこれです。

要は「Googleはどう考えているのか?」「どういうロジックなのだろうか?」から考えるということです。

一見まともに見えますが、これはサイト運営者側がGoogleのほうを向いていることになります。SEO知識をなまじっかつけてしまった人がなりがちです。

Googleのロジック変更やGoogle社員が何といっていたか、みたいなことにばっかり詳しくなり、ユーザーが置いてけぼりになってしまうのですね。

一定の効果は出るものの、本質的でないテクニックに走ってしまったりするので注意が必要です。

正しい考え方はこう


スナップショット 2012:10:11 15:57


簡単にいうと、Googleと一緒にユーザーを見て、ユーザーはどんな情報を探しているんだろう、と考えることです。

いや、これ当たり前のことじゃん、と思うかもしれないですが、SEOをやればやるほど、Googleを見ちゃうんですよね。。

Googleもサイト運営者も見てる方向は同じなはずなのですね。ユーザーがどういう情報を求めているか、それだけを考えるべきなのです。Googleも同じ気持ちなわけです。Googleの気持ちと一緒になるのです。Googleと一緒にインターネットの世界を見ることで、おのずと解決しなければいけないことがわかってくるのです。

当然の前提


「いやいや、そうはいってもSEO施策しないとダメでしょ?」とお思いの方もいると思いますが、当然の前提として、「Googleはかなり偉大、でも完璧じゃない」という立場になり、Googleが理解しやすいサイト構造やソースにしてあげる、というのは重要です。

ユーザーがわかりやすい構造になっていればおのずとGoogle対応もできますが、一部Googleが理解しやすいように施策を打つ必要はあります。このあたりはSEOの前提として必要です。

それはなんというか、おもてなしの範囲に近いのでちゃんとやるとして、今話しているのは前提の考え方なのです。Googleと同じ目線にたってユーザーを考える、そういう考え方でないとSEOはうまくいかないと思います。

というわけで


この考え方というのは、極めて重要で、サイトに関わる人全員が持っておくべきです。

SEO施策のために、文章わかりにくくしたり、サイトがダメになっていくとか、本当に意味がない話なので、全員がこの考え方を元に、サイトを作ったり、SEO対策をしたりするというのが重要なのではないでしょうか。