グローバルサイト出してみました


英語もできないくせにですが、グローバルのメディアサイトを出してみました。

ignition

IGNITION

まだスマートフォン対応だけですが、スマホでみると、写真がちょっと動くのでおもしろいです。

さて、そもそもうちの会社は、nanapiという生活のハウツーメディアみたいなものをやったり、アンサーという、小粋なスマートフォンのQ&Aアプリをやっているのですが、なぜグローバルのメディアを立ち上げたのか、その理由を話してみたいと思います。

そもそものグローバル志向性はなかった


会社としては、いつかはグローバルやらないといけないんだろうなあ、と思ってたんですが、創業者2人とも、からっきし英語ができないんですよね。

一度、チャットで「俺らも公用語を英語にしよう」とやったことがあるんですが、「Oh」とか「yeah」とか、「Funky」とかしか言えなくて、最終的にはお昼の時間に「I am onaka pekoring」って投稿がきて、あ、ダメだと思ってやめた経緯があります。

ちなみに謙遜でもなんでもなくて、テストを受けてみたら二人とも中1〜中2レベル、という結果でした。

そんな中、グローバルやるとか、まだまだ相当あとだよね、そもそも簡単にグローバルとかいっても絶対勝てないし、日本にいるからまず日本で勝つべきだよね、と思っていました。日本で勝つのだって超大変なわけですし。

そんな雰囲気ではあったのですが、去年くらいに、結構ショッキングなことを聞いてしまって。

グローバルとの広告単価の差


nanapiの広告代って、1pv0.4円-0.5円くらいなのですが、海外の同じようなハウツーサイトの場合、1円以上〜2円みたいな感じらしいんですよね。

しかも英語であれば、ユーザー数は、潜在的に僕らの20倍くらいあるわけです。

となったらですよ。下手したら100倍ちかく収益性に差がでてくるわけです。メディアというのは、記事の質がかなり求められると思うんですが、かけられるコストが100倍になるとしたら、相当な差です。

nanapiでは、2010年くらいにクラウドソーシングのサービスを自社でつくって、300円とか500円で記事を投稿してもらうというのを作ってみて、それで成長した経緯があります。感覚的には、CGMでただで書いてもらうのではなくて、CGMのように投稿してもらうけど、ちゃんと対価を払う、的な感じでした。

しかしですね、最近だと、記者やライターさんも時間をかけて価値あるコンテンツを作るというのをやりたくなってきたのですね。CGMで主婦の方とかが書ける、シンプルな「野菜の切り方」みたいなのだといいと思うんですが、そこではかけないような、重厚なものにチャレンジしたいなあ、と。

メデイアはグローバルを目指すべき?


今、インターネット業界だと、ウェブマガジン系の記者さんの単価がすごい下がっています。。それだと、みんなつらい感じになっちゃうので、1記事にかけるお金が、雑誌とかよりも高くなるようにしたいなあ、と思っています。

ただ、それをやるのは、日本だけだと市場的におそらく無理なんですよね。おそらく広告単価はもうちょっとあがっていくと思うんですが、それでもグローバルでやっているメディアのほうがはるかにクオリティが勝る、となる気がしています。

海外のメディアが日本にやってきたときに、日本だけのメディアが負けていく、という形は今後の将来として大いにあるかなと。わからないですけど、ワイヤードとか、クーリエ・ジャポンが人気なのは、その傾向のはじまりなのかもしれません。

ということで、日本のメディアもこれからはグローバルに向けて書く、というのをベースにするくらいじゃないと、どんどんこれから辛くなっていくんじゃないかなあ、と思っています。海外の記事をベースにした良質な記事に駆逐されていっちゃい、日本のメディアはPVが安く稼げる、ゴシップや炎上ネタになっちゃう・・・となると、なんか切ないなと。

さらにいうと、海外でも「日本とかには別に記事出さなくていいや」となる気もしています。そうすると、良質な情報は英語でばっかりある、というふうになってしまうと思うんですよね。というか、すでにそうなりつつあります。

日本が情報で遅れるのもイケていないので、日本発でメディアが世界にいける、風穴でもあけられればいいなあ、と思ってやり始めました。

しかし


いやあ、しかし超大変です。記事を作るのもそうですし、広めるのも・・・。メディアはグローバルにいくべき、というのは別にえらそうに言いたいわけではなくて、もうやらなきゃいけない状態というだけだと思っているのですが、当然やるのはめっちゃ大変でした。

ようやく、最近、日本好きの人とかが紹介してくれたりすることも、少しだけ増えてきたのですが、まだまだ集客という面では厳しいです。もちろん、そう簡単にいくとは思っていないのですが。

日本のメディアが海外にいって成功するというのは、そんなにない事例ですし、成功する確率はかなり低いというのも事実だと思いますが、そこでの知見とかはなるべく共有していきたいと思います。100社くらい挑戦すると、1社くらいは成功するんじゃないかな。

というわけで、知人やお友達に、海外の方がいらっしゃったら、気軽に勧めていただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

IGNITION