オークスの前日。
子供をつれて近所の公園に遊びに行った。
砂場で遊ぶ子供を生暖かく見守る。

そんな幸せな家族に思いがけない出来事が!!!

3dca3add.jpg



恐怖の大王が空から降ってきやがりました。

私の背中…
ウン○がついてます…orz

オークスに運がついたと思って気を取り直しましたとさ。


その肝心のオークス。
注目はやはりベッラレイア。
この馬とウオッカ、ダイワスカーレットの対決が見れなくて非常に残念。
秋には対決できると思うけど、そのときには彼女たちと同じ立場で戦えるように是非とも勝ちたい一線。

スタートが切られるといつになくいいスタートを切った。
外から寄せてくるザレマを前にいかせつつ5,6番手の好位につける。
レースはスマートストームが引っ張り、1000mが59秒という速いペース。
好位につけれたときに限ってレースが速くなってしまった。ある意味不運である。
しかし、流れが速くなったことで馬がかからずにスムーズに追走できたこともまた事実。
馬群は3コーナーをカーブし、4コーナーに向かうところでいっせいに動き出す。
ザレマの斜め後方にいたベッラレイアの外側にトウカイオスカーがかぶせてくる。
直線の入り口で馬群がばらけ、ベッラレイアの前が開いた。

直線に向いてもベッラレイアの手ごたえは抜群。
秋山騎手は懸命に手綱をしごく。
目の前の空間を切り裂いて伸びるベッラレイア。
長い長い直線をゴールに向かって走り続ける。

栄光が手に入ったと思ったその瞬間、白い影がベッラレイアを追い越した…

ハナ差。

それがベッラレイアと栄光との間の差。

勝ったのはローブデコルテ。鞍上は福永祐一。
秋山騎手のベッラレイアと福永騎手のローブデコルテ。
勝負の明暗を分けたのは騎手の経験だったかもしれない。
追い出すタイミングをあと一呼吸我慢できれば…
そう思った人は多いだろう。
それでも勝てると判断したのかもしれない。
追い出すタイミングを判断することすら頭になかったのかもしれない。

この経験は今後に必ず生きるだろう。
負けて強しの競馬。
秋競馬ではあの2頭に挑戦する姿を見てみたい。
もちろん鞍上は秋山騎手で。

ユーイチはこれでオークス3勝目。
そんなユーイチでもキングヘイローのダービーではパニックを起こしてとんでもない暴走をしてしまった。
そんな経験を乗り越えて今がある。

まだまだ楽しみは続く。





で、馬券。
ローブデコルテ…買ってる。
ベッラレイア…買ってる!!
ラブカーナ…買ってる〜〜〜〜〜〜〜〜!!(・∀・)



でもこの組み合わせはない…orz
今回10頭の馬を絡めてすんごい細かく買ってたんで、実はレース見てても当たってんのか当たってないのか全然わかんなかったんだよね^^
赤本祭りで浅野さんがハロースピードって言ってたから3連複BOXにローブデコルテのかわりに入れてしまったんだよね…

ウン○の付き損ですわ。