ケンタローの為替相場ニュース

FXでのトレード日記です。

注目の大阪G20に

イランへの軍事攻撃開始10分前にトランプ大統領から攻撃中止の連絡が入ったとか、中国の習主席から電話連絡が入ったとかいろいろあった一週間でしたが、やはり一番はFOMCでした。

想像以上にハト派で、利下げを提案した人が予想以上に多い結果でした。
FRBとしても今後の世界経済についてかなり不安視しているようです。

ただ総悲観とも考えられ、夜明け前が一番暗いとも言われているように、私はここが底であるように思いますが…。この先も円高が続く可能性もありますが、為替も売られ過ぎですし、長期金利も2%割れは行き過ぎですし、通貨先物市場も円売りポジションが激減していますので、ここから大きく円高が進むようには私は思っていません。

来週はいよいよ大阪G20で、米中首脳会談が実施されるのか、合意はあるのか?が最大の注目点になります。

私はおそらく米中首脳会談は実施され、交渉を再開することで合意というニュースが流れるかなと思います。
とはいえ、G20は金曜土曜なので、そこまで大きな動きにはならず様子見姿勢の相場になるかなと思います。

月曜日にペンス米副大統領が中国に関する演説をします。
この内容が中国の反感を買うような内容だった場合は、G20での米中首脳会談でもダメかもしれない…。

来週のドル円の下値のめどは106円90銭、上値のめどは108円40銭になります。
あとは米中の出方しだい。
水曜あたりには何かしら中国政府要人からの発言などが出てくるかなと思います。

水曜に安倍総理が衆議院を解散するのでは?みたいな話もありますが、あんだけそれはやらないと言っていたんだから、それはないと思います。消費税も増税するでしょうし。


米国債利回り : 2.05%
日本国債利回り : マイナス0.17%
ドイツ国債利回り : マイナス0.29%

原油 : 57ドル
ゴールド : 1399ドル
ビットコイン : 104万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円    今週 買い 2万8000 売り 4万4000
      先週 買い 2万0000 売り 6万5000
      先々週 買い 2万7000 売り 7万1000
      先先々週 買い 2万5000 売り 8万1000
     
ユーロ  今週 買い 16万2000 売り 21万5000
      先週 買い 14万9000 売り 23万6000
      先々週 買い 15万5000 売り 24万3000
      先先々週 買い 15万1000 売り 25万0000

豪ドル  今週 買い 4万3000 売り 10万8000
      先週 買い 3万2000 売り 9万5000
      先々週 買い 3万6000 売り 9万9000
      先先々週 買い 3万8000 売り 10万5000
      
ポンド  今週 買い 3万3000 売り 8万5000
     先週 買い 3万3000 売り 7万8000
     先々週 買い 4万1000 売り 8万9000
     先先々週 買い 5万1000 売り 8万3000


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

いろいろありすぎて相場が難しすぎる

今週日経はメジャーSQでしたが、こんな状況なので売買は低調でした。
なかなか大きく投資できるような世界情勢ではないですよね。

安倍総理イラン訪問中のタンカー攻撃の件は、米国のねつ造では??と疑ってしまいますが、そもそもそんなことしてなんの意味があるのか、意図がよくわからず…。

相場は7月のドルの利下げを織り込み始めました。私はまだ利下げはしないと思います。
利下げを決定させるだけの理由がまだないですので。

来週FOMCがありますが、今後の状況は経済状況しだいと言うだけで、利上げとか利下げを示唆するようなことは言わないと思います。
その後に日銀会合がありますが、こちらは必要があれば追加緩和みたいなことを言うと思います。

FOMC直前の火曜か水曜あたりに再度下落するかもしれませんが、下がっても107円台までだと思います。

米中関係については24日のペンス副大統領の講演が警戒されていますが、月末のG20で米中首脳会談は実施されると思います。
なんか中国のG20欠席もありえるのではないかと言われていますが、それはしないですよ。それをしてしまうと、中国が全面的に悪者にされてしまいますから。

そんなわけで下落注意ポイントは、FOMC直前と24日のペンス副大統領講演直前ですかね。
あとは109円60銭に向けて反転上昇していくと思っています。

それにしてもトランプ政権時代はいろいろありすぎて、相場が難し過ぎますね。


米国債利回り : 2.08%
日本国債利回り : マイナス0.14%
ドイツ国債利回り : マイナス0.26%

原油 : 52ドル
ゴールド : 1341ドル
ビットコイン : 89万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円    今週 買い 2万0000 売り 6万5000
      先週 買い 2万7000 売り 7万1000
      先々週 買い 2万5000 売り 8万1000
      先先々週 買い 2万7000 売り 8万2000
     
ユーロ  今週 買い 14万9000 売り 23万6000
      先週 買い 15万5000 売り 24万3000
      先々週 買い 15万1000 売り 25万0000
      先先々週 買い 14万9000 売り 25万0000

豪ドル  今週 買い 3万2000 売り 9万5000
      先週 買い 3万6000 売り 9万9000
      先々週 買い 3万8000 売り 10万5000
      先先々週 買い 3万9000 売り 10万5000
      
ポンド  今週 買い 3万3000 売り 7万8000
     先週 買い 4万1000 売り 8万9000
     先々週 買い 5万1000 売り 8万3000
     先先々週 買い 4万5000 売り 7万1000


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

あとはフラッシュクラッシュに注意だが…

雇用統計今年は大丈夫かと思いましたけど、やっぱりいつもの5月の雇用統計でした。
なぜか5月の雇用統計はいつも悪いんですよね。季節要因。

メキシコはやはり米国とケンカする気はないですよね。

基本的に下がっても107円台までと思いますが、以前のような早朝のフラッシュクラッシュには気を付けましょう。
円売り投機ポジションもかなり減りましたので、基本的にはもうそこまで下がらないと思います。
個人的には来週が底かな?と思います。107円台前半まで下がる場面があるかどうかくらいだと思いますが。

その後は月末G20での米中首脳会談に対する期待感が出てくると思います。
消費税増税したい日本政府は、是が非でも米中で何かしら合意させたいと考えていると思います。
合意するかはともかくとして、会談自体は行われると思います。

う~ん、107円38銭くらいまで下がる場面があるかも…くらいですかね。その後は109円60銭まではリバウンド上昇が期待できると思います。

なにかドルの利下げを相場が織り込みに行っていますが、それは早計だと思います。
クロス円が先行して底を打ったような形になっており、ドル円も遅れてそれに追随するような形になると思います。
7月は選挙相場だ!って言われそうな気がします。

ドルの長期金利は下がり過ぎなので、いずれ本来の正常なレベルに戻ると思います。

むしろ心配なのは欧州ですかね。ドイツ銀行の話もありますが、なんかデフレ化しているんじゃないかって感じで、どうするんですかね。ドラギ総裁退任まであと5カ月。次の総裁は積極緩和派になるかも…。
次のECB総裁が決まるまでは、ユーロには短期売買以外手を出さないことを勧めます。

なんにしてもドル円相場は来週が底のような気がします。


米国債利回り : 2.08%
日本国債利回り : マイナス0.13%
ドイツ国債利回り : マイナス0.26%

原油 : 54ドル
ゴールド : 1340ドル
ビットコイン : 85万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円    今週 買い 2万7000 売り 7万1000
      先週 買い 2万5000 売り 8万1000
      先々週 買い 2万7000 売り 8万2000
      先先々週 買い 3万5000 売り 9万7000
     
ユーロ  今週 買い 15万5000 売り 24万3000
      先週 買い 15万1000 売り 25万0000
      先々週 買い 14万9000 売り 25万0000
      先先々週 買い 15万0000 売り 24万5000

豪ドル  今週 買い 3万6000 売り 9万9000
      先週 買い 3万8000 売り 10万5000
      先々週 買い 3万9000 売り 10万5000
      先先々週 買い 2万9000 売り 9万3000
      
ポンド  今週 買い 4万1000 売り 8万9000
     先週 買い 5万1000 売り 8万3000
     先々週 買い 4万5000 売り 7万1000
     先先々週 買い 4万9000 売り 5万2000


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

107円台までだと思いますが…

突然の予想もしていなかったメキシコ関税ネタでドル円が下落していますが、107円90銭くらいまでだと思うんですよね。
相場は行き過ぎるものなので、107円台前半まで行くかもしれませんが…。

ちょうどチャートがW字型の底入れのような形になり、買いが大量に入ったタイミングで下がりましたので、ストップを巻き込みました。

中国については、5月末までに何かしらの合意があるものと思っていましたが、予告通り米製品への関税引き上げを行っています。

ケンカした振りしているけど、最終的には仲直りするんでしょ?と市場は思っていたわけですが、殴り合いのケンカを始めるという…。
一応6月末の大阪G20での米中首脳会談に期待が集まると思いますが、中国はそう簡単に折れないと思います。

逆にメキシコについては、米国とケンカする気はないでしょうから、6月10日までに仲直りする方向で動くと思います。

欧州もバタバタしているし、やっぱり世界的に景気が悪くなってきているんでしょうね。
景気が悪くなると、いろいろな問題が表面化してくるもんなんですよ。
2020年の米大統領選までトランプ大統領は景気悪化していないと誤魔化し続けると思いますが、どこまで誤魔化し続けられるのか。

あと麻生さんより、消費税増税の延期はないとのことです。
そりゃそうですよ、1年延期したら更に景気悪化しそうですし。

来週金曜日は雇用統計で、事前予想プラス19万人となっています。だいたい予想通りくらいだと思います。
来週前半はまだ下押し注意ですが、後半は雇用統計に向けて持ち直すと思います。
ECBは特に何もないと思います。

ドルの長期金利はさすがにちょっと下がり過ぎかと思います。


米国債利回り : 2.12%
日本国債利回り : マイナス0.10%
ドイツ国債利回り : マイナス0.21%

原油 : 53ドル
ゴールド : 1305ドル
ビットコイン : 90万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円    今週 買い 2万5000 売り 8万1000
      先週 買い 2万7000 売り 8万2000
      先々週 買い 3万5000 売り 9万7000
      先先々週 買い 2万5000 売り 11万7000
     
ユーロ  今週 買い 15万1000 売り 25万0000
      先週 買い 14万9000 売り 25万0000
      先々週 買い 15万0000 売り 24万5000
      先先々週 買い 15万2000 売り 25万8000

豪ドル  今週 買い 3万8000 売り 10万5000
      先週 買い 3万9000 売り 10万5000
      先々週 買い 2万9000 売り 9万3000
      先先々週 買い 3万2000 売り 8万9000
      
ポンド  今週 買い 5万1000 売り 8万3000
     先週 買い 4万5000 売り 7万1000
     先々週 買い 4万9000 売り 5万2000
     先先々週 買い 4万5000 売り 5万2000


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

今のところトランプ大統領からネガティブな発言は無し

東京は厳戒体制となっていますが、来週火曜日まで滞在予定のトランプ大統領からネガティブな発言は今のところ出ていません。
まあ、貿易についてもう少し平等にして欲しいと言われたくらい。
数か月後に大きな発表ができるだろうという発言も出ましたので、今回は偵察気分なんでしょうか。
ただ、明日月曜日に共同会見なども開きますので、まだ予断を許さない状況です。

あと、なぜか6月12日頃に安倍総理がケンカ仲裁役としてイランに行くようです。

日本政府の狙いとしては、6月末に大阪でG20が開かれます。
ここで米中貿易摩擦について、解決への何らかの合意を形成し、良かった良かった、世界は平和に戻ったという雰囲気で7月の選挙にもっていきたいんだと思います。

6月後半はG20への期待感が広がる相場になると思います。ただ、それまでが難しい。
IIM通貨先物投機ポジションでも円売りポジションはだいぶ減りました。

そのため、もうそこまで大きな下落にはならないと思いますが、109円60銭を割ってきているので、107円90銭くらいまでの下落がないと、底を打たないんじゃないかと思います。

チャート的にはここで下げ止まればW字型の底入れで111円に向けて反転する位置にいることもあり、非常に悩ましい状況です。

ここで下げ止まってトランプ大統領が帰国次第反転上昇か、107円90銭くらいまで下落して反転上昇か、予測できるのは二択くらいではないかなと思いますが、107円90銭まで下落の可能性の方がやや高いかな??と思います。

英国のEU離脱問題はもうよくわからないですね。
メイ首相も辞任ですし。ただ、かなり悪い状況まで相場が織り込んでいるともいえるので、ユーロ円とポンド円も下がってもあと一段なんじゃないかと思います。


米国債利回り : 2.32%
日本国債利回り : マイナス0.08%
ドイツ国債利回り : マイナス0.12%

原油 : 58ドル
ゴールド : 1284ドル
ビットコイン : 88万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円    今週 買い 2万7000 売り 8万2000
      先週 買い 3万5000 売り 9万7000
      先々週 買い 2万5000 売り 11万7000
      先先々週 買い 2万0000 売り 12万0000
     
ユーロ  今週 買い 14万9000 売り 25万0000
      先週 買い 15万0000 売り 24万5000
      先々週 買い 15万2000 売り 25万8000
      先先々週 買い 15万3000 売り 25万9000

豪ドル  今週 買い 3万9000 売り 10万5000
      先週 買い 2万9000 売り 9万3000
      先々週 買い 3万2000 売り 8万9000
      先先々週 買い 3万0000 売り 8万9000
      
ポンド  今週 買い 4万5000 売り 7万1000
     先週 買い 4万9000 売り 5万2000
     先々週 買い 4万5000 売り 5万2000
     先先々週 買い 5万1000 売り 5万6000


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

いよいよトランプ大統領がやってくる

なんかよくわからなくなってきました。
109円60銭で踏み止まっていたところに何度か売り仕掛けが入りましたが、強靭に買い支えられ、110円を回復して週末クローズしました。売り仕掛けていた向きが諦めて撤収した感じです。

来週ですが、土曜日25日にトランプ大統領が日本にやってきます。
それに先立ちまして、21日に日本政府要人がワシントンに行って、宿題を頂きにいきます。

なので、21日と22日あたりはトランプ大統領からの発言注意です。為替について議論する予定とかいう発言があると急落する可能性があります。

ただ、チャート的にはリバウンド上昇の形になってきていて、110円70銭に向けて上昇しそうな形です。

トランプ大統領だけは発言が予測不能なのでなんとも言えないのですが、変なこと言い出さなければ、来週の下値のめどは109円60銭、上値のめどは110円70銭になると思います。

中国との交渉に関しては、米国から再度の追加関税の話が出て、泥沼化しそうな状況ですが、トランプ大統領から中国と合意できるだろうという発言も出ました。その結果は3週間後に見せられるだろうとのことなので、やはり5月末を期限として延長戦を繰り広げているようです。

市場としては、最終的には何かしら合意するだろうという見方があります。
ただ、中国って結構強情に引き下がらないところがあるんですよね。

番外編としてイラン問題があります。今週イラン外相が急遽日本に来日しましたので、日本に米国とイランのケンカ仲裁役を頼みにきたのか?という気もしますが、イラン問題が大きくなると原油価格が高騰します。

なんにしても日本政府要人がワシントンを訪れ、FOMC議事録発表のある水曜あたりにもう一回売り仕掛けがありそうな気がしますが、そこで下に走らなければいったん底打ちのリバウンド相場になりそうです。

IMM通貨先物投機ポジションの円売りポジションはだいぶ減りました。
あともう一段減ってくれるとだいぶ軽くなりそうですが。
それと豪ドルの売りポジションがだいぶ溜まっていますね。


米国債利回り : 2.39%
日本国債利回り : マイナス0.07%
ドイツ国債利回り : マイナス0.11%

原油 : 62ドル
ゴールド : 1277ドル
ビットコイン : 76万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円    今週 買い 3万5000 売り 9万7000
      先週 買い 2万5000 売り 11万7000
      先々週 買い 2万0000 売り 12万0000
      先先々週 買い 2万8000 売り 12万2000
     
ユーロ  今週 買い 15万0000 売り 24万5000
      先週 買い 15万2000 売り 25万8000
      先々週 買い 15万3000 売り 25万9000
      先先々週 買い 14万8000 売り 25万3000

豪ドル  今週 買い 2万9000 売り 9万3000
      先週 買い 3万2000 売り 8万9000
      先々週 買い 3万0000 売り 8万9000
      先先々週 買い 2万8000 売り 7万9000
      
ポンド  今週 買い 4万9000 売り 5万2000
     先週 買い 4万5000 売り 5万2000
     先々週 買い 5万1000 売り 5万6000
     先先々週 買い 5万4000 売り 5万6000


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

まさか進展なしとは…

~追記 5/13 22:00~

本日は中国から報復として米製品に追加関税を実施すると発表があり、相場が急落しています。
ただし、6月1日からです。中国製品への追加関税も船が到着するまでに2週間かかるからとかいう理由で、実際に影響出るまでには2週間かかるようなことも言われています。

米国、中国双方とも今日からの2週間が延長戦?という認識なんだと思います。

最悪の結果としては、これで米国が更に報復関税だと終わりのない報復合戦に入って泥沼化することですが、どうなるやら…。

チャートとしては109円60銭を割ってしまったので、ストップロスを巻き込むことになりそうです。

~追記ここまで~

そうでした。中国って引き下がらないんでした。
日本政府だとちょっと脅されるとすぐに承諾してしまいそうですが。

今週行われた米中貿易協議は合意できず、予定通り関税引き上げが実施されました。
ただ、トランプ大統領から今後の貿易協議の結果によっては引き上げた関税の撤廃もありえるという発言が出たため、NYダウが350ドル安から190ドル高まで反転しました。

今度は場所を中国に移して北京で交渉するそうです。まだ日程は未定。

市場には、どうせその内米中貿易協議を再開するというニュースが出て、また急騰するんでしょ?
という楽観論が出たようです。

中国が譲らなかったのはやはり情報技術の部分ですね。
米国としては、情報技術部分を中国に盗まれるのが嫌なんでしょうね。

4月の株の売買動向として、個人は売り越し、外資は買い越し。為替も個人は円買い、外資は円売りという状況から、どうせ踏み上げる気なんでしょ?と私なんか思ってしまうんですが、そういう考え方がもう古いのかもしれないですね。

ちょっとここまでの下落は予想外なのですが、テクニカル的には厳しくなってきました。
来週月曜、火曜で110円30銭を回復できれば111円に向けてのリバウンド上昇を期待できますが、逆に109円60銭を終値で割り込んでいくと、107円の方向にズルズルと下がっていく可能性が高まってきます。

そのため、来週の月曜、火曜の動きを見てみないと来週の相場はなんとも言えないなあ…。
幸か不幸か円高が進んだため、トランプ砲でドル円相場を攻撃される可能性は減りました。

それにしても北朝鮮がミサイル撃つとビットコインが値上がりするというのは、なんなんでしょうね。

米国債利回り : 2.47%
日本国債利回り : マイナス0.06%
ドイツ国債利回り : マイナス0.05%

原油 : 61ドル
ゴールド : 1285ドル
ビットコイン : 68万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円    今週 買い 2万5000 売り 11万7000
      先週 買い 2万0000 売り 12万0000
      先々週 買い 2万8000 売り 12万2000
      先先々週 買い 3万1000 売り 11万8000
     
ユーロ  今週 買い 15万2000 売り 25万8000
      先週 買い 15万3000 売り 25万9000
      先々週 買い 14万8000 売り 25万3000
      先先々週 買い 14万4000 売り 24万2000

豪ドル  今週 買い 3万2000 売り 8万9000
      先週 買い 3万0000 売り 8万9000
      先々週 買い 2万8000 売り 7万9000
      先先々週 買い 2万9000 売り 7万6000
      
ポンド  今週 買い 4万5000 売り 5万2000
     先週 買い 5万1000 売り 5万6000
     先々週 買い 5万4000 売り 5万6000
     先先々週 買い 4万5000 売り 4万5000


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

あれっ?あの雇用統計で下がるのか…

~追記 5/9 21:00~

関税引き上げが明日のお昼に迫る中、今晩も米中交渉が繰り広げられそうです。
困ったことに今日もまた北朝鮮が飛翔体発射してくるし…。

次の下値のめどは週足での雲下限の109円60銭になりますが、今日既に下がってしまいました。
そこを下抜けると107円台まで下がる可能性が出てきてしまいます。

米国が明日関税引き上げした場合、中国も報復措置として即座に米製品に追加関税すると言っているし、ケンカしないでよ~ってとこですね。

もう一回上がると思っていましたが、普通のセルインメイになってしまうと、5月6月は調整下落期間になってしまうんですよね。
明日が重要かな。中国がどう出るか。

トランプ大統領は今月下旬からは日本に来るので、ここで中国問題を片付けておきたいんだと思いますが。

~追記ここまで~


~追記 5/6 21:00~

本日はトランプ大統領が突然延期していた中国への追加関税25%を今週金曜日からやるから!と言い出し、それに怒った中国が北朝鮮にミサイル発射させるという…(あれ?逆かな?ミサイルが先だったかな…)

えっ、このタイミングかよ!?という市場の反応でした。

だって今週水曜日から金曜日まで米ワシントンで米中貿易交渉の続きやる予定なんですよ。その直前これっていうことは、言うなれば今週の米中貿易交渉では必ず結果を見せろよ!という脅しですよね。
(トランプ大統領いわく、中国の動きが遅すぎるとのことですが)

幸せなパターンとしては、水曜日からの米中貿易交渉で中国がお土産を持ってきて、なんらかの合意。トランプ大統領が追加関税を再延期というパターンでしょうか。

ダメダメパターンは何も合意できずというパターンで、今週の相場は水曜日からの米中貿易交渉の結果しだいということになりました。

あとはペンス副大統領がドルは利下げすべきと言い出しました。別に今利下げが必要とは思いませんが。

何にしても明日は日経平均株価は300円高で始まるものと思っていましたが、逆に300円安で始まりそうです。
もう一回110円40銭くらいまで下がりそうなのでご注意を。

~追記ここまで~



いや~10連休なんて長すぎだろうと思っていましたが、意外にあっという間でしたね。

雇用統計は予想より良かったですし、失業率も50年ぶりの良い数字でしたが、結果的に雇用統計後はドル売りとなりました。
下落圧力が強い時は、結果が良くても好材料出尽くしで下がることもありますが、株価も上昇している中でなぜドル売り??というのはありますね。まあ、これも自動売買相場の宿命ですかね。トランプ大統領がツイッターでまたドルの利下げを希望しているようなことをつぶやいた影響もありそう。

ただ、雇用統計が良かったのに不可解なドル安になった時は、次の週に正しい状態に修正されることが多いです。来週の月曜まで下がって、火曜日くらいから反発するんじゃないかと思います。

下値のめどは一目均衡表の雲上限の110円81銭になります。

その後はとりあえず111円65銭まではリバウンドすると思います。
来週は米国債の入札もありますし、連休後の仲値(火曜日の11時)は実需のドル買いも発生すると思います。

FOMCの結果を見る限り、半年くらいは利上げも利下げもなさそうです。日銀もECBも政策変更はないと思います。

そうなると相場を動かすネタが…。トランプ大統領の大規模なインフラ投資の話が出てくるのかな。

5月中旬以降は、6月末までのどこかできそうな投機筋の決算売りに巻き込まれないように注意する必要がありますが、ヤカラは決算売りする前に一回相場を上げてくると思います。

110円81銭で下げ止まらないと、次は110円30銭まで下落することになりそうですので、そうなるとあれ?上昇は無いのかな…とちょっとシナリオが狂ってきますが、株価も上がっているし、ドルの長期金利も下がっていないし、円を買うような材料もないですから大丈夫でしょう。


米国債利回り : 2.53%
日本国債利回り : マイナス0.06%
ドイツ国債利回り : 0.02%

原油 : 61ドル
ゴールド : 1278ドル
ビットコイン : 63万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円    今週 買い 2万0000 売り 12万0000
      先週 買い 2万8000 売り 12万2000
      先々週 買い 3万1000 売り 11万8000
      先先々週 買い 2万0000 売り 8万3000
     
ユーロ  今週 買い 15万3000 売り 25万9000
      先週 買い 14万8000 売り 25万3000
      先々週 買い 14万4000 売り 24万2000
      先先々週 買い 14万4000 売り 24万4000

豪ドル  今週 買い 3万0000 売り 8万9000
      先週 買い 2万8000 売り 7万9000
      先々週 買い 2万9000 売り 7万6000
      先先々週 買い 2万6000 売り 8万2000
      
ポンド  今週 買い 5万1000 売り 5万6000
     先週 買い 5万4000 売り 5万6000
     先々週 買い 4万5000 売り 4万5000
     先先々週 買い 3万9000 売り 4万9000


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

あくまでも方向性はまだ上

ちょっとまだ下げ足りないかな??
112円の壁を一気に突き抜けるにはもう少し助走が欲しいところ。

IMM投機ポジションでは円売りドル買いが積み上がっています。逆にブルームバーグの記事によれば、日本の個人投資家の円買いドル売りポジションがリーマンショック時並みに積み上がっているとのことです。
そんなこと報道されたら、投機筋に火が付いちゃうじゃないですか。飛んで火に夏の虫というかなんというか。

正直なところもう少しミニナイアガラ的な下落があった方が良いのですが、基本的には押し目買い方針でいたほうが良いと思います。目指せ112円88銭。

今週はFOMCがあります。水曜の夜ですが、原油も上がっているし、そこまでハト派な内容にはならないと思います。FOMC前は様子見相場になりそうですが。

あとは金曜の雇用統計ですが、4月分の雇用統計はかなり良いと思います。

なので、水曜のFOMC通過後は週末に向けて上昇を予想します。
火曜、水曜にFOMCへの警戒感からドル買いポジションを整理する動きも出るものと思われ、そこが押し目になるかなと思います。月末フローみたいのも出るかもしれません。

ということで、今週の戦略としては、火曜水曜に投機筋がポジション整理でドルを売ってきたところを押し目買いで拾って行く感じかな?と思います。あとは週末まで待てば良いのではないかと。

日米ゴルフ会談では、日本がこれまた膨大な額の軍事製品を米国から買うことが決定したのと、日本の自動車会社が米自動車工場に4兆円の投資をすることが決定しました。ドル高要因。

スペインの選挙では極右の政党が議席を伸ばしました。5月下旬あたりに何か揉め事を起こしそうです。

あとはドイツ銀行とコメルツ銀行の合併話が破談になりました。
やっぱりドイツ銀行はいろいろヤバいもの持っているのね…。

さて平成最後の記事になりそうです。令和相場は幸先良いスタートになると思いますよ。最初だけは。


米国債利回り : 2.50%
日本国債利回り : マイナス0.06%
ドイツ国債利回り : マイナス0.01%

原油 : 63ドル
ゴールド : 1281ドル
ビットコイン : 59万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円    今週 買い 2万8000 売り 12万2000
      先週 買い 3万1000 売り 11万8000
      先々週 買い 2万0000 売り 8万3000
      先先々週 買い 1万8000 売り 8万0000
     
ユーロ  今週 買い 14万8000 売り 25万3000
      先週 買い 14万4000 売り 24万2000
      先々週 買い 14万4000 売り 24万4000
      先先々週 買い 13万9000 売り 21万9000

豪ドル  今週 買い 2万8000 売り 7万9000
      先週 買い 2万9000 売り 7万6000
      先々週 買い 2万6000 売り 8万2000
      先先々週 買い 2万2000 売り 7万6000
      
ポンド  今週 買い 5万4000 売り 5万6000
     先週 買い 4万5000 売り 4万5000
     先々週 買い 3万9000 売り 4万9000
     先先々週 買い 3万3000 売り 4万2000


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

Mなのか?逆三尊なのか?

ちょっと、溜まっていた疲れがドッと出てしまいましたが、もうすぐGWの10連休ですね。

相場はほとんど動かず。

チャート的には112円を天井としたM字天井のようにも見えますし、逆三尊の底打ちの形にも見方によっては見えます。
絶対とは言えませんが、このどっちにも見えるような形の時は、逆三尊の形になることが多いです。
ただ、逆三尊の場合、上昇していく前に屈伸運動をすることが多い。この屈伸運動の時に、M字天井だと売りが一斉に入り、それを踏み上げて一気に上昇していく形になることが多いです。

来週はGW前の週になります。そうなると、売らざるを得ない人達がいるものと思います。
そのため、来週はやや下押しが入るものと思います。

おそらく111円43銭か、111円32銭あたりまで下がる局面がありそうに思います。
その後再上昇して、次は112円を超えて上昇していくものと思います。

GW中に急落があるのか?ですが、事前に不安を煽っていましたので、私はないと思います。
27日(土曜日)に安倍総理が訪米し、トランプ大統領と日米首脳会談というか、例によってゴルフ会談するわけですが、ここで為替についていろいろ言われるというよりかは、いろいろ宿題を出されておしまいだと思います。

むしろ4月25日から中国で一帯一路のフォーラムが開催され、世界各国が参加します。これをネタにもう一段上昇があって終了かなと思います。

とはいえ、やっぱり今週中に売りたい人は多そうです。

そろそろこの上昇相場も最終局面が近付いているとは思いますが、天井は5月15日近辺かなと思います。
その頃に世界経済はまた再回復するんだ、相場はこのまま上昇していくんだと宣伝され、みんなが幸せな気分になったところでお終いかと思います。
そんなさあ、世界経済がコロコロ、コロコロ変わるわけないじゃないですか。

現状トランプ大統領の来日は5月25日~28日を予定しています。
その後、6月には日本でG20が開催されます。

前にも書きましたが、ロングポジションは112円88銭あたりで一旦決済することを勧めます。
円売り投機ポジションも溜まってきましたしね。
5月15日までに一度ポジションをきれいにしておくことを私は推奨します。

来週ですが、日銀会合ありますが、特に何もなさそうです。円安が進んでいますし、連休前に市場を刺激するようなことはしないと思います。
米国債の入札がありますので、火曜水曜の東京市場午前11時頃はいつも通り30銭くらい上昇しそうです。

まあ、まだ押し目買いの方針で良いと思います。


米国債利回り : 2.56%
日本国債利回り : マイナス0.04%
ドイツ国債利回り : 0.02%

原油 : 64ドル
ゴールド : 1275ドル
ビットコイン : 59万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円    今週 買い 3万1000 売り 11万8000
      先週 買い 2万0000 売り 8万3000
      先々週 買い 1万8000 売り 8万0000
      先先々週 買い 2万0000 売り 7万9000
     
ユーロ  今週 買い 14万4000 売り 24万2000
      先週 買い 14万4000 売り 24万4000
      先々週 買い 13万9000 売り 21万9000
      先先々週 買い 14万1000 売り 21万9000

豪ドル  今週 買い 2万9000 売り 7万6000
      先週 買い 2万6000 売り 8万2000
      先々週 買い 2万2000 売り 7万6000
      先先々週 買い 2万0000 売り 7万2000
      
ポンド  今週 買い 4万5000 売り 4万5000
     先週 買い 3万9000 売り 4万9000
     先々週 買い 3万3000 売り 4万2000
     先先々週 買い 3万0000 売り 4万3000


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

kentaroblog

  • ライブドアブログ