ケンタローの為替相場ニュース

FXでのトレード日記です。

新総理誕生へ

写真を載せるわけではないのでインスタにする意味ないし、
やはり記事はブログが書きやすいですね。

あとは体調がまだなかなか…。

菅総理で本日決まったようです。
菅さんは、根っからの真面目タイプです。
官房長官として何年もいろいろと腐った部分を見てきた
ので、改革を行いたいそうです。

ただ、私の経験上ああいう真面目タイプは、ナンバー2が
良いというか、あまりトップには向かないんですよね。
トランプ大統領とも気が合わなそう。
それと改革を行おうとすると、必ずそれに反抗する勢力が
生まれるのが組織というもの。

まあ、短期のリリーフ登板でしょう。あまり為替には影響
無さそう。米政府の本命は河野総理誕生らしいですし。

米大統領選は、現時点でも世論調査はバイデン氏リード。
ただ、本番は9月下旬から。

焦点が、トランプが大統領にふさわしいか?だとしたら、
バイデン氏有利な気がしますが、どっちが優秀か?だと
したらトランプ氏有利な気がします。
正直まだなんとも。

株価は、本日ご祝儀買い。
ここまで上がると、FOMCと日銀会合がある今週は結構
怖いですね。

8月、9月ですが、日銀もあまり買っていません。
8月に1800億円、9月前半に1600億円買っているくらい。
https://www3.boj.or.jp/market/jp/menu_etf.htm

8月の投資主体別売買動向では、外資は買い越し。個人の現金は
売り越し、信用は買い越し。
https://www.traders.co.jp/domestic_stocks/stocks_data/investment_3/investment_3.asp

ということで、8月異様に日経が強かったですが、海外のファンド
さん達が買いの主体だったようです。

個人の現金は、いわゆる中期投資家ですが、さすがにこの価格は
なぁ…と売っていたようです。信用は短期の値幅狙いなので、
流れに乗って買いという状況。

そういえばバフェットさんも日本の商社株買っていたそうですね。

ただ、ここで買っているファンドは11月くらいまでに決算売りして
きそうですが。

高値で売って現金化している人も多そうで、日銀も買い資金が余って
いることもあり、ファンドさんの決算売りがありそうですが、暴落
すると思うか?と言われると、FRBと日銀の金融政策が現状維持で
ある限りは無さそうに思います。

コロナに関しては、日本政府は特に何も対策していないような気が
しますが、感染者減ってきました。(誰か原因を分析して~)

町を歩いていると、ほとんどコロナ前と変わらないくらいに戻って
きたような気がします。
正直もっと酷い状況になると思っていましたが、普通にマスクも
売っているようになってきました。

ちなみに今週の為替ですが、円に関しては動く気配がなく、なんか
そよ風に揺られて上下に揺れているだけみたいな感じです。

とりあえず今後のことは、FOMCと日銀会合を見てからでしょう。

あとは来年になると思いますが、酷いインフレになりそうに感じます。
原油や穀物も今でこそ下がっていますが、食糧不足は遅れてやって
きますので。


米国2年債利回り : 0.13%
米国10年債利回り : 0.66%

日本国債利回り : 0.01%
ドイツ国債利回り : マイナス0.50%

原油 : 37ドル
ゴールド : 1942ドル
ビットコイン : 110万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円    今週 買い 4万4000 売り 2万3000

     
ユーロ  今週 買い 24万8000 売り 5万1000


豪ドル  今週 買い 5万7000 売り 5万9000

      
ポンド  今週 買い 4万6000 売り 3万3000



お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

退院しました。

ちょっと健康上の問題により入院しておりましたが、退院しました。

3週間ぶりくらいに相場を見たのですが、なんかあまり3週間前と
為替レートが変わっていないような。

しばらく相場を見ていなかったので、相場感のリハビリと健康上の
リハビリが必要そうです。健康の方は今無理すると命にかかわ
るというかなんというか。

このブログも10年くらい書いてきました。長いなあ。
さすがに10年経つと世の中も変わるもので、10年前はブログの
全盛期だった気がするのですが、最近はブログ書いてるなんて
ほとんど聞かなくなりました。

今どきブログってどうなんだ??とも考え中。
あとはコロナにより、遅れに遅れていた日本のオンライン化が
一気に進みました。
これだけオンラインでいろいろできる世の中になったのであれば、
何か新しいこともやりたいなぁ…とも考え中。

最近いろいろな出来事があったようですが…まあそれはおいおい
記事に書きます。特にコロナ関連はちょっと私が想定していたもの
と違ってきておりますので。



お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

8月後半は嫌な予感がする…

今週はドル買い材料が多かった気がしますが、ドル売りの勢い
が強かったようです。

雇用統計については、トランプ大統領が事前に良い結果だと
リークしちゃうし、ISM指数はえっ!?今って好景気??と
いうくらい良かったし、追加経済対策は週末に合意するだろう
ということでしたし、むしろ何でドル安??という状況でした。

追加経済対策は揉めまして、トランプ大統領が大統令で議会
を無視して署名したようです。それがどうも違法ではないかとか。

バイデン候補は黒人に対する失言が…。黙っていれば勝て
そうなのに。
副大統領候補は来週発表するそうです。

来週ですが、投機マネーは夏休みモードになる時期ですが、
今年は夏休み返上かな!?
現状心配されているのは、8月15日に米中での貿易合意に
ついての話し合いがあるということで、そこに向けてトランプ
大統領がまた何か言いそうなのと、そこから更に米中の対立
が激化していきそうということ。
米韓軍事演習も8月後半に行われますし。

なんか8月後半は嫌な予感がするんですよね…。
8月後半から9月にかけて何かしらのトランプフィーバーを
起こさないと、11月上旬の選挙に間に合わないと考えそう。

チャート的には、全通貨でのドル安トレンドの調整が来週も
継続しそうな形です。

来週は、ドル円やや上昇、クロス円やや下落、ドルストレート
はドル高という形になりそうに見えます。

ドル円は下がるにしてもいったん106円75銭近辺まで戻して
からになりそうですね。
ドルストレートはユーロのロングが溜まり過ぎなので、夏休み
に入るファンドの手仕舞いユーロ売りドル買いが起きそうに
思います。

米国2年債利回り : 0.13%
米国10年債利回り : 0.56%

日本国債利回り : 0.00%
ドイツ国債利回り : マイナス0.51%

原油 : 41ドル
ゴールド : 2034ドル
ビットコイン : 121万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円    今週 買い 5万2000 売り 2万0000
      先週 買い 6万2000 売り 3万4000
      先々週 買い 5万0000 売り 3万1000
      先先々週 買い 4万5000 売り 2万6000
     
ユーロ  今週 買い 26万2000 売り 8万1000
      先週 買い 24万2000 売り 8万4000
      先々週 買い 20万4000 売り 7万9000
      先先々週 買い 19万4000 売り 8万3000

豪ドル  今週 買い 4万5000 売り 4万6000
      先週 買い 4万2000 売り 4万7000
      先々週 買い 4万1000 売り 4万1000
      先先々週 買い 4万5000 売り 4万1000
      
ポンド  今週 買い 4万5000 売り 6万0000
      先週 買い 3万9000 売り 6万4000
      先々週 買い 4万6000 売り 6万1000
      先先々週 買い 4万3000 売り 5万6000


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

買い材料が出てきたので今週はリバウンド継続で

ロシアが世界初のコロナワクチン接種を10月に開始する予定
なんだとか。
でもね、これたぶんうまくいかないんですよ。
米英がそんなの許さないと思う。スパイを潜入させているだろうし。

さて米の100兆円追加経済対策ですが、先週末早ければ数日中
に合意できるだろうと言っていましたので、今週末くらいに合意と
なるのではないかと思います。
コロナ対策なので、合意せざるを得ないですし。

ユーロドルの上昇もテクニカル的に区切りの良いところまでいった
ので、ドルの全面買い戻しが発生しています。

今週はリバウンド上昇が継続しそうですが、来週からまた厳しい
状況となると思います。

今週は雇用統計がありますが、最近の雇用統計はいまいち読め
ないんですよね。新規失業保険件数も増えてますし、悪い結果に
なりそうな気がするのですが…。

今週の目玉としては、バイデン候補が副大統領候補を発表する
というのがあります。

未だに選挙ではトランプが勝つ。メディアがトランプを負けさせよう
としているだけという方々がいるのですが、メディアの力は大きい
ですよ。

そしてバイデン候補は、副大統領に黒人の女性を指名する予定
です。

黒人なのは最近の人種差別問題があるからでしょう。そして史上初
の女性副大統領というのも大きいと思います。

人種差別を無くそう、男女差別を無くそう、をテーマに戦えば、
トランプは負けると私は予想しています。

ウォール街はバイデン氏の増税を嫌っているようですが。

バイデン氏のしゃべれない問題も、格闘で言えば相手の間合いで
戦わないというか、相手の得意分野で戦わないというか、徹底して
トランプに付き合わない戦略をとれば、問題なさそう。

さて相場ですが、ドル円はう~ん…最近この形のチャートになると
想定外に上昇するんですよね。

リバウンド上昇の天井は、日足一目均衡表の雲下限の107円54銭
まで想定しておいた方が良さそう。

106円70銭までで終わってしまう可能性もありますが…。

コロナはもうみなさん感染しないように気をつけましょうとしか言い
ようがない。
タイムラグがあるからアレだけど、景気は必ずこれから悪化の一途
をたどると思います。

日銀7月株購入額:6000億円(2020年 残り6兆7000億円)

米国2年債利回り : 0.11%
米国10年債利回り : 0.55%

日本国債利回り : 0.01%
ドイツ国債利回り : マイナス0.52%

原油 : 40ドル
ゴールド : 1970ドル
ビットコイン : 118万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円    今週 買い 6万2000 売り 3万4000
      先週 買い 5万0000 売り 3万1000
      先々週 買い 4万5000 売り 2万6000
      先先々週 買い 4万4000 売り 2万7000
     
ユーロ  今週 買い 24万2000 売り 8万4000
      先週 買い 20万4000 売り 7万9000
      先々週 買い 19万4000 売り 8万3000
      先先々週 買い 18万5000 売り 8万1000

豪ドル  今週 買い 4万2000 売り 4万7000
      先週 買い 4万1000 売り 4万1000
      先々週 買い 4万5000 売り 4万1000
      先先々週 買い 4万4000 売り 4万5000
      
ポンド  今週 買い 3万9000 売り 6万4000
      先週 買い 4万6000 売り 6万1000
      先々週 買い 4万3000 売り 5万6000
      先先々週 買い 3万9000 売り 5万6000


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

中国の円買いの噂も

105円のオプション防戦買い部隊と激しくやり合っていた感じでした
が、とうとう104円台に入ってしまいました。

中国が米制裁でいよいよ危ないと、中国の富裕層が資金を移して
いるという噂もあります。

米制裁でドルが使えなくなると困るので、円とユーロに換えている
んだとか。

中国国内でもドル決済をやめ、人民元決済のシステムに移行す
べき論も出ているようです。

ドル円は104円台に入りましたが、とりあえず短期的には売られ
過ぎなので、FOMC通過後は悪材料出尽くしでいったん小さい
リバウンドになりそうな気がします。

ただ米中の問題は根が深く、8月中旬に米韓軍事演習を行う
ことが今日報道されましたが、その辺で何かあるかもしれません。

私は最悪101円どころか96円まで最終的に円高が進んでもおかし
くはないと思っています。

ドル安が進めば、大統領選に向けて輸出企業の支持が得られ
ますしね。

さて、コロナは徐々に拡大中ですね。
とうとう岩手県でも感染者が出たとか。
そんな中アベノマスクを追加で配布することが発表され、もはや
狂気の沙汰としか思えないんだとか。

でも既に発注して製造してしまっているんならしょうがない。
契約だから、やっぱりいらないから金返せとは言えないですから。

さて、今晩はFOMCですか。現状維持のようなきがするけどなぁ…。


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

8月の円高アノマリー

8月というのは円高に動くことが多いです。

若干フライング気味ですが、投機マネーは円買いドル売り攻勢を
仕掛けてきたような感じです。

だいたい8月9月と下がって、9月が底になることが多いんですよね。
9月に底を打って、クリスマスに向けて上昇というか。

ずいぶん長いこと保ち合いを形成した関係上、下に動くとなると、
予想以上に深い谷に落ちていく可能性があります。

もし2番底を形成しに行くのであれば、前回の安値101円が
めどになるのかな。

いやもうね、コロナで大変ですよね。
4月5月は電車がらがらでしたけど、今は満員電車ですから感染
拡大しますよね。

重症者が増えてないから大丈夫と言う人がいますが、重症者って
集中治療室で人工呼吸器を付けないとならない人ですからね。

37.5度の熱がちょっと出ただけの人も軽症、40度の熱が1週間
続いても軽症となる区分けがそもそもおかしい。

医療がひっ迫していないも政治家が根本的にわかっていない。
病院内で医者が感染すると病院自体が閉鎖になるんですよね。
消毒しないといけないので。

自宅近くの病院ってあそこしかないんだけど?という人も多くいて、
あっちこっち病院が閉鎖になるとコロナ以外の病気の人が大変
なのだ。

とりあえず来週ですが、FOMCがあります。
特に変更ないと思いますが…イールドカーブコントロールを導入
するかどうかくらいかな。それともまた無制限緩和に戻すか。
マイナス金利はやらないと思います。

なんにしても警戒感からドルが売られやすい状況になります。
追加の1兆ドルの景気対策ですが、下院の民主党が難色を示した
ことで難航しそう。

トランプ 対 中国の対決も9月に向けて更に過激になっていくと
思います。

そんなこともあり、8月9月は株も含めていったん調整下落になる
のではないですかね。

そういえば、中国のダムは大丈夫だったのかな?

来週のドル円ですが、上値のめどは106円90銭までは上昇しそう
ですが、107円超えて行くのは厳しそうな状況です。

下値のめどは105円30銭になると思います。

ユーロドルだけは明確なドル売りユーロ買い材料が出てきた関係
で、投機マネーのドル売りユーロ買いがまだ続きそうです。

そのためクロス円はユーロ円とポンド円だけは上昇するかもしれ
ません。

とりあえず来週も全通貨に対するドル売りトレードが継続されるの
ではないかと思います。


米国2年債利回り : 0.15%
米国10年債利回り : 0.59%

日本国債利回り : 0.00%
ドイツ国債利回り : マイナス0.45%

原油 : 41ドル
ゴールド : 1900ドル
ビットコイン : 102万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円    今週 買い 5万0000 売り 3万1000
      先週 買い 4万5000 売り 2万6000
      先々週 買い 4万4000 売り 2万7000
      先先々週 買い 5万0000 売り 2万3000
     
ユーロ  今週 買い 20万4000 売り 7万9000
      先週 買い 19万4000 売り 8万3000
      先々週 買い 18万5000 売り 8万1000
      先先々週 買い 19万0000 売り 7万2000

豪ドル  今週 買い 4万1000 売り 4万1000
      先週 買い 4万5000 売り 4万1000
      先々週 買い 4万4000 売り 4万5000
      先先々週 買い 3万5000 売り 4万0000
      
ポンド  今週 買い 4万6000 売り 6万1000
      先週 買い 4万3000 売り 5万6000
      先々週 買い 3万9000 売り 5万6000
      先先々週 買い 2万9000 売り 4万8000


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

今週も動きなし

世の中は激しく動いてますが、相場は動き無し。

トランプ大統領は、対中制裁に本腰入れ始めています。
中国と有事になれば、トランプ大統領有利になります。

言い方悪いけど、中国との有事の際に、あんなボケた老人
で戦えるのか?となりますので。

おそらく9月をターゲットに中国を怒らせるようなことを
やってくると思います。

ただ、黒人差別問題もあるし、今回の大統領選は読めない
ですね。

日本は安倍総理を最近見かけませんね。
まあ、例の裁判も始まったし、政治に集中できる環境では
ないしね。

コロナはまあこれだけ人出を増やしているのですから、そりゃ
感染者増えますよね。
実はオーストラリアも自粛解除後に感染者が増えています。

ただ、4月5月は銀行からの融資で乗り切った企業も再度
緊急事態宣言出されるとバタバタと潰れていく可能性があり、
そう簡単には出せないんでしょう。

コロナはどうしたら良いんだろうねえ…。

ただ、コロナで分かったことは結局危機になると金融緩和しろ、
現金配れとなることが判明したので、長期的にはお金の価値
が下がり、物の価値が上がっていくことになりそうです。
実物資産にある程度資産分配しておいた方が良いと思います。

来週なんですが、これと言ってイベントがない。
テクニカル的にもトレンドが全く無い。

ということで、全く予想がつきません。
まあ、引き続きレンジ相場?としか。
ドル円は、106円50銭~107円50銭のレンジと思って売買するしか
ないのではないですかね。

あえて言えば、ユーロだけはコロナ基金ネタで買われていますか。
それもいつ材料出尽くしになるか…。

株に関しては、これから酷い決算が出てくることが予想される中で
も買われています。
景気が悪くなろうと、企業決算が酷かろうと、金余りだから上昇だ
と言うのであれば、もうわからない。
某投資家が言うように、おかしいと思ってもダンスの音楽がやむ
までは踊り続けるしかないという状況でしょうか。


米国2年債利回り : 0.15%
米国10年債利回り : 0.63%

日本国債利回り : 0.00%
ドイツ国債利回り : マイナス0.45%

原油 : 40ドル
ゴールド : 1808ドル
ビットコイン : 98万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円    今週 買い 4万5000 売り 2万6000
      先週 買い 4万4000 売り 2万7000
      先々週 買い 5万0000 売り 2万3000
      先先々週 買い 4万3000 売り 2万1000
     
ユーロ  今週 買い 19万4000 売り 8万3000
      先週 買い 18万5000 売り 8万1000
      先々週 買い 19万0000 売り 7万2000
      先先々週 買い 18万7000 売り 6万9000

豪ドル  今週 買い 4万5000 売り 4万1000
      先週 買い 4万4000 売り 4万5000
      先々週 買い 3万5000 売り 4万0000
      先先々週 買い 3万1000 売り 3万8000
      
ポンド  今週 買い 4万3000 売り 5万6000
      先週 買い 3万9000 売り 5万6000
      先々週 買い 2万9000 売り 4万8000
      先先々週 買い 2万9000 売り 4万5000


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

コロナはただの風邪ではないと思う

先週くらいから体調が悪く、今日やっと少し良くなりました。
東京都内には行かない方が良いと思うよ。

コロナは東京を中心に再度感染拡大しています。
これはかなり絶望的な状況です。

多くの人や日本政府も期待したインフルエンザのように夏に
なれば感染が収束するという季節性がコロナにはなかった
ということになります。

冬のみ感染拡大なのであれば、冬の間だけロックダウンすれ
ば良いですが、一年中感染拡大するのであれば、ロックダウン
できません。
一年中ロックダウンするわけにはいかないので。

ワクチンだって全員にいきわたるのは早くても2年後でしょう。
なので、これから2年間ずっと今日の感染者は何百名でした
みたいな状況が続くことになります。

都知事選でコロナはただの風邪だと言っている候補者もいま
したが、私が気になっているのはコロナ感染時の味覚・嗅覚の
異常で、どういう原理で食べても何の味もしなくなるのか解明
できていればよいですが、そこの部分は謎のままです。
味覚・嗅覚なのだから、神経か脳に何かしらの異常をきてして
いるものと思われ、コロナはただの風邪というのはおかしいと
思います。後々で後遺症が出なければ良いですが…。

検査数が増えているから感染者数が増加していて問題ないと
いうのも、んっ??と思いますね。いや感染者が増えているの
が問題なのでは…

何にしても、キャッシュレス決済の値引きも終わり、なぜかスーパー
では袋代を毎回取られ、会社員の給料やボーナス減額もこれから
増えることになり、景気が良くなる要素は一つもありません。

そして米大統領選まで残り4カ月。
確か来週にトランプ大統領の親戚が、トランプは人格破綻者だという
暴露本を出版するんじゃなかったかな?
対してバイデン候補は認知症の疑いがあります。
人格破綻者か?認知症か?という選択で、どっちもどっちという話です。

現在の支持率はバイデン氏圧勝ですが、これはトランプにうんざりと
いう人が増えてきているためで、まだ何かのきっかけでひっくり返る
可能性があります。
バイデン氏は副大統領として誰を置くかがポイントになりそう。

さて相場ですが、バフェットさんも今年後半の相場については予想が
つかないと言ってましたが、専門家の方々も今年後半の相場について
は全く予想がつかないようです。
投機筋も予測不能と考えていると思います。

そういう時はテクニカルで見るしかないわけですが、テクニカル的には
ドル円もクロス円も下落注意という状況です。

一応水曜日に日銀会合があるので、それまでは期待感から底堅い動き
になりそうですが、週後半105円台に向けて下落する可能性がありそう。

株もこれから4~6月期の決算発表がありますので、通常は警戒感から
下がりやすい時期です。

来週のドル円ですが、下値のめどは105円80銭近辺かな?
105円台は結構堅そう。上値は107円80銭以上は相当重いと思います。

余談ですが、7月20日近辺で大地震があるかもという予測もあります
ので一応注意した方が良いでしょう。(非常食とか電池とか)
まあ、富士山噴火はさすがにないと思いますが…。


米国2年債利回り : 0.15%
米国10年債利回り : 0.64%

日本国債利回り : 0.00%
ドイツ国債利回り : マイナス0.47%

原油 : 40ドル
ゴールド : 1797ドル
ビットコイン : 99万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円    今週 買い 4万4000 売り 2万7000
      先週 買い 5万0000 売り 2万3000
      先々週 買い 4万3000 売り 2万1000
      先先々週 買い 4万8000 売り 3万1000
     
ユーロ  今週 買い 18万5000 売り 8万1000
      先週 買い 19万0000 売り 7万2000
      先々週 買い 18万7000 売り 6万9000
      先先々週 買い 18万4000 売り 8万9000

豪ドル  今週 買い 4万4000 売り 4万5000
      先週 買い 3万5000 売り 4万0000
      先々週 買い 3万1000 売り 3万8000
      先先々週 買い 2万9000 売り 6万6000
      
ポンド  今週 買い 3万9000 売り 5万6000
      先週 買い 2万9000 売り 4万8000
      先々週 買い 2万9000 売り 4万5000
      先先々週 買い 2万8000 売り 5万2000


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

日経平均2万円のプットオプションが売れているそうだが…

香港は大変な状況になってきましたね。
まあ、もういいんでしょ。中国としてはトランプ大統領は負けそう
だしって考えているんじゃないですかね。

日経平均は2万円で売る権利のオプションが大量に買われて
いるという話もあります。

日経平均が2万円以下になれば儲かるし、ならなければ
オプション買った料金をドブに捨てることになるし。

通貨先物投機ポジションも円は買いが多いし、どうも投機マネーは
円高株安に持っていきたがっているようなんですよね。

そこで我らが日銀の株買いですが、

1月 4200億円
2月 5600億円
3月 1兆5000億円
4月 1兆2000億円
5月 4200億円
6月 6000億円

合計 4兆7000億円 2020年に買える残金 7兆3000億円

となっています。むむっ、黒田さん!まだまだ買えますね。
残弾は60%といったところか。

とはいえ冬の第二波に備えてある程度残弾は残しておきたい
ところでしょう。

問題は東京都の財政で、お金がもう無いようで。
つまり次は救済金を出せないという問題が。

何にしてもドル円相場は明日の雇用統計が分岐点になりそう
ですね。
なんか昨日今日の動きを見るに、また情報が漏れていて、
かなり良い結果なのかな?とも思いますが。


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

リスク回避の円安とか言われると予測が…

いや~わかんないですね。株安に伴うリスクオフの円安とか
言われだすと、もう予想のしようがない。

今週末は、米株下落、為替は円安で終えたわけですが、
6月末なので、月末期末に伴う実需のドル買いが出ただけ
では?という気もします。

ドル円は非常に微妙なチャートで、なんともいいようがない。

米国ではコロナ感染が広がっています。
日本も今くらいの気温なら良いですが、暑くなると閉め切って
冷房付けざるをえないので、8月は少し感染が広がるかも
しれないですね。

ワクチン開発は進んでいて、ワクチンを作るところまでは
進んでいる企業が多くなってきています。

しかし問題はここからで、どうやってそのワクチンに効果が
あることを証明するのか?が難しい。

ワクチンを接種した人がコロナに感染しないことを証明し
なければならず、どうしても人体実験的な話になってしまい
そうです。世間的には治験と言いますが。

話変わって米中問題は更に悪化しています。
中国も米国から買うことになっていた大豆をブラジルから
大量購入しており、トランプ大統領はかなりお怒りです。

トランプ大統領の支持率は更に悪化し、何か逆転の秘策
が無いと、勝ち目は薄いのではないですかね。

来週ですが、金曜は米市場がお休みの関係上、雇用統計
が木曜日に発表されます。
前回は驚愕の奇跡的な雇用統計でした。
そのため、今回は事前予想でプラス300万人となっています。

いやいや、さすがにポジティブ過ぎるような…。
今回の雇用統計は予想より悪そうな気がします。

そんなこんなで来週ですが、107円50銭くらいまで上昇する
局面はあると思いますが、107円80銭より上は相当重そう。

下値は106円20銭が堅そうです。

トレンドがないと難しいですね。雇用統計はあまり期待しない
方が良いかと…。


米国2年債利回り : 0.17%
米国10年債利回り : 0.64%

日本国債利回り : 0.00%
ドイツ国債利回り : マイナス0.48%

原油 : 38ドル
ゴールド : 1770ドル
ビットコイン : 98万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円    今週 買い 5万0000 売り 2万3000
      先週 買い 4万3000 売り 2万1000
      先々週 買い 4万8000 売り 3万1000
      先先々週 買い 6万1000 売り 2万9000
     
ユーロ  今週 買い 19万0000 売り 7万2000
      先週 買い 18万7000 売り 6万9000
      先々週 買い 18万4000 売り 8万9000
      先先々週 買い 17万4000 売り 9万3000

豪ドル  今週 買い 3万5000 売り 4万0000
      先週 買い 3万1000 売り 3万8000
      先々週 買い 2万9000 売り 6万6000
      先先々週 買い 2万6000 売り 6万7000
      
ポンド  今週 買い 2万9000 売り 4万8000
      先週 買い 2万9000 売り 4万5000
      先々週 買い 2万8000 売り 5万2000
      先先々週 買い 2万6000 売り 6万3000


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

kentaroblog

  • ライブドアブログ