ケンタローの為替相場ニュース

FXでのトレード日記です。

日米首脳会談を通過すれば…

北朝鮮にはあれだけ言って何もしないのに、シリアでは軍事攻撃を実施。

なので、そういうことなんですよ。
アジアでは戦争はしない。アジア経済を壊すと、世界経済全体に悪影響が及びますから。
でも中東なら、まあいいかな…というのが、米政権の考え方。
中東問題の本番は5月だと思いますし、今はプロローグみたいなもんなので、気にしなくて良いと思います。

今週は本日、日中の外相会談で経済対話が行われています。
そして明日、明後日と日米首脳会談。また安倍総理とトランプ氏でゴルフ会談するそうです。

何もないとは思いますが、相手があのトランプ氏だけに、何をツイッターでつぶやきだすかわかったもんじゃありません。

なので、今週は火曜水曜は調整下落注意かと思います。

日米首脳会談を通過すれば、アク抜け感から再上昇すると思います。
なお、金曜はG20財務相会合が行われます。

今週は基本的には火曜水曜と調整下落があって、木曜金曜と上昇するようなイメージだと思っています。

ドル円の下値の目途は、106円88銭と思いますが、勢いがつけば106円56銭くらいまで下落するかもしれません。106円50銭を割ることはなさそうな感じ。
ユーロ円だと、131円68銭あたりですか。

ただ、基本的に今週来週くらいまではリバウンド上昇トレンドだと思いますので、108円45銭あたりを目指すものと思っています。

私メジャーリーグをよく見るのですが、米国では異常気象が起きています。
この時期に異常な寒さ。マリナーズのイチローが、気温マイナス1度って野球やる気温じゃないって先日言ってましたけど、とにかく寒い。大谷先発試合も、雪が降って中止。

15年くらいメジャーリーグ見てますけど、4月に雪が降って試合中止なんて前代未聞です。

異常な寒さにより、5月に発表される4月分の経済指標は悪化が懸念されます。
特に雇用統計はただでさえ5月の指標は毎年なぜか悪いのに。

今年もセルインメイですかね。


米国債利回り : 2.86%
日本国債利回り : 0.03%
ドイツ国債利回り : 0.54%

原油 : 66ドル
ゴールド : 1342ドル
ビットコイン : 88万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円   今週 買い 4万9000 売り 4万7000
     先週 買い 4万8000 売り 4万4000
     先々週 買い 5万6000 売り 6万0000
     先先々週 買い 4万7000 売り 6万9000

ユーロ  今週 買い 23万6000 売り 8万8000
      先週 買い 22万1000 売り 8万6000
      先々週 買い 23万4000 売り 9万3000
      先先々週 買い 21万9000 売り 8万6000

豪ドル  今週 買い 3万8000 売り 4万1000
      先週 買い 4万6000 売り 4万6000
      先々週 買い 5万1000 売り 4万2000
      先先々週 買い 5万3000 売り 3万5000

ポンド  今週 買い 9万5000 売り 5万2000
      先週 買い 8万6000 売り 4万6000
      先々週 買い 9万0000 売り 5万6000
      先先々週 買い 7万1000 売り 4万7000


投機ポジションはあまり変化ありません。原油が中東懸念で買われているくらいですかね


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

基本的に上方向を目指すと予想します

雇用統計あまり良くなかったですね。別に最近の経済指標悪くはなかったんだけどな…。

さてここからは外交祭りという状態です。

日米首脳会談は、4月17日で調整中。
北朝鮮と韓国の南北首脳会談は、4月27日で調整中。
日中韓首脳会談は、5月9日で調整中。
米朝首脳会談は、5月末で調整中。

なお北朝鮮がブツブツ言っていた米韓軍事演習は、4月1日よりひっそりと行われています。

北朝鮮と韓国が和解の方向に進めば、これは歴史に残る出来事となります。

今の雰囲気からすると、どっちかというと以前言われていた北朝鮮への軍事オプションなどではなく、北朝鮮問題解決の方向に進んでいるように感じます。

北朝鮮リスクが無くなることへの期待感から、私は4月に関しては基本的に上方向を目指すと思います。
北朝鮮リスクが無くなり、純粋に企業決算などが評価されることになるんじゃないかと思います。

為替に関しては、うまくいけば109円台後半まで上昇するかと思います。少なくとも、108円45銭あたりまでは上昇する局面があると思います。

米中貿易戦争に関しては、トランプ大統領の行動が予測不能なのでなんとも言えませんが、米経済を悪化させるようなことはしないはずです。

来週はFOMC議事録くらいしかイベントがありませんが、フェイスブックのCEOが、かわいそうにトランプ騒動に巻き込まれ、議会証言を行う予定です。
これが火曜水曜とありますが、一応警戒感から火曜日は売りが入るかもしれません。

月曜は雇用統計余波でやや下落、火曜日にフェイスブック警戒から下落し、水曜木曜金曜は上昇ではないかと思います。
ちょうど一目均衡表の雲の抵抗帯が真上にあり、いったん力を溜めないと上昇できないところにいますから。
下値のめどは、106円13銭です。


米国債利回り : 2.77%
日本国債利回り : 0.04%
ドイツ国債利回り : 0.49%

原油 : 61ドル
ゴールド : 1333ドル
ビットコイン : 72万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円   今週 買い 4万8000 売り 4万4000
     先週 買い 5万6000 売り 6万0000
     先々週 買い 4万7000 売り 6万9000
     先先々週 買い 4万4000 売り 12万3000

ユーロ  今週 買い 22万1000 売り 8万6000
      先週 買い 23万4000 売り 9万3000
      先々週 買い 21万9000 売り 8万6000
      先先々週 買い 23万9000 売り 9万3000

豪ドル  今週 買い 4万6000 売り 4万6000
      先週 買い 5万1000 売り 4万2000
      先々週 買い 5万3000 売り 3万5000
      先先々週 買い 3万8000 売り 3万9000

ポンド  今週 買い 8万6000 売り 4万6000
      先週 買い 9万0000 売り 5万6000
      先々週 買い 7万1000 売り 4万7000
      先先々週 買い 6万7000 売り 5万9000


円のポジションは、とうとう円買いの方が多くなり、溜まっていた円売りポジションはほぼ解消されました。


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

4月は上昇トレンドに

ちょっと体調不良で更新できていませんが、基本的にドル円はまず108円台を目指すと思います。
輸出企業の想定為替レートが109円台後半なので、110円を超えるのは容易ではありませんが。

4月27日に北朝鮮と韓国の首脳会談が予定されていますが、ここに向けて北朝鮮リスク後退みたいな感じで、株も為替も上昇するんじゃないかと思います。

5月はまた中東リスクやら、米中対立やらでいろいろありそうですが。

明日は雇用統計ですが、最近の経済指標は悪くありませんので、悪い結果は出てこないと思います。
しかも事前予想はプラス18万人と低めに設定されており、予想を上回ったと上げる気満々という感じです。


米国債利回り : 2.83%
日本国債利回り : 0.03%
ドイツ国債利回り : 0.52%

原油 : 63ドル
ゴールド : 1323ドル
ビットコイン : 73万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円   今週 買い 5万6000 売り 6万0000
     先週 買い 4万7000 売り 6万9000
     先々週 買い 4万4000 売り 12万3000
     先先々週 買い 5万0000 売り 13万6000

ユーロ  今週 買い 23万4000 売り 9万3000
      先週 買い 21万9000 売り 8万6000
      先々週 買い 23万9000 売り 9万3000
      先先々週 買い 22万7000 売り 9万4000

豪ドル  今週 買い 5万1000 売り 4万2000
      先週 買い 5万3000 売り 3万5000
      先々週 買い 3万8000 売り 3万9000
      先先々週 買い 4万7000 売り 4万4000

ポンド  今週 買い 9万000 売り 5万6000
      先週 買い 7万1000 売り 4万7000
      先々週 買い 6万7000 売り 5万9000
      先先々週 買い 6万1000 売り 5万6000


円のポジションは、ほぼ売り買い同数になりました。


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

あれ?

先週末104円台でクローズしたので、こりゃもうダメかなと思っていたら、そこからスルスルと上昇を続け、なんか底を打ったような形になりました。

森友問題も結局は安倍総理が辞任するようなことにはならなそうとか、米中貿易問題もトランプ氏は最初ああ言っていたものの、結局はそこまで酷いことにはならなそうとか、悲観し過ぎの揺り戻しみたいな形になっています。

それにしてもNYダウ600ドル高とか、日経600円高とか良く相場が動くこと動くこと。

先週あの雰囲気だったのに、まさかの今年も桜の開花と共に相場が上昇していく形になるかもしれなくなってきました。


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

ドル円は101円を目指す可能性が高まる

FOMCは予想通り利上げ。今年はあと2回の利上げを想定しているようです。
内容的には別にドル安という内容ではありませんでしたが、むしろ買い材料出尽くしとなり下落となりました。
流れ的にはとにかく今は円高にという流れとなってしまい、買い材料が出ても一時的なリバウンドとなってしまっています。

105円の防衛ラインで結構頑張っていたようですが、下抜けて104円台でクローズとなりました。
となると、104円台で下げ止まる可能性は低く、少なくとも103円台、おそらく101円台まで下落する可能性が高くなってきています。
日経平均株価も2万円割れの可能性が高くなってきました。

トランプさんが貿易戦争だといきまいております。

とはいえですよ、トランプ政権が支持されている理由に株高があります。
株安が継続するようなことを長く続けられるはずがなく、いずれ流れが逆流すると思われます。
ただ、まだその兆しが見えず…。

日本も森友問題ですし、麻生さんは辞任しそうですし。

通貨先物市場では、円売りポジションが激減しています。
円売りポジションの残り具合からすると、もう一押しという状況です。
103円か101円を想定しておく必要が出てきています。

来週はいったんは103円台まで下がれば、リバウンドの動きとなると思いますが、一度下抜けてしまっているため、今度は105円が強い上値抵抗ラインとなりそうです。

日銀としてもここでデフレに逆戻りだと、今までやってきたことが全て無駄になってしまうので、何か考えているとは思いますが…。

しかし、トランプさんの暴れっぷりには困りましたね。

来週はイベントもこれといって今の流れを変えられそうなものはなく、いったん103円台に下がった後にリバウンドして104円台でクローズするような動きになるのではないかと思います。


米国債利回り : 2.81%
日本国債利回り : 0.01%
ドイツ国債利回り : 0.52%

原油 : 65ドル
ゴールド : 1347ドル
ビットコイン : 95万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円   今週 買い 4万7000 売り 6万9000
     先週 買い 4万4000 売り 12万3000
     先々週 買い 5万0000 売り 13万6000
     先先々週 買い 4万4000 売り 14万1000

ユーロ  今週 買い 21万9000 売り 8万6000
      先週 買い 23万9000 売り 9万3000
      先々週 買い 22万7000 売り 9万4000
      先先々週 買い 23万8000 売り 10万0000

豪ドル  今週 買い 5万3000 売り 3万5000
      先週 買い 3万8000 売り 3万9000
      先々週 買い 4万7000 売り 4万4000
      先先々週 買い 4万7000 売り 3万7000

ポンド  今週 買い 7万1000 売り 4万7000
      先週 買い 6万7000 売り 5万9000
      先々週 買い 6万1000 売り 5万6000
      先先々週 買い 6万2000 売り 5万0000


円売りは激減しました。残り具合から見ると、もう一押しというところ。
ユーロも徐々にロングが減ってきています。


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

まだどっちに転ぶかわからない

う~~~ん。難しいところですね。

いよいよ韓国でのオリンピックが終わりました。
北朝鮮騒動も本格化していくものと思います。

まず3月中旬の輸出企業の円買いは、だいたいいつも3月20日過ぎると沈静化していきます。

先週はティラーソン国務長官が辞任しました。この人は北朝鮮との対話の方向で頑張ってくれていたのですが、次の人は対中国、対北朝鮮強硬派です。
このタイミングで国務長官を交代というのはどういう意図なのか測りかねます。

それから現在G20が行われています。火曜日まで。

それが終わるとFOMCです。今回はパウエル新議長の記者会見がありますので、何を語るのか注目が集まっています。

とりあえずFOMCまでは相場も動きようがないのではないかと思います。

FOMCでは利上げすると思います。利上げは織り込み済みで、どっちかというとパウエルさんの記者会見の方に注目が集まると思います。

テクニカル的にも微妙なところで、底割れするとドル円103円台も考えられますが、上昇できれば108円30銭を目指すことになりそうです。

今週に関しては、正直なところなんとも言えない。
パウエルさん次第のところがあります。

4月上旬に安倍トランプ首脳会談が予定されています。少なくともそれまでは北朝鮮情勢に関しては何もしないと思います。
米朝会談の方に動いていましたので、4月は相場が持ち直すと思っていたのですが、なにぶんトランプ政権の動きが読めない。
とりあえず今は、北朝鮮に拘束されている米国人3人の解放に向けて交渉中。

森友問題は…マスコミにまかせましょう。あれはもう何が何だか良くわからなくなってきています。

今週は様子見で。
とりあえずFOMCの結果を見てみないことには予想がつきません。


米国債利回り : 2.86%
日本国債利回り : 0.03%
ドイツ国債利回り : 0.59%

原油 : 62ドル
ゴールド : 1323ドル
ビットコイン : 96万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円   今週 買い 4万4000 売り 12万3000
     先週 買い 5万0000 売り 13万6000
     先々週 買い 4万4000 売り 14万1000
     先先々週 買い 4万5000 売り 15万3000

ユーロ  今週 買い 23万9000 売り 9万3000
      先週 買い 22万7000 売り 9万4000
      先々週 買い 23万8000 売り 10万0000
      先先々週 買い 22万9000 売り 10万3000

豪ドル  今週 買い 3万8000 売り 3万9000
      先週 買い 4万7000 売り 4万4000
      先々週 買い 4万7000 売り 3万7000
      先先々週 買い 4万7000 売り 3万5000

ポンド  今週 買い 6万7000 売り 5万9000
      先週 買い 6万1000 売り 5万6000
      先々週 買い 6万2000 売り 5万0000
      先先々週 買い 5万7000 売り 5万0000


ヘッジファンドさん達がロスカットに動いているのか、だいぶ円売りが減ってきました。
ユーロロングは、統計史上最高レベルのポジションが積み上がったままですね。


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

来週はもみ合い、押し合い

雇用統計良かったですね。特に製造業が良い。
やはりドル安効果が米製造業界に好影響を与えているようです。

日銀会合は、黒田さんが当たり障りのないことしか言わなかったので、特に材料視されませんでした。

来週ですが、特にこれといってイベントはありません。
火曜日の米消費者物価指数くらい。
原油の上昇も落ち着いていますし、消費者物価指数は無難な結果が出てくるだけだと思います。

週末の17日土曜日からG20会合が予定されており、トランプ関税問題がそこで取り上げられる予定です。

また、テクニカル的にも25日移動平均線近辺までリバウンドしてきており、上値が重くなるものと思います。

あとは毎年3月15日近辺は米国債の利払い円転やら、輸出企業の期末決算に伴う円買いやらが入りやすいです。

リバウンドはまだ続くと思いますが、徐々に上値が重くなってくるものと思います。

ドル円ですが、来週はうまくいけば107円86銭まで上昇する可能性があるものの、基本的に107円30銭あたりで戻りを売られるものと思います。

下値では、105円90銭あたりでは実需の買いが入ると思います。

クロス円も同じような状況で、ユーロ円は132円13銭あたりで上値が重くなるものと思います。

ドルインデックスを見ると、
https://jp.investing.com/quotes/us-dollar-index

日足のチャートでは底打ちして、トレンド転換しているように見えます。
そのため、ユーロドルは徐々にトップアウトして下落することになると思います。
おそらくトランプ関税問題で、米国とEUの関係がこじれ、EU経済への懸念みたいなネタでユーロが売られる局面が今後やってくるんじゃないかと。

桜の咲く季節は、相場が上昇することが多く、4月は相場が持ち直すんじゃないかと思います。
最大の懸念が4月の北朝鮮問題だったんですが、ここにきて北朝鮮と韓国が首脳会談する方向ですし、米朝も首脳会談の方向で動いています。軍事オプションの懸念は後退してきており、まあ、米朝会談後にトランプさんがまた、アイツと話しても全く話にならなかったとか言い出す可能性はありますが、少なくとも米朝会談までは軍事オプションの懸念はなくなりました。

米国債利回り : 2.89%
日本国債利回り : 0.04%
ドイツ国債利回り : 0.64%

原油 : 62ドル
ゴールド : 1323ドル
ビットコイン : 96万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円   今週 買い 5万0000 売り 13万6000
     先週 買い 4万4000 売り 14万1000
     先々週 買い 4万5000 売り 15万3000
     先先々週 買い 4万2000 売り 15万7000

ユーロ  今週 買い 22万7000 売り 9万4000
      先週 買い 23万8000 売り 10万0000
      先々週 買い 22万9000 売り 10万3000
      先先々週 買い 23万0000 売り 10万3000

豪ドル  今週 買い 4万7000 売り 4万4000
      先週 買い 4万7000 売り 3万7000
      先々週 買い 4万7000 売り 3万5000
      先先々週 買い 4万9000 売り 4万0000

ポンド  今週 買い 6万1000 売り 5万6000
      先週 買い 6万2000 売り 5万0000
      先々週 買い 5万7000 売り 5万0000
      先先々週 買い 6万4000 売り 4万9000

ヘッジファンドさん達は、円買いドル売りに動いていますね。
日本株も外資が3000億円売る中で、個人投資家が3000億円買いました。

ヘッジファンド VS 個人投資家で正反対の動きになっています。


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

黒田さんの出口発言で円高進行

黒田さん的には、出口戦略を考えるにしても2019年度の話で、2018年度は無いよってことを言いたかったんだろうけどね、時期が悪い。出口というワードが出た途端、円高が進行。

そもそも出口って言ったって、たっぷり買っちゃった株はどうすんの?
まあ、徐々に購入額を減らしていきますという感じでしょうか。

でもなんか最近値上げが結構じわじわと来てますよ。うちの近くのクリーニング屋もガス代高騰が理由で値上げ。2%インフレと言われても、光熱費が高騰するだけでは…。
日本人全体の幸せを考えれば、円高にして値下げの方が良いのでしょうが。

なんにしても今週金曜の日銀会合が急に注目される事態になりました。
出口はNGワードに。黒田さんもかなり文句言われただろうから、慎重に言葉を選ぶと思いますが。

ドル円はテクニカル的には売りなものの、短期的に売られ過ぎという状態です。
特に105円はどうせオプション防戦買いとかあるだろうから、みんなが下を見て突っ込んでいると、意外に下がりそうで下がらなかったりします。

私は先週いったん売られ過ぎからリバウンドと思っていたのですが、逆に下がってしまいました。

相場っていつも不思議に思うのですが、みんな最初は円高はおかしいって言っていたはずが、いつの間にか、これからは円高だよにみんなの意見が切り替わるのです。
この切り替わった瞬間から少しした後がだいたいいつもリバウンドが起きるタイミングなので、そろそろリバウンド上昇を考えておいた方が良いと思うのですが…。

特に今週金曜は、日経はメジャーSQですよね。これまでと逆転売買が起きやすい環境でもあります。
以前も書きましたが、メジャーSQの週の水曜日は、相場が荒れる傾向が続いていますので、要注意。

ということでドル円が105円を割れると、堤防決壊という感じで急落する可能性はあるものの、今週は107円に向けてリバウンド上昇がありそうに思います。
下値のめどは105円30銭近辺でしょうか。

欧州はメルケル政権がやっと安定、イタリアの選挙は過半数取る政党がないので連立協議という感じです。

米国はトランプさんが貿易戦争だと騒いでいますね。
あの人はまったくもう…。

金曜の雇用統計は、プラス20万人予想となっています。予想より少し良いプラス22万人くらいかな?と思います。

北朝鮮情勢に関しては、依然としてトランプ政権が軍事オプションを検討しているという噂が絶えません。
国防省の北朝鮮担当者を交代したりしていることが要因ですが。

ただ、パラリンピックが3月18日まで行われていますので、仮に何かあるとしても3月18日以降だと思います。


米国債利回り : 2.84%
日本国債利回り : 0.03%
ドイツ国債利回り : 0.63%

原油 : 61ドル
ゴールド : 1324ドル
ビットコイン : 122万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円   今週 買い 4万4000 売り 14万1000
     先週 買い 4万5000 売り 15万3000
     先々週 買い 4万2000 売り 15万7000
     先先々週 買い 3万9000 売り 15万1000

ユーロ  今週 買い 23万8000 売り 10万0000
      先週 買い 22万9000 売り 10万3000
      先々週 買い 23万0000 売り 10万3000
      先先々週 買い 25万1000 売り 11万0000

豪ドル  今週 買い 4万7000 売り 3万7000
      先週 買い 4万7000 売り 3万5000
      先々週 買い 4万9000 売り 4万0000
      先先々週 買い 6万8000 売り 5万4000

ポンド  今週 買い 6万2000 売り 5万0000
      先週 買い 5万7000 売り 5万0000
      先々週 買い 6万4000 売り 4万9000
      先先々週 買い 8万1000 売り 5万3000

やっと徐々に円売りポジションが減ってきました。



お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

しばらく上値の重い相場が続く見通し

~追記 3/2 23:20~

う~ん、まずいですね。さすがにここで止めないと、ホントに101円へ下落コースに
なってしまいそう。

~追記ここまで~


2月上旬は、日本の個人投資家が過去最大規模に株を買ったようです。
それに対して、外国人投資家は数年ぶりの売り越し額を記録。
個人が買って、外資が売ると…みたいな心配はありますよね。

ただ、アナリストや経済評論家はいろいろ言うと思いますが、私はまだ株価は崩れないと思いますよ。
2020年には東京オリンピックと米大統領選があります。

2019年には日本は消費税増税しないといけません。
日銀の出口戦略騒いでいますが、2019年の消費税増税までは出口戦略なんて財務省が許すわけない。

2018年11月には米中間選挙があります。
仮に想定外の事態が起こったとしても、11月の中間選挙まではトランプ氏は株価を死守に動くと思います。

ただ、5月中旬に米大使館をエルサレムに移転するという話があり、中東での地政学リスクがあります。
4月は米韓軍事演習を結局どうするのか。その決定次第で北朝鮮リスク再発になります。
3月はおそらく輸出企業にとってもこのドル安が予想外だった可能性が高く、売り遅れていた分を、決算前ということで一気に売ってくる可能性があります。

4月の北朝鮮空爆があるかどうかですが、11月に中間選挙を控えていることを考えれば、トランプ氏にとってはやるなら最後のタイミングのような時で、まあ、やらないと思いますけど、絶対無いとは言えない。

韓国はどっちかというと北朝鮮との和解の方に動いてますね。安倍総理はそれが気に入らないようです。
日本政府にとっての脅威は、北朝鮮と韓国が仲良くなって、北朝鮮の核ミサイルに韓国サムスンの電子機器が搭載されることでしょうね。精度が格段に上がりそう。

ということなので、夏になるまでV字回復で上昇するようなイメージはわきません。
リバウンド上昇しても上値の重い状態が続くものと思います。
もしそれらを土台からひっくり返すとなれば、黒田総裁の黒田バズーカバージョン2とも言うべき日銀の米国債購入になりますね。
このままあと数年ずっと現状維持というわけにもいかないでしょうし。

ドルの長期金利は3%目前ですが、実際のところ過去の米国の好景気時には4%近くまでいっていたわけで、これを即株安要因とするのは大げさすぎです。
結局のところ長期金利が上昇することで、米住宅市場が悪化するかどうかです。

来週ですが、パウエル新議長の議会証言が27日と28日にあります。
まず市場はこれを待つような動きになるのではないかと思います。
そんな変なことは言わないと思いますが…。

パウエルさんが市場に安心感を与えれられれば、ちょうどここで2番底を形成して、いったん109円に向けて上昇していきそうに思います。
月足のチャートとか見ていると、なんか今年はどこかで101円まで下落しそうな感じですけどね。

週末はイタリアで総選挙があることもあり、ユーロは買い辛い週になります。

とりあえず来週は、106円45銭~107円70銭のレンジ相場からスタートし、パウエルさんが変なことを言わなければ、109円に向けて上昇するように予想します。
110円を超えることはしばらく無さそうに思えますが。


米国債利回り : 2.87%
日本国債利回り : 0.04%
ドイツ国債利回り : 0.65%

原油 : 63ドル
ゴールド : 1328ドル
ビットコイン : 106万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円   今週 買い 4万5000 売り 15万3000
     先週 買い 4万2000 売り 15万7000
     先々週 買い 3万9000 売り 15万1000
     先先々週 買い 4万7000 売り 16万2000

ユーロ  今週 買い 22万9000 売り 10万3000
      先週 買い 23万0000 売り 10万3000
      先々週 買い 25万1000 売り 11万0000
      先先々週 買い 25万8000 売り 10万9000

豪ドル  今週 買い 4万7000 売り 3万5000
      先週 買い 4万9000 売り 4万0000
      先々週 買い 6万8000 売り 5万4000
      先先々週 買い 6万3000 売り 5万0000

ポンド  今週 買い 5万7000 売り 5万0000
      先週 買い 6万4000 売り 4万9000
      先々週 買い 8万1000 売り 5万3000
      先先々週 買い 9万5000 売り 6万3000

ポジションに大きな変化はありません。



お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

やり過ぎちゃったのね…

そういえば忘れていました。
プログラム売買全盛期の最近の相場はそう「走り出したら止まらない」相場なんでした。
しかも、為替、株、債券、商品がそれぞれ別々の動きしますからね。まったくもう。

今週もイベントは特にありません。
FOMC議事録っていったって、イエレンさんの最後のFOMCの議事録なんて何もありはしない。

さすがにドル円105円台はやり過ぎで、いったんリバウンドです。
日本のマスコミは興味ないからやりませんが、イスラエルとイランの小競り合いも大事にならずに解決しそう。

それもあってか、原油価格が再び上昇。オイルマネーが戻ってきたようで、日本株も上昇。
あれっ、為替は!?というところですが、一応日本政府要人が口先介入を始めたこともあり、ちょっとだけ上昇。

でもさすがに売られ過ぎオーバーシュートということもあり、107円70銭まではリバウンド上昇すると思います。
ユーロ円も133円40銭くらいまでは。

それ以上の上昇には何かネタが欲しいですね。
日本の個人投資家のドル円ロングポジションがすごい積み上がっているという噂もあり、なかなか上値は重そうですが。

あとはトランプさんがなんかいろいろ言っているみたいですが(貿易赤字解消がどうとか)、まあいつものことなので。

それからここにきてビットコインがまた上昇してきていますね。
誰も見向きもしなくなったところで買い集めるヤカラがいるという。

今のところ今週は特に何もなさそうです。売られ過ぎ解消にじわじわと動くんじゃないかと思います。


米国債利回り : 2.87%
日本国債利回り : 0.05%
ドイツ国債利回り : 0.74%

原油 : 62ドル
ゴールド : 1347ドル
ビットコイン : 116万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円   今週 買い 4万2000 売り 15万7000
     先週 買い 3万9000 売り 15万1000
     先々週 買い 4万7000 売り 16万2000
     先先々週 買い 3万7000 売り 16万0000

ユーロ  今週 買い 23万0000 売り 10万3000
      先週 買い 25万1000 売り 11万0000
      先々週 買い 25万8000 売り 10万9000
      先先々週 買い 26万2000 売り 11万7000

豪ドル  今週 買い 4万9000 売り 4万0000
      先週 買い 6万8000 売り 5万4000
      先々週 買い 6万3000 売り 5万0000
      先先々週 買い 6万3000 売り 4万6000

ポンド  今週 買い 6万4000 売り 4万9000
      先週 買い 8万1000 売り 5万3000
      先々週 買い 9万5000 売り 6万3000
      先先々週 買い 9万9000 売り 6万6000

相変わらず円売りポジションは減りませんね。



お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

kentaroblog

  • ライブドアブログ