ケンタローの為替相場ニュース

FXでのトレード日記です。

そろそろ動きそう

まあ、書くことないわけですよ。ず~っと108円台でレンジ相場ですし。

ただ、チャート的にそろそろどちらかに抜けそうです。
ちょうど明日水曜日の午前6時頃英議会での採決結果が出ますので、また薄いオセアニア市場かよってタイミングで売り仕掛けが入る可能性もあります。

今日は買い手も売り手もポジションクローズに動いていて、どちらかというと売り手の買戻しの方が多かったようです。

英採決の結果は誰もわからない状態なのですが、事前に円高警戒警報が出されているし、売られ過ぎがまだ解消されていませんので、どちらかというと上がる方が可能性高そうに思います。

一目均衡表の転換線の位置が明日おそらく107円23銭あたりなので、採決結果によっては一瞬107円23銭まで下落した後で買い戻して109円に上昇みたいな感じかな??

紆余曲折あっても109円70銭に向かう可能性が高そうに思いますが…。

それにしても政府機関閉鎖の影響で一部経済指標は発表されないし、IMM通貨先物投機ポジションはどうなっているのかわからないし、これは困りましたね。


米国債利回り : 2.69%
日本国債利回り : 0.00%
ドイツ国債利回り : 0.20%

原油 : 51ドル
ゴールド : 1291ドル
ビットコイン : 39万円


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村



売られ過ぎのリバウンドへ

2019年相場は第1週目から激しい値動きになりましたが、最終的には金曜にNYダウ700ドル高でクローズしました。そのため日経平均先物も夜間取引で2万円台を回復しています。

急遽来週月曜火曜で米中の貿易交渉を行うことが決定しました。
そのため、来週月曜火曜はリバウンド上昇になると思います。ただ、ドル円の109円40銭や109円70銭は相当重くなりそうです。

基本的には1月2月はそこまで酷い相場にはならないと思っています。
来週の木曜日くらいから米企業の決算が発表されますし、今月下旬からは日本企業の決算も発表されます。
相場は景気後退局面入りを織り込んでいますが、実際に発表される決算内容はそこまで酷くはないと思います。

米政府機関閉鎖もずっと閉鎖しておくわけにもいかないので、いずれ何かしら合意して閉鎖解除になります。米中の貿易交渉も2月までに何かしら合意すると思います。その時市場は大きく好感すると思います。

まあ、3月4月は日米の貿易交渉やるでしょうし、トルコやイスラエルで選挙があって中東が危なそうだったり、英EU離脱が大詰めだったりするので、春はいろいろありそうですが…。

消費税増税も3月末に最終的な判断をすると発表がありました。

まだ懸念材料が解決したわけではないので、V字回復は難しいと思いますが、以前ウロウロした107円30銭~109円70銭近辺のレンジでのレンジ相場にしばし入るのではないかと思います。

来週のドル円相場は上値のめどは109円70銭、下値のめどは107円60銭で。

※IMM通貨先物投機ポジションは政府機関閉鎖の影響で発表されません。


米国債利回り : 2.67%
日本国債利回り : マイナス0.05%
ドイツ国債利回り : 0.20%

原油 : 48ドル
ゴールド : 1284ドル
ビットコイン : 41万円


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村






お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

いきなりクライマックス?

新年あけましておめでとうございます。

年末年始はおとなしい相場にして欲しいですよ。なんですか今日は…。
年始のNYが閉まった後のオセアニア市場で、市場参加者がほとんどいない薄い状況で突然の円急騰。
なんかアップルの業績下方修正が原因とか言われていますが、そんな理由で円が104円台までいくわけないでしょう。

まあ、チャートとしては綺麗なセリングクライマックスの形になりました。
次々にロスカットを誘発したような異常な動きでした。
日経平均先物はこの前急落しているので、そこまで下がっていません。それでも560円安ですが…。

株価と比較して為替はあまり下がっていなかった分、ここで一気にきたようです。

円売り投機ポジションもほとんど無くなったんじゃないかと思いますが、IMM通貨先物投機ポジションが発表されず!政府機関閉鎖の影響で、集計する人がいないそうです。政府機関閉鎖の影響がこんなところに出るとは思いませんでした。政府機関閉鎖が解除されるまでIMM通貨先物投機ポジションの発表はない見込みです。

とりあえず本日トランプ大統領が政府機関閉鎖解除に向けて話し合ったのですが、進展なし。早くして~。

あとはトランプ大統領いわく、今の株安は一時的なもので、米中貿易交渉が合意すれば、また株価は上昇するだろうとのことでした。こっちは2月までかかりそう。

あと最近のニュースとしては、トランプ大統領がシリアからの米軍撤退を指示、これに狂犬マティス国防長官が反対、だったらクビだとマティス国防長官が辞任、シリアから米軍に撤退されると困るイスラエルが、だったら火の海にして撤退できなくしてやるぜ、とシリアとイランにミサイル発射、シリアがミサイル迎撃、ロシアがイスラエルに次やったら大変なことになると警告、ということがどうも12月25日にあったようです。あのクリスマス暴落の原因はこれだったのかなあ。


とりあえず、落ち着くまでにもう一回下がりそうですが、輸出企業の想定為替レートが108円くらいで、それ以下だと実需の円買いは出てこないと思うので、いったん市場が落ち着くの待ちですかね。

幸か不幸か長期金利は急降下しましたので、金利上昇による米経済への悪影響は心配なくなりました。


米国債利回り : 2.63%
日本国債利回り : マイナス0.01%
ドイツ国債利回り : 0.18%

原油 : 46ドル
ゴールド : 1286ドル
ビットコイン : 40万円

日本国債はマイナス金利になってしまいましたよ。お金を払ってでも国債を買いたいという…。


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

上なのか?下なのか?

~追記 12/27 21:30~

それにしても日経1000円安とか、800円高とか、NYダウ史上最大の上昇とか、クリスマス休暇中に何をやっているんでしょうかね。

ウォールストリートジャーナル紙から、年明けから株価はリバウンド上昇する可能性が高いとの記事。

トランプ大統領から、株価は今が買いだ発言。

マスターカードから、この米年末商戦は前年比5%増との発表。

アマゾンからこの米年末商戦は過去最大の売り上げとの報告。

などなど一斉に株高アピールが始まりました。

~追記 ここまで~

~追記ここまで~


~追記 12/25 20:30~

ちょっと、ちょっと。今日は楽しいクリスマスですよ。日経平均1000円安って…。
誰だ、こんな日に売り仕掛けするやつは!

ただ、一番怖いのはダラダラと下がる相場で、下がるなら一気に下がった方が回復も早いです。

不安を煽る→買っている人が投げる→相場暴落→誰も買う気がしない→底を打つ

ですので。

~追記ここまで~


また暗いニュースが…。

先日ファーウェイの中国人がカナダで拘束されましたが、その報復として中国でカナダ人が3人拘束されました。
カナダ政府は解放を求めていますが。
やれやれ…。

今週は基本的に相場は動かないと思います。クリスマス休暇シーズンですので。
年末の株価は大事なため、年金に買わせたりしますが、ドル円は111円75円を超えるのも苦しそうです。
下値のめどは110円60銭になります。

年明けからの相場に関しては、見方が3つに分かれています。

・強気派

明らかな売られ過ぎなので、底打ち反転は近い。
高値更新とは行かないまでも、売られ過ぎが解消されるレベルまでは年明けくらいから上昇するシナリオ。

・中立派

いずれ反転すると思うが、まだしばらく底は打たない。
もう一段強制ロスカットを巻き込むような急落があった後に反転。
今年と同じようにドル円105円、日経平均1万8300円レベルまで下がってから上昇するシナリオ。

・弱気派

既に景気回復局面は終わり、これから数年続く景気後退局面に入った。
これから数年に渡って株安円高が続いていくというシナリオ。


どれが正解だったのかは来年の今頃になってみないとわからないと思いますが、意見はきれいに3等分に割れている感じです。やや弱気派が多いのかな?私は強気派ですけどね。

今年前半はまさかあそこまで下がるとは誰も思わなかったから下がりましたけど、今回は事前に下がりそうと宣伝されているので、同じようにはならないと思うんですよね。

あとは日米の貿易協議はどうも3月くらいからになりそうとのことです。また米自動車業界が為替条項を入れろと言っているらしいですが。
ただ、貿易不均衡是正となると、これは日本にもっと米国製品を買えということだから、ドル高政策になりますね。

政府機関閉鎖は暫定予算で回避される見通しでしたが、トランプ大統領が壁建設予算が入っていないとヤダとこれを拒否。いやいや暫定だから…。

それから、非公式ながらパウエルFRB議長の解任が話し合われたようです。ムニューシン財務長官が米大手金融機関と協議、その後FRB要人とも協議。さすがに株価をなんとかしろとトランプ大統領に言われたんでしょうね。

日本政府としてはなんとしても消費税増税をしたいわけで、あと一年はどうしても景気後退されては困るわけで、こちらもいろいろ話し合われているようです。
既に消費税増税の対策として数兆円の予算を組んでしまっているので、今更やらないってわけにもいかないでしょうし。

中国としても来年は景気対策を本格的に行うことで方針が決まっています。

ここ最近の原油安もガソリン価格下落から、米国には景気対策になります。

世界各国が来年は景気対策をやらないとなあ…と考えているので、むしろ来年は最後の株価上昇が起きるのではないかと私は思いますが、どうなりますことやら。。


米国債利回り : 2.79%
日本国債利回り : 0.03%
ドイツ国債利回り : 0.24%

原油 : 45ドル
ゴールド : 1263ドル
ビットコイン : 46万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円   今週 買い 2万6000 売り 12万9000
     先週 買い 2万5000 売り 12万3000
     先々週 買い 3万5000 売り 14万0000
     先先々週 買い 4万0000 売り 14万2000
     
ユーロ  今週 買い 14万7000 売り 20万0000
      先週 買い 14万6000 売り 20万2000
      先々週 買い 14万9000 売り 20万4000
      先先々週 買い 16万1000 売り 19万8000

豪ドル  今週 買い 1万7000 売り 5万3000
      先週 買い 1万4000 売り 6万0000
      先々週 買い 1万2000 売り 6万6000
      先先々週 買い 1万8000 売り 7万8000
      
ポンド  今週 買い 2万9000 売り 8万9000
      先週 買い 4万7000 売り 9万0000
      先々週 買い 3万7000 売り 7万7000
      先先々週 買い 3万8000 売り 8万5000

ポジションに変化ないですが、火曜日までのデータなので、実際はもう少し円売りポジションが減っていると思われます。

お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

そこまで下げるのか…

株式市場は酷い状態ですね。

崖っぷちで踏ん張っていたところだったのですが、崖から突き落とされたような状態になりました。
為替も割ってはいけないラインを割り込んだことでストップロスを巻き込みました。

日銀関係者と政府要人で現在の市場状況を話し合う会合も行われたようです。

市場は完全に今年が景気のピークで、来年から不景気局面に入ると考えているようですが、さすがにそう判断するのは早くないか?と思います。

多くの銘柄が今年の最安値を更新していますが、そこまでいうほどまだ景気は悪化していないと思います。
来月の今頃は10~12月期の決算発表が行われていますが、そこまでいうほど悪い決算は出てこないのではないかと思います。

あとは来年の2月期限で米中の貿易摩擦の問題が話し合われますが、当然2月頃には米中でなんらかの合意が得られることを市場は期待します。

ここまで株価が下がれば、私は来年の1月2月は悪い相場にはならないと思いますが、こういう時は全て売りものが出し切って、悪いものが全て出し尽くされるのを待つほかありません。

為替は溜まっていた円売り投機ポジションが一気に逆流したような感じです。
う~ん、こうなってしまうと111円30銭くらいまでは行きそうですね。

クリスマス前に株価が年初来安値を付けるなんて前代未聞です。

FOMCは利上げしましたが、来年後半の米経済にリスクを感じているようでした。
金利は中立水準まできましたし、これ以上無理な利上げはしないと思います。

黒田日銀はあいかわらず現状維持でした。

これからクリスマス休暇で市場参加者が非常に少なくなるので、通常はほとんど相場が動かなくなるのですが、この相場の雰囲気で大丈夫だろうか。

米国債利回り : 2.77%
日本国債利回り : 0.02%
ドイツ国債利回り : 0.23%

原油 : 46ドル
ゴールド : 1256ドル
ビットコイン : 44万円




お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

先行きが暗すぎる

日本に目を向ければ、来年は増税だし、来年1月からは延期していた日米通商協議もやらなければならない。また為替条項がどうこう言われるんでしょう。

米国側を見れば、来年1月からねじれ議会スタート。米中の貿易摩擦も2月に向けて激化しそう。
しかも利上げは来週のFOMCで利上げした後はしばらく休止となりそう。

欧州ではイタリアが予算で揉めているし、フランスではデモだし。

英国ではEU離脱でぐだぐだの展開。

先行きを見ると、来年の相場はお先真っ暗に見える。

ただし!この年末に来年はこうなりそうって思った予想が当たった試しはありません。ここまでなんか来年はダメそうだなって空気になると、私は逆に動きそうな気がします。

あと消費税増税を行った年は、景気悪化から株安で円高と思われがちですが、実際は逆で、過去消費税増税を行った年は、なぜかインフレで物価上昇だからって株高円安になっています。

日本政府も消費税増税を正当化するために、好景気を装う傾向があります。

そろそろ来年の予測をする時期ですが、私は来年は円安株高と思います。
崖っぷちの日経平均株価とNYダウですが、私は2020年の大統領選まではトランプ大統領がなんとかすると思います。

さて来週ですが、FOMC、日銀会合、ソフトバンクの超大型新規上場があります。
実質19日までで相場は終了。20日以降はクリスマス休暇の小動き相場になると思います。

FOMCは利上げをするものの、先行きは利上げ小休止のような感じの内容になりそうです。利上げ見送りも予想されているので利上げ発表直後は上昇、その後の議長会見でハト派な内容で下落。しかしハト派な内容は株高を招くことで一瞬下がった後、すぐにリバウンドして戻すような動きに思います。投機売りもクリスマス休暇前なので短期売買でくると思います。

下値のめどは112円80銭になります。

日銀会合は出口戦略については全く考えていないという内容になると思います。

115円は来週が年内ラストトライみたいな状況ですが、厳しくなってきました~。

来週の上値のめどは114円36銭になると思います。

ソフトバンク上場に向けた換金売りは終わったのかな?
水曜のソフトバンク超大型上場が無事済めば日本株も少し落ち着きそうですね。

来週FOMCがある関係上、クリスマス休暇に伴う換金売りは今週行われたと思うので、来週は大きく下落ということはないと思います。まあ金曜にNYダウが大幅下落しているので、月曜は日経平均株価が下落しそうですが。

まあ、クリスマスなので、そこまで無理して売買するような時ではありませんね。


米国債利回り : 2.89%
日本国債利回り : 0.02%
ドイツ国債利回り : 0.25%

原油 : 51ドル
ゴールド : 1238ドル
ビットコイン : 33万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円   今週 買い 2万5000 売り 12万3000
     先週 買い 3万5000 売り 14万0000
     先々週 買い 4万0000 売り 14万2000
     先先々週 買い 3万3000 売り 12万2000
     
ユーロ  今週 買い 14万6000 売り 20万2000
      先週 買い 14万9000 売り 20万4000
      先々週 買い 16万1000 売り 19万8000
      先先々週 買い 14万8000 売り 19万5000

豪ドル  今週 買い 1万4000 売り 6万0000
      先週 買い 1万2000 売り 6万6000
      先々週 買い 1万8000 売り 7万8000
      先先々週 買い 2万0000 売り 8万7000
      
ポンド  今週 買い 4万7000 売り 9万0000
      先週 買い 3万7000 売り 7万7000
      先々週 買い 3万8000 売り 8万5000
      先先々週 買い 3万1000 売り 8万8000


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

今年の相場はクリスマスプレゼント無し??

ま~た、余計なことを…。ファーウェイショックですか。
米中貿易戦争も話し合いから実弾介入になってきたということで、市場が委縮してしましました。

雇用統計は、クリスマス商戦の臨時雇用とかでもう少し良いかと思いましたが、それほどでもありませんでした。悪くはないですけどね。

来週FOMCがありますが、12月の利上げは見送るんじゃないかという観測まで出始めています。

米中貿易摩擦は来年2月まで続くでしょうし、ドルの利上げも小休止となりそうだし、この先の見通しが暗そうだなってなってきましたが、だからといって下落していくとは限らないのが相場の不思議なところでもあります。
みんなが下がると思い始めるとなかなか下がらなくなったりするのが相場です。

来週は火曜日に英EU離脱案の議会採決がありますが、正直なところEU離脱の話はもうよくわからなくなってきました。
あとは来週金曜は日経のメジャーSQです。

まあ人それぞれ予想はあると思いますが、私は来週はリバウンド上昇と予想しています。
月曜は株価が下がるでしょうが、日経平均先物はショートが溜まっていることもあり、火曜日以降は米中の緊張が和らいだとかなんとかでリバウンド上昇すると思います。

ドル円はなんとかぎりぎり踏みとどまっている状況です。終値で112円47銭を明確に割り込んでくると110円60銭に向けてズルズルと下がっていく可能性もありますが、まだ崖っぷちの一歩手前で踏みとどまっている状況です。
NYダウも24000ドルを割り込でいくと危ないですが、こっちも崖っぷちで、踏ん張りどころです。

リバウンドしても113円36銭あたりで戻り売り攻勢に合いそうですが、クリスマスに向けて円高が進むというのは、ちょっとここ最近記憶にないですし、このままだと今年は史上稀に見る一年を通しての値幅の小さい年になってしまいます。

ユーロドルはこの状況で下がらないとは…。ちょっと予想外です。
あまりに下げられないと、底打ちになってしまいますね。

あとそうそう中国の貿易収支が発表されますが、市場予想を上回る黒字でした。トランプ大統領がまた何か言いそう。

米国債利回り : 2.85%
日本国債利回り : 0.05%
ドイツ国債利回り : 0.25%

原油 : 52ドル
ゴールド : 1248ドル
ビットコイン : 37万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、※後で更新します

円   今週 買い 3万5000 売り 14万0000
     先週 買い 4万0000 売り 14万2000
     先々週 買い 3万3000 売り 12万2000
     先先々週 買い 2万8000 売り 12万0000
     
ユーロ  今週 買い 14万9000 売り 20万4000
      先週 買い 16万1000 売り 19万8000
      先々週 買い 14万8000 売り 19万5000
      先先々週 買い 15万7000 売り 19万0000

豪ドル  今週 買い 1万2000 売り 6万6000
      先週 買い 1万8000 売り 7万8000
      先々週 買い 2万0000 売り 8万7000
      先先々週 買い 2万2000 売り 9万2000
      
ポンド  今週 買い 3万7000 売り 7万7000
      先週 買い 3万8000 売り 8万5000
      先々週 買い 3万1000 売り 8万8000
      先先々週 買い 3万5000 売り 8万8000

豪ドルは売りに偏っていますね。
あとは溜まっているユーロショートもいつか巻き戻されそうですね。


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

クリスマスラリーに入れるか

G20では来年1月から予定されていた中国製品への関税を2カ月延期することが決定しました。
90日以内にいろいろ合意できなければ、25%関税やるそうです。
とはいえ年内はこれで大丈夫そうだな、になりました。

英EU離脱案の投票を11日頃に予定しているため、欧州通貨は売り圧力がかかりそうですが、ドルは大丈夫なんじゃないかと思います。

日本経済も7~9月期は酷い状態でしたが、10~12月期は持ち直してきていますし、米国もブラックフライデーの売り上げは好調とのことです。

基本的に年末に向けてドル円115円、ユーロドル1.11、日経平均は2万3300円あたりですか…を私は見ている予想は変わっていません。
11日に英EU離脱に関する議会の投票をやるなら、ユーロドル1.11は10日あたりに行ってくれないと届かないかもしれないですが。

来週の相場ですが、週前半はG20への期待感で買っていた人達の材料出尽くし売りで下がる局面もあると思います。月曜か、火曜かにドル円は112円80銭まで下落する局面があるように思います。
ただ、金曜の雇用統計は、クリスマスシーズンに向けた雇用で予想より良い数字が出てくる可能性が高いです。
発表前に期待感で上昇するか、発表後に上昇するかは難しいところですが、来週の高値は114円20銭を私は見ています。雇用統計は事前予想プラス20万人となっています。

まとめると、来週のドル円は週前半に112円80銭の安値をつけ、週後半に114円20銭の高値をつけると予想します。

雇用統計が良いことで、最近の市場に蔓延しているドルはそろそろ利上げ打ち止め??疑惑に疑問符が出てくるものと思います。これが出ることがドル円115円の必須条件のような状況です。

ただ、原油も下がっておりインフレの心配は今無いので、実際は次回で利上げ小休止の可能性が高いですけど…。

豪ドル円なども中国ネタが延期したことでじわじわ上昇のトレンドが継続しそうです。

基本的にはリスクオンのクリスマスラリーに入るものと思いますが…。
あと12月下旬は高金利通貨が買われることが毎年多いですね。


米国債利回り : 2.99%
日本国債利回り : 0.08%
ドイツ国債利回り : 0.31%

原油 : 50ドル
ゴールド : 1222ドル
ビットコイン : 44万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円   今週 買い 3万5000 売り 14万0000
     先週 買い 4万0000 売り 14万2000
     先々週 買い 3万3000 売り 12万2000
     先先々週 買い 2万8000 売り 12万0000
     
ユーロ  今週 買い 14万9000 売り 20万4000
      先週 買い 16万1000 売り 19万8000
      先々週 買い 14万8000 売り 19万5000
      先先々週 買い 15万7000 売り 19万0000

豪ドル  今週 買い 1万2000 売り 6万6000
      先週 買い 1万8000 売り 7万8000
      先々週 買い 2万0000 売り 8万7000
      先先々週 買い 2万2000 売り 9万2000
      
ポンド  今週 買い 3万7000 売り 7万7000
      先週 買い 3万8000 売り 8万5000
      先々週 買い 3万1000 売り 8万8000
      先先々週 買い 3万5000 売り 8万8000

豪ドルは売りに偏っていますね。
あとは溜まっているユーロショートもいつか巻き戻されそうですね。


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

来週は動けない、レンジで

~追記 11/26 23:50~

あれ?先週金曜のNYダウが下落していたので、当然日経平均株価も下落スタートかと思いきや…

ドル円も理由はわかりませんが上昇していますね。
113円30銭を超えると、113円65銭が次のターゲットになるかな。

でもG20前だから、投機マネーも動けないと思うんですが、米国債入札があるから実需のドル需要で相場が動いているのかもしれないですね。

~追記ここまで~

11月の最終週はG20前ということでずっと迷っていたのですが、わからないですね。
G20前なので動き辛いですし。

来週は基本的にレンジ相場と思います。
トランプ大統領がよほどの大馬鹿者でなければ、G20で中国と何かしらの合意をするはずなんですが。
トランプだしなあ…。

基本的にと書いたのは、トランプ大統領のトンでも発言があれば相場が大きく動く可能性もあるという意味です。

あと来週は米国債の入札がありますね。ここ最近多い米国債入札がある週は、火曜と水曜の東京市場でドル円が30銭上昇するの法則は今回も有効なのか…。

何にしても木曜のG20までは113円を挟んで動けないと思います。
下値は112円47銭、上値は113円30銭のレンジ相場と見ておけば良いのではないかと思います。

その後G20で何らかの合意を経て、金曜あたりからクリスマスラリーの上昇に入る可能性が高いのではないかと思っています。

クロス円もドル円に連動してレンジと思います。

あと原油が下がっていますね。これにより多少のタイムラグを経て、物価が下がります。
12月にドルの利上げしたら、その後利上げはしばらく休止になると思います。
利上げ休止となると、ドルにはマイナス影響ですが、株価にはプラス影響です。あと資源国通貨にはプラス影響が働きます。
このままだと来年1月から中国製品に重い関税がかかりますが、G20で何らかの米中合意があれば、豪ドルなどは上昇トレンドに入りそうですね。

まとめると、月曜、火曜、水曜は112円47銭~113円30銭のレンジ相場。
木曜と金曜はG20が開催されますので、リアルタイムで要人発言を追うしかないですね。


米国債利回り : 3.04%
日本国債利回り : 0.09%
ドイツ国債利回り : 0.34%

原油 : 50ドル
ゴールド : 1222ドル
ビットコイン : 47万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、※11/26発表のため後で更新します。

円   今週 買い 4万0000 売り 14万2000
     先週 買い 3万3000 売り 12万2000
     先々週 買い 2万8000 売り 12万0000
     先先々週 買い 2万9000 売り 12万2000
     
ユーロ  今週 買い 16万1000 売り 19万8000
      先週 買い 14万8000 売り 19万5000
      先々週 買い 15万7000 売り 19万0000
      先先々週 買い 14万9000 売り 17万9000

豪ドル  今週 買い 1万8000 売り 7万8000
      先週 買い 2万0000 売り 8万7000
      先々週 買い 2万2000 売り 9万2000
      先先々週 買い 2万0000 売り 9万0000
      
ポンド  今週 買い 3万8000 売り 8万5000
      先週 買い 3万1000 売り 8万8000
      先々週 買い 3万5000 売り 8万8000
      先先々週 買い 3万3000 売り 8万0000

原油が安くなりました。ガソリンが下がって良いですが。
ビットコインもズルズル下がり続けここまで来ましたか。一時期のあのブームはなんだったのか…。


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

来週の天候は小リバウンドのちレンジ

~追記 11/21 23:50~

う~ん、日産ショック?ゴーンショック??の影響なのか、よくわからない下落があり、本日はよくわからない上昇があり、とりあえず落ち着く場所に落ち着きました。

113円を挟んで、今週のこの後は小動きレンジになると思います。
株はさすがに売られ過ぎだろという銘柄が増えてきていますね。

明日は22日か…毎年そろそろ株式市場の動きも持ち直してくる時期なんですけどね。

~追記ここまで~


来週ですが金曜は日本が祝日ですし、木曜は米国が感謝際でお休み、金曜はブラックフライデーです。
ということで大きな動きにはならないと思います。
イベントもほとんど何もないです。

以前どこかに書いた気がしますが、毎年11月13日くらいから45日前ルールの売りやら、ヘッジファンド決算の売りやらが出始めて下がることが多いです。22日くらいまで下げ基調で、ブラックフライデー通過後クリスマス商戦に入ることもあり、上昇基調に変わることが多いのが毎年の儀式みたいになっています。

今年も同じみたいですね。112円80銭近辺まで下がりました。
この後の選択肢としては、このまま112円16銭に向けて下落する、112円80銭近辺で底値固めをしてレンジ相場という二つがあると思います。

私はこの辺で底値固めをする方のシナリオが可能性高いかなと思います。
ただ大きく上値を買う状況でもなく、来週は上がっても113円38銭までかなと思います。

来週ですが、112円70銭から113円38銭のレンジ相場になると思います。小リバウンドで上昇する局面もあると思いますが、上昇トレンドという形にはならず小動きのレンジ相場を想定しておいた方が良いと思います。

ユーロドルは予想外にどうも1.152まで上昇しそうな形になりましたが、長期トレンドはまだ下方向だと思います。
引き続き1.11を目指すものと思います。

クロス円もドル円に連動してレンジ相場と思います。

前回も書きましたが、トルコリラ円は火曜日が雲のねじれで変化日注意日のこともあり、そろそろ下方向に注意です。

再来週ですが、月末のG20前でどっちになるか迷っています。
トランプさんが吠えて下落か、G20での米中会談での合意を期待して上昇か。

最近の動きを見ると、G20への期待感で上昇になる可能性が高くなってきたかなと思います。
この辺はトランプさんの行動が全く読めずにまだ迷っていますが。


米国債利回り : 3.06%
日本国債利回り : 0.09%
ドイツ国債利回り : 0.36%

原油 : 57ドル
ゴールド : 1221ドル
ビットコイン : 59万円

IMM通貨先物投機ポジションですが、

円   今週 買い 4万0000 売り 14万2000
     先週 買い 3万3000 売り 12万2000
     先々週 買い 2万8000 売り 12万0000
     先先々週 買い 2万9000 売り 12万2000
     
ユーロ  今週 買い 16万1000 売り 19万8000
      先週 買い 14万8000 売り 19万5000
      先々週 買い 15万7000 売り 19万0000
      先先々週 買い 14万9000 売り 17万9000

豪ドル  今週 買い 1万8000 売り 7万8000
      先週 買い 2万0000 売り 8万7000
      先々週 買い 2万2000 売り 9万2000
      先先々週 買い 2万0000 売り 9万0000
      
ポンド  今週 買い 3万8000 売り 8万5000
      先週 買い 3万1000 売り 8万8000
      先々週 買い 3万5000 売り 8万8000
      先先々週 買い 3万3000 売り 8万0000

う~ん、なかなか円売りポジションが減ってくれませんね。


お時間ある方は下のバナーを応援1クリックお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

kentaroblog

  • ライブドアブログ