原題:La Vita e bella 製作年:1997年 製作国:イタリア 上映時間:117分 監督:ロベルト・ベニーニ 脚本:ヴィンセンツォ・セラミ、ロベルト・ベニーニ 出演:ロベルト・ベニーニ、、ニコレッタ・ブラスキ、ジョルジオ・カンタリーニ、ジュスティーノ・デュラーノ、セルジオ・ブストリック、マリサ・パレデス、ホルスト・ブッフホルツ

あらすじ:1937年、イタリアはトスカーナ地方の小さな町アレッツォ。本屋を開く志を抱いてやってきたユダヤ系イタリア人のグイド(ロベルト・ベニーニ)は美しい小学校教師ドーラ(ニコレッタ・ブラスキ)と運命的な出会いをする。当座の生活のため叔父ジオ(ジュスティーノ・ドゥラーノ)の紹介でホテルのボーイになり、なぞなぞに取り憑かれたドイツ人医師レッシング(ホルスト・ブッフホルツ)らと交流したりしながら、ドーラの前に常に何度も思いもかけないやり方で登場。ドーラは町の役人と婚約していたが、抜群の機転とおかしさ一杯のグイドにたちまち心を奪われてしまった。ホテルで行われた婚約パーティで、グイドはドーラを大胆にも連れ去り、ふたりは晴れて結ばれた。息子ジョズエ(ジョルジオ・カンタリーニ)にも恵まれ、幸せな日々だったが、時はムッソリーニによるファシズム政権下。ユダヤ人迫害の嵐は小さなこの町にも吹き荒れ、ある日、ドーラが自分の母親(マリザ・パレデス)を食事に呼ぶため外に出たすきに、グイドとジョズエは叔父ジオと共に強制収容所に連行された。ドーラも迷わず後を追い、自分から収容所行きの列車に乗り込んだ。さて、絶望と死の恐怖たちこめる収容所で、グイドは幼いジョズエをおびえさせまいと必死の嘘をつく。収容所生活はジョズエがお気に入りの戦車を得るためまでのゲームなのだと。とにかく生き抜いて“得点”を稼げば、戦車がもらえるのだとグイドはことあるごとに吹き込み続けた。強制労働の合間を縫って、女性の収容所に押し込められたドーラを励まそうと、放送室にしのびこんで妻に呼びかけたりと、グイドの涙ぐましい努力は続く。そんなある日、グイドは軍医として収容所にやってきたあのなぞなぞ好きの医師レッシングと偶然再会。レッシングから「重要な話がある」と耳打ちされたグイド。ドイツ軍の士官たちのパーティの給仕を命じられた彼は、監視の目を盗んでレッシングに話しかけるが、なんとレッシングは新たななぞなぞの答えをグイドに聞いただけだった。戦況は進み、収容所は撤退準備をはじめる。この機を逃さじとグイドはジョズエをひそかに隠して、ドーラを捜すうちに兵士につかまった。グイドはジョズエの隠れ場所を通るとき、おどけて行進ポーズをとる。それが彼の最後の姿だった。ドイツ兵が去った後、外へ出たジョズエは進駐してきたアメリカ軍の戦車を見て歓声をあげる。戦車に乗せられたジョズエは生きていたドーラを見つけ、母子は抱き合った。これが幼い息子を生きながらえさせようとした父親の命がけの嘘がもたらした奇跡の物語だ。-MovieWalkerより

イタリア製名作映画の代表作の1本

ニュー・シネマ・パラダイス」と並んでイタリアの名作映画として名高い本作。1960~1970年代くらいのクラシック映画のようなイメージだったんですが、よく見ると1997年作で同年にはあの「タイタニック」も公開されていたり、第71回アカデミー賞では「プライベート・ライアン」のトム・ハンクスと競り勝ってロベルト・ベニーニが主演男優賞を受賞していたりと、思ったほど全然古くはないんですよね。

プライベート・ライアン」と同時期に公開され、内容も同じく第二次世界大戦中を描いているのにこんなにもイメージが違うものかとビックリしてしまいます。

ロベルト・ベニーニのせわしない動きがどこかサイレント時代のフィルムの早回しやパントマイムっぽさを感じさせたり、いす張り職人の帽子をせしめるくだりなんかに見られるようなコメディ描写、室内楽とかバレエ音楽っぽいBGMなど、恐らく意図的にクラシカルな演出を行っていた部分もあるのでしょう。

ライフ・イズ・ビューティフル_場面写真01

ジョズエの可愛さに顔がほころぶ

クラシカルなイメージはジョズエのルックスも大きく起因しているでしょう。やっぱりその時代その時代で子どもの風貌も微妙に違うんですよね。ジョズエ役のジョルジョ・カンタリーニという子は正に戦中時代の子どもという容姿で実にハマっています。

この子がなんとまぁ可愛いこと可愛いこと。

ルックスだけではなく、素直さや無垢さが醸し出す子どもの魅力を一切あざとらしさを感じさせることなく体現していた演技力が実に見事でした。特に後半部の強制収容所での展開はこの子のナチュラルな演技無くては成り立ちません。

反面、ドーラに対しては正直あまり魅力を感じることはできませんでした。結婚式の最中にグイドに「連れてって」と告げたり、グイドとジョズエを追って自ら強制収容所に入ったりと大胆な行動をしますが、婚約者への態度や愚痴はわがままでお高くとまっている感じがしましたし、グイドと結婚後の表情もイマイチ冴えない感じで夫婦生活は円満なのか心配になってしまいました。

この女優さん、ロベルト・ベニーニの奥さんらしいですが高畑淳子に似てるのが気になって仕方がなかったせいでもあるんですけど。

ライフ・イズ・ビューティフル_場面写真02

童話のように悲しみがあり、童話のように驚きと幸せにあふれている

グイドは最愛のドーラと出会った時にはお姫様と呼び、自分を王子だと自己紹介。レッシング医師と交わすナゾナゾ合戦の問題は白雪姫。オペラの帰りのデートではドーラにとってはまるで手品のような魔法のようなことを見せてみたり。そこかしこにおとぎ話めいたワードを散りばめ、作品全体を彩っていました。

本作の魅力は大人になったジョズエによる冒頭のナレーションが語るように「童話のように悲しみがあり、童話のように驚きと幸せにあふれている」作品に仕上げているところ。童話は得てして残酷であったり、悲劇であったりもします。

良質な喜劇の中には悲劇が内包されており、逆もまた然り。古典的なドタバタ喜劇の手法とこれまた教科書的な古めかしいオーソドックスな技法によって作られた本作は、逆に言えばこれ以上無い普遍性を持ち得ているとも言えるでしょう。

ライフ・イズ・ビューティフル_場面写真03

というわけで、クラシカルで古典的な正統派喜劇の味わいを評価しまして個人的評価は100点満点中83点です。

TRAILER

配信・関連作品