不動産に関する資格試験                                          
                                            
不動産に関する国家資格には、次のようなものがあります。                                          
1 不動産鑑定士                  
2 司法書士                                    
3 土地家屋調査士
4 宅地建物取引主任者
5 マンション管理士
6 管理業務主任者
                                          
1の「不動産鑑定士」は、国家試験である不動産鑑定士試験に合格し、国土交通省に備えられている、不動産鑑定士名簿に登録を受けた者で、不動産の権利関係やその経済価値に関する高度の国家資格者です。不動産鑑定士の独占業務は、不動産の鑑定評価で、不動産鑑定士以外の者が不動産の鑑定評価を行えば、刑事罰の対象になります。
                                           
2の「司法書士」は、司法書士試験に合格し、他人の依頼を受けて、裁判所・検察庁・法務局又は、地方法務局に提出する書類の作成及び登記又は供託手続きの代理を職業とする者のこと。                                           

3の「土地家屋調査士」は、土地家屋調査士試験に合格し、他人の依頼を受けて、土地や建物がどこに あって、どのような形状なのか、どのように利用されているかなどを調査・測量して、図面作成、申請手続などを行う、測量及び法律の専門家で国家資格者のこと。
                                           
4の「宅地建物取引主任者」は、宅地建物取引主任者資格試験に合格し、宅地建物取引業者の相手方に対して、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、重要事項の説明等を行う国家資格者のこと。                                           
5の「マンション管理士」は、マンション管理士試験に合格し、マンション管理組合の運営その他マンションの管理について、管理組合の管理者、マンションの区分所有者などの相談に応じ、適切な助言や指導、援助を行う事を業務とする者のこと。主に区分所有者からの立場で問題を解決する。                                           
6の「管理業務主任者」は、管理業務主任者試験に合格し、「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」制定にともないマンションの委託契約に関する重要事項や管理事務の報告を行うために設けられた資格。マンションの管理会社からの立場で、問題解決を行わなくてはならない。

 以上、簡単に書きましたが、それぞれに国家資格については、個別に詳しい記事を掲載する予定です。

国家資格

建築に関連する国家資格(建築士)                                          
                                            
 建築士とは、建築士法(1950年(昭和25年)5月24日法律第202号)に拠って定められた国家資格。建物の設計、工事監理等を行う技術者であると定義されています。年に一度行われる建築士試験に合格し、管轄行政庁(国土交通大臣または都道府県知事)から免許を受け、名称を用いて設計、施工などの業務を行う者をさします。
                                            
 建築士には、一級建築士、二級建築士、木造建築士の三種類の資格があり、
建物の設計を行うには、建築士試験に合格し、建築士の資格を持っていなければなりません。また、一級建築士の試験を受けた資格取得者でなければ設計できないもの、二級建築士・木造建築士資格取得者が設計できるもの等と規定されています。建築設計を行う者の中で、とくに作家性・作品性を持つ者のことを、建築家といいます。                                           

 日本では、一般的に、受賞歴のある者や著名な作品を設計した者を特に建築家と呼びますが、その多くは一級建築士の資格を有する人です。しかし、自らは建物のコンセプトや空間デザインを手がけ、設計実務は建築士の資格を持つスタッフに任せる、というスタイルの「建築家」もいます。

 資格試験の受験資格は、専門教育を受けていない場合、二級建築士の受験資格を得るのに7年以上の実務経験が必要ですが、専門教育を受けている場合はその程度に応じて必要な実務経験期間が短縮されます。                                           
 また、建築士試験の合格率は以下の通りです。                                           
*一級建築士 2008年(平成20年)
  学科合格率15.1% 製図合格率41.7% 総合合格率8.0%                                            
*二級建築士 2008年(平成20年)
  学科合格率37.5% 製図合格率52.0% 総合合格率22.4%                                           
*木造建築士 2008年(平成20年)
  学科合格率60.9% 製図合格率68.1% 総合合格率40.3%                                            

 学歴や実務経験等で受験資格が制限されている試験にも関わらず、一級建築士試験は合格率が低い難関のようです。

 過去五年間の試験結果データはこちらのサイト(Wikipedia「ウィキペディア」)に掲載されています。

 ⇒ 建築士(Wikipedia)

専門学校

 大原学園は、大原簿記学校を代表とする専門学校、大学院大学、幼稚園などを擁する学校法人です。

 現在設置されている学校とグループ関連校をあわせると、札幌から沖縄までに61もの学校があります。
                                           
 一般的には、「資格の大原」を前面に押し出し、資格取得に強いことをアピールしている。 「本気になったら大原!」というコマーシャルのキャッチフレーズでも有名です。大原の本部は、東京の水道橋にあります。                                            
主な設置校としては、次のような学校があります。

・大原簿記学校                                            
・大原法律専門学校                                            
・大原法律公務員専門学校
・大原情報ビジネス専門学校
・大原情報ビジネス専門学校
・大原医療福祉専門学校
・大原スポーツ公務員専門学校
・大原大学院大学(会計大学院)
・府中ひばり幼稚園

資格の大原」と称しているだけに、大原で取得できる資格の種類は非常に多岐にわたっています。資格をとって就職したいと考えている高校や短大、さらに大学の卒業生を対象にした専門課程コースや、短期間で資格取得を目指す社会人・大学・短大生を対象にした社会人コースなど、様々な資格取得までのコースが用意されています。

 国の教育ローンや日本学生支援機構とも提携していますし、また、大原独自の奨学生制度、社会人講座の高校生対象割引制度、在学生割引、卒業生割引、家族割引など、学生に対する支援体制もしっかりと整っています。


心理学に関する記事

『心理学 講座』
 
 心理学という学問はとても幅の広い学問であり、時代の流れと共に変化
をし続ける大変珍しい講座になっています。

 幅の広い心理学ですが、一般的には、「基礎心理学」と呼ばれる心理学
と「応用心理学」とに大きく2つに分けられています。

 最初に基礎心理学というものは心理学における基礎的なものを学んでい
講座で、主な講座学習方法としましては実験が中心となり、実験によっ
て得られたデータを解析し、統計を求める事で人間などの心理を理解し、
解き明かしていくという講座内容となっています。

 「基礎心理学」は、「社会心理学」や「異常心理学」などのたくさんの
講座に分けられています。

 もう一つは、一般的に「応用心理学」と呼ばれている講座です。
この心理学の講座内容は、最初の講座の「基礎心理学」での研究結果に
よって得られたデータを実際に起きている、または、起こりうるであろう
様々な事柄に役に立てることが目的の講座となっています。

 「応用心理学」も「基礎心理学」と同様に「臨床心理学」や「犯罪心理学」
などのたくさんの講座に分けられています。

 「基礎心理学」と「応用心理学」というふたつの講座の違うところは、
人間の集団に注目して研究をするか個人に注目をして研究をするかという
ところにあると言われています。

国家資格

【看護師 資格】

 看護師の資格を取るためには、専門学校や大学などの専門教育機関を
卒業する必要があります。

 現在、日本では、看護師が慢性的に不足しているといわれています。
一度看護師として病院などで働いていたものの、結婚などによって退職し、
そのまま職場から離れていったという人が多くいるのです。

「休眠看護師」と呼ばれる看護師の資格保持者たちの職場への復帰が
推進されようとしているのが、現在の日本の看護師事情なのです。

 これからも、看護師は多くの需要があり続けるでしょう。いくら医療
技術が進歩しても、薬ひとつで病気や怪我が治るというわけではありま
せん。

 ある程度以上の怪我、あるいは病気をした時は、病院に入院して治療
することが絶対に必要になるのです。だからこそ、看護師という職業が
不必要になることなど絶対にないでしょう。

 看護師資格は、看護師と、准看護師の2種類があります。資格の種類
によって業務内容が大幅に変わる、というわけではなく、どちらの資格
でもほとんど同等の看護業務を行うことになります。

 しかし、給与水準などは准看護師のほうが看護師に劣ります。このよ
うな状況は差別的とも言えるため問題になることもあり、将来的には、
看護師資格の一本化が求められています。

Rakuten Ranking
Rakuten Ichiba