北鎌倉剣友会blog2

北鎌倉剣友会(Kitakamakura Ken Yu Kai)に集う剣道を愛するメンバーが集うためのブログです! This is the blog site for the members who love Kendo.

本日(平成29年5月5日)、鶴岡八幡宮にて菖蒲祭奉納剣道大会が開催され、

北鎌倉剣友会からは13名が出場しました。

そして、小学6年生男子の部では高橋 靖智くんが堂々の優勝、

中学2年生女子の部では池田 結さんがみごと3位入賞でした。

各選手、昨年度よりは確実に実力が上がっており、初戦を勝利する選手が増えてきており、

あとは体力、俊敏性、打つタイミングを身に付ければ、必ずや上位入賞に繋がると感じました。

 

各選手の結果は以下のとおりです。

 

小学2年生男子

  ・平山 小次郎くん  1回戦勝利(1本勝ち)

               2回戦敗退(判定負け)

 

小学3年生男子

 ・大六野 瑛海くん 出場

 

小学4年生男子

 ・亀井 駿希くん 出場

 ・志賀 央望くん 出場

 ・丸山 純平くん 1回戦勝利(1本勝ち)

            2回戦敗退(判定負け)

 

小学4年生女子

 ・遠藤 瑞佳さん 出場

 

小学5年生男子

 ・山下 弓輔くん 出場

 

小学6年生男子

 ・森田 隼哉人くん 1回戦勝利(2本勝ち)

               2回戦敗退(1本負け)

 ・高橋 靖智君   堂々の優勝!!!

 

小学6年生女子

 ・丸山 花歩子さん リーグ戦(1勝2敗1引き分け)

 

中学2年生女子

 ・池田 結さん  みごと3位入賞!!!

 

中学3年生男子

 ・高橋 克彰くん  出場

 ・丸山 恭平くん 出場

 

以上、今後も稽古に励みましょう。

 

北鎌倉剣友会

丸山

ほかにも応援、観戦下さった 方々からつぎのレポートがはいっています。

北鎌倉からは10名の小学生と3名の中学生が挑みました。
特に小学生は、立ったまま動かなかった、泣いて試合が中断した、過呼吸になって、試合を放棄した、という数々の苦笑するような逸話を持つ子どもたちが、今回堂々と試合できたこと、平山君と丸山淳平君は、2回戦で敗退でしたが、延長の末の判定での負けですので、試合の際に、如何に相
手より自分が打って出ているか(二人とも、果敢に打って出ていたのです
が、相手の方が更に打っていたので)が判定の基準となることを、
今後学んでいけるのではないかと思いました。
試合になると、みんな稽古の時より竹刀が大振りになって、その隙に相手
にポコン、とやられるシーンがいくつかありました。
靖智君は、堂々たる試合で、見事でした。
関口さん

靖智君の試合
小学6年となるとけっこう強豪が出てくるので、
この優勝は値千金。ただ打っていくだけでは
勝てないけれど、下半身をしっかり地につけ、
風格も醸し出しながら相手を攻めて行って勝利
を得たところは大物?打つべきところを打つ、
ということがわかっていましたね。小学高学年
はこのあたりの差が勝敗を左右しますから。

竹中先生

 結ちゃんは、2回戦から登場。最初にメンを取られたものの、メン。コテを決めて逆転勝ち。次の準々決勝も最初にメンを取られたものの、メン、メンでここでも逆転勝ち、準決勝は延長になり、返し胴を打たれて惜しくも負けてしまいましたが、見事3位。

丸山君もシード出2回戦から登場。互い譲らぬ打ち合いになり、終了直前に出小手を決められて、惜しくも2回戦負け。
克彰は、必死に打ちに出ますが、やはり振りが大きくなったところを相手にメン2本決められて、1回戦敗退。 ちなみにルシアス君も接戦になりましたが、最後は相手にメンを決められて1回戦敗退でした。 こんな感じです。結ちゃんはホントに決められても焦らず、ホント立派でした。

髭の高橋さん

shoubusai2017-2
shoubusai2017-1IMG_20161030_170823
結ちゃんの写真は別日のものを参考掲載


アンゲロフさん、伊藤陽文範士と15年ぶりに再会!

 

当剣友会会員のヨルダン・アンゲロフさん、今年8月にブルガリア帰国が決まり、

帰国前に是非伊藤陽文範士にご挨拶にうかがいたいと話がありました。

 

聞けば、今から15年前、全剣連のヨーロッパ剣道研修会があり、ポーランド・セルビアモンテネグロ・ブルガリアの各地で剣道セミナーが開催されました。

当時15歳、剣道2級のアンゲロフ少年もそのセミナーに参加し、剣道の基本の指導を受けました。

その時の講師が伊藤陽文範士八段で、そのご指導にとても感動を覚え、稽古で小手を打たれたときの感触は15年たった今でもはっきり覚えているとのこと。

そんな感謝の気持ちを是非伝えたいと、今回の陽武館訪問となりました。

 

伊藤先生をはじめ、陽武館の先生方もブルガリアの剣士を大歓迎で迎えてくださり、内容の濃い稽古で汗を流しました。

「さすがにブルガリアナショナルチームの一員、基本に忠実で素直な良い剣道をするなぁー」とお褒めの言葉もいただき、ブルガリアへ帰国したら、この手ぬぐいを仲間の皆さんにプレゼントしてくださいと、陽武館の手ぬぐいもたくさんいただき、帰路に着きました。

 

当日の様子は、陽武館道場のホームページ「日記」にも掲載していただきました。(https://yobukan.jimdo.com/日記/

今回の訪問を調整してくださった陽武館の庄堂先生にも感謝いたします。

剣道で語られる「礼に始まり、礼に終わる。」、「交剣知愛」をまさに実践した1日でした。

 

(座間)annge1
ange3
annge1
aange3

従来は段別で行われていたこの大会、今年から年齢別で行われることになりました。 したがって、同じ年齢枠のなかにはいっていれば無段と六段が当たる可能性もあるのです。
北鎌倉剣友会からは子供から70近い人まで34人が出場しました。 
この日は8人の方が入賞しメダリストとなりました。 特に60歳代の部では1位から3位までを北鎌倉で独占しました。 優勝し金メダリストに輝いたのは矢野先生です。 おめでとうございます。 
34人も出ていると同時にあちこちのコートで試合が行われ観戦、応援も大変です。
みなさん楽しそうにいい汗をかいていました。 また稽古に熱が入るのではないでしょうか。
子供たちはみな頑張りましたがなかなか勝てず、さらに稽古をつんでまた来年チャレンジしてもらいたいです。 そんな中、中学1年女子の部で池田結さんが見事3位に入賞したのは特筆すべき快挙でしょう。手首のスナップを効かせた鋭い面はなかなかのものでした。ますます磨きをかけてもらいたいですね。

池田

facebook_1477914615123
IMG_20161030_170634
IMG_20161030_170641
IMG_20161030_170650
IMG_20161030_170713
IMG_20161030_170729
IMG_20161030_170823


 

このページのトップヘ