12日(金)からの1泊2日研修旅行の2日目は、土曜日ということもあり純粋親睦旅行となりました。
ゴルフ組は、朝の6時にホテルロビー集合で、朝食もバスの中というハードなスケジュールのようでした。
私は、観光組ということで、隣の山口県岩国市にバスでの観光に向かいました。

岩国というと錦帯橋です。
錦川に架橋された木造の5連アーチ橋ですね。

DSC_0727

DSC_0794
裏側の造りが特徴的。

DSC_0793

DSC_0739
 
錦川では鵜飼も行われているようだけど、西日本でよく見るアオサギが魚獲りをしています。

DSC_0732

DSC_0734
捕り損ねたかな。

DSC_0736
鮎がいっぱいです。

錦帯橋の上から岩国城が見えてきます。

DSC_0730

DSC_0738
城山から湯気が出ているみたいだ。

山の上にある岩国城まではロープウェイが設置されています。

DSC_0741
ロープウェイの山頂駅からお城まで5分くらい。
 
DSC_0772
苔むした山道という程でもない。

お城(天守閣)は昭和になって再建されたものです。

DSC_0745
「マムシに注意」の看板が出ている程で、自然は豊かでしょう。

DSC_0748
石垣を強化して、見晴らしの良い所に再建されている。 

DSC_0749
 
DSC_0762
天守閣の中の展示は、刀がたくさんある。
 
天守閣最上階からの展望。

DSC_0755
錦帯橋の全貌が見えます。

DSC_0760
瀬戸内海の島がたくさん見えます。

DSC_0761
蛇行する錦川。

ロープウェイ山頂駅からの眺望。

DSC_0773

DSC_0775
真正面の海岸沿いは米軍岩国基地(海上自衛隊との共同基地)。
 
この研修旅行の計画を聞いた時点では、話題のオスプレイがここに陸揚げされて、初期トラブルの点検をしている最中でした。
沖縄への配備は反対運動の影響で、めどが立たないような雰囲気がありましたが、あっという間に配備が完了し、岩国基地には影も形も残っていませんでした。

DSC_0740

ロープウェイの山麓駅近辺には、吉川家の武家住宅などが残った吉香公園があり、その一角には天然記念物の白蛇が見られる施設があります。
シロヘビはアオダイショウの突然変異(アルビノ?)なのでしょうが、繁殖が続いているようです。

DSC_0779
電灯のせいで赤っぽくなっているけど、黄色っぽい白ですね。

DSC_0787
子供もいます。 

昼食は、これまた岩国名物の岩国寿司を元祖三原屋で食べました。

DSC_0805
大名セット。左の鍋はうどんです。
岩国寿司とは、ちらし寿司を強力な圧力で押し寿司にしたものです。

DSC_0807
旅館も併設されているけれど、歴史がありすぎて床がへたりかけています。

DSC_0809
三原屋の並びの昭和の商店。

昼食後、ゴルフの終わる時間まで、岩国学校教育資料館を見学しました。
ついこの間、松本の開智学校に行ったばかりで、比較するのもなんですが、ちょっと迫力に欠けます。

DSC_0830

DSC_0819
開智学校にあったのと同時代と思われる机と椅子。

DSC_0823
民俗資料館的なものがいろいろと置いてある。

DSC_0824
私の世代では、リアルタイムに使ってました。 

DSC_0813
日本の電気産業の発展に貢献した藤岡市助氏がここの出身なので、
氏の関連資料が展示されています。電灯とか。

DSC_0827
家宝とか。

DSC_0832
こじんまりとした校舎です。

一応、研修旅行のレポートですから、結構細かいところまで書いてしまいました。
これから岩国に観光に行かれる方には申し訳ありませんが、ここに掲載したものが岩国のビューポイントの大半をカバーしてしまいました。
市街を歩いてみると、もっといろいろな見所があるのかもしれませんが。