show_img (1)


ティーショットの基本は「
次打を打ちやすい場所にボールを飛ばすこと」です。
飛距離を稼ぐことも重要ですが、遠くに跳んだとしても打ちづらい場所にボールが行ってしまっては意味がありません。

以下の事を意識しましょう。

 1.まずはティーアップ。ティーマークの間ならばどこでもティーアップできますが、真ん中あたりにしておくのが無難です。

 2.ティーアップしたらボールの後ろに立ち、目標を見ながら素振り。1回ビュンと振っておくことで体がほぐれます。

 3.ボールの後方1~2メートルの位置から目標方向を見て、打つ方向を決める。狙いは「大体あの辺」という程度でOKです。

 4.目標を定めたら、構えに入る。構えるまでの歩数、時間を一定にしておくとリズムが崩れにくく、ナイスショットが出やすいです。


より良いティーショットを打つために重要なのはボールを叩く意識ではなく、クラブを「振りぬく」意識を持つことです。
ゴルフクラブというのは正しいスイングをすれば必ず飛距離が出るように設計されています。

余計な力を入れずにクラブを振りぬくことを重視してスイングすれば、飛距離も安定性も満足が行くティーショットを打てるようになるでしょう。

ゴルフは常にティーショットから始まります。
ティーショットのレベルを上げてスコアを向上させましょう!



人気ブログランキング

01

たまに出るシャンクにイライラしていませんか?
シャンクする原因をしっかり理解して、不要なイライラをなくしましょう!

ここ一番の大事なショット・・・
シャンクが出るのは絶対に避けたいですね。

しかしシャンクを気にするあまり、
腕を体から離してボールをトウ寄りにセットしていませんか?

さらにインパクト時、
ボールに当てにいこうとして体がボール方向に倒れる動きになっていませんか?

シャンクはホーゼルにボールが当たって生まれるものです。

解決策として、クラブのヒール側にボールをセットしてみましょう!

アドレスではボールと適当な感覚を保つため、普段よりもハンドダウンで構えてください。
するとトップが適当な位置に収まり、スイングプレーンにも乗りやすくなります。
そして正しいインパクトを迎えることができるようになりますよ!

アドレスで窮屈だと思うくらいが丁度良いでしょう。



人気ブログランキング

はじめに

ホールインワン
ティー・ショット 即ち そのホールの第 1打目が直接カップインすることが ホールインワン (Hole In One) で、エース (ace) とも言うが、ショート・ホールで、また、稀に 距離の短いパー 4 のホールで出ることもある。多くの人にとって、それは 一生に一度出るか出ないかというもので、達成した時には 記念品を贈ったり、パーティをするなど、お祝いをする習わしが日本にはある。そうした費用の負担を想定したホールインワン保険に加入するゴルファーも少なくない。 

ホールインワンが出る確率


ホールインワンが出る確率について調べて見ると下表のような色々なデータがある。どんなゴルファーを基準にするかなど、条件によって その確率は 大きく異なるが、上級から中級のアマチュア・ゴルファーの場合は 1/5,000〜1/15,000 という確率の範囲で出るようで、1ラウンドにパー 3 が 4 ホールあるとすると(それ以上のゴルフ場もあるが)概ね 2,000 ラウンドに 1回位の確率で出ることになる。

様々な情報ソースが発表しているホールインワンが出る確率

ゴルフ豆辞典より抜粋


情報 ソースホールインワンが出る確率
米国 Golf Digest 誌 (1999)PGA ツアー・プロ = 1/3,756 
アマチュア = 1/12,750
米国 Golf Digest 誌 (2000)
Francis Scheid, Ph.D. (Boston University)
上級者 = 1/5,000
平均的 アマチュア = 1/12,000
米国保険会社 (SCA Promotions)1/10,000〜1/15,000 (150 yards)
米国ゴルフレジスター(U. S. Golf Register1/33,000
アイルランド National Hole in One Club1/33,000
米国 Sports Illustrated 誌1/45,000

↑このページのトップヘ