October 11, 2007

スイーツ親方

昨夜、「今夜は大乃国が夢にでてきそうだ。」と予感がして寝た。

明け方、大乃国が夢に出てきた。

しかし、大銀杏を結った現役姿ではなく、芝田山親方としての登場だった。

詳細は覚えていないが

ハクション大魔王のような、七福神の神様の一人のような そんなふくふくしい顔で
パイ生地をコネていたたような気がする。

これは『第62代横綱大乃国の全国スイーツ巡業』を買えという啓示なのかもしれない。


今夜は霧島登場を願って寝てみよう。


kepe10 at 13:58|PermalinkComments(3)TrackBack(0)あれやこれや 

September 10, 2007

今年の目標

残すところ、あと4ヶ月足らずですが

今年の目標をたててみました。

究極のインドカレーに出会うべく

カルカッタに行こうと思います。

12月末頃に旅発とうと画策いたしております。


インドカレーの知識は多少なりとも、実践的に学んでおりますが

歴史、人物、文学など一切の知識が欠落しております。

何の予備知識もなくインドに旅発つのも失礼なので

まずはマサラムービーでも観て勉強してみます。







ラジニカーント



kepe10 at 22:00|PermalinkComments(7)TrackBack(0)あれやこれや 

August 20, 2007

しゅふ

どうやらPCにも主婦失格の烙印を押された模様


さっき、PCに向って「しゅふ」と入力し変換を押すと






「主夫」






と、出てきた


うちのPCは家庭内の事情まで把握しているのか?

普通、「しゅふ」の変換第一候補は 「主婦」じゃないのだろうか?


明日、会社で「しゅふ」の変換を試してみます。




kepe10 at 23:08|PermalinkComments(3)TrackBack(0)あれやこれや 

August 19, 2007

へろへろ

8月15日、ほぼ1週間ぶりに大阪から戻り

昨日はLさんのご要望により 千葉にあるアメリカ資本遊園地を訪れる

午後6時からのナイトパスで入り、10時過ぎまで遊ぶ

お盆だし 人多いし 暑いし 駐車場から入り口まで遠いし ネズミいないし

もうへろへろ

ネズミはいなくてもいいから アヒルには会いたかった



今朝、へろへろなままで

また 都内某所までLさんを迎えにいき 湘南へと出かける

海の家でぼんやりし 水族館で魚に癒され 庭食亭で舌鼓を打ち

帰宅したら時計は午前12時半を廻っていた

Lさんは満足そうだし 鯛さんも私も楽しかったので それでよし

でも また へろへろ


明日の夜の歌舞伎町見物に向けて もう寝ます。

くらげ

kepe10 at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)弥生町番外編 

August 12, 2007

残暑お見舞い申し上げます


6月23日から7月23日までオーストリーに行っておりました。

余韻を楽しむ時間もあまりないままに

残業残業の毎日を送り

自慢じゃありませんが、帰国してから今日まで1回しか家で料理を作っておりません。

主婦 いや、女将失格です。


そんなこんなで今は大阪出張中

『チロルのセイントおじさん』ことLさんと共に8月9日から15日まで大阪におります。

L氏のセイントっぷりは大阪でも随時炸裂中で、大阪の人々の笑いを誘っております。

その話はおいおいに。。。


週末も働き、もう曜日の感覚もなくなってきましたが、

大阪出張も悪くないですね。ええ。

お会いしたかった方にも会え、

いろんな方とお話でき 勉強させていただいております。


というわけで、ブログもそこそこに

セイントおじさんと一緒にこれからご飯を食べに参ります。


暑い日がまだまだ続きますが、ご自愛下さい。


kepe10 at 21:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)弥生町番外編 

June 15, 2007

Como aqua para chocolate

Como aqua para chocolate


何度も観ているのに

繰り返し観たくなる映画がいくつかある

食に関連している映画は 特に感覚に訴えるものがあるのか

繰り返しみてしまう映画の中には食に関する映画が少なくない


昔は近所のビデオ屋に置いていたので

時々借りてはみていたのだが、DVDの進出に伴い古いビデオは一掃され

2年程前にビデオ屋の棚から姿を消した

ぽすれんも貸し出しをしていない

まだ在庫があるうちにユーズドのビデオをアマゾンで買おうと思う。


「赤い薔薇ソースの伝説」 は多分学生の頃に初めて観たと思う


メキシコのなんとなく乾いたような赤っぽい色合いと

ちょっと幻想的な演出に最後迄まで引き込まれてしまった

主人公ティタの作る料理はどれも土着的な感じで美味しそう

彼女の立つ厨房で、料理を伝授して欲しいほど

ティタの料理は彼女そのもの

彼女の想いや苦悩や情熱が料理を通して食べる者に伝わり

時には媚薬のごとく 時には食あたりのように

食した者の心身に影響を及ぼす

自由に生きることが許されなかったなかったティタは

料理を通して自分を表現し愛する人に 想いを伝えるしか術がなかったのだ


ストーリーは一見するとちょっとオカルティックだが、

作る側の想いは実際料理に現れ、食べる側にそれは伝わる

見栄えは悪くても心をこめて作ったものは美味しいし

気分が晴れない日に作るものは 塩が多すぎたり 水っぽかったりする

まして、怒っている時に作ったりなんかすると なんだか無機質で不味い


料理を作る時、特に疲れている時には よくこの映画を思い出し

食べてくれる人がいるのだから

疲れが癒されるような 明日も元気で過ごせるような料理を作ろうと

そんな気分になって 台所に立つ。


Como aqua para chocolate


kepe10 at 00:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)弥生洋画劇場 

June 12, 2007

Khana

ダールカレー


普通のカレーはこれといって好きでもなく嫌いでもないが

インドカレーは大好きだ


小学校の頃に親に連れられ

銀の器に盛られたインドカレーを初めて食した

ガラス張りの厨房にタンドールでナンを焼くインド人のコックさんがいた

生まれて初めてインドカレーを食したのもその日だが

生まれて初めてインド人という存在を意識したのもその日だろう


以来、インドカレーが好物のひとつになった

小さい頃は何か特別なことがなければ

インドカレーを食べに連れて行ってもらえなかったような気がする

昔は今と比べるとインド料理店も数が少なかったのだろう

今は、食べたい時にインドカレーを自由に食べれる

仕事帰りにもインドカレー、家でごはん作るのが億劫な時もインドカレー

大人になってよかった


さて 去年の12月、近所にインドカレー店『Khana』ができた

気付けば週一回のペースで通いつめている

色んな店のインドカレーを食べてきたが、ここのインドカレーが一番旨い

『Khana』のカレーを食べてから、他店で食べたくなくなった

インド人とパキスタン人の店員さんたちも感じがいい

日本語がおぼつかない人もいるが、それもご愛嬌


最近のお気に入りは バターダールカリー

その前にハマっていたのが バターチキンカリーとムルグムンターズ

鯛さんは チキンクーライかチキンジャルファレージがお好みのようである


ランチ時が忙しいらしいのだが、夜訪れる人は

セットで頼むのではなく、是非 単品でオーダーしてほしい

単品の場合は多少時間がかかるのだが

そこはイラつかないで、インドのビールを片手に

マサラムービーのような極彩色ミュージックビデオを見つつ

ゆったり待っていただきたい

ちゃんと作っているからこそ、かかる時間なのだから。


ムルグムンターズとバターチキン


kepe10 at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)とりあえず食え! 

April 12, 2007

バイバイ、ママ

Loverboy














バイバイ、ママ

原題は『Loverboy』

一体誰が『バイバイ、ママ』という邦題をつけたのだろう

原題の方が断然しっくりくる

ケヴィン・ベーコンの監督としての力量はまだまだ足りないと

感じる人もいるだろうし 決して完璧な作品ではない

しかし、十分に心に残る映画であった


現時点では我家に子供はまだいない

自分が母親になったら 一体どういう母親になるだろうとシュミレーション

してみることは時々ある

子供の誕生日にはケーキを焼く母親になりたいと憧れたりしたものだが

冷静に考えると 今のままでは

さぞぐうたらな母親になるだろうと踏んでいる

ちゃんと子供より早く朝起きれるのか イライラせずに話がきけるのか

そこらへん 甚だ疑問である


主人公の母親は 彼女のすべてを息子に注ぎ込み

子供と同じ目線に立ち、独創性に富み 常に傍にいてくれて

イマジネーションの世界でも一緒に遊んでくれる

そんな一見とてもいいお母さんであるが

社会との関わりを断絶し、母子だけで完結した世界を作り上げている

成長するにつれ子供は外の世界に興味を持ち

次第に二人の世界はほころびを見せ 彼女はバランスを大きく崩し始める


放任主義の両親は仲が良すぎたため 最終的に自分が見捨てられたという

幼少期のトラウマを抱えたまま成長した母親は

自分の満たされなかった思いを子供に押し付けているように見える

縦横と斜めの関係が一切ない排他的な環境で

彼女は暴走し子供への過度な執着心が際立って行く

あんなに可愛い子供がいたら溺愛してしまいそうだけれど

溺愛するということと教育するということはまったくもって違う

自分のエゴにとらわれず 子供にとって何が大切なのかを考えて

育んでいかなければならない

いつか子供は一人で歩いて母親の庇護のもとから去ってゆく

その日までに 一人で生きて行けるだけの力が身に付くように

導き見守ることが親の役目なのだろう


子供のいない私が観るのと

幼い子供のいる誰かが観るのと

反抗期もとっくに過ぎ去った子供を持つベテラン母が観るのとでは

恐らく映画を観たあとの感じ方や主人公への感情が異なるだろう

いつになるかは分からないけれど

いつか私が母になって再度この映画を見直した時

一体、どういう想いが残るだろう。





kepe10 at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)弥生洋画劇場 

February 06, 2007

のび太



最近、忙しくて忙しくて忙しくて

なぜか日曜日も出勤し

疲れてまくって そりゃもう ヘトヘト

怪我の功名か珍しく食欲もなく

しかし、たんまりついた脂肪はそんな簡単に落ちるもんでもなく

己の知力と文才に限界を感じ

集中力が続かないあたりに『三つ子の魂百まで』の意味を痛感し

いやぁ、昔の人はよく言ったもんだと妙に感心する


いつまでたってもゴールにたどり着かない

蟻地獄のような毎日を送ってはいるが

そんな私の事情はまったく気にせず期日は刻々と近づき

焦りは募るばかり



誰かー

誰かー

助けてくださーーーーーい



ドラえもーーーーーーーん



あぁ、のび太うらやましぃ


一日でいいから『小人箱』かして欲しい。。。








kepe10 at 20:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0)あれやこれや 

February 05, 2007

怒濤の週末 京都日帰り


土曜の朝、母親が救急車で運ばれたと親戚のおばちゃんが電話をしてきた

運悪く、父親は一昨日から熊本で講演会

おばちゃんに『どうなるか分からへんし、入院になるかもしれへんから帰って来て』と言われ、

夕方に予定してた食事会もキャンセルし、

主人と共にとるものもとりあえず京都へ向い 日赤の救急治療室にかけつける


お医者さんの『どこも問題ありません。検査結果も異常ないです。

過労と睡眠不足ですね。これから家に帰って休んだら元気になりますよ』の言葉にほっとするが、

こういう顛末になるだろうなとはとっくに予想していた。


点滴を終えたまま治療室で横たわる母を迎えにいくと。

『あれ?きたん?たいちゃんも来たん?』とびっくりしていた。

病院の向い側にあるどうん屋『田毎』に母と主人と私で入る。

さっそく母が『鍋焼きうどん定食にするわ!』と結構がっつり系のメニューを選び、汁も残さず完食。 

家に帰り、お茶を入れようとしてたら、

母は『おかあさんは懐中しるこがたべたい。あんたもいる?』と聞いて来た。

もりもりしるこを食べる母。

さっきまで救急治療室にいたとは到底思えない食いっぷり。。。


『あんたらも忙しいやろし、今日はもうはよ帰り。お父さんも帰ってくるし。』


と、東京にとんぼ返りした。我家に着いたのは午後10時。

もうクタクタですわ。

ドタキャンしてしまったみなさま申し訳ございません。

来週、再来週あたりに再度スケジュールをくみたいので

またあらためてご連絡いたします。はい。


とにかく母には数日仕事を休んでしっかり休養をとってもらいたい

えーかげん、疲れがたまってるんやし休まなアカンで、ホンマ


そんな私は急遽日曜出勤が決まる

金曜日の夜、上司から『別の日に休んでいいから日曜出て下さい』と言われれば

出勤するしかないでしょ これは

仁志さんのトークショーは泣く泣く断念

うわわわわわ〜〜ん

アニキ、今度なにかあるときは駆けつけますから!



kepe10 at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 15, 2007

重婚疑惑

朝、ベッドサイドでオフホワイトの固定電話が鳴る

女性からの電話。

旦那に取り次ぐと、いきなり旦那が眉間に皺を寄せながら

中国語とおぼしき言葉で話しだす。


私も何を言っているか概ね理解し

電話口の女性はひとまわり以上年上の加賀まりこ似で

愛知県豊橋市在住であるということが判明。

そしてその女性と旦那が重婚していることも発覚。

どうやら、先に結婚していたのは豊橋市在住の女性の方で

私とはその後結婚したらしい。

現在のところは旦那は東京都某所の我家に長期滞在中だそうだ。

ベッドの中で電話している旦那の横で子供が遊んでいる

その光景を目の前にしたたずむ私


「えー、重婚?マジか、マジか、マジなのか?

結婚前になんでお養父さんとお養母さん言ってくれなかったの〜?

いつ豊橋に行ってる時間あったんだろ?

お金どうしてんだろ?

そういや、なんで中国語?

ん。うち子供いないし。。。アレ?

てか うち、白い固定電話ないし。。。」とくるくる考える。


そこでようやくやく目が覚め、夢だとわかりホッとするが

あまりのシュールな内容に動揺しているので、

再確認のため隣で眠っている旦那に



「なぁ、重婚してんの?!なぁ!なぁ!」



と問いただしてしまった。




そんな初夢。




kepe10 at 20:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)あれやこれや 

January 03, 2007

準決勝ダイジェスト

我が母校のラグビー部の応援に行ってまいりました。

残念な結果ではありましたが、根性をみせてくれました。

さらに力をつけて 来年も国立に戻ってくるものと信じております。


では、皆様ご一緒に

♪ さんだい さんだい きょーとー さんだい

みーやこーのー ほーこーりー きょーおーと さーんだーい♪


応援にこれなかったみなさま、ダイジェストをこちらからご覧下さい。



kepe10 at 23:01|PermalinkComments(3)TrackBack(0)あれやこれや 

January 01, 2007

今年の目標



遥か昔からですが

元旦の目標はたてません

だって たてても2週間もすりゃ 忘れちゃうからさ〜

アハ アハ アハハハハ


まぁ とりあえずは 家内安全 夫婦円満かなぁ。


kepe10 at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)あれやこれや 

December 26, 2006

ハイジャックフライト93

ハイジャックフライト93
http://www.avexmovie.jp/lineup/flight/





どんな理由があれ人殺しはいけません。








事件に関わったとされるテロリストたちの

犯行におよぶまでの5年間を 丁寧に描いている


綿密なリサーチの上に作られた映画であろう

登場人物の心の機微や思惑、家族との関係が じわじわと悲しい

テロリストとされる人々が存在していたことも疑いの余地はないだろう

そして飛行機にハイジャック目的で乗り込んだことも確かだろう



しかし消え去らない数々の不可解な点

そこらへんはこっちをどうぞ

『Loose change』
http://video.google.com/videoplay?docid=4377032998245988095

スティーブン・E・ジョーンズ博士による論文は以下のとおり
http://www17.plala.or.jp/d_spectator/


この見解に関しては様々な意見があるだろうけど

いろんな視点があり知らされていない事実があるということを知っておくのも悪くはない。





kepe10 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)弥生洋画劇場 

December 24, 2006

Christmas Eve

12/24
12/24

kepe10 at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クリスマスよもやま話 

December 23, 2006

今夜はクリスマスパーティー

12/23
12/23

kepe10 at 15:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クリスマスよもやま話 

December 22, 2006

明日はいよいよChristmas Partyです。

12/22
12/22


kepe10 at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クリスマスよもやま話 

December 21, 2006

年末・刺客大集合

今年もやって参りました

恒例・オフィス内クリスマスパーティ

だいたい夕方4時から始まります

あったかいワインにケーキ各種、クッキー各種、チーズにハムにその他もろもろ


特に 今年は例年にも増して 質も量も倍増している気がいたしました

我がオフィスのミーティングルームの机は何故か 中華テーブルスタイルで

中央の円がくるくる回る仕組みになっております

そこに ところ狭しと並ぶ刺客たちは精鋭ぞろい 粒ぞろい



食前









スタッフ一丸となり クリスマスソングを合唱し 士気を高め


全員で包囲してやりました








完全包囲から45分後



45分後








スタッフ全員をもってしても 惨敗です

私は 夜の食卓につくことができないほどの深手を負ってしまいました



我がオフィス内には

本日 中華テーブルに並ばなかった控えの刺客たちがまだまだ潜んでおります

明日もスタッフ総出で対決です

明日こそ、明日こそはなんとしても勝ちたい いや 勝たねばならぬ。











kepe10 at 23:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)本日の刺客 

腑抜け

12/21
12/21




沖縄から帰京以来、

早々と今年終わったって感じで 腑抜けです。


それが、何か?

kepe10 at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クリスマスよもやま話 

December 20, 2006

来年の目標

12/20
12/20






もう年の瀬ですね。

今年の1月に買っただるまさんにも目をおれてあげる日が近づいてまいりました。




そこで

来年の鯛さんの目標をとっととたててみました。



1.流す

2.締める

3.洗う

4.しまう




何を流し、何を締め、何を洗い、何をしまうのかはご想像におまかせします。








kepe10 at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クリスマスよもやま話 

December 19, 2006

東京の方が暖かいと感じるのは気のせいでしょうか?

12/19
12/19

kepe10 at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クリスマスよもやま話 

December 18, 2006

今週末はクリスマスパーティーですよ

12/18
12/18

ようやく沖縄から戻ってまいりました。

沖縄に行くのはなぜかいつも仕事関係で12月。一度夏にプライベートで行ってみたいもんです。



さて、じょじょに近づいて来たクリスマス

最近オフィス内で贈り物のお菓子がとみに増加中です

ここ2週間くらいでシュトレンは3種類くらいいただきました

今日、オフィスに帰ってきたら ヨックモックのクッキーもたくさんございました

最近、あまりの忙しさに「本日の 刺客」をアップしておりませんが


ご心配なさりますな

あいかわらず毎日やってまいります 日々格闘です 戦闘モードです

しかもクリスマスシーズンの刺客なので、そろいも揃っていつも以上に手練

修行のたりない私としては 胸をお借りして挑ませていただきますが

あいかわらずのへたれです。




kepe10 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クリスマスよもやま話 

December 17, 2006

只今、南国OFF

12/17
12/17

kepe10 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クリスマスよもやま話 

December 16, 2006

只今、基調講演まっただなか

12/16
12/16

kepe10 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)クリスマスよもやま話 

December 15, 2006

只今、南国に向かってます

12/15
12/15

kepe10 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)クリスマスよもやま話 

December 14, 2006

明日から南国へ・・

12/14
12/14

kepe10 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クリスマスよもやま話 

December 13, 2006

只今、プチポワン道まっしぐら

12/13
12/13

kepe10 at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クリスマスよもやま話 

December 12, 2006

沖縄で話題騒然

12/12
12/12

kepe10 at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クリスマスよもやま話 

December 11, 2006

一度でいいから見てみたい鯛さん残高10万円

10/11
10/11

kepe10 at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クリスマスよもやま話 

December 10, 2006

Spielwaren

12/10
10

kepe10 at 19:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クリスマスよもやま話