2011年03月26日

うわかぜ丸でキャスティング

うわかぜ丸にて、キャスティング釣行に出撃。

実は、前日まで大荒れで、出船できるかかなり微妙な状態だった。
船長が出船を決定したのが、前日21時。
当日も天気図を考慮して、船が出たのが10時を過ぎており、かなり遅めの釣行となった。

荒れた海

 

 

 

 

 

 

 




八幡浜港から外に出ると、大荒れ。
第一ポイントについても、普段は漁船や遊漁船でいっぱいのアジロが完全貸切状態だ。
うねりで船が大きく揺れる中、釣りを開始する。
波もうねりもある上に、ドテラで流すので、立つのも非常にしんどい状態だ。

第一ポイントは時折鳥山が立つものの、渋い状況。
釣りを開始して早々に船中で2本上がったものの、そのあとは沈黙する。

「釣れんな〜」と思いながら、ひたすらキャスティングをしていると、突然ナブラ発生。
皆、一斉キャスト。
タイミング良くナブラに入った僕のルアーに、「バシュッ「バシュッ」「バシュッ」と3連発で出る。
だが、一回ルアーに軽く乗ったものの、すぐにフックアウト。

気を取り直して、投げ直すと再び出る。が、乗らない。
すかさず、ショートジャークを試みるも・・・隣の人にヒットする。
上がったのは、丸々太ったハマチ。うーん、残念。

この後、釣りを続けるも時合終了。
再び沈黙に突入する。

やがて潮が若干緩み始めたタイミングで、船長が移動を決断。
この潮が緩くなる時間を待っていたらしい。

長距離移動をして、第2ポイント到着。
ここは最近好調のアジロとのこと。
ポイントに着くなり、船長は「ここは出るならば一発で出ますよ」と言いつつ、自らキャスト(笑)
と、いきなり着水後数アクションでヒットする(驚)。
ごり巻きで上がったのは、7kgオーバーのハマチ。

当然ながら、一瞬で船中全員やる気モード突入。
すると、魚もやる気で次々にバイトが出る。
僕のルアーにも待望のヒット!
が、これは寄せる途中で、フックアウト。

気を取り直して、二流し目。
フルキャストしたルアーに、再びヒット。今度はしっかり合わせを入れて、速攻で勝負を決める。
上がったのは、これも7kgオーバーのハマチ。

ハマチ7kg級















この後、船中はフィーバーモード突入。
船を流す度に、魚が次々とバイトし、誰かが竿を曲げている状態。
自分も含めたトリプルヒットもあり、楽しい時間が続く。
上がる魚もほとんどが7kgクラスの丸々した魚だ。

この状態が1時間以上続いたのだが、バイトが遠のいたのを機に沖上がりとなった。
前半は苦戦したが、後半だけで船中13本キャッチ、バイト数も40近くあり、かなり楽しい釣りとなった。
僕はキャッチは2本のみだったが、バイトは10以上あった。
今後、キャッチ率の向上が課題だろう。

釣果















ちなみに、ヒットルアーはすべてダイビングハオリ170.
船中で、他に良かったルアーは、ブルーフィッシュとシーファルコン。
波があったので、水面に飛び出しにくい潜り屋系のペンシルがよかったようだ。

帰港したのは、20時過ぎ。
一日波の高い状態でかなり疲れたが、キャスティングを満喫できて非常に楽しめた。

キャスティングの魅力は、なんと言っても迫力満点のヒットシーンだろう。
大型の青物が水面に体を現して、激しくバイトしてくるのは非常に興奮する。
釣れる魚も良型がほとんどなのも魅力的だ。
今回、船中で一本だけ70cmくらいの魚が上がったのだが、目ジャーが狂っていたせいか、非常に小さく見えてしまった。
釣られた方もにあっさりリリースされていた(笑)。

この釣りは、相当ハマりますので、興味のある方は是非挑戦してみてください。



kera2_saurus at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)オフショア 

2011年02月08日

ブルーウィングで初釣り 2011

本年の初釣りに、ブルーウィングで出撃。

ちなみに、昨年も1月の終わりにブルーウィングで初釣り。
今年は2月に入ってから初釣りと、年々初釣りが遅くなりつつある。

実は、当初はキャスティングの予定だった。
ですが、メンバーが集まらなかったので断念。
代わりに、空きがあったブルーウィングで急遽出撃へ。

この時期の狙いは、なんといってもネッカ鰤。

当日、6時半出船。
海は、この時期にしては異常なくらいべた凪。まるで、夏の夕方の伊予灘。

ベタ凪

 

 

 

 

 

 

 

 


最初のアジロは、島と島の間の水道。
船長の指示通り、ジグを潮に泳がせるようにして攻めて行く。
すると、コツンとヒット。青物ではないけど、ファーストヒットで少し気分が良い。
上がったのは、想定外の尺メバル。

メバル30cm















良型メバルに気を良くして、釣りを続ける。
しかし、このあとは魚の反応はなく、移動。








気がつけば、時間は15時半過ぎ。
「次の流しで最後にしよう」と船長のアナウンス。
クーラーの中には、朝の尺メバルと30cmクラスのアヤメカサゴが一匹のみ。

アヤメカサゴ















おかしい・・・
宇和海から魚が居なくなったのか。
なんで釣れないんだろう。

記憶が定かでないが、ネッカポイントで一瞬ラッシュがあったような。
船中6人のうち、5人はネッカを釣ったような。
ドラエモン体系のネッカもあがったような。
たぶん全部気のせいだろう・・・。

「駄目だ、潮もとまっとる。帰ろう」と沖上がりのアナウンスがある。
タックルを仕舞っていると、「いや〜、なんとか全員に青物釣らしたかったんやけどね」と船長の声がする。
一体、誰に言っているんだろう。



こうして、記憶から忘れ去りたい初釣りとなってしまった。
2011年も厳しい釣りになりそうだ。



kera2_saurus at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)オフショア 

2010年11月30日

2010年秋

パターンを掴めないまま迎えた2010年の晩秋。
盛り上がりを感じることなく、最盛期に突入となってしまった。

11月1日

この日は少しまとまった雨が降り、海もいい感じになったのではと思い、釣行。
適度な波と濁りで、期待して釣りを開始する。

時合となり、潮目がはっきりしてきたところでヒット。

マルスズキ70cm級


 

 

 

 

 

 


 

マルスズキ70cmクラス。

魚体を見て、ビックリ。まるで春先のような痩せたコンディションの魚だった。
秋にこんな魚を釣ったことは記憶にない。
たまたまこういう個体が釣れたのだと思ったのだが・・・

リリース、釣りを再開。
しばらくして再びヒット。

マルスズキ70cm級

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルスズキ70cmクラス。

この魚も痩せた魚体。
さすが連続して同じような魚が釣れると偶然とは思えない。
よほど今年は海の状態が悪いのだろうか。

リリース後、納竿とする。


11月21日

前回の釣行から少し日が経ってしまった。
季節もそろそろ晩秋から初冬へ変わりつつある。
さすがに海の状況も変わっただろうと期待して、釣行。

今回は、はじめに10月に良かったエリアに入ってみる。
潮目を丁寧に探っていくとヒット。

マルスズキ90cm

 

 

 

 

 

 

 

 



マルスズキ90cm。

この魚は秋らしい魚体であった。
コンディションを見る限り、フィールドの状況も好転したようだ。

リリース後、少しポイントを移動。
釣りを開始すると、ほどなくヒット。

マルスズキ70cm級

 

 

 

 

 

 

 

 



マルスズキ70cm級。

この魚もコンディションがよく、サイズの割りにナイスファイトだった。
やっと海の中も秋本番となったらしい。

この魚に気を良くして納竿とする。


11月22日

昨日の釣りに気を良くして、本日も釣行。
だが、状況が変わったのか、今日は魚の反応が薄い。
それでも、粘っているとヒット。

マルスズキ80cm級

 

 

 

 

 

 

 




マルスズキ80cm級。

サイズは良いのだが、この魚はコンディションが今ひとつ。
やはり今年は魚の状態にムラがあるようだ。それだけ海の状況が安定していないということなのかもしれない。

この魚をリリース後、納竿。


この一匹が2010年最後の魚となってしまった。
今シーズンは最後まで状況を掴みきれず、不完全燃焼の感がぬぐえない。
来期こそは良い釣りがしたいものだ。



kera2_saurus at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)シーバス 

2010年10月29日

迷い道クネクネ

今年の秋は、ほんとうにおかしい。
いつまで経っても、秋らしくならない。というか、涼しくならない。
おまけに、雨も降らない。

だらだらと夏が続いている感じで、秋を感じる日が本当に少ない。
当然、海の中も季節の移行が遅れているようで、未だに秋の釣りものが本格化しない。
温暖化が指摘されて久しいが、今年の秋は本当に異常だ。

こうなると、釣りの方も例年のパターンが通じなくなってくる。
夏なのか、秋なのか分からず、中途半端な釣りをしてしまうことが多くなってくる。
当然、釣果が出るわけがない。

おまけに、今年は梅雨時に秋に通じるパターンで一本釣ってしまった。
これが、迷い道クネクネの入り口であった。
異常気象にも関わらず、このパターンを引きずってしまい、現状にうまく対応できないままであった。

魚が釣れないと、釣行回数も減る。
たまに行くと、また釣れないパターンにこだわってしまう。当然、駄目。
この悪循環のまま、秋も後半となってしまった。

そんな中での、釣行。
久しぶりに海に行ってみると、なんとなく秋らしい感じ。
これはいけるかもと、またもや釣れないパターンで、釣りを始める。

すると、数投目でバイト。針には乗らなかったが、今日はやはり魚が寄っているらしい。
微妙にずらして、潮目を攻める。すると、ヒット。

マルスズキ70cmクラス















マルスズキ70cm級。
あっさり寄ってきた魚を見て、びっくり。
秋も半ばを過ぎたのに、魚体は未だに夏のコンディションで相当悪い。
この時期に、こんな魚は本当に珍しい。
海が秋になりきれておらず、ベイトも少ないのだろう。

リリース後、釣りを再開。
再び、潮目をトレースしていく。
すると、潮目の切れで再びヒット。

マルスズキ80cmクラス














マルスズキ80cm級。
ナイスファイトの魚だった。

今度の魚は、いかにも秋といったコンディションの良い魚体であった。
秋にはこういう魚を釣りたいものだ。
だが、こうなるとパターンがますます分からなくなってくる。
一体季節は秋なのか夏なのか、ベイトはいるのかいないのか、まったく分からない。

リリース後、納竿とする。
秋のパターンで釣ったものの、これが正解とは思えない。
ますます迷路に入りこんだ気がする。
早く秋が本格化してほしいものだ。



kera2_saurus at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)シーバス 

2010年10月06日

ジギング 秋の陣

ジギング
















3月以来となるジギングに久しぶりに出撃してみた。
船は、いつものブルーウィング。

この時期に面白いのは、ネイリ(カンパチの若魚)。
秋になると、ネイリが気になって仕方がない。
時期的にヤズは堅いだろうし、ここ数日オオニベも回遊しているらしいので、かなり期待しての釣行。
出撃前は、「ヤズは7~8本、ネイリは2~3本は間違いない」と皮算用を描いていたのだが・・・

6時半、出船。

ジギング②
















最初のアジロで、ベイトのタチウオがヒット。
ベイトにしては少しサイズが大きい指4本クラス。

このあとは、怒涛の入れ食いが始まる予定だったのだが、なぜか魚の反応はない。

アジロを変わること数度、ようやくヤズがヒット。サイズは3kgクラス。
これが船中で最初の一匹。

ジギング③















このあと、船中にポツポツ当たるも、本調子には程遠い。

ジギング④














午後の潮で、もう一本キャッチ。サイズは午前と同サイズ。
ジグは、珍しくショート系。

このあとは、再び沈黙。カサゴを一匹釣るのがやっとだ。

どうも海の雰囲気もおかしい。
10月というのに、なんだか夏の終わりのような潮色だ。

16時に沖上がり。
結局、ヤズ2本で終わってしまった。船中でもヤズとネイリ合わせて9本と振るわない一日だった。
どうも未だに高水温の影響が残っているようだ。

ちなみに、この数日後に潮が変わったらしく、しばらく好釣果が続いたらしい。14kgのブリも上がったそうだ。

釣りは、本当にタイミングが大事だ。
たまには、大釣りのタイミングに遭遇したいものだ。



kera2_saurus at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)オフショア 

2010年10月01日

キビレゲーム

キビレ
















ここ数年、キビレの魚影が増えたようだ。
高水温の影響か、キビレの釣果が多くなってきている。
そういえば、今年はチヌゲームがいよいよ定着した感がある。



kera2_saurus at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)釣りいろいろ 

2010年09月21日

秋シーズン考察

マルスズキ80cm級
















今年の夏は、とにかく暑かった。
だが、ようやく秋風が吹き始めたこの頃。
海の中はどんな感じかと、テニス帰りに寄り道してみた。

開始早々、ヒット。
だけど、魚体はまだまだ夏の魚。
シーズンインは、まだ当分先のようだ。



kera2_saurus at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)シーバス 

2010年06月08日

シルクツリー

ネムの木
















ネムの木の花が咲く頃は、前半シーズンの最後の盛りだ。
だが、今年はこの一本だけ。
釣りに行かないから、仕方がないのだけど(苦笑)

だが、実はこの一匹が秋シーズンの迷路の入り口となってしまった。

マルスズキ80cm級



kera2_saurus at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)シーバス 

2010年06月03日

トップウォーターバスゲーム

トップウォーターバスゲーム
















トップウォーターゲームが一番面白い季節がやってきた
アフターからの回復期のバスは、非常にエキサイティング!

そういえば、DOG-Xもいよいよ型落ちか~。



kera2_saurus at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)バス 

2010年03月30日

面白い!

うわかぜ丸
















久しぶりに、うわかぜ丸さんで出撃。
今回は、自身初のキャスティングゲームである。

キャスティングといえば、現在最も熱いオフショアの釣りと言えよう。
これまでは北部九州や外房など限られた地域での釣りだと思っていたのだが、うわかぜ丸の船長さんが開拓を進めた結果、宇和海でもブリを中心としたキャスティングゲームが成立するようになってきた。

伊予灘のナブラ打ちや夏のシイラゲームとも違うキャスティングの釣りに興味があったので、うわかぜ丸さんに勉強を兼ねて今回乗せていただくことにした。
ただ、僕はキャスティングのタックルを持っていない。船長さんと相談した結果、今回は一応シイラタックルを持ち込み、様子を見ての釣りということになった。

当日は、7人で出船。
同船者は、皆さんオフショアのエキスパートばかりで、技術もタックルも凄い方ばかりであった。お話を伺うだけでも、かなり学ぶものがあった。
釣りの方は、キャスティングゲームがよく分からないのと、タックル的に問題があるため、僕はしばらく見学をさせてもらう。

最初のアジロではキャスティングでのヒットはなかったが、次のポイントからは魚の反応が出るようになり、キャスティングで魚が上がりはじめた。
ダイビングペンシルへの迫力満点のバイトシーンは、見学していてもかなり興奮するものがあった。
魚のサイズも大きく、8kgクラスのブリをはじめ、小さくても4kgクラスのハマチと釣れる魚の型はいい。

ハマチ4kg















最後のアジロでは、同船者の方が当日最大魚のブリをキャッチ。この魚は、海面上に魚体を乗り出して猛烈にルアーをチェイスしてくるなど、側で見ていてもかなり衝撃的なヒットシーンを見せてくれた。
ちなみに、このポイントでは、皆さんのおかげで僕も大マグレのハマチを釣ることができた(笑)。

はじめてのキャスティングゲームであったが、非常に面白い釣りとなった。
今回は見学中心であったが、次回はタックルを揃えて本格的に望みたい。
また、宇和海だけでなく高知沖やショアからでも、この釣りをやってみたいものである。

最近は各社のカタログを眺め、タックルについて考える日々である(笑)


同船者の皆さん、ありがとうございました。
おかげ様で、とても良い勉強ができました!



kera2_saurus at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)オフショア