2007年05月

2007年05月31日

劇団の公演が千秋楽まであとわずかになり(と言ってもまだ6ステ、1500名以上の方がこれからご覧になるのであるが)、
映画の編集がビミョーに滞り、
なんだかめんどくさいメールがいくつか舞い込み、
なんとなく鬱々とした気分だったから、久しぶりに終演後、役者達と飲みに行った。

f8e20143.jpg
暗いところで撮ったので妙な色だが、陰山泰さんと松尾・キッチュ・貴さん。
007の話でプチ盛り上がった。

d45fd0a4.jpg
指を怪我してギプスをはめているというのに、これ以上ないという程の笑顔でなにか食い物に向かう名女優、池谷のぶえ。

456ee299.jpg
これは先日撮ったものだが、久々に会った篠原ともえと。
初めてひっそりと仕事を共にしてから、もう12年ぐらいになろうか。


飲みに行くと必ずいるナイロンの役者は廣川三憲と新谷真弓。
二人共大人だから別に今更文句はないが、疲れやしないのだろうか。
廣川さんは俺と同い年だから、つまりは老体だし、
新谷は昼間は「東京タワー」の稽古やら「たまひよ」のCM撮りやらを兼ねている。

演劇人の多くは、酒を飲むことで鋭気を養えるようで、なんだか羨ましい。


それにしても鬱々する。

ZARDの坂井泉水という人と、俺はまったく面識がなかったが、テレビに出ないとか、インタビュー取材を受けない姿勢には、なんとなく好感をもっていた。
90年代の初めに、とあるレコーディングスタジオで見掛けた時も、はしゃぐミュージシャン達の中で、ひとり穏やかに微笑む姿が、やはりなんとなく好印象を残した。

いや、別に、坂井さんが亡くなったことが、鬱々としている原因ではない。
まったく痛ましい死だったし、彼女の急逝に戸惑い悲しむファンの姿に言葉をなくしもする。
しかしながら、彼らに割り込むほどの強い悲しみは、今の俺にはない。

もっと漠然とした鬱々だ。たいしたことないといえばまったくたいしたことないのだ。

そういえば、萩原聖人が、劇場入りしたばかりのある日、マッサージセットを買ってきた。
6155125b.jpg
品のよい木製ケースに入れられたこの4点のマッサージ器具を嬉しそうに抱えて楽屋に入室した聖人は、

「買ってきちゃいました」

と言った。

「買ってきました」

ではなく

「買ってきちゃいました」

なのは、このセットの価格が、240000円だからだ。

にまんよんせんえん
ではない。
にじゅうよんまんえん
だ。

たった今、行き着けのマッサージショップで買ってきたのだという。

楽屋の人々は、その価格を聞いて、全員が数秒の間静止した後、各々異なる思いを頭に過ぎらせたことだろう。

さすが、芸能人は稼いでるんだなあ・・・

あるいは

こいつ、麻雀で勝ったな。

あるいは

馬鹿なんじゃないだろうか。

などなど。

そこまでは、まだよいのだ。
悲劇は、数分後に訪れた。

その数字は、半ば呆れ果てた状態で植本潤が眺めていた
「取り扱い説明書」の末尾にポツリと記されていた。

売価 32000円。

さんじゅうにまんえん
ではない。
さんまんにせんえん
だ。

誰もが聖人を愛おしむような眼差しで見た。
聖人は「別に平気ですよ」みたいな態度で苦笑していたが、その瞬間の彼のショックを思えば、今日の俺の鬱などあっという間に吹っ飛ぶというものだ。

頑張れ聖人。
ホンッットに可愛い。


keralino at 04:38 

2007年05月29日

映画の試写状や、芝居の案内などをたくさん戴く。
それは大変有り難いものの、そして俺のペンネームが長いのがいけないのだろうが、できれば最後まで正確に明記してはもらえまいか。

三木聡監督、期待の新作「図鑑に載ってない虫」の試写状をはじめとして、もっとも多いのが

ケラリーノ・サンドロ様

である。
どうしてここでやめてしまうのか理解に苦しむが、なぜか皆さん、サンドロでやめてしまう。

デイヴィッド・リンチ監督生活30周年、上映時間3時間の大作「インランド・エンパイア」の試写状は

ケラリーノ・サンドロビッチ様

になっていた。
ビッチではない。
ヴィッチである。
惜しいんだけどね。

それでも、以前、たしか「バベル」の試写状に書かれていた

ケラーリ・サンド様

よりは遥かによい。
そんなサンドは誰も食いたいと思うまい。

めんどくさかったら、あるいは機械の問題で字数が長すぎて打ち出せないのであれば、

KERA様

でよいよ。
申し訳ない、送ってもらっといて文句ばっか言って。

keralino at 03:19 

2007年05月27日

まずは、昨日のシンセサイザーズ・ライヴに来てくださった方々、ありがとうございやした。
3月に出したアルバムの売り上げも予想通りもうひとつ芳しくなく、知ったことかと思いながら、楽しく歌うことができた。

次は7月28日(土)渋谷クラブ・クアトロ。

また、青山円形劇場で上演中の「犬は鎖につなぐべからず」も、予想外の好評の中、とうとう最後の週に突入せんとしている。

映画「グミ・チョコレート・パイン」は地味ながらも着々と編集作業を進行中。遅くても6月一杯には完パケるはず。

こうして、今年前半の仕事が順番に終わってゆく中、新しい仕事にも少しずつ手をつけてはいるのだ。

夏に撮影を予定していた映画が、様々な大人の事情で来年に延期になったので、今年後半の大きな仕事は3本の舞台のみになった。

まずは8月に全国各地を巡り、9月に本多劇場で上演する
「狐狸狐狸ばなし」。北條秀司氏が昭和30何年だかに書いた喜劇を脚色&演出する。
3年前に上演して、これも予想を大幅に上回る好評だったので、打ち上げの場で早々に再演のハナシが出ていたのだが、やはりやることになった。
その、昭和30何年だかの初演キャスティングは、森繁久弥、山田五十鈴、三木のり平、といったもんのすげえメンツで、題名通り、男と女の騙し合いを洒落た筆致で書いた名作。
キャストは一名を除き、3年前と一緒。
すなわち、篠井英介、ラサール石井、板尾創二、六角精児のメイン4名を中心とした、安定したキャスティング。

まあ、これは再演だし、あまり大きな改稿をする予定もないので楽といえば楽なのだが、問題は、続くニ作だ。

とうとう、休筆を解き、執筆作業を再開することにした。

10月のPARCO劇場は、
古田新太を座長にした傍若無人な公演になるだろう。
古田とは、何年も前から、
「次に一緒に何かやるなら、徹底的にひどいことをやろう」
と約束していた。
やり逃げ感の強い作品を期待したい。
って俺が書くんだけど。書いて演出すんだけど。

で、12月に本多劇場、1月にツアーで何箇所かを廻る、ナイロンの公演、これも新作。

両作品とも、まだタイトル未定。
てかタイトルってどうやって考えてたんだっけ、忘れちった。



keralino at 08:03 

2007年05月22日

ナイロン100℃公演
「犬は鎖につなぐべからず
〜岸田國士一幕劇コレクション〜」
も、明けて本日5月22日の夜公演で、調度折り返し。
つまり、15ステージを終えることになる。

早いものだ。

お蔭さまで、想像を遥かに超えた好評を戴き、改めて國士ちゃんの筆力に敬服。

そして、岸田今日子さんに、ぜひぜひ観て頂きたかった・・・。

昨日は、舞台は休演日で、終日「グミ・チョコレート・パイン」のオフライン編集。
そして本日も夕方まで黙々と編集を続ける予定。

実は、心に大きく陰を落とす、いくつかの気掛かりがありながらの作業だったが、そして、そうした気掛かりというものは、何故か時期を同じくして襲ってくるものだが、作品のおかげで、何もかも忘れて没頭できた。

大槻に感謝するべきか。なんか悔しいけど。



keralino at 04:22 

2007年05月19日

ナイロン公演、一昨日は木曜だったがマチネがあり、それをギャラリーから観劇後、ソアレはモニターでチラチラ観るに留め、なんやかんやの雑務を済ませ、ソアレ終演後は、観に来てくれた、いとうせいこうさん、時効警察のチーフ助監督の鬼頭さん、「日本沈没」などを撮った樋口監督(ごめん、下の名前わかんない)、今回はパンフの編集をしてくれた白水社の和久田さん、豆千代さん、宮永正隆さん、そして役者数名で、鉄板焼屋で少しだけ飲んだり食べたりした後、下北沢のスタジオで、ケラ&ザ・シンセサイザーズのオールナイト・リハーサル。

俺のスケジュールに合わせ、メンバーには無理にお願いしたリハだ。

夜通しのリハーサルなんて、何年振りだろう。
20代の頃は、なにかとオールナイトだった。バンドのリハも、オールナイトだと5時間パックだとか6時間パックとかで、割安になるから、そして夜中ならば仕事もあまり入ってこないから、こぞって夜中にばかり練習をしていた。

リハーサルスタジオには、たいてい掲示板があり、メンバー募集やライヴの告知がたくさん貼られている。

その中に、

アーティスト写真、
プロモーション写真、撮影します。
無料。
連絡ください。

というのがあった。
そいつぁ有り難いが、問題なのは、名前も連絡先も、一切記されていないことだ。
そこまでは教えられないということだろうか。
自力で連絡先をつきとめられた者だけが、無料で写真を撮ってもらえるのだろう。


随分前に見かけたメンバー募集の告知も謎だった。

新メンバー急募。
当方、B.とVo.の4人組み。
パワフルなDs.及びイカシたH求む。

謎は二つある。

まずは

「B.とVo.の4人組み」

の部分だ。
B.はベース、Vo.はヴォーカルだろう。それはいい。
問題は、人数の振り分けだ。
ベースとヴォーカル
で4人となると、なかなかない4人組みなのではないか。

まず考えられるのは、トリオ・ヴォーカルとベーシスト一人。
古い例えで恐縮だが、キャンディーズやしぶがき隊や少年隊のような三人に、なぜか一人だけベースがついてるというケースだ。

次に、ベーシストが三人と、ヴォーカリスト一人。
ものすごく低音の効いたバンドである。

そして、ヴォーカリスト二人とベーシスト二人。
ああ、それならアリかもね、とは決して言わせない奇妙な4人組みだ。

あるいは、意表をついて、
ベースの弾き語り4人。

謎である。

第二の謎は、後半部分、

パワフルなDs.及びイカシたH.急募。

「パワフルなDs.」は何も問題ない。
ドラムはパワフルであるに越したことはあるまい。
説明してもらいたいのは
「イカシたH.」だ。「H.」てなんの楽器だよ。
ホルンか。
ベーシストが3人も4人もいるというのに、さらにそんな低域の音を欲して、一体どんな音楽をやろうというのか。
それとも、楽器じゃないのだろうか。
「イカシたH.急募」というのは
「イカシたセックスを今すぐしたい」
という意味か。
「イカシたセックス」ってどんなセックスだ。
セフレ募集をリハーサルスタジオの掲示板に告知してよいものなのか。

まったくもって謎は深まるばかりだが、そんなこたあどうでもよい。

3月に素晴らしい出来のアルバム「15ELEPHANTS」を発表した我々は、約一年振りにライヴをやるのである。
いつライヴをやるのかといえば、今月26日にライヴをやるのであり、わりとすぐにライヴをやるのであり、どこでライヴをやるのかといえば初台ドアーズでライヴをやるのであり、ここはグミチョコの撮影でもさんざん使用させて頂いた。

ライヴをやるからには、これを読んでいる皆様にもライヴに来てほしいのだが、それ以前に、歌えなけりゃライヴもクソもあったもんじゃねえから、こうして深夜のリハーサルをおこなったりもするものの、なかなかに疲れる。

ニューアルバムからも半分近くの曲を歌う予定だから、ともかく歌い込む必要があるのだが、二曲めぐらいで早くも声が枯れ気味になるのは、普段たいして大声も出さないのに、いきなりピョンピョン跳ねたりしながら、あらん限りの声でがなり立てたからで、これでは喉もたまったものではないだろう。

そんなわけで今日は喉がガラガラにしてグミチョコの編集に出かけたのだった。

keralino at 01:29 

2007年05月17日

まずは、前回の記事を読んでメールをくれた友人、知人の皆様、お手数をおかけしました。
返事、返しきれてませんが、しっかり登録しました。


さて、映画「グミ・チョコレート・パイン」が、追加撮影の二日間を終え、ついにクランクアップした。

まだ実景撮りや手元の物撮りが残っているが、まあ、クランクアップと言ってしまってよかろう。

今月と来月で、舞台やライヴをやりながら、編集とダビングをこなさねばならないが、ひとまずはホッとした。

ともかく、俺の人生で、最も「金がない」という言葉を繰り返し聞かされた仕事である。

「金の無さ」との戦いは慣れているつもりだが、「金の無さを強調され続けること」との戦いには不慣れなので、しんどかった。
キャスト&スタッフの諸君、よくぞ戦い抜いた、「金のなさの強調」と。
ありがとう。


6a60c1a1.jpg
主演の石田卓也、ヒロインの黒川芽以、ありがとう。

9bc9eebc.jpg
「祝・クランクアップ」の熨斗が巻かれた弁当を、クランクアップする随分前に食べた。

そんな戦いの結晶は、どうやら来年正月第二弾の公開になりそうだ。

近くなってまだこのblogを続けていたら、あれこれと撮影時の思い出を書くかもしれないし、書かないかもしれない。
いずれにしても
「金がないと言われまくった仕事だったなあ」
という印象が一番の作品になるだろう。


keralino at 04:28 

2007年05月13日

久々の更新でこんなことをいきなりお願いするのもなんなんスが、
私の知り合いの方、ヒマな時でいいので、一度、携帯にメールを戴けないだろうか。
必ずお名前を明記のこと。

なぜなら、携帯のメモリーデータがすべて飛んでしまって、ごく限られた数十名の方の連絡先しかわからなくなってしまったからです。
呆れたことに、同様の事故を、俺は去年の秋、「漂う電球」の上演期間中にも経験していて、そん時も慌てて色々な人に色々な人の連絡先を伺いまくって迷惑をかけました。

なにしろパソコンを持っていないので、データの保存とかできないし、もし持っていたところで、ガッツ石松並みに機械音痴の俺にはそんなむつかしい事は出来っこないのでパソコン買う気もないし、まあそんなことはよいとして、今のキモチはただ一言、

ソフトバンクは本当にダメだ

である。

そう書いているこのblogもソフトバンクの携帯で打っているわけだから、何を書いたところで、世話になっているには違いないものの、ソフトバンクの3Gは、海外で電話が受けられる以外、いいところはなにもないのは間違いない。

ここ一週間更新が滞っていたのも、携帯の不調が主な原因だ。

なんとか電話とメールは使えていたのだが、昨日の夜、パッタリと電源が入らなくなった。

明日明後日とグミチョコの追加撮影なので、まったく動けないため、今日中になんとかせねばと思い、近くのソフトバンクショップに駆け込んだのだが、
その呆れた対応たるや、呆れ過ぎて仔細な内容を書く気にもならない。

ソフトバンクはダメだ。
このblogに載せようとして撮った、緒川たまきの愉快な一面を捕らえた写真も、ribbonのメンバーが3人揃った貴重な写真も、大河内浩さんのバースデー写真も、振り付けの井手くんとのツーショットも、グミチョコの音楽を担当してもらうゲイリー芦屋氏との記念写真も、皆、幻となってしまった。

ソフトバンクはダメだ。


ナイロンの公演は順調です。
いつもと違うテイストに戸惑う観客の方も少なくないようですが、これも新たなナイロンの一面だと思って頂きたい。

ソフトバンクは本当にダメだ。
潰れてしまえばよいのに。

keralino at 20:42 

2007年05月07日

以下は、今朝、稽古へ向かうタクシーの中で書いた文章。
携帯がバッテリー切れで投稿できなかった。



昨日で稽古場に組まれていた装置はバラされ、本日劇場へと搬入される。

だが、役者と俺と演出助手の山田美紀ちゃんは、装置がなくなってビニールテープのバミりのみになった稽古場で、今日一日、最後のネバリで稽古をする。

今回客演してもらう萩原聖人とは、随分前、吉祥寺の稽古場で隣になったことがある。
当時彼が主宰していた劇団の稽古だった。
こちらはたしか、「フリドニア」かなにかの稽古だった。

壁一つ隔てた部屋から聞こえてくるのは、随分熱っぽい台詞で、
「ああ、こういう芝居する人とは縁がないだろうな」
と思った。
ひどい偏見だ。

誰かが

「わ、和久井映美が弁当を届けに来てるぞ」

と報告に来て、役者たちは皆、和久井さんを見に廊下へ一斉に飛び出して行った。
恥知らずもいいとこだ。

あれから、俺にもいろいろあったし、聖人にもいろいろあった。
もちろんまだよくは知らないが、10年も経てば、誰にだっていろいろあるものだ。
少なくとも、今回の稽古場に和久井さんが弁当を届けに来ることはなかった。

聖人の真面目で人なつっこい性格は、ナイロンの役者たちにもあっという間になじみ、お互い気を遣わずに済む関係を早く作れた。

和久井さんとの離婚報道の少し前ぐらいから、聖人の、女性誌での扱われようはひどいものだった。

一言でいうと
「ろくでなし」。

正直、俺も、稽古場で麻雀を始められたらどうしたもんか、と懸念していなくもなかったが、とんでもない、いたって真面目な男だ。麻雀が好きなのは事実のようだけど。

稽古のあと、夜中に何度か電話で話したりもしたが、常に台本を読み返し、役のことを考えてくれている。

俺も今回、稽古開始一週間後ぐらいから、寝ても覚めても岸田國士なので、よい話し相手になってくれている。

女性週間誌の報道ってのはまったくひどいもので、大竹しのぶさんにしても、なんだか非常識の権化のような書かれ方をしていたが、俺と芝居を作っている限りでは、まったく以って真面目で、極めて熱心な役者さんだった。

昨年春、「時効警察」のお疲れ会を兼ねて、オダギリと麻生と奥菜と犬山と俺で焼肉を食いに行った時だってそうだ。

店員が撮ったのか客が撮ったのか知らないが、ともかく盗み撮りされ、載った記事の見出しは

「オダギリジョーの失恋を癒す二人の女優」
俺と犬山の存在はなくなっていた。
失礼極まりない。


5195b59a.jpg
これは比較的やる気のある萩原聖人。
7483282d.jpg
で、これは比較的やる気をなくした萩原聖人。
首の角度が違うだけという気もするが。


keralino at 23:54 

2007年05月06日

4日にオンエアされた
「帰ってきた時効警察・第4話」
はどうやら概ね好評だという噂で、安心している。

3a8f44bd.jpg
早め亭でのスナップ。
左から麻生を睨むオダギリ、
犬山、
オダギリに睨まれてることに気付かぬ麻生。

ちなみに、麻生が今回歌った犬山作詞作曲の3曲は、すべてサントラ盤に収録されている。
さらに、この3曲のオリジナルバージョンプラス7〜8曲、つまり10〜11曲の、犬山イヌコ作詞作曲歌唱による「馬鹿げた歌たち」と、7曲の「馬鹿げてない歌たち」を収録した、犬山久々のソロアルバムも、2枚組で7月に発売される。(俺もプロデューサーの一人ス)

7eab8564.jpg
なんだかよくわからない生き物に変身した三日月を指すオダギリ。バックは合成なのでグリーンの布。

89824c07.jpg
ツララの刺し傷をメイク中の七海象次郎AS市川しんぺー。

95198104.jpg
数々の異様な美術を手掛ける、高桑さん。
撮影中には一緒にニンニク注射を打ちに行った。
高桑さんに限らず、時効のスタッフは本当に仕事が早く、現場での即応力が抜群なので非常にやりやすかった。
決定稿が上がってから一週間なかったというのに、

三日月のアルバムジャケット

三日月のポスター数種(レコード屋握手会のシーン)

浅野さんがかぶる、縦横無尽に髪形が変わるカツラ
そして最終的には波打つカツラ
(中に三つの風船的なものが仕込まれている)

卯木ヒプノセラピークリニックのパンフ

七海邸書斎のミニチュア模型

七海の著書5冊

トオルが働く魚屋の調理場奥に見える巨大な魚

三日月の卒業アルバム

などなど、一筋縄ではいかない仕掛けや小道具を用意してくれた。
さらに、冒頭のシーンでは、カメラが回る直前の思い付きで、ワンカットで夜から朝になることにしたので、急遽同じ目覚まし時計が二つ必要になった。
カメラ前を三日月が隠してくれている間に、背後の時計を素早く取り替える、超アナログな方法。
スタッフは15分で目覚まし時計を二つ買ってきてくれた。

また、象次郎が癌の宣告を受ける短いシーンでも、やたら長い棒でレントゲン写真を指したい、といきなり言い出した俺の前に、釣竿だのハリガネだの、あっという間に長い棒がズラリと並んだ。
(結局、釣り竿に赤と白で装飾してもらった)

こんな事だらけの撮影に即応してくれて、なおかつ、そうした我が儘に対し、楽しそうでたまらないといった反応を示してくれるから、監督たちは相当楽しいのであり、その楽しさが画面にも漂っているに違いないのだ。



それはそうと、ナイロンの公演である。
明日で稽古は終わり、青山円形劇場に入る。上演時間は最終的に、途中10分(予定)の休憩を挟むことにし、

前半1時間45分
後半1時間

みたいなことになっている。
何度も書くようだが、岸田國士のすごさがわかる舞台になるハズだ。

チケット完売というデマが流れているらしいが、まだ前売チケットが残っている回がたくさんある。
差し当たり、近いところでは、11日の金曜とか13日の日曜ソアレとか。
お待ちしております。

keralino at 03:25 

2007年05月04日

珍しく打ち合わせも書き物の締め切りなかったので、珍しく役者達と飲み、珍しく1時前に帰宅。

飲みの席でもほとんどが岸田國士と作品に関わる話に終始する。
岸田國士氏もこれだけ語ってもらえれば本望なのではないか。

今回、岸田さんの短篇7本をコラージュして1本の作品にしたわけだが、そしてもちろん許可を得てそうさせてもらっているわけだが、考えてみるとこれはとんでもないことだ。
「コラージュ」なんて言うと聞こえはよいが、要は作品をバラバラにして作者の意図と関係なくツギハギにしているわけだから。

もし、「梶原一騎コラージュ」なんつって、力石が死んだシーンから始まって西が鼻からうどんを出すシーンを挟み、飛雄馬が「俺の父ちゃんは日本一の日雇い人夫だあ!」と叫んだと思ったら西が鼻からうどんを出し、次の瞬間早乙女愛が大河誠とスキー場で出会って西が鼻からうどんを出し、次のシーンでは西が鼻からうどんを出すやいなや西が鼻からうどんを出し、最後は西が鼻からうどんを出してオワリ、
なんてことをやったら
「梶原一騎の作品は、主に西が鼻からうどんを出す」

という誤った認識を観る者に与えかねない。
岸田國士について考えれば考えるほど、岸田國士の作品に触れれば触れるほど、預かった人間としての責任を強く感じ、稽古に入る前の
「まあ、結果面白くなりゃ本人も天国で喜んでくれるだろう」
なんていう気持ちはもはやさらさらなく、こんなにも面白いものを7本もまとめて素材に使わせてもらうのだから、つまらないものが出来上がっちまった日にゃ、完全に俺の責任だ、と感じるようになった。

岸田さんがどんな思いで、どんな意図で台詞の一行一行を書いたのか、どんなにつらい思いをして、どんなに楽しんでト書きのひとつひとつを書いたのかを考えると、
今更ながら、カットした台詞をすべて戻したくもなるし、原作のト書きと全く違う指示に書き変えた上演台本を、少しでも元に戻したくなるのだ。

もちろん、これだけいじりまくっておいて、なにを馬鹿げたことを抜かしているのかとも自嘲する。
そして、潤色とは、演出とは、つまりは原作を誤読することなのだとも思う。

しかし、今回ばかりは、日を追うごとに作家岸田國士をリスペクトしてゆく自分を感じ、それに伴うプレッシャーも日毎に増し、だからこそ、このタイミングで氏の作品を手掛けさせてもらえた幸せを感じるのである。



keralino at 01:37