2011年09月

2011年09月25日

整理せずに一気に書く。論文ではない。雑記。

「奥様お尻をどうぞ」を無事閉幕し、「ケラリーノ・サンドロヴィッチ・ミューヂック・アワー#004」を終了したとたん、怒涛のように、やりきれないことが次々と襲い掛かってきた。

多くは大人の事情でここには書けない。

「やりきれない」といっても、致命傷という程のことではなく、であるなら、実はやりきれなくなんかない。

ひとつには、譲り受けたばかりの猫が病気になった。
数日間、高熱が続き、あれほど「みゃー」だの「にゃん」だのよく鳴いていたのに、ほとんど声を出さなくなった。原因は定かではないが、なんらかの感染症の疑いが強い、と医者は言い、予防接種は受けたものの、完全に防ぎきれるとは限らないのだ、と彼は続けるから、素人としては「はあそうですか」と言葉少なに頷くしかない。
なにしろ生まれて二ヶ月の子猫だ。高熱が何日も続くだけで、生命の危機といってもよい。

幸い、少しずつ容態はよくなり、まだまだ予断を許さないとはいえ、先程はじゃれついてくるほどになった。


もうひとつには、仕事のうえで、ある範囲の人達に対して、いくつかの幻滅を感じる事件が、まるで推し量ったかの如く、連続して起こったこと。それらの幻滅は物理的な側面より、精神的なポイントによるダメージだということ。とはいえ、問題はシステムにあるのではないかと、深く考え込むに至ったこと。

そして、これが実は一番大きな出来事(であると同時に、今この国に暮らしている以上当然のこと)かもしれないのだが、「震災以降の日本がいかに不条理な状況にあるか」を、改めて客観視してしまったこと。

万一、起こったなら、それはとりもなおさず「この世のおわり」に他ならなかったはずの事態が、いともあっさりと起こってしまった。
それが本当に起こってしまったのだということを、我々は一体どこまでわかっているのか。

現状、事態がまださほど絶望的な事態にまで立ち至っていないのではないかと、もしも人が思うとしたら、それは、短時間に数万、数十万単位の死者数を出すような破局でないから、に過ぎない。

今後、我々は二度と、これまでのような形で未来を、人生を、希望を、幸福を、語ることはできない。

誰も(俺もだ)真に責任を負おうとしない。

正義より、倫理より、良心より、ただ実利だけを見据える、打算と保身に満ち満ちた国。「私はそんな人間ではない」と目くじらを立てたところで、国の総意は世界の誰が見ても言い訳できないところにある。


誤解しないで頂きたい。俺は鬱々とはしているが、鬱病ではない。

ただ、目を反らさずに生きてゆく為に、今、このタイミングで、少しは頭を抱えこんでみたり、する必要があったのかもしれない。

「世界のおわり」以降(繰り返すが、それは今だ)を生きるための、自分なりの方法を模索しなければならない。

「やりきれない」ことではない。「やりきれない」ならとっくに死んでるよ。こうしてブログなんか書いてる時点で、生きてゆくと宣言したようなものだ。なにより、こんな極めて異常な事態を、この世の終末以降を体験することができてるなんて、なんて儲けものだ、と、ニヤニヤ笑いながら眺める、もう一人の自分を感じずにはおれないのだ。



keralino at 04:09コメント(7)