2007年01月28日

雑記、他。

某所で京唄子さんを見かけ、サインをもらおうかどうしようか、迷ったあげく、やめた。



タクシーの運転手とケンカになって、あんまり頭に来たから、やにわに、座席の前にあった、脱毛のパンフレットをつかみ、運転席にぶちまけて降りた。
我ながら大人げないが、どうしても月に一度は喧嘩になる。
禁煙車が、しっかりと禁煙車であることを明示せずに走行していることに問題がある。



「あるある大辞典」の納豆ダイエット捏造事件に関して、小学校1、2年とおぼしき女の子二人が、代官山の路上、ガードレールに座って、激論を戦わせていた。
子供なら、もっと他になにか激論することはないのだろうか。



スタジオで、某若手ビジュアル系バンドのCDのフライヤーを見た。
1曲めのタイトルが「天使ノ祈リ」なのはよいが、2曲めが「若気ノ至リ」なのはいかがなものか。



最近観たDVD。
「ハチミツとクローバー」、
「浮草」、
「プライドと偏見」、
「バッド・エデュケーション」
「40歳の童貞男」
「貸間あり」
「受取人不明」
「ふくろうの河」
「浪花哀歌」
「七人の弔」
「どん底(ジャン・ルノアール版)」
「オール・ザット・ジャズ」

主として入浴中に、一日約30分ずつを、ポータブルDVDプレーヤーで観賞。



先週、久しぶりに電車に乗っていたら、突然耳に激痛を感じ、振り向くと、外人の子供が俺の耳を噛んでいた。
もう随分前にも、まったく同じ経験をしたことがある。
どうやら、俺の耳と江川卓の耳は、でかいから外人の子供に噛まれ易いらしい。



fff41022.jpg
VOW常連投稿者のFくんが送ってきた写真。

いくらなんでも、そんな言い方はないじゃないか。



26日と27日の二日間は、某ドラマの準備稿を仕上げ、夕刊フジの連載を書き、打ち合わせを4本し、両日とも深夜から朝方にかけてはスタジオに行った。
これで、なんとか、某ドラマも、映画(グミ・チョコレート・パイン)も、とりあえずのたたき台となるシナリオは完成。あとは1、2回直して、決定稿となる。


27日のスタジオ(つまりついさっきまで)では、犬山のたっての願いが叶い、はるばる沖縄から、新良幸人さんと下地勇さんがスタジオ入りして、レコーディングにゲスト参加してくださった。



6244c79d.jpg
下地勇さんは、今回、1曲、作詞作曲して曲を提供してくれた。(タイトル未定)。
今日はその曲のコーラスで参加していただいた。
待ち時間には「海辺のカフカ」下巻を、食い入るように読む美男子。


838c7f42.jpg
新良さんには、「ニャースの歌」(ボーナストラック予定)で三線を、「かすかなしるし」でコーラスをお願いした。
三線の音色ってのは、どうしてこうも心に染み入るのだろう。


犬山のアルバムは、全7曲入りの「ポップス盤」と、やはり7曲ぐらい収録予定の「バカ歌盤」の、二枚組セットになる予定。
6月リリースを目標に、日々着々と製作中。


一方、ケラ&ザ・シンセサイザーズは、ここのところ、レコーディングがやや滞り気味だが、ちくしょうめ、なんとか乗り切る。
こちらは3月21日発売予定であるけんども、個人的見解では、一ヵ月ぐらい発売が延びるのではないかと予想する。
もし延びなかったら、それは「相当無理して頑張った」ということだ。



keralino at 05:55