2007年02月26日

J−POP考。

ケラ&ザ・シンセサイザーズ、活動13年めにして初のフルアルバム
「15ELEPHANTS」
レコーディングはいよいよ大詰め。

明日27日及び3月2日の録音と、3日のトラックダウン・チェックを残すのみとなった。

現在ボーカルが録音済みなのは9曲。

全15曲だが、いかにレコーディング現場が混乱を極めているかは、最近、オケの数を数え上げてみたら1曲多かったことからも察せられよう。
16曲あったのだ。
15曲入りなのに。
余裕があるならいざ知らず、こんなギリギリの作業だというのに、一曲余計に作ってしまって、なおかつ、そのことに誰一人として気付かないとは。

我々は、ばかものの集まりである。

ただし、混乱はどういうわけか、すべて良い方向に作用しており、相変わらず仕上がりは非常に高いレベルにあるように思えてならない。
世間一般の音楽業界から見たら、どう位置するかは知らないが、世間一般なんぞ知ったこっちゃないのだ。

昨日はインディーズ・イシューという音楽誌の取材を、三浦と二人で受けた。
そこで、現在の音楽シーンに話が及んだのだが、俺はJ−POPシーンにはとんと疎く、ではUKポップはどうなのかと言われれば、現役ではローリング・ストーンズぐらいしか知らず、つまり、今の音楽シーンはさっぱりわからないのであるが、有線放送やタクシーのラジオなどで聴く限りでは、日本のお若い歌い手さんたちが最近歌う歌は、おしなべてお行儀よく感じるのは俺だけか?

皆さん歌も演奏も目茶苦茶うまいのには感心するが、だからどうしたと言えないこともない。技術だけならいくらでも上がいる。

それはそうと、歌ってる人はあれなのだろうか、自分をいい人だと思ってもらいたいのだろうか。
聴く歌聴く歌ポジティブな歌ばかりなので、ついそんなことを考えてしまう。
そうした歌もあってよいだろう。
だが、そうではない歌だって、同じぐらいの数があるべきではないか。
歌ってのはもっと自由なものではないのか。

別に、本心を歌わなくたってよいわけだし、思ってもいないことを歌ったって構わないし、気の狂ったようなことを歌ったって構わない。

清志郎さんはその昔、

「この世は金さ」

だの、細部は曖昧だが、

「もしもそいつがアレを持ってたら/例え嫌な奴でも/つきあいたい」

だのと歌い、
氷室狂介と記していた頃の氷室京介は、

「人の不幸は大好きさ」

としつこい程連呼して歌った。
巻上公一さんには

「楽しいな 人間が死ぬなんて/楽しいな 動物が死ぬなんて」

しか歌詞がない「幼虫の危機」という名曲がある。
田口トモロヲに至っては、

「ウンコ食べたら40万円」

なのであり、いわば、歌はモラルを越えたところにある。
こうした歌と並んで、

「愛してるよ君のこと/心から思うよ」

みたいな、切実な純愛を歌う歌や、

「かあさんお肩をたたきましょう」

みたいな、もうホントいい子だね、みたいな歌があってこそ、
イロイロあって面白いのではないか。

「幼虫の危機」を歌っているからといって、巻上さんが本当に
人が死んだり動物が死ぬのが楽しくてたまらないと思ってるわけがないのであり、まあ、思ってるかもしれないが、ともかくそれが歌の自由さだ。
日記を読んでいるんじゃないのだから、オーディエンスは、歌手の歌う歌で人間的な評価を下したりはしない。
いや、する人もいるのかも知れないが、俺はしない。
純愛を歌っている人の8割は、ドロドロしたなんか、憎しみとアンモラルと腐った蛙の死体と、虫というか、蟲師というか、言ってることがよくわからなくなってきたが、そんな恋愛をしているような気がしてしまう。

純な面を見せるもよかろう。だが、もう一面も見せなさい。それでこそフェアだ。真実だ。
とは言え、ピュアなラブソングとスカトロの歌をカップリングされてリリースされても困るが。


さて、そんな歌がまだ巷に溢れていた時代を描く映画、「グミ・チョコレート・パイン」の進行は。

この前書いたように、昨夜は主役男子4名と飯を食った。
みんな本当にいい奴らで、だけどいい奴らなだけではいい映画は撮れないのであって、監督としては彼らを悲しませないよう精一杯努力したいのであれば、それ以上に彼らには監督を悲しませないよう努力をしてもらわなければならないのだ。

今日は昼過ぎからサントラの打ち合わせをした後、ライン・プロデューサーとスケジュールについてバトル。
諸々、俺が悪い点がたくさんあるが、ここで折れたら一生後悔する。第一、作品が可哀相だ。嫌われてもかまわない。出来得る限り、作りたいものを作る。
スタッフの皆様、迷惑かけて申し訳ない。
とは思うが、作りたいように作る。


今日もこれから決定稿作り。
締め切りは3月3日深夜。レコーディングとほぼ同時に脚本作りが終わるわけだ。

唖々、どうして締め切りは重なるのだろう。

keralino at 21:40