2010年06月30日

2番目、或いは3番目。

タイトルを決めたのは昨年末にシアター・コクーンで「東京月光魔曲」を上演中の時期だったと記憶する。

大体いつもそんなローテーションだ。ようやく「2番目、或いは3番目」が落ち着きつつある今は、年末の舞台のタイトルなどの概要の決定を迫られている。

というのは自分本位な言い分で、プロデュース・サイドとしては、幕が開くまで待ってくれていたわけだから、決めないわけにはいかない。

そんなわけで、芝居のタイトルやコメント文は、大変な仕事を終えてグッタリしている時に、決めたり書いたりすることが多いのだった。

それはともかく、ナイロンの新作「2番目、或いは3番目」の開幕から10日が経った。

「わが闇」「シャープさんフラットさん」「神様とその他の変種」と連続した三本では、特殊な環境下の物語ではあるものの、どの舞台でも、作者や演者と等身大、少なくとも身近に感じられる人間を描いてきた。

当然ながら、舞台設定は日本だし、明確にはしていないけれど、時代も現代だ。

そうした共通項から、上記三作を無理矢理「三部作」とするなら、カフカをコラージュしたインチキな実験作「世田谷カフカ」を経て、俺は一体ナイロンでどこへ行こうとしているのでしょうか。聞きたいぐらいだ。

「2番目、或いは3番目」は架空の国の町が舞台だし、何が起こったあとなのかも語られない。非常に抽象性の高い物語だ。

訪問者と住人たちの、断片的な交流を淡々と描くことで、何かを浮かび上がらせられないかと考えて書いていた。淡々とし過ぎるのもなんなので、笑いをまぶした。例によって、別役流のナンセンスな哲学から生まれる笑いが大部分。

ちょっと、まぶし過ぎたのかもしれない。
笑いによって、一見なんでもないように見える風景に透かして見せようとした、裏の様々な感情が、やや埋もれてしまった感はある。むつかしいよ。もし笑いがまったく無いとしたら、そうした情緒を汲み取れなかったお客さんにとっては、いよいよ「なんにも起こらない、退屈な舞台」ってことになってしまう。

また、笑いを、会話やシーンのスイッチ・チェンジの為、あるいは登場人物たちにとっての「生活の知恵/コミュニケーションのツール」として機能させたのも、なんというか、今回は有効だったと考える。

だから、少なからず、笑いは必要だった。
必要ではあったが、少し多過ぎた。

現時点での反省。

ただ、毎度ながら、死に物狂いで、精一杯やった。面白いと感じてくれる方もいれば、そうは感じない方もいるだろう。それは「仕方ない」というより、むしろ「好ましい」。イロイロな人がイロイロな見方でイロイロなことを感じてくれているなら、こんなに嬉しいことはない。


keralino at 21:48コメント(8) 

コメント一覧

1. Posted by かおり   2010年06月30日 21:59
今回の舞台は3回見させていただきました★
初めての舞台ということでしたが、笑いがあったことでとても見やすかったです。

ただ、3回目になると台詞を言っていない役者さんの表情や動きを見て、面白いだけではなく恐怖や悲しい気持ちが出てきました。
まだ7月にも何回か見に行くので、イロイロな発見ができそうで楽しみです★

3. Posted by おさかな   2010年06月30日 22:36
15年間観続けてきたナイロンですが、年々身体に染み込むようになってきた…単純に「わかる」ようになってきたと感じています。わたしが歳を取ったからか、ケラさんが変わったのか。わかりませんが、いずれにしても「今度のは観ないでいいかな」なんて思うことはないのです。

4. Posted by 恵   2010年06月30日 23:43
こんにちわ^^ケラさん

今回の舞台、2回観ました。
わたしにはとっても難しくて、まだわからないことがいっぱい。
7月にもう一回観られるので、もう少し気持ち広げて観たいです。

笑いはいいのですが、笑う所とかほんとに上手く描かれているなぁと思いつつだたのですが、ここで果たして笑っていいの?って何度も思ったし、この裏側かが気持ちはどうなる?
とか、、、いっぱいいっぱい考えることだらけでした。くじ引きも・・・以外なことをさらっと。。。
後ろの席のかたは、「今回は面白くてわかりやすくてよかった…」っていわれていましたが、その感想すら???でした。
わたしはバカなのかもしれない…だってわからないこと一杯なんだもん。

何度も役者さんが目の前におっこちてくるのではないか?って思うくらいでしたし、気合いも入っていたし、流石!って思うこと一杯でしたし、奥様とても可愛いです(余談すぎ・・)

このコメント、公表されるべきで無いところがあるかもしれないです。そこは削除してください。

まだまだ続きますが、役者さんもスタッフの方々も、みなさん怪我なく千秋楽まで頑張ってください。
次の作品の事も、、、頑張ってください。
でも、脳みそ休めてあげてくださいね。


5. Posted by ショーユ   2010年07月01日 02:43
5 僕は15歳の時に芝居を初めて見ましたシスカンパニーのおかしな2人です。ナイロンはその年の冬に芸術劇場で放映されたフローズンビーチをみて知りました。芝居が何度も見れると言う思いからだったかビデオに録りました。面白かったです。だけどその後か前かにカムカムを見にアプルに行った時に次回公演の東京のSFのポスターが貼ってあったのですが、あまり興味を抱かなかったんです。それどころかぴあに記事が載っていてキャストが作品をイメージした衣装で載っていたんですが、奇妙でこの先も見ることはないだろうと思ってしまいました。その後は色んな作品を見て、途中ドントラやハルディンホテルやスラップスティックスのチラシも貰って少し興味を持ったんですが行きませんでした。かれこれしてカメレオンズリップに出演者に興味を持ち行きました。この公演を見て度肝抜かれました。それから色んな作品を見ながらケラさんの作品を見に行くようになりました。様々なものを見ていく中でケラさんの世界が自分が見たい世界を見せてくれるんだなと感じました。
自分は破滅的な生き方をしてしまっています。そしていま現在もそうです。でもやる気を出せば修正もできます。きっと、だけどそうしたところでなんになるんだろうと思っています。今自分が生きているのはケラさんの作品を見る為とあと一つくらいの為に存在しています。なんなんだろうって感じです。ケラさんにとっては多数の中の一人の観客です。自分にとっては当たり前に生きる為の大切なものです。
コメントを使い読んでもらおうとした、ルール違反を許して下さい。
何度でも見たい作品、そうでない作品あります、絶対的だとは決して思ったりはしてません。ただどんな作品も馴染んでくるんです。 ホントに非常識な事をしてすみませんでした。
6. Posted by あ   2010年07月01日 05:31
おもしろいとかつまらないよりも、より大きく心に振り幅を与えられるという事が。
土曜に行きます。俺は寝不足and酒臭いかなぁ(笑)
7. Posted by お医者さんに相談ください   2010年07月02日 13:37
身体がだるくて疲れが取れないのは

糖尿病

かもしれませんよぉ〜!
8. Posted by 貧乏易者   2010年07月03日 06:08
5 こんちは 地元では大人気ですぞ!一面トップです。 写真を見ると、文面開花、西洋貴族?といろんな憶測がわきますわ アナスタシアは悲鳴をあげた
9. Posted by すずきんぐ   2010年07月05日 12:19
5 久しぶりのブログ更新!お待ちしておりました!
『二番目、或いは三番目』先週見て参りました。確かに笑いは多かったですが、それでもケラさんの仰る裏のメッセージというか、今作のテーマが破綻しなかったのは、やはりケラさんを初めとして、劇団員の方々がそれを理解して、表現しようとしていたからではないかと思いました。
もちろんそれが実践できる実力がなければ出来ないことで、役者一人一人のポテンシャルにいつも感心させられます。
ケラさんは常に何かに挑戦し、反省している姿勢は本当に素晴らしく、だから私たちも常に次回作に期待をし、劇場に足を運ぼうと思うのです。
これからもたくさんの作品を作り続けて下さい。


コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星