春夏秋冬眠暁を覚えず

眠そうなオッサンの備忘録

足利方面ゆるぽた

久しぶりに節目のあるポタリングっぽいのをしたので記事化してみる試み。
なんだかんだで毎週末はどこかしら走ってるのであまり変わった話もないんですが(と、半ば放置ブログと化しているのの言い訳)

基本週末でも目覚ましは何時もどおりの0530時で起床、0600時頃出発。
行く先を筑波と栃木方面に迷いましたが、このところ連続で筑波方面に行ったので今回は栃木方面へ。

途中関宿でウダウダとトイレに寄ったりしつつ利根サイに入ってまずは渡良瀬遊水地。

ぼちぼち向かい風ですが、往路の向かい風は復路の追い風なのであまり気になりませんでした(過去形)

佐野の犬伏(の別れで有名ところ付近)のローソンで軽く補給した後定番の唐沢山へ

相変わらず猫だらけ。つか丸々太った猫達は近隣のお年寄りがエサをあげてるっぽい。あまり詳しくないんですけど、去勢手術受けさせたりとか野良猫の世話するのもルールが必要なんでしたっけ?

それはさておき。
粕尾峠方面までぐるっと回るのはちょっとしんどい気分なので、梅田湖方面でお茶を濁そうとK66を西進します。
そういえばココってどこに繋がってるんだっけ? と飛駒の曲がり角を梅田方面に曲がらずに真っ直ぐ

まぁ繋がってないんですけど(;´∀`)
もうちょっと先まで行けそうではあるんですが、ここから先は流石にMTBが必要な領域かなと。

引き返して梅田湖方面・・・どの道三境トンネル方面は通行止め継続だろうし、桐生の方に下って例弊紙街道で帰るっかなぁと思って老越路峠越えたら、今まで気にしてなかった分岐が。

看板を見ると前日光林道の長石線の起点と。松田川ダムに行った事も無かったし、そっちに進む事にします。
勾配はあまり急という感じはしませんが、交通量の少なさか全体的に路は荒れてる感じで。

ピークっぽいところに到着

このコンクリの構造物、何物なんだろうとか思ってたんですが、あとで写真をよくよく確認すると

防火用水槽とちゃんと書いてある(;´∀`)

山火事とかの消火用水源として利用するためのものですかね?

ともあれココがピークっぽいので軽く手持ちの補給をモグモグ。せっかくなので観光地っぽい? 巨石群を見物に行きます。
・・・って路は悪くないんですがあんまり車が通っている気配が無い(;´Д`)
3km近く下ってどん詰まり。一応トイレがあって、その先に巨石群が!

まだ奥まで行けそうなんですけど、カバー付ってもクリートの足ではこの辺までが限界(;´∀`)
後で地図を確認したら神社の裏のほうまで繋がってるっぽい、MTBがあれば!(それはどうかな

他に何も無いので、松田川ダムへの分岐まで登り返して(これがまた結構な登り)次は松田川ダムへ

ケルヒャーのエコ・アートの舞台ですな。あと事件のあった場所とか自殺の名所(入水、練炭)とか心霊スポットとして有名とかなんとか(;´Д`)
霊感の無いオッサンが昼間訪れる分には単なる山奥のダムですがw
※足利に降りる方の猪子トンネルもセットで語られる心霊スポットらしいですが、今回は藤坂峠に曲がってしまったので通っていません。

一応先に道もあるようですが、どん詰まりで特に面白いものも無さそうなのでとっとと降ります。補給したとはいえぼちぼちお腹減ってきたというのも。

足利までばばーっと降りて、心霊じゃないスポットにも寄って置きます。

見る人が見ると聖地の聖の字が別の漢字に置き換わりそうな樺崎八幡宮。
他の自治体に倣ってアニメによる町おこしをしようとして青くなったという都市伝説(?)が語られる例のアレの舞台です。うろ覚えですが確か敷地内で事に及んだりしてたしなぁ・・・(;´Д`)
アプローチが砂利道でクリートの足に以下略ということでココで退散。

あとはR293経由で佐野方面、途中コンビニで適当に昼ごはんっぽい補給をして、渡良瀬遊水地からCRに復帰して撤収。
結局帰りは東風が吹いて向かい風の中泣きながら家に帰ったのでした。
あいや実際には泣いていませんが、40半ばも過ぎたオッサンが泣きながら自転車漕ぐとか通報案件だと思うし(;´∀`)

コメント欄は受け付けておりません、突っ込みとかはツイッターのほうにお願いできればと存じます(;´∀`)
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

このところ2ヶ月くらいの自転車生活

既に師走・・・とまあだいぶ時間が空きました(;´∀`)

10月は9月の不調を引きずってあまり長距離は走らない方向でした。こういう時の定番不動峠が路面決壊で通れないので、何気に栃木方面ばっかり行ってたりしています。

栃木方面に行く場合まずは谷中湖経由で

軽く唐沢山に登ってから


盲腸林道登ったりとか


唐沢山から琴平峠~大平山へ抜ける定番(?)ヒルクライムスポットめぐりしたりとか


アニメ(秒速5センチメートル)の聖地巡礼したりとか


SR600KNで通ったところを再訪してみたりとかしてました。
佐野足利方面で走ったこと無いルートを割と埋められたと思います。

10末はBRM1030を走って〆 ほぼ復調したと思います。

11月は丸々乗ってない週末があって通勤以外は低調だったんですが、今年の営業終了というのを見かけて

赤城登って行く度に小さくなる気がするソフトクリームに残念な気分になったりとか。


別ルートで筑波通い再びとかとか。
ツールドつくばのコースがふさがっていると微妙にTTする気になれないので強度はグダグダです。
っても真面目にTTするのって大会前1ヶ月くらいだけな気が(;´∀`)

しかし北筑波稜線林道(第二区間)が現在通行止め

位置的には南側から登ってハンググライダーの発着場を過ぎてすぐの場所。
北からは登ってないけどたぶん風力発電所止まりかな? ともあれ南からは一本杉峠までも行けないという。
ここを登ってぐるっと筑西のほうに回って帰るのが定番だったので、これからの季節どうしたものかなぁと(この日は引き返してK7で降りた)

かれこれ今年も残り一ヶ月。走行距離的には通勤のおかげ(せい?)で25kを越えてますが、ロードバイクで走ったのは8kくらいな気も(;´∀`)
「走ってる距離だけはプロ並なんですが、走力が着いて来ません(埼玉県 40代男性)」

コメント欄は受け付けておりません、突っ込みとかはツイッターのほうにお願いできればと存じます(;´∀`)
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

BRM1030 埼玉 アタック志賀坂

を、走ってまいりました。

今年最後のブルベとなった訳ですが、結局今年は300、400、400、400、200と、何故か400ばっかり走った年になったのでした。600をDNSとかエントリーし損ねたのが痛かった(;´Д`) SR無しという。

■スタートまで
自宅から豊水橋までおおよそ50kmちょい。だらだら補給しつつ進んで3時間くらいだろうということで3時半起床4時出発。
夜明け前の交通量の少ないR463は割と快適で鼻歌交じり。追い風だったような気もします。

途中所沢の公園でトイレに寄ったりして、豊水橋手前のサンクスではまだ7時前。補給してスタート地点へ移動しても7時発の人たちのブリーフィングの最中でした。

ガーミンの充電をしつつまったりと遠くから眺めます。

目を引いたのはハロウィンの季節だったのでカボチャ仕様のライダーw

PC2で追いついたのでちょっと雑談させていただきました、このカボチャ・・・100均なれど電飾入ってて光るとかw
ライダーの方は「狙ってる」とおっさられておりましたが、バイクやウェア含めて中々のオレンジ/ブラック統一っぷりでした。やっぱこういうのがブルベを楽しんでる感あるよなーとかしみじみ思ったり。
・・・や、楽しみは人それぞれですが。

それはさておき、7時の方々を見送った後受付をして、今回のクイズポイントとかを確認。
ふーん・・・と思いつつスマホでだらだら見てたら回答っぽいのがヒットするなぁと思ったけど見なかったことにしておきます(;´∀`)
ブリーフィングも終えて出走車検準備・・・って、寒くて着てたウインドブレーカーを脱いだりモタモタしてたらほとんど最後尾に。まあ今年最後のブルベだし、楽しんで行きましょうかねーとスタートです。

■PC1まで
序盤は市街地ですので長いトレインを作らないように・・・とダラダラ走ってたら信号で長大なトレインに連結(;´∀`) 流石にちょっとアレなのでパスして前に出ます。序盤飛ばす人たちは既に遥か彼方なのか、割とまったりペースの人が多いなぁと。

途中ときがわベースのトイレにin

寒くなってくると近くていかんですねぇ(;´∀`)
この辺から定峰方面なんてのはもう完全に「知れた道」なので、たらたらと進みます。

今回登りはトップチューブバッグに突っ込んだスピーカー付きMP3プレイヤーで音楽鳴らしながら走ってたんですが、MSGとかアルカトラズとかライジングホースとか入れてきたつもりが、何故かアニソン縛り(;´Д`)あるぇー?
なんか明後日のUSBメモリにファイル突っ込んじゃったかなぁと。まぁ仕方ないので堀江由衣とかを聞きながら登ります(音楽自体は止めない)。

その後特に盛り上がりも無く定峰峠に到着。

看板が見切れているのは、ここに書いてある年月日がクイズポイントの答えだったからなのです(;´∀`)
ともあれブルベカードにクイズの答えを記入してダウンヒルゴーです。

降りはじめたら・・・寒い(;´Д`)
うーんと思いつつ止まってウインブレを着こんで再度ダウンヒル。下り切ったらウインブレを脱いで(ちょっと補給食も齧って)リスタート。秩父市街方面へ

秩父市街はなんだかツーリングライダー(オートバイの)沢山。ちょろちょろ渋滞もしているので、すり抜けも控えめに走ってPC1到着。

このあたりで7時スタートのまったり集団? に追いついた感じ。
我ながらまったりでもファストランでもないような中途半端なスピードだなぁ・・・と思いつつも、定峰降りたところでちょっと食べてるのであまり食欲も無く、今川焼きと豆乳を補給してリスタートです。

■PC2まで
R140から小鹿野方面へ抜ける道に入ったあとは車もだいぶ少なく走り易い。多少登りますが、その後はR299の分岐までどかっと快適な下り(゚∀゚)
R299に入ってからは今回のメインステージである志賀坂峠への登り基調~登りが始まります。

しかしなかなかいい景色なんですが、紅葉にはちょいと速かったですね。

志賀坂峠は7月のブルベから2度目の登坂ですが、キツイ勾配が無く淡々と上がれる印象。

こちらもイマイチ盛り上がり無く到着。
ここが二つ目のクイズポイントでした。あまりクイズのあるブルベ走ったことなかったんで、なかなか面白かったです。

ここまできて折角なので

今回も恐竜の足跡に立ち寄り。


正直ふーんとしかw
停まったついでに近くのトイレに寄って軽く手持ちの補給食を食べてリスタート・・・って下りきったら通過チェックの万葉の里がすぐそこです。

昼だから何か食べようか・・・と思うもパンとかおにぎりとかの手軽に食べられるものが無い(;´∀`)
食堂のメニュー見てもちょっと心惹かれないので、とりあえずお菓子を買って次のPCででも本格的に食べようという感じ。恐竜の足跡でちょっと食べたおかげであまりお腹減ってなかったのも多少。

ここからの道連れぐんまちゃんは後方ににらみを利かせて頂くという感じで。

万葉の里を出て暫くは湖沿いの下り基調を快走。今回要らないと思ってDHバー外してきたんですが、ちょっと欲しくなる感じw
湖を過ぎたら長瀞方面への登りにちょっと悶絶しつつ、徐々に増えてきた車にウンザリしながらPC2へ到着。

下り基調でさほど登らない区間だったので、心配していたガス欠とかの兆候もありませんでした、重畳。

PC2ではちょっと重ための補給と大休止。先のハロウィン仕様のライダーとちょっと雑談したりしてまったり。
残り40km切ってるとはいえ自宅までの+50kmがありますし、どーせこの先は車が増えてペース上がらないだろうしというのも多少。

■ゴールまで
16時を回ってそろそろ寒くなってきたのでウインブレを着なおしてリスタートです。
ゴールが近づくにつれて所々渋滞が増えてまいります・・・が、狭くてすり抜けもできませんし何より危ない。基本はおとなしく車列にならんで待つ方向で。

ゴール付近、往路はなんだかんだでアップダウンがあった気がしたんですが、戻ってくると下り基調。車に巻かれて整流されているってのもあるんでしょうが、比較的疲労感無くゴール。9時間40分くらいだったと思います。

お味噌汁を頂いてほっこり。

先頭の方が7時間台・・・というのはともかく、自分よりも20以上年上の70台ということに驚き。
最近歳だなんだというのでもう伸びしろないかなぁ? とか思ってましたが、全然まだまだということですよね
まぁ個人差もあるとは思うんですが(;´∀`)

■家に帰るまでが
輪行しようかなぁ? とも思いましたが、入間から自宅は乗り換えの秋津が結構歩くので輪行に優しくないんですよね。かといって武蔵野線に乗れるあたり(東所沢あたり?)まで行くならそのまま走れという。
結局面倒なので往路同様R463を東進します。

所沢まで来てしまえば2輪用の路肩があるんですが、そこまでの道がなかなかナーバス。途中で事故も見たので慎重に走ります。
浦和を過ぎたあたりで一旦コンビニ補給

マクドナルドとかに寄ろうにも、家でご飯食べるって言ったしなぁと(;´∀`)
結局ミスコースとかして3時間弱かかって帰宅しました。

これにて今年度のブルベは終了、来年はどんなブルベシーズンになるのかしらんと。

コメント欄は受け付けておりません、突っ込みとかはツイッターのほうにお願いできればと存じます(;´∀`)
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

このところ1ヶ月くらいの自転車生活

・・・は、なんだか調子よかったんだか悪かったんだか解りません(;´∀`)

■BRM922 伊勢1000 DNS
酷い雨のブルベだったようですが、前日の朝から妙な倦怠感と関節痛・・・おかしいなと思ったら熱が(;´Д`)
午後になっても回復せず、DNSの連絡をして家で寝ていても一向に下がらず。結局翌週月曜まで会社を休んで寝ている羽目になりました。この記事を書いている10月になっても微妙に不調感があります。

ちなみに医者の診断は熱中症・・・ぇー?
微妙に納得の行かない感じですが、思うにSR600以降コーヒーを水のように飲んでいた気がするので、それで脱水して自律神経がオカシくなったのかなぁと。ただ今カフェイン断ち中です。

■その他の自転車せいかつ
SR600の翌週は軽くということで筑波へ、ただし不動峠は

ご覧の有様。路面決壊とのことで、年内の不動復活は難しいかもしれませんね・・・(;´Д`)
仕方ないので別ルート、流石につくば道を登るのは1年に1回くらいで十分だよなぁ…と思って、道としては知っていたけど登った事の無い林道白滝線へ。

なかなかしんどい登りルートなれど、誰も走ってない貸切状態。多少荒れている場所もありますが、当分ここを上ろうかなぁ。

さらに翌週は伊勢1000を意識して平坦ロングするべえと銚子方面

さらに犬若食堂で昼ごはん

を、食べて帰りました。
結局翌週のBRM922をDNSしたんですが、この時CR中心で微妙に渇水気味だったので、それが遠因といえるかもしれません。まあ何にせよたらればのハナシです。

そしてなんとなく不調から回復した? という10月の頭。

あまり調子よくないということで、100kmほどほどでいいかと唐沢山で引き返して古河で餃子食べて帰ろうと思っていたのですが・・・


どうしてこうなった(;´Д`) ※林道作原沢入線の県境通行止め部分。
見たところ舗装されているところが続いているんですが、行けるのかなー? と思いつつも一休みして引き返しました。※ググると突破したチャレンジャーな方が途中からダートで引き返したブログが(;´∀`)

しかしこの林道、そんなにたいした高度稼いでいる訳ではないんですが、ぽんぽん変わる勾配と落石と落栗とでなかなか飽きさせない・・・というかしんどいw 行き止まりで丁度家から100km弱で、割とアプローチしやすい道を通っていけるので、たまに通おうかなぁ。そばも食べたいし(結局コンビニ)
ちなみにたまにブルベでご一緒するかず爺さんの練習?コースで、下りの途中すれちがったとか(;´∀`)

と、この一月はこんな感じでした。やっぱり200kmとか300km超のロング乗ってないと鈍るなぁ

コメント欄は受け付けておりません、突っ込みとかはツイッターのほうにお願いできればと存じます(;´∀`)
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

SR600NihonAlps 反省というか後始末と言うか

振り返って考えています。

■時間割
予定通りだったというか予定外だったというか。
初日の飯田まではほぼ予定通りというか予定よりも早い時間で進んだと思います。その後の下呂まででやっぱり失速したかなと。15時くらいに下呂付近まできて、鶏ちゃん発祥の店で遅い昼ごはんを食べるつもりでしたw
実際は16時前後と1時間遅れたのでそのまま位山峠へ。位山の通行止め区間は17時半くらいに通過していますので、このあたりはほぼ予定通りです。

失速具合はやはり二日目のほうが酷い。二日分の睡眠というのを鑑みるとやはり高山のホテルである程度まとめて寝たく、5~6時間はなんだかんだで寝て出遅れているというのもあるかもしれませんが、松本南に10時ならまだ終電で帰れる目はあったかと今更ながら。
たらればではありますが、足裏の痛みさえなければペースはもっと上げられたんですよね・・・最後小淵沢手前30km程のところで痛みが耐えがたくて休憩を30分近くしていますし。

■ホテル
今回はホテルアルファーワン高山へ。
当初ルートイングランディア飛騨高山に泊まろうかと思っていたものの、いかんせんルートからさほど離れないとはいえ市街地から離れすぎて買い物とかが厳しい(;´∀`)
ほぼ確実にロードバイクの部屋持込が可能というのはあれど、利便性考えてアルファーワンへ。
バイクの持ち込みに癖はあるものの、至近に飲食店多数+コンビニ(イレブン、デイリーヤマザキ)があるという利便性は大きい。ほぼ完全にルート沿いというのも。

■補給
なんだかこれもグダグダでした(;´Д`)
計画通りの補給場所に寄ったのって高遠のイレブンと高山のサークルKくらい。
調べるのが甘くて想定外の場所にあったり(阿南町のサークルKとか)したのは良かったですが、結局普段どおり自分の腹具合と相談で適当に停まって補給・・・みたいな。

一応補給困難区間の前は小分けのパンを袋ごともって移動してるので、ハンガーノック等は回避できていますが、ペースメイク的な意味でももうちょっと考えて組み立てた方がよかったかなぁと。

■ホイール
やっぱり頑丈手組み+RR2LL重すぎでした(;´∀`)
ただ、最後までパンクや振れの心配せずに走れたので、どっちを優先するかの問題かな? とも。今のところ次のSR600の出走予定はありませんが、着々と実績も出来てきてるんで、次のSR600もこれで走るような気がします。

■ウェア
寒さを感じたのはせいぜいしらびそまでで、ウインブレを着たのはPC2と乗鞍からのダウンヒルの時のみ。また、雨具は一度もサドルバッグから出ることはありませんでした。
冬装備でも寒さに凍えた昨年のfujiに比べると天国みたいなコンディション? かなと。
寒さ対策で全身フルカバーだったんですが、結構な日差しで結果的に日焼け対策になりました。ロングの日焼けはバカにならない消耗の原因ですし。

グローブはこのところ通勤で使っていた中国製の安物をしていったのですが、何がだめって凄い臭い(;´Д`)
フルカバーだとどうしても腕の汗がウェアを伝ってグローブに溜まるので、臭いが酷くなるのは解るんですが、逸れにしたってなんだこれという臭い・・・抗菌仕様の差かなぁ?
結局ゴールまではしていたのですが、あまりの臭さに甲府のホテルのゴミ箱にポイしてしまいました(;´∀`)

■二度目は・・・
うーんないかなぁ(;´∀`)
認定されるかどうか、というのはあるんですがやはりスタート地点まで遠いというのはいかんともし難い。乗鞍は確かに最高なんですが、行くなら乗鞍だけを目的に塩尻あたりから木曽経由でR158回避・・・というのがベターな気がします。SR600が走りたい、だけならfujiのほうが遥かにお手軽ですし。
ただ、大休止(宿泊)を松本あたりまで引っ張って終盤楽をする組み立てをするというのはちょっとやってみたいかなぁ? その前にKNで草津堪能するプランを立てたいところですがw

コメント欄は受け付けておりません、突っ込みとかはツイッターのほうにお願いできればと存じます(;´∀`)
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
これまでのあらすじ:悪の秘密組織ケンポクミアイからダメ出しをされたチャリンコライダーけろは血液検査の平和を守るため、日夜カロリー(とストレス)と戦い続けるのだった。
記事検索