春夏秋冬眠暁を覚えず

眠そうなオッサンの備忘録

BRM723 あおばスーパー400 麦草

を、走ってきました。
このところ自走範囲でのブルベ参加の限界距離的なものを測りながら参加している訳ですが、西東京方面ということでウチから車載だと駐車場や渋滞の関係で微妙に敷居の高 かった稲城発が、何気に家から54㎞くらいしかなく(しか?)、+100㎞程度で済むので悪くないかな? というのと、走ったことの無い十石方面と柳沢峠を走れるを動機にエントリー。

獲得標高が6000くらいと400kmの割と高めでは あるものの、オッサンのSR600の実績からすると300km 5000mくらいなら16~18時間程。それを考慮すると22時間くらいで走れる感じでしょう。問題はむしろSR600は300kmくらいで泊まっちゃう ので、それ以降の登坂が未知数というあたりでしょうか。
また、DNSしたSR600NA用に「頑丈さと振れなさに全振り」して組んでもらった手組みホイール。持ってみるとこれがまた明らかに6800よりも重いw この重量級ホイールにRR2LLというこれもまた重量級のタイヤを組んだ足回りがどう影響するかも未知数です。

■スタートまで
前日は当初仕事を午後半休にして睡眠に充てる予定が、都合により不可能になったので定時退社。
帰宅はなんとか19時頃、速攻でアレコレこなして19時半には床に就いたものの、走ったことのないルートでちょっと余裕を持とうと出発地点まで3時間を想定。受付開始2時なら23時発か・・・遅くとも22時半には起きねば=睡眠時間3時間。
例によって睡眠の維持困難の中途覚醒癖で、実際22時過ぎには目が覚めて着替え。それでも23時に家を出発。
ポケモンGO配信日だったので夜中でも人が沢山歩いてるな・・・と思いつつスタート地点の大丸公園付近には2時前には到着。コンビニで買い物>受付としたところで、バイクを隅に停めヘルメットを枕にしてガチ寝(゚∀゚)
ブリーフィングまでの20~30分程ですが、多少睡眠時間は確保できました。

ブリーフィングが終ったら、割と直ぐにスタートの時間です。慌ててトイレに行って車検>スタートとなりました。

■PC1まで
さて、今回イマイチペースを考えあぐねています。
序盤飛ばして稼いでおくべきなのかもしれませんが、登るコースだし、ちょっと控えめにしたほうがいいのかなぁとか逡巡。トレインが結構な長くなってきているのもあり、ちょっと踏んで前に出るか・・・と思っていたらばびゅーんと後ろからかっとんで行く高速列車・・・
あー、くまライダーさんがいるトレインということは以下略だなぁと一旦見送りするも、どっちにしろ前に出ないとなので追走開始。どうせ追いつけないだろうから1人旅開始にはちょうどいいなーと思ってたら信号運でか何故か追いつく(;´Д`)えーと

なんかすげー速いんですけど・・・35km/hから落ちないペース。これホントに400kmブルベ序盤なのかなぁ? と思ってたら大集団に追いついてなんだか凄いことに(;´Д`)
夜中の住宅街を埋め尽くすロードバイクの群れに、ちょっとステージレースみたいだなぁとか思いつつも、とっととばらけないとすげえ迷惑だぞとちょっと踏んで集団から脱出。

この間に先のアウトオブヒューマンズ的な列車は遥か前方で落ち着くかと思いきゃ、なんだか妙にハイペースでPC1まで到着。
PC2までは山三つに加えて距離があるので、とりあえずどこか途中で補給も入れようと軽くアウト。

■PC2まで
まずは山伏峠です。SR600FJの序盤でしか走ったこと無いんですが、あまり印象の無い峠ですよね(;´∀`)
ともあれ坦々と上がってピーク到着。

お約束の一枚

このまま渋峠に向かいたくなりますなw 次は何時走ろうか。

さて、写真もそこそこにウエット路面を秩父方面へダウンヒル。あしがくぼに寄ろうにもまだお店が開いてないので、そのまま秩父から小鹿野方面。こっちは行ったことが無いので未知のルートだなあと。
志賀坂峠に差し掛かる前にブリーフィングで話しのあった十石峠を越えるまでの最後のセーブオンで休憩して、ちょっと強まってきた雨に溜息をつきながらリスタートです。

志賀坂峠はあんまり印象ないかな? 今回の坂は全体的に印象薄いですね。
イマイチ何処がピークか解らずに下り。途中恐竜の足跡のところに停まってみたものの、イマイチ面白いアングルが思い浮かばずにそのままリスタート。
何となく恐竜博物館のところのオブジェでここまで来たぞ的にいちまい

モンゴル恐竜ってなんだろう・・・w

続いて上野村のアップダウンを経由して十石峠です。上野村は洞窟とか観光つり橋とかいのぶた焼肉とかあるんですが、流石に寄るのは厳しいですね(;´∀`)
あと、このあたり御巣鷹山方面の看板が目立ちますね・・・時期的に来月というのもあるので普段よりも多いのかもしれませんが、オッサンの歳だと日航123便の墜落事故の場所はこの辺かと感慨深いです。

続いて十石峠ですが・・・実はあまり印象ありません。 ピーク付近に到達して看板を探してたら、あっというまに下りが始まってスルーしてしまう体たらく。妙な建物がそれだったと後で知るのがなんともw ここからの下りは途中から路面がよくなるのと、待望の太陽が到来してドライに(゚∀゚)
しかし気持ちよく下ってはいるものの、何故かバンバン抜かれる(;´∀`)
確かに下り得意じゃないんですけど、何が原因だろ。ややだぶついた半そでジャージか、スポーク数が完組に比べると多い手組ホイールかなぁ・・・

ともあれPC2に到着です。山三つクリアでそろそろウンザリしてきたのもあるのですが、家から200km越えたのもちょっと気分が重たい(;´∀`)
補給は暑くなってきたのでアイスを投入。この時期のブルベといえばアイス食べ放題というイメージなんですが、内蔵冷やすのはあんまりよろしくないんですよね・・・アイスしか食べてないわけじゃあないですが。

■PC3まで
PC2を出て直ぐのところで、車から「頑張って!」と応援をいただくヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
ありがたいことです。

麦草峠はSR600でいつも松原湖のほうに下りちゃうので、こっちのルートは何気に初体験。序盤ちょっときつめ? から九十九折りの緩めのヒルクライム。
すっかり暑くなってきて途中渇水の危機(;´Д`) 2ボトル体勢ってやったことがないんですが、検討してみたほうがいいかなぁ・・・
尤も、ここは途中で飲み物を買うことができるスポットがあるのは知ってたので、一旦停止してボトルと本体に飲み物を補給です。コーラが五臓六腑に染み渡るぜぷはー! みたいな。

SR600のときは上のほうから結構な急勾配を下った記憶があるんですが、登ってみるとそんなにたいした勾配でもなかったなぁと思いつつクリア。

さて、まずは茅野まで降りねばなりません・・・ってここで写真撮るために携帯を取り出したらLINEに仕事関係の書置きと不在通知がー
・・・えーと。とりあえず電波の届く場所までくだってLINEに返信とコールバック。ポケモンGOの影響がこんなところも押し寄せてくるとはとなかなか感慨深げ(;´Д`) とりあえず今日は応答が鈍いので、基本LINEに書置きするようにお願いして茅野までダウンヒル。

PC3に到着したら残りを手当てして補給。
山的には.4/5終って残り1座なんですが、残りの距離は180km程でまだまだ半分くらい(;´∀`)
一緒に休んでいた参加者の方と「甲州街道を甲府まで下るよりは登ってるほうがなんぼか気楽ですよねえ?」みたいなハナシを。同意が得られるあたり、前評判から難コースというふれこみだったこのコースの参加者ですなー

■PC4まで
茅野までのダウンヒルが割と向かい風っぽかったので、折り返しで逆方向に走るここからは結構期待していたのです・・・なのに何故完全な向かい風ですか(;´∀`)
微妙に富士山の見えない富士見峠をとりあえずクリアして甲府までの長大な下り基調。漕がないと進まないな・・・という程度に向かい風です。
そして結構な交通量に遮るものの無い日差し、個人的に今回一番しんどかったのはココでした(;´∀`)
下り基調で77㎞・・・割とノンストップで走れる距離だとは思うんですが、結局2度程自販機休憩を入れています。

甲府駅付近では渋滞・・・基本よっぽど酷い渋滞しない限りオッサンはすり抜けしないんですが、流石にちょっとこれはと思って左側を抜けます。
やれやれ・・・となんとか市街地を抜けたらPC4到着。

流石にちょっと厳しいなあと思いつつまたアイス(゚∀゚)。なんだか菓子パンもウンザリしてきたのもあって、おにぎりを二つ投入です。今回後半に行くに従って入らなくなってきてるんですが、暑さにやられたかなぁ(;´Д`)

■PC5まで
ちょっと疲れたので何人か後着の方が出発するのほボケっと見送って、流石に日が暮れてきて、柳沢峠を越えるのがあまり遅くなるのヤだなぁ・・・ということでリスタート。最後の登り開始です。

柳沢峠は序盤の人家があるあたりだけが比較的厳しい印象で後半は全体的に緩め。以前泊まったことのある裂石温泉があって、思わずDNFして温泉浴びて帰ろうかとかとかw
幸い前を走っていた方に追いついてしまったので、肝試しスポット(?)として名高い花魁淵付近を単独走ということにはならなかったのですが、あまり夜中に走りたい場所じゃあないですね(;´Д`)

柳沢峠を越えた時点で次のPCまで下り基調・・・46kmもか(;´Д`)
何が恐いって奥多摩湖付近まで視界が5mそこそこくらいしかない濃い霧・・・下手にライト全開にすると、今度は乱反射して前が見えない。仕方ないのでそろそろダウンヒル・・・って寒っ! 結局下りきってPCまでトイレに立ち寄ったりウインドブレーカー着たりブレーキが鳴るので調整したりで騙し騙し降りました(;´∀`)

PC5は最後のPCで残り40kmちょいですが、自宅まではほぼほぼ3桁の距離が残っているので割とがっつりめに補給してアウト。

■ゴールまで
まあでも下り基調なのはいいことです(゚∀゚)

奥多摩街道とか交通量が多くて少々しんどい感じですが、普段の通勤に比べれば可愛いもので・・・と割と鼻歌交じりに進みます。むしろロードサイドの餃子・定食の看板に心惹かれて仕方ありませんw
あとなんだかんだでゴール近くなると多少脚が復活してきますよね(;´∀`)

割と元気に是政橋をダンシングで駆け上がって、大丸公園へゴール。最後のほうは当日中のゴールを目指しましたが、残念ながらちょっとはみ出て21時間ちょい。
当初の予想である22時間よりは短く帰ってこれた、というところでした。

■家に帰るまでがry
さて、家まで帰らねばなりません。
輪行も考えましたが、オッサン家方面の府中本町の最終は0時過ぎ、既に行った後です。そもそも輪行するならもう1時間は早く着かないとダメでしょう(;´∀`)
その辺のファミレスとかでちょっとぐったりしてから帰ろうかなぁ・・・とも思いましたが、自転車を停めておくのとかを考えるとなかなかに面倒。結局あまり休憩しないで撤収です。

往路自転車通行禁止のアンダーパスがあったので、そこを回避しようかと思ったんですが、結局面倒なのでそのままシクロクロス(゚∀゚) その後は風も弱く、ほぼほぼ平坦、日も落ちて気温も低いとあって、割と苦労せずに撤収できました。
速度的にはお察しくださいですが(53kmに3時間)。

■走ってみて
想定22時間、のんびり走って24時間くらいだろう・・・と思ってましたが、タイム的にはそれより速かったので、想定よりは楽だったかな? と思います。タイム短縮野余地的なところでは、仕事の休日対応とかで割とグダグダ停まってるので、このあたりが縮まれば20時間前後に納める事は十分に可能だったかな? と。まあいつものたらでばですw
あとはやっぱりホイール厳しいかなぁ・・・と。6800に比べると走行後のダメージが大きい感じ。6800のリム面が不安になったので、普段履き用兼ねて投入したんですが、ちょっと考え直す必要を感じました。
次の筑波200での感触がイマイチな場合は、BRM820では一旦6800に戻すのも考えよう・・・

しかし今年のブルベ、300を1本に400を3本・・・凄い偏ってますね(;´∀`)

コメント欄は受け付けておりません、突っ込みとかはツイッターのほうにお願いできればと存じます(;´∀`)
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

海の日が過ぎたりとかいろいろ

ぼちぼちです。

7月の第二週は前週の300km3000mがなんか効率悪いなぁとか思ったので、近所でもうちょっと手軽に距離が稼げるルートは・・・と筑波方面

途中亀さんにあったりしつつ。

不動~つつじから久々にユートピア方面。きのこを過ぎたあたりで来瀬さんとスライドしてちょっと立ち話というか情報交換。
ブルベを速く走るには? みたいなハナシとか葉鍵のハナシとか曲芸商法のハナシとか(なんだそれわ)。

お別れした後は千葉の筑波ブルベコース方面をウロウロ

なんとなく笠間のほうの三峰山とかいうルートを開拓しようとしてみたりして道祖神峠から戻って裏不動で〆。
一応240km3000mでまぁまぁ満足。
尤も、イマイチ食べる気がしなくてアイスばっかり食べてたら、すっかりガス欠で帰る事は酷い吐き気に悩まされる始末。多分熱中症なんだろうけど、いかんなぁ(;´Д`)

翌週の海の日の三連休は会社の自転車乗り関係の交流会が真ん中にあるので魅力的なブルベが宇都宮方面にあったけどエントリーできず。
結局4人中2人がDNSで筑波方面に行く事に(;´∀`) 坂がヤだからってんで先週割とがっちり上ったんだけどなぁ・・・

筑波方面にあんまり来ない人には観光がてらこういうところ

に、連れて行くと楽しいかなと十三塚峠。
あまり登りが得意じゃないタイプ(平地はオッサンより遥かに高速ですが)なので結局押してました。
ぶっちゃけこの手の激坂って単に慣れの問題で、登れたからといってもちっとも偉くないと思いますけどね(;´∀`)

久々に誰かと走ってるので昼はその辺

ミソ焼き定食ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ を、食べて帰りました。

なんだかこのところイベントも無いので相当にグダグダです、オッサンです。

コメント欄は受け付けておりません、突っ込みとかはツイッターのほうにお願いできればと存じます(;´∀`)
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

かれこれ今年も折り返しとかDNSとか

このところ割と盛りだくさん・・・かな?

■SR600 Nihon Alps DNS
7月頭に予定していたSR600NihonAlpsはDNSしました。例によって例のごとくオッサンがヘタレたのが原因です。
具体的にはルートの途中が直前まで開通未定の通行止めを喰らい、スタート地点への輪行の煩わしさも手伝って「今回はいっかなぁ」と思ってしまったあたり。何気に仕事でちょっとごたついて、出発予定の朝会社に行かねばならなくなった、というイロイロ複合もしてはいます。

でもまぁ実際にはスタートする15時間前くらいには通行止めが交互通行OKのアナウンスが告知されましたし、その時点では会社の用事も終っていたので、帰宅して輪行用意をしたままの荷物を抱えて出発する事は可能でした。
やはり輪行3時間以上かけてスタート地点に行く・・・というのが中々に重い。自分専用のトランポ車がまだあればまたハナシは違ったとは思うんですが、たらればです(;´∀`)

ともあれ一度仕切りなおし。
エコーラインの都合から7月~9月までの限定開催というのもありますが、8月の週末は既に全滅なので9月に走る予定です。出走前日DNSなのでエントリーそのものも仕切りなおしです。
どうも前回のブルベとかイベントから間が空くとダメな感じがしております(;´Д`) 次はBRM820の二週間後である9/3あたりが濃厚です。

■今年も折り返し
7月に入り、今年も折り返しになりました。
自転車趣味的には走行距離とかの話をすべきなんでしょうが、通勤で走っているが混ざっているのでなんかアレな距離です。最終的な着地点は2万5千㎞くらいになりそうですが、走ってる距離「だけ」ならプロ並だよねえ・・・という。走力がちっともついてこないのが悲しいトコロです。

■その他諸々
SR600NAをDNSしたのはいいものの、登る気満々の週末だったので、1時間くらい延々と登れそうな坂を探して土曜日は久々に筑波以外に。

まずは渡良瀬から栃木を抜けて粕尾峠へ。桐生への下りで群馬のBRM702の人たちとスライドするかな? とか思ってましたが、こちらの通過時間が遅すぎで誰も見ずw

その後適当に補給を入れ。

とりあえず金精峠でとうもろこしでも食べようかなぁ? とK62を沼田に・・・日光まで75㎞と出た段階で15時くらい。これは日が暮れるどころか家に帰る頃は日が替わる(;´∀`)
別に夜間の山越えはいいんですが、今回持参したのはVOLT400の一灯のみ・・・流石にちょっとアレかなぁと思い、K251にスイッチして赤城山北面を登り返し。

赤城をダウンヒルしてからは桃の木川>広瀬川>利根川CRとCRを繋いで平地撤収。結局22時を回る(;´∀`)
速度的にはポタリングペースだったので特にどうというのはないんですが、流石に300km走ると疲労感があってぼちぼち満足できたのでした。まあSR600走るのに比べたら全然走ってないんですけどね・・・

しかし最近太ったので坂がしんどいです・・・オッサンです

コメント欄は受け付けておりません、突っ込みとかはツイッターのほうにお願いできればと存じます(;´∀`)
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ツールドつくば2016

に、参戦してまいりました。
正直それほどのトピックが以下略。年に一度真面目に筑波山を登る日ではあるんですが、基本自分のベンチマークなので淡々とエントリー。

とはいっても、流石に去年の時計よりは速く走りたいのが人情というものです。
ロードバイクを買ってから毎年エントリーして今年で3回目ですが、初回39分、昨年38分台ときて、今年は37分台あたりが目安でしょうか。
・・・といっても練習で来てもそのくらいでは走れるんですよね(;´∀`)

■前日
何故か今年は前日受付が復活しました。
とりあえず通勤車を整備した後ちょっと流してから帰宅。家人と一緒に昼飯がてら筑波山までドライブです。

受付といってもゼッケンと参加賞を受け取るだけなんですが・・・全部郵送じゃだめなのかいとは思うんですが、地域振興の観点とかからすると人を呼びたいというところでしょう。
ちなみに同時開催でつくばグルメフェスという屋台村を展開中・・・他の大規模大会ってもハルヒルくらいしか出たこと無いんですが、比較的素朴な感じで(;´∀`)

ともあれ一通り見て回って撤収。下妻のうどん(というか細長いすいとん)屋で昼食を食べて引き上げました。

■当日
駐車場が0530オープンで開会式が0645時開始・・・まあ6時前に着ければいいだろうとコンビニに寄って到着。
あー、今回もNarrativeClip忘れた(;´Д`) 前日充電して準備したのになぁ

無いものは仕方ないので、バイクを組んでとりあえずゆるーくアップ開始。
平沢の遺跡の周りの平坦をグルグル回ります。

10kmほど平地を回して一旦車に引き上げ、色々と準備して会場へ。


開会式とか。会場的にも人数的なキャパは今以上は難しいでしょうね・・・赤城とかと違ってそんなに直ぐ埋まらない大会でもありますし、これ以上盛り上がるってことは無いんだろうなぁ。


前から3、4列めかな?とりあえずどーしたもんかと思いつつスタートです。

※NarrativeClipがないのでもう写真がないです(;´Д`) こういうライダーに余裕の無いシチュエーションこそ光るデバイスだと思うんですけどね・・・

えーと、スタートから割と全力です、なんだこれw
35km/h↑くらいで不動峠入り口に突入・・・なんだか前半押さえて行こうかなぁとかつらつら考えてた計画はもうありませんw スピードや心拍はともかく、ケイデンスを70~80程度に保って上ります。
普段は心肺能力とかもうこれ以上要らないよなぁとか思っていますが、強度を上げていくとまだまだ不足しているのが露呈(;´Д`) ぜーはー言いながら不動を駆け上り、表筑波スカイラインも同じテンションのまま走ります。途中の上り返しは「どっせい!」とアウターのままクリア。

風返しからつつじまでは大分失速しましたが、なんとかヘロヘロ登ってゴール。
そのまま下山用のバイク預け列に並びましたが、9時前に並んで結局下山して車にたどり着いたのがもう11時になろうかという時間(;´Д`)
正直完走証なんて要らないので、リザルトを確認してそのまま撤収しました。

■リザルト
35分台でした。不動の区間タイムが自己ベスト更新の14分ちょいとはいえ、大会テンションでここは13分台がほしかったなぁ・・・とかとか。
昨年に比べれば大幅更新とはいえるんですが、いろいろともうちょっと頑張れたんじゃなかろうかという(;´∀`)

ともあれ今年はこんな感じの結果となったのでした。こうなると来年は35分切らないといかんのですが、そろそろ年齢的に折り返しという気も。まあ何しろ鬼が笑うようなハナシです、オッサンです。

コメント欄は受け付けておりません、突っ込みとかはツイッターのほうにお願いできればと存じます(;´∀`)
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

今年後半のエントリー予定を

そろそろ考えねばなりません、気づけばもう6月・・・あと一月もしないうちに今年も折り返しです。

車を処分してしまってから宿泊が確定な遠方ヒルクライムレースへの参加が面倒になってしまったので、今年の後半も基本ブルベ中心の自転車生活を送る事になりそうです。
前日受付やめてもらえればそれだけでもだいぶハードルは下がるんですが、地域振興という側面からすると滞在時間を延ばしたいでしょうからね・・・ここ数年サイクルイベント、特にヒルクライムは盛況ですし。
#淘汰が始まってきている感じもチラホラありますが

それはさておき、エントリー済みor確定(忘れたりしなければ)なのは
・ツールドつくば
・SR600NA
・BRM813 千葉200㎞ 筑波

まずこの二つです。
ツールドつくばもAJ千葉主催の筑波200kmも、オッサンの自転車生活の原点的なものがありますのでここは外せない感じで。SR600NAはこれで国内3コース全て走った事になりますので、これもなかなかマストです。

それ以外はどうしよう・・・というところ。
別にもうメダルは要らないかなぁとは思うんですが、300、400、400と走ってるので、あとどこかでBRM600を走れば今年も「すごい自転車旅行者」ことSRです。
6月の600ラッシュを外してしまったのでもう走れそうな600があまりありませんが、とりあえず候補はこの二つ

・BRM820 宇都宮600km
・BRM917 千葉600km

千葉の割と楽そうなコースに対し、秋葉街道やら麦草、十石等を越える相変わらずハードな宇都宮。
楽がしたいなら千葉確定ではあるんですが、さて。

あと、オッサンのブルベ参加の原点でもあり、一時主催ブルベを全部制覇!? みたいな事をしていたAJ群馬のブルベに今年は一度も参加していません(1本DNSした)。
山岳200kmはさほど登らない感じなのでコース的にはお手軽なんですが、伊香保発着というのがちょっとハードル高いかなぁ。自転車で木崎湖というのにちょっと惹かれるのと、比較的近い(でも家から90kmある)高崎スタートというのでこれを走ろうか?

・BRM910 群馬300
城南大橋下への往復を入れても500km無いくらいはまぁ許容範囲かなと。雨降ると面倒だなぁ

あとは600を越える4桁ブルベとして1000㎞を走ってみたいかなぁということで。
BAJ2400はハードルが高かったものの、これなら参加できるかなぁ? と。東北からひたすら南下というのが手軽そう(手軽ってなんだろう)

・BRM1004 埼玉1000

こんなあたりでしょうか? 他にも幾つかつまみ食いするでしょうが。
あとはSR600KNを今年は走るか? というところですが、どうしようっかなぁ・・・直江津に魚食べに行きたいというのもあるんですが、だったらファンライドでいいじゃない・・・というのも。
そーいや今年自転車で新潟走ってないなー。8月の600を走って、9月か10月にSR600KNを走る・・・というのも悪くない気がしてきました(錯覚

まあ何にせよ計画しているのが一番楽しいです、オッサンです

コメント欄は受け付けておりません、突っ込みとかはツイッターのほうにお願いできればと存じます(;´∀`)
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
これまでのあらすじ:悪の秘密組織ケンポクミアイからダメ出しをされたチャリンコライダーけろは血液検査の平和を守るため、日夜カロリー(とストレス)と戦い続けるのだった。
記事検索